アイフォンからパソコンに画像。 iPhoneの画面をPCに出力する方法

Bluetooth(AirDrop)を使いiPhone⇔パソコン間で画像を転送する方法

アイフォンからパソコンに画像

Windows10とスマーフォンのBluetoothペアリングの方法 まずはスマーフォンとペアリングをする必要があります。 そしてスマーフォンの方もBluetoothをオンにします。 パソコンを見ると右下にデバイスの追加が表示されるためクリック スマーフォンとパソコンどちらも同じコードが表示されます。 このように同じコードが表示されたらペア設定します。 Windows10側が下の画像のように接続済みになればOK スマーフォンからWindows10へ画像を送信する Windows10側をBluetoothで受信できるような状態にします。 この画面で待機します。 Windows8ではこの画面を表示していなくても画像の受信をしていましたが、Windows10になってからはこの画面を出している状態でないとスマーフォン側でエラーがでてしまい送信することができませんでした。 (もしかしたらこのパソコンだけかも?) 基本的には表示しなくてもいいのでしょうが、もしスマーフォンで送信時にエラーが出る場合はこの画面を開いた状態で送信してみてください。 送信したい画像を開き、共有アイコンをタップ Bluetooth 送信したい機器を選択 パソコンを見てみると受信を始めています。 受信をしたら保存したいフォルダを選択して保存 Bluetoothの設定とファイルの送信自体は難しくはありませんが、なかなかペアリングができなかったりすることがありますので、もしスムーズにペアリングができない場合は再起動をしたり、一度Bluetoothをオフにしたりすると接続できるようになります。 またペアリングをする際は近くで行ってください。 関連記事 ・ ・ ・.

次の

iPhoneの写真がパソコンに取り込めない!私が解決できた簡単な方法とは?

アイフォンからパソコンに画像

Windows10とスマーフォンのBluetoothペアリングの方法 まずはスマーフォンとペアリングをする必要があります。 そしてスマーフォンの方もBluetoothをオンにします。 パソコンを見ると右下にデバイスの追加が表示されるためクリック スマーフォンとパソコンどちらも同じコードが表示されます。 このように同じコードが表示されたらペア設定します。 Windows10側が下の画像のように接続済みになればOK スマーフォンからWindows10へ画像を送信する Windows10側をBluetoothで受信できるような状態にします。 この画面で待機します。 Windows8ではこの画面を表示していなくても画像の受信をしていましたが、Windows10になってからはこの画面を出している状態でないとスマーフォン側でエラーがでてしまい送信することができませんでした。 (もしかしたらこのパソコンだけかも?) 基本的には表示しなくてもいいのでしょうが、もしスマーフォンで送信時にエラーが出る場合はこの画面を開いた状態で送信してみてください。 送信したい画像を開き、共有アイコンをタップ Bluetooth 送信したい機器を選択 パソコンを見てみると受信を始めています。 受信をしたら保存したいフォルダを選択して保存 Bluetoothの設定とファイルの送信自体は難しくはありませんが、なかなかペアリングができなかったりすることがありますので、もしスムーズにペアリングができない場合は再起動をしたり、一度Bluetoothをオフにしたりすると接続できるようになります。 またペアリングをする際は近くで行ってください。 関連記事 ・ ・ ・.

次の

iPhoneの画面をPCに出力する方法

アイフォンからパソコンに画像

1. Windows 10で最新のiTunesを起動してください。 次に、iPhoneをコンピュータに接続してください。 iPhoneのイメージは左上隅に現れるでしょう。 2. iPhoneアイコンをクリックして、そして左側のサイドバーで「設定>写真」にナビゲートしてください。 右の画面では、「写真を同期」をチェックして、「すべてのフォルダ」あるいは「選択したフォルダ」のいずれかを選択してください。 3. 右下隅にある「適用」ボタンをクリックして、Windows 10からiPhoneに写真を輸入します。 パート2.Leawo iTransferでWindows 10からiPhoneに写真を転送する iTunesはiOSデバイス公式ソフトで、機能が多いですが、複雑で、使いにくいです。 そのため、iPhone初心者なら、iPhoneのデータを管理する場合にはサードパーティー製ファイル管理ツールをオススメします。 例えば、 というファイル管理ソフトウェア。 プレイリスト、連絡先、SMS、メモなどを効果的に管理できます。 Leawo iTransferを開き、それが自動的にiPhoneをスキャンし、左側のサイドバーにiPhoneのライブラリを表示します。 右のところに、タイプ、機能、バージョンとiPhoneに関するほかの情報が表示されます。 また、iPadをコンピュータに接続して、 こともできます。 3. 動画ガイド パート3.Google DriveでWindows 10からiPhoneに写真を同期する方法 iTunesを使いたくない人もいるかもしれません。 そうでしたら、iTunesを使用せずにWindows 10からiPhoneに写真を転送する他の方法はありますか? もちろんあります。 実は、Googleユーザーが簡単にWindows 10からiPhoneに写真を転送できます。 一般に、Googleドライブアプリを使用するか、ウェブブラウザのGoogleドライブに直接アクセスすることができます。 ここでは、Windows 10上のGoogleドライブアプリを使用してその方法を説明します。 まずはWindows 10のパソコンでGoogle Driveをダウンロード、インストールする必要があります。 その後、Google Driveにログインします。 Google DriveアプリをiPhoneにインストールして、ログインします。 Google Driveアプリで写真フォルダを開いて、写真をチェックします。 iPhoneにダウンロードしたい写真を選択します。 「…」アイコンをタップして、パネルリストで「コピーを送る」ボタンをタップします。 最後は「写真を保存」をタップすればいいです。 パート4.iCloudの公式サイドでWindows 10からiPhoneに写真を転送する iCloud公式ウェブサイトは、Windows 10からiPhoneに写真をインポートする別の代替手段です。 また、写真、メール、カレンダー、連絡先などを転送することもサポートしています。 そして、安全かつ効率的で、使いやすいです。 iTunesを使わず、iCloudの公式サイドでWindows 10からiPhoneに写真を転送する手順は以下の通りです。 ウェブブラウザーでiCloud. comにアクセスして、Apple IDとパスワードを入力して、サインインします。 その後、iPhoneでの検証コードをサイトに入力して、iCloudのマイン画面に入ります。

次の