安産 祈願 神奈川。 【関東】安産祈願におすすめな神社・寺とは?お守りもご紹介!

戌の日は安産祈願へ! おすすめ神社8選と知っておきたい参拝ルール|ウーマンエキサイト

安産 祈願 神奈川

神奈川県 大功寺 おんめさま 江ノ電・JR鎌倉駅東口から徒歩3分。 賑やかな街中にある小さなお堂が安産祈願で有名な大巧寺です。 鎌倉時代にはすでに当地にあったとされるこの寺は源頼朝との縁が深く、戦勝を祈願成就した頼朝により現在の寺名に改められました。 大巧寺が安産祈願の寺として有名になったのは「おんめさま信仰」によるものです。 今から約500年前の天文年間のこと。 5代目住職だった日棟が、難産で亡くなりさまよっていた女性を成仏させたところ、3日後に女性が再び現れ、宝塔を建てて供養してくれれば、これからは恩返しに女性の安産に尽力すると話します。 このとき建てられたのが境内の「産女宝塔」であり、その「お産女(うめ)さま」がなまって「おんめさま」と呼ばれるようになったといいます。 大巧寺では、事前予約なしで安産祈願をしていただけます。 当日の祈願が終わっても、予定日まで毎朝祈願を続けてくださるそうです。 また祈願後に授けられる「秘妙符」の中には、生まれてくる子が男の子か女の子かを占えるものが入っているとか。 それは一目見てどちらかわかる「折り紙」とのことですので、いっそう楽しみが増しますね。 神奈川県 横浜水天宮 高校野球の強豪「Y高」こと横浜商業の近くにある横浜水天宮は、山あり谷ありの歴史をたどってきた神社です。 まだ当地が新田開発の最中だった江戸時代の初め、たびたび水害に悩まされていたことから、九州・久留米より水天宮を勧請し、水害を鎮める神様として祀ったのが神社の始まりとなります。 一時廃れていたところを、明治の初めに河野与七という人に再び発見されて社殿が建てられるなど再興しますが、その後太平洋戦争の戦火で焼失。 境内も進駐軍に接収されたため、河野氏の子孫が屋敷に引き取っていました。 平成に入って地元の総鎮守「杉山神社」に合祀され、新たな水天宮としての役割を担うことになりました。 神社にある狛犬は、母が子に乳を与えている珍しい姿をしています。 この親子を優しくなでてあげると、安産の御利益があり、また産後も母乳の出がよくなるといわれています。 この神社で授けられる腹帯は「鈴の緒」と呼ばれます。 鈴の緒とはその名の通り、参拝時に鈴を鳴らすときにつかむ布のひものこと。 昔はこのひものお下がりに安産の御利益があるといわれ、庶民だけでなく高貴な身分の方のご懐妊時にも贈られることがありました。 鈴の緒は単品では授与されませんので、ご祈祷の際にいただきましょう。 神奈川県 水天宮平沼神社 みなとみらいに程近い、二つの川に挟まれた中州の真ん中に平沼神社があります。 場所からもわかるように、元は横浜表玄関の氏神として祀られ、新田開拓に携わる人たちの信仰を集めていました。 一口に新田といってもここの田は塩をとる「塩田」でした。 ある日そこで働いていた村人が、入り江にほこらが流れ着いたのに気づきます。 不思議なことにほこらは村人がいくら海に帰そうとしても、また岸に戻ってしまうのでした。 これを聞いた平沼九兵衛という方が「それは神様の御啓示だろう」とほこらを岸にあげ中を見ると、水天宮様のお札があったそうです。 以来村人に広く安産・水の神様として信仰されたといいます。 本殿をはじめ、神社の主な建物は平成に入って改築されており、歴史以上に新しい雰囲気を感じさせてくれます。 なおこの神社の社伝によれば「安産祈願を2家族で同時に行うとおなかの子に勝ち負けができてしまう」と伝えられているそうです。 