お 休み の ところ すみません 英語。 休暇のため、回答が遅延した旨を文頭に付け加える例文一覧

休暇のため、回答が遅延した旨を文頭に付け加える例文一覧

お 休み の ところ すみません 英語

記事の目次• この英語を使う時は、 法律や慣習によって決められた「休日」や「祝日」を指すことがほとんど。 (今日は日本で国民の祝日です。 これは アメリカ英語で、 どこか遠くへ出かけて旅行をした場合に使われる言葉なんです! I took a vacation in Hawaii last week. (先週ハワイにバケーションに行きました。 (明日はお休みを取る予定です。 (お休みを数日取る予定です。 自分以外の人は通常通り勉強や働いているという印象がある言葉になります。 「始まりと終わりの間に挟む休み」という意味合いで使われます。 学生などの立場でスクールや機関に所属していると、年間スケジュールが決められていますよね。 その中には夏休みや冬休みなどの長期休暇も組み込まれているはず。 与えられた休日というニュアンスで覚えておきましょう。 その時自分が伝えたい内容に合うように、しっかりとそれぞれ使い分けをしていきましょう!.

次の

休日に送るビジネスメールの例文10選!上司/仕事/ビジネスマナー

お 休み の ところ すみません 英語

「度々すみません」とメールで言うとのことですが、次のような状況を想定して表現を考えてみました。 【何度もメールしてしまうような時】 1 I'm sorry to bother you again. botherは「迷惑をかける」という意味で使われます。 2 I'm sorry for taking up so much of your time. (お時間を取らせてしまい、申し訳ありません) take upで「取り上げる」という意味です。 あなたの大事な時間を奪ってしまって申し訳ないという気持ちを表しています。 【何度も質問メールを送っているような場合】 3 I'm sorry for asking you so many questions. (たくさんの質問をお許し下さい) 4 I'm sorry for bombarding you with a lot of questions. bombardは「爆撃する」という意味で、転じて質問を浴びせるという意味の誇張表現になります。 参考にしていただければ幸いです。 「度々すみません」は英語で下記のように言えます。 Sorry to bother you again. 「度々すみません。 」 ・botherは、「(人などを)悩ませる、邪魔する」の意味です。 Sorry to take up your time again. 「また手間をかけさせてすみません」 ・take up your timeで「時間をとらせてしまう」といった意味です。 Sorry to bother you again and again. 「何度もすみません。 」 ・again and again「幾度も、再三」という意味です。 I'm very sorry to bother you over and over again. I'm very sorry to keep bothering you. 「何度も何度も、お手間を取らせて大変申し訳ありません。 」 ・over and over again「何度も何度も、再三再四」という意味です。 ・回数が三度目やそれ以上となった場合は、over and over againや keep bothering youを使えば、再三繰り返しているニュアンスが出ます。 ・「多くの質問をして申し訳ありません」という場合には下記のような表現が使えます。 Sorry to trouble you with so many questions. Sorry to repeatedly ask you questions. My apologies for asking you so many questions. I apologize for the stream of questions. ・apologizeはsorryをもう少しビジネスライクにした表現です。 ・英語のsorryには、「自分に落ち度がある、自分が悪い」というニュアンスがあります。 もし質問をすることに自分の落ち度がない場合は、sorryやapologize は使わず下記のような表現を使えばよいでしょう。 I hope you don't mind answering another question. 「もう一つ質問にお答え頂いても構わないでしょうか」 Could I have one more question? 「もう一つ質問よろしいですか?」 I just remembered one more question. 「もう一つ質問を思い出しました。 」 ご参考になれば幸いです。

次の

メールで役立つ!「返事が遅くなってすみません」

お 休み の ところ すみません 英語

おやすみのところ・・という言葉 引越しをするので、夕方6時ごろ、近所に挨拶にいきました。 わざわざ玄関まで呼び出したことに対して、 おやすみのところすみません。 といったら、2軒で、 休んでないよ!といわれました。 二人とも70代~80代の女性です。 どうやら、まだ寝てない、といった意味にとられたようです。 母に聞いたら、おやすみのところ、っていうのは、寝てるところ、っていう意味だから 普通はいわないよ、といわれました。 日曜の昼間に挨拶にいった家では、休日なので問題ないと思いますが、 平日の夕方には、こういうふうにいわないもんでしょうか? 単に、プライベートな時間中に、っていう意味くらいで使ったんですが。 ちなみに、関西です。 補足よく考えたら、お忙しい時間帯に、が正しかったとは思います。 やっぱりお休みのところは違和感ありますか? 「おやすみのところ」は、一般に会社員や公務員等人の所へ、「休日」に 自宅に電話・訪問する場合に言う言葉です。 訪問する相手が職業人であることを知っている場合が前提ですが。 70代~80代の老人であれば、仕事は持っておらず、毎日自宅で隠居 生活をしていると思われるので、休日に訪問したわけではありません。 いわば、毎日が休日です。 ですので、「おやすみのところ」という言葉を「寝ているところ」と解釈されて しまったんでしょう。 初めて訪問する相手が今「休んでいるのか?」または「忙しいのか?」を 事前に知る手段はありませんから、「突然お伺いし大変恐縮ですが・・・」 等を言えば相手が誰だろうと使えるわけです。 夕方6時だと、夕食か夕食の支度の時間だという家庭が多いのではないでしょうか。 やっぱり「お忙しいところ」ですね。 休日でも、「おやすみのところ」ではなく、「おやすみの日に」とか「お寛ぎのところ」の方がしっくりくるような気がします。 それに、学生やカレンダー通りに仕事に行くタイプの人以外は日曜が「お休みの日」とも限らないし。 年寄りは平日・休日関係ない人が多いでしょうし。 相手の仕事がはっきりしないときは、曜日で決めつけない方がいいと思います。 夕方7時台くらいまでは「お忙しいところ」で済ませて、それ以降は「夜分すみません」ですが、 親しい相手やよんどころない事情があるとき以外は「夜分」にはお邪魔しないですね。 日曜祝日など、休みの日などに緊急事態で管理職の家に電話したりする場合であれば、電話口に出て来られたご家族に、休日に連絡する無粋をお詫びする意味で、 「お休みのところ、申し訳ありません。 」 と言います。 お尋ねのケースは、 「一服していらっしゃるところ・・・」 のお積りなのでしょうけど、誤解されやすい言い方ではあります。 一般的には、夜更けで無ければ、 「お手を止めて、申し訳ありません。 」 が無難ではないでしょうか。 夕方6時であれば時間的に夕食の準備頃、また大して忙しくしてなかったとしても、(野暮用であったとしても)あなたが挨拶に行ったために、用事か何かを中断して、玄関口に出て来ている訳ですから、そのあたりの事情を踏まえて、 「お手を止めて、申し訳ありません。 」 が一番、ベストのような気が致します。

次の