ワンス トップ ソリューション。 テレワークソリューション

ソリューション:マニュアル制作のワンストップサービス

ワンス トップ ソリューション

サービスの概要 テレワークに必要なソリューションを4つの機能に分類しました。 お客様ニーズに応じた組み合わせで、 テレワークを始めとした働き方改革を進めていくことができます。 各ソリューション紹介 オフィス環境 会社内のPCを社外からリモート操作し、安全・安心・簡単に、テレワーク環境を実現します。 仮想デスクトップにより高パフォーマンスで、大規模向けのテレワーク環境を実現します。 コミュニケーション 対面でのコミュニケーションや、資料共有が可能なWeb会議を実現します。 導入のメリット テレワークの実施で期待される効果• 生産性の向上:通勤や顧客訪問等の移動時間を有効活用• 社員のワークライフバランスが向上:子育てや介護との両立が可能• 非常災害時の事業継続が可能:事業所に捉われない勤務が可能 労務管理強化で期待される効果• 資料ダウンロード.

次の

ソリューション:マニュアル制作のワンストップサービス

ワンス トップ ソリューション

たとえば 「 ワンストップソリューション」を謳う制作会社。 「当社は企画から運用までワンストップで提供します!それが当社のアドバンテージです」なんて言葉をよく聞きます。 たしかに「ワンストップ」というのは他社との違いかもしれません。 しかし、重要なのは「その特徴が果たして強みなのか?」ということです。 その差別化要因が本当に強みなのか、ただの個性(他社との違い)なのかの判断を下すのは自分たちではなくクライアントです。 クライアントが本当に「少々高くてもワンストップで提供してくれる会社」を求めているのでしょうか?そこにニーズがあるのでしょうか?よく考えてみることが必要です。 事実、ワンストップとは反対に、専門領域を持つクリエイターたちを集めてチームをつくりたいというニーズを持つ企業は少なくありません。 実際のプロジェクトでは、気の利いたディレクターが一人いればプロジェクト全体を上手くとりまとめてくれるのですから、その道の専門家ばかりを集めたほうがいいというわけです。 だとすると、別に価格の高いワンストップソリューション企業に頼む理由はありません。 逆に、「ワンストップで全部やります」というアピールが「強みがない」と受け取られることさえあるのです。 「何でもできます」というのは「得意なものはありません」と言っていることに等しいのです。 少なくともアピールを受け取る側としては。 それは 個性にはなるかもしれませんが、強みにはなりません。 クライアントと同じ視点でビジネスを捉えないと、自社の強みというものは見えてこないのです。 自分ばかり見つめていると、自分の強みが見えなくなる。 この落とし穴に嵌らないように気をつけなければなりません。 せっかくいい強みを持っているのに、このワナにはまってしまっているがゆえに苦戦している制作会社が増えているようなので、自戒を込めてエントリーしてみました。

次の

事業案内|大東工業株式会社 精密機械製造・省力化製造のワンストップソリューション

ワンス トップ ソリューション

サービスの概要 テレワークに必要なソリューションを4つの機能に分類しました。 お客様ニーズに応じた組み合わせで、 テレワークを始めとした働き方改革を進めていくことができます。 各ソリューション紹介 オフィス環境 会社内のPCを社外からリモート操作し、安全・安心・簡単に、テレワーク環境を実現します。 仮想デスクトップにより高パフォーマンスで、大規模向けのテレワーク環境を実現します。 コミュニケーション 対面でのコミュニケーションや、資料共有が可能なWeb会議を実現します。 導入のメリット テレワークの実施で期待される効果• 生産性の向上:通勤や顧客訪問等の移動時間を有効活用• 社員のワークライフバランスが向上:子育てや介護との両立が可能• 非常災害時の事業継続が可能:事業所に捉われない勤務が可能 労務管理強化で期待される効果• 資料ダウンロード.

次の