そこで神社では原則1家族ずつの祈願を心がけてくださっています。 しかし混雑時や夜遅くにはやむを得ず同時祈願になることもあるそうです。 神奈川県 箱根神社 箱根の最高峰「神山」信仰をルーツとする箱根神社は、奈良時代中期に万巻上人によって創建されました。 上人は全国各地で布教活動を行い、神社仏閣を建てた方で、茨城・鹿島神宮、伊勢・多度大社建立も上人の功績です。 駒ヶ岳の山頂には神社の元宮(もとつみや)がありますが、そこには本殿はなく、神山を拝む拝殿しかありません。 つまり元宮もまた、その存在そのものが拝殿というわけです。 神山には箱根大神と呼ばれる3柱の神様がおり、そのうちの一人が安産子育てに御利益がある木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)です。 この箱根大神と合わせてお参りするとよいのが、芦ノ湖の主といわれる「九頭龍大神」です。 箱根神社境内には九頭龍神社の新宮も併設されていて、どちらの神様にもご祈祷、誓願をすることで、いっそう願い事が成就するといわれています。 なお、お願いする神様はお二人でもいいそうですが、願い事は「一点集中」がよいとのこと。 安産以外も…と、あまり欲張りすぎないように。 箱根に祈願目的だけで出かけるのは大変ですが、小旅行を兼ねた安定期の思い出作りには最適でしょう。 箱根神社の周辺にはマタニティプランを用意した宿泊施設もたくさんあります。 妊婦さん向けにいろいろなサービスが用意されているので、ぜひ利用してみてください。 神奈川県 江島神社 たぎりひめ、いちきしまひめ、たぎつひめの3女神、いわゆる江島大神を祀るのが江島神社です。 かつては江島明神と呼ばれていましたが、仏教習合により江島弁財天として信仰されるようになりました。 海の神、水の神、芸道上達の神などとしてよく知られています。 ちなみに3大弁財天の残りふたつは、安芸の宮島と近江の竹生島です。 そもそも江の島という島自体は美しい天女がつくられたと伝えられます。 今から1500年以上前、この地に巣くって悪さをはたらいていた五頭龍を、困った人々の役に立つまでに改心させたこの天女こそ、八角のお堂に祀られている裸弁財天様です。 その後、衰えた五頭龍が島を離れて姿を変えたのが、いまの藤沢市にある龍口山だとされます。 ご祭神と江の島の成り立ちから見ても、やはりここは女性に縁の深い神社であることがわかります。 なお江島神社は、島内の辺津宮(へつみや)、中津宮、奥津宮の3社からなる神社ですが、ご祈祷は辺津宮で行われます。 他の2つの宮にも見どころがありますので、ぜひいっしょに参拝しておきましょう。 神奈川県 寒川神社 当時の関東8か国、いわゆる「関八州」の裏鬼門に位置していたのが、ここ寒川神社です。 創建時の詳細な様子などはわかっていませんが、少なく見積もっても1500年以上の歴史があるとされます。 相模国に13あった神社の中でもとりわけ格式が高く、「延喜式」にもその名が見えます。 寒川神社のご神徳は全国唯一といわれる「八方除け」です。 もともと当地は江戸の正裏鬼門に位置していたため、方位除けにご利益があるとされていました。 そこから今でいう方位学を使う習慣が生まれ、さらに陰陽道、風水、易と暦など目に見えないものをうまく扱う手段へと発展していったようです。 転じてすべての災難を取り除き、人々に円満な日々をもたらすとされるのが八方除けの考え方ですが、実はこの「8」という数字にも神秘が隠されているのだとか。 さらに面白いのは、テレビ業界ではなぜか「視聴率祈願」の神社として有名で、かなり御利益の範囲が広い神様といえそうです。

次の

【神奈川県】安産祈願ならここ!ご利益があると有名な神社5つ

安産 祈願 神奈川

関連記事: 犬は子供を多く生み、お産も軽いことから戌の日、として安産祈願にふさわし… 1. 水天宮平沼神社 水天宮平沼神社は昔から横浜の人々に、安産・水の神様として崇敬されている由緒ある神社です。 基本情報• 住所:横浜市西区平沼2-8-20• 電話:045-321-8895• 初穂料:7,000円以上• アクセス:相鉄線「平沼橋」駅徒歩1分• 駐車場:8台(うち1台は軽自動車専用)• 中略 戌の日ではない日曜日に行ったので比較的すぐ祈祷を受けることができましたが戌の日はやはり多少混むようです。 自分で腹巻や腹帯をもっていくと、初穂料をおさめる際に渡せば神社の印を押印してくれます。 原則1家族ごとの祈願らしいので、祈願に対する思いも高まります。 出典: 人が少なく疲れずに参拝できるのや、1家族ごとの祈祷というのも嬉しいですね。 報徳二宮神社 二宮尊徳翁の教えを慕う報徳神社です。 天保の大飢餓の時に二宮尊徳翁のおかげで米が人々の手に渡り、小田原か餓死者を出さなかったそうです。 基本情報• 住所:神奈川県小田原市城内8-10• アクセス:JR「小田原」駅東口徒歩15分• 駐車場:あり• 時間:9:00-16:30 利用者の口コミ 妻が妊娠して5カ月目最初の戌の日である9月24日に会社に休みを取り、報徳二宮神社に安産祈願にうかがうことにしました。 中略 戌の日は混雑していると聞いていたため、人ごみを覚悟していましたが、受付所周辺で待っている人は1組だけで、受付してからほどなくして祈祷するので本殿の方に移動するようにアナウンスされました。 中略 本殿に移動後、早速、祈願が始まりました。 シーンとした中、神主の声が響き渡り、私たちも赤ちゃんの安産を願い滞りなく祈願は終了しました。 この戌の日を迎えるまでも、妻の体調に一喜一憂しながらやっとここまできたという感じでしたが、この安産祈願で少しだけ気持ちが軽くなった気がします。 出典: 駐車場があるのと車でも行けるので妊婦さんには助かりますね。 琴平神社 天照大御神は伊勢神宮の神様と大物主神は四国讃岐の金刀比羅宮の神様が祭られている神社です。 基本情報• 住所:川崎市麻生区 王禅寺東5-46-15• 電話:044-988-0045• アクセス:小田急線「柿生」駅南口下車「柿生駅前」3番乗り場 「たまプラーザ駅行 柿01 」または 「すすき野団地 虹ヶ丘団地 行 柿02 」に乗車 約10分 バス停「琴平下」下車 大鳥居前• 駐車場:あり• 時間:9:00-16:00 利用者の口コミ 夫婦二人とも堅苦しい行事ごとはあまり好まないのですが、結婚して初めての子供は死産という悲しい結果になっていたため、やっと授かった新しい命は何が何でも生まれてきてほしいと強い思いがありました。 そのため、戌の日もしっかりとお参りしようということになり、近所の琴平神社へいきました。 中略 水天宮などが有名ですが、その後もお宮参りや家族みんなで初詣など地元の神社でお世話になっています。 同じ場所で一つ一つの思い出家族の思い出ができ良かったなと思っています。 出典: 家族で普段から通う地元の神社でのご祈祷は思い出が重なってより深い場所になりますね。 溝口神社 溝口神社は伊勢神宮の神様が分霊されている神社です。 基本情報• 住所:神奈川県川崎市高津区溝口2-25-1• 電話:044-822-3776• 初穂料:10,000円• アクセス:東急田園都市線・大井町線「溝の口」駅または「武蔵溝ノ口」駅徒歩5分• 駐車場:あり(境内に40台)• 時間:9:00-16:30 利用者の口コミ 子宝の神社としてもご利益があるところで、二人目を授かるよう、絵馬に祈願した神社でした。 自宅からも遠くなく、参拝時間もさほど長くなく、スムーズに祈願していただけるオススメの場所です。 神社はとても大きいわけではありませんが、祈願していただけるまでの待ち時間、別室にて控え室があり待たせていただけて、とても良かったです。 中略 安産祈願だけではなく、お宮参りなどにも来られる方がいて、私も一人目、二人目はお宮参りは溝口神社で祈願していただきました。 中略 子宝でご利益があると有名なだけに安産祈願をしていただいたお陰で二人目も無事に安産で産まれました。 戌の日は水天宮はとても混んでいるので、溝口神社は待ち時間も少なく良いです。 出典: ご兄弟の祈願をされている場所だと状況が把握しやすいですね。 出雲大社相模分祠 出雲大社相模分祠は子授けや安産、教育学芸にご利益があるといわれ、またパワースポットにもなっています。 基本情報• 住所:神奈川県秦野市平沢1221• 電話:0463-81-1122• 初穂料:5,000円、10,000円以上• アクセス:小田急線「秦野」駅バス 【神01】「土橋経由渋沢駅北口行き」15分、「保健福祉センター前」下車徒歩約5分• 駐車場:あり• 時間:9:00-17:00 利用者の口コミ 三人目の赤ちゃんでしたが、妊娠のたびにきちんと一人ずつ、安産祈願に行きました。 初めての妊娠も、二番目、三番目も、それぞれうれしさと、無事に生まれてきてくれるようにとの思いは同じです。 子供たちも、自分も同じように神様に無事をお祈りされたのだとお腹の赤ちゃんに気持ちをかさねて、うれしくなったり、やさしい気持ちになるようです。 母親が妊娠すると、小さな子供はなんとなく不安になるものですが、一緒に安産祈願をすることで不安な気持ちが、赤ちゃんのお兄さんになるのだという自覚みたいなものが芽生えて、少しりっぱに大きくなった感じがします。 節目としてのお参りですが、赤ちゃんができたことを当たり前とは思わず、感謝と無事をいのることで、また新たに命の尊さと先に生まれてきた子供たちと家族の有難さを感謝したお参りになりました。 出典: 節目節目でお子さんが元気に育つよう願ったり育つ中で感謝したりすることは心の有り方に繋がってきますね。

次の

大巧寺だけじゃない!神奈川県での安産祈願スポット6選

安産 祈願 神奈川

日本に住んでいると、初詣や七五三、受験の合格祈願など様々な場面で神社やお寺に足を運ぶことがあるかと思います。 このような機会は妊娠中にも訪れ、安産祈願として、妊娠5か月目の戌の日に神社や寺に赴き、腹帯をいただいてくるという日本の伝統的な行事となっています。 全国各地に安産祈願ができる神社や寺がありますが、関東地方にも東京の水天宮をはじめとした、有名な神社仏閣が沢山あります。 今回は関東地方で安産祈願におすすめの神社や寺をご紹介します。 【東京】水天宮 東京で安産祈願といえば、もっとも有名といっても過言でないのがこちらの神社。 縁結びや子授け、安産にご利益があるとされています。 ご祭神は天御中主大神(アメノミナカヌシノオオカミ)、安徳天皇、建礼門院、二位の尼の4柱です。 天御中主大神は、この宇宙の始まりに現れた最初の神とされ、子孫繁栄の御神徳をもつとされています。 また、安徳天皇は、源平の合戦が行われた壇ノ浦で、その幼い命を散らした天皇です。 その際に一緒に海に飛び込んで亡くなった二位の尼と、安徳天皇の母である建礼門院は、特に航海安全、子供を守る力が強いようです。 水天宮は、江戸時代に当時の久留米藩有馬家の藩主が、もともと福岡にあった水天宮を、現在の芝赤羽根橋にあった上屋敷内に分祀したのが始まりとされています。 安産御守りとともに「御子守帯」(みすずおび)を初穂料4000円でいただくことができます。 安産祈願のご祈祷は、初穂料5000円となっています。 戌の日の昇殿は妊婦のみ。 公式サイト: 【東京】子安神社 東京八王子にある子安神社も、安産祈願の神社として有名です。 子安神社は、鎮座1200年を超える古い神社で、奈良時代に、橘右京少輔という人物が、時の帝の皇后の安産祈願のため草創したと伝えられています。 江戸時代には、歴代の将軍から崇拝され、将軍家の象徴でもある「三つ葉の葵」紋を神社の紋として使用することを許可されています。 祀られているのは、木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)、天照大御神(アマテラスオオミカミ)、大山咋命(オオヤマクイノミコト)、素盞鳴尊(スサノオノミコト)、奇稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)の5柱です。 中でも、木花開耶姫命は、火を放った産屋の中で無事に子供を出産したという伝説がある女神です。 困難な状況にあっても無事に出産できるとして、安産を願う多くの女性に信奉されています。 安産祈願では、岩田帯(腹帯)と底抜け柄杓が頒布されています。 底抜け柄杓というのは母体を表し、水が抜けるように安産でありますようにと願いを込め、ご妊婦さまご自身で神様に奉納していただくものだそうです。 岩田帯のみの頒布もあります。 晒タイプは3000円、ゴム入りのものは5000円です。 底抜け柄杓は2000円です。 御守りは桐箱入りの1500円のものがお薦めです。 無事出産した後、へその緒を入れる箱として使うことができるからです。 公式サイト: 【東京】大宮八幡宮 源頼義が、東北で起こった「前九年の役」に参戦するためにこの地を通りかかった際、大空にたなびく白雲を見たことを「これは八幡大神の御守護のしるしである」と喜び、乱を鎮めた暁には必ずこの地に神社を構えることを誓って、武運を祈り出陣したのが始まりといわれています。 そして、無事に奥州平定を成し遂げた1063年に、京都の石清水八幡宮より御分霊をいただいて神社を建てました。 ご祭神は、第15代目の天皇である応神天皇と、応神天皇のご両親、仲哀天皇、神功皇后の3柱です。 戦勝祈願にご利益があるとされる応神天皇ですが、母、神宮皇后の胎内にいる時から、戦いを勝利に導く御神徳を発揮したといわれています。 身重だった神宮皇后は、朝鮮への出兵をする際、鎮懐石(ちんかいいし)という石をお腹に巻いて出陣し、無事に帰還して御子を出産した伝説があります。 この伝説になぞらえ、神宮皇后を祀る神社は、安産祈願の御神徳があるとして崇敬されています。 お守りや絵馬はマタニティマークがモチーフとなっています。 キーホルダーの代わりにお守りを鞄に付けるのもいいかもしれませんね。 住所:東京都杉並区大宮2-3-1 アクセス:京王・井の頭線「西永福駅」下車、徒歩7分。 京王・井の頭線「永福町駅」下車、徒歩10分。 新宿、中野、高円寺などからバスでのアクセスも可能です。 公式サイト: 【埼玉】久伊豆神社 およそ1,400年前の欽明天皇の時代に、出雲の土師(はじ)氏が東国へ移ってくる際に、彼らが祀っていた大国主命(オオクニヌシノミコト)を出雲より勧請したのが始まりといわれています。 江戸の北東の鬼門除けとしても名高い、由緒ある神社として栄えました。 祀られている大国主命は、有名な、「因幡の白兎」の神話で、ワニ(サメ)に咬まれて傷だらけになったウサギを助けた神様として知られています。 医薬の神、国土開発の神、農耕の神など、たくさんの御神徳をもつ神様です。 中でも、180人もの子孫がいると言われる神様だけあって、安産や子育て、ひいては、縁結びや夫婦和合の御利益も謳われています。 境内には、安産のご利益ありとされる、 夢叶い犬「子宝いぬ」の像が置かれています。 なでると子宝、安産に恵まれるという話が伝わっており、熱心になでている風景がよくみられるとのことです。 久伊豆神社にお出かけの際には、ぜひ撫でてみてくださいね。 安産祈願の初穂料は5000円です。 持参した腹帯への祈祷の他、神社でも、晒タイプの腹帯を頒布しています。 安産祈願の祈祷を受けると、授与品として、御神札・絵馬・安産お守り・鈴の緒腹帯守り・張子の犬がいただけます。 住所:埼玉県さいたま市岩槻区宮町2-6-55 アクセス:東武野田線「岩槻駅」下車、徒歩15分。 公式サイト: 【埼玉】鴻神社 鴻神社は、もともとこの近くにあった三つの神社を合祀したものです。 そのため、祀られている神様も、氷川社(スサノオノミコト)、熊野社(ハヤタマノオノミコト)、雷電社(ワケイカヅチノミコト)となっています。 その他にも、三狐稲荷神社、幸の宮弁天社があります。 この神社が、安産祈願で有名になったのは、地名の鴻巣に由来します。 伝説では、コウノトリがこの地にやってきてこの地の守り神になったといわれています。 コウノトリといえば、赤ちゃんを運んできてくれる鳥として有名ですね。 コウノトリにあやかり、鴻神社では、コウノトリの卵を模した「コウノトリのたまごお守り」も頒布されています。 こちらのお守りは、安産祈願、子授け祈願をされた方がいただけるそうです。 住所:埼玉県鴻巣市本宮町1-9 アクセス:JR高崎線「鴻巣駅」下車、東口より徒歩8分。 ただし、子授け・安産祈願のご祈祷は、戌の日と土・日は予約なしで行っています。 公式サイト: 【神奈川】横濱水天宮 福岡県久留米市から勧請した水天宮を祀る神社です。 水天宮といえば安産祈願で有名ですね。 ご祭神は、東京の水天宮と同じく、天御中主大神(アメノミナカヌシノカミ)、安徳天皇、建礼門院、二位の尼の4柱です。 御腹帯(鈴の緒)は、安産祈願のご祈祷を受けられた方だけに頒布され、単体での授与はされていないそうですので気をつけてください。 また、独特のお守りとして、水天宮御守(いつもじ)があります。 これは、5つの神呪文字が書かれた紙で、陣痛がひどい時に、一文字ずつちぎって水に浮かべて飲むものだそうです。 ご祈祷の初穂料は5000円からです。 1万円以上の場合は、お神楽を奉納してもらえます。 また、限定のハローキティ母子手帳ケースもいただけます。 住所:神奈川県横浜市南区南太田2-7-29 アクセス:京浜急行「南太田駅」下車、徒歩10分。 公式サイト: 【千葉】千葉神社 主祭神は、天御中主大神(アメノミナカヌシノカミ)です。 仏教思想と重なり、北神妙見尊星王(北極星と北斗七星を司る)とも呼ばれます。 この他、経津主命(ふつぬしのみこと)と日本武尊命(やまとたけるのみこと)が祀られています。 厄除け、方位除けで有名ですが、安産祈願もお願いできます。 ご祈祷は5000円からできます。 腹帯は自分で購入したものを持ってきてもいいですし、神社で安産守りと腹巻型の腹帯のセットを3000円で購入することも出来ます。 住所:千葉県千葉市中央区院内1-16-1 アクセス:JR「千葉駅」(京成千葉駅)から徒歩で約10分、バスで5分。 公式サイト: 【茨城】雨引観音 ここまで神社が続いていましたが、こちらはお寺です。 正式名称を、雨引山楽法寺といい、587年に、法輪独守居士によって開かれた厄除延命安産子育に霊験あらたかな寺院で、「延命観世音菩薩」をお祀りしています。 特に、安産や子育てに関する霊験は高いとされており、奈良時代の推古天皇も崇敬された寺院だそうです。 安産祈願は、戌の日かそれ以前に、安産御守と護摩祈祷(ご希望の方だけ)を受けることができます。 安産御守には、腹帯と一緒に巻く小さな布が付いていますが、腹帯も買うことができます。 受付の時にお申し出れば、一緒に護摩祈祷してもらえます。 護摩祈祷は3,000円からですが、安産セット(1万円・3万円・5万円)を申し込むと、護摩料金のみで安産守とコルセットもいただけるそうです。 腹帯単体の頒布もあり、晒し製のものが2,000円、コルセットタイプが3,800円です。 住所:茨城県桜川市本木1 アクセス:JR水戸線「岩瀬駅」下車、駅前よりタクシーにて雨引山境内まで10分。 タクシー代は2000円位です。 公式サイト: 【栃木】日光二荒山神社 栃木県内で最も有名な神社のひとつ、日光二荒山神社も安産祈願で有名です。 徳川家康公を祀っている日光東照宮のすぐ隣にある神社で、世界遺産にも指定されています。 山岳信仰の名残である、二荒山そのものをご神体とする二荒山大神(ふたらやまのおおかみ)の他、大己貴命(おおなむちのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)を祀っています。 中でも、田心姫命は古来、子授け、安産、子供の成育を守護する母神様として篤く信仰されてきた神様です。 ご祈祷の初穂料は5000円、8000円、10000円で分かれていて、授与品もそれぞれ異なります。 住所:栃木県日光市山内2307 アクセス:JR「日光駅」もしくは東武鉄道「東武日光駅」下車、駅前からバス。 通常の安産祈祷は随時承っています。 事前の時間確認がお勧めです。 公式サイト: 【群馬】産泰神社 木花佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメノミコト)を主祭神とする神社で、安産・子育て祈願の神社として有名です。 安産祈願の祈祷は、随時行っており、初穂料は8000円で、腹帯無しの祈願の場合は5000円となっています。 ご祈祷を受けた後、安産抜けびしゃく、安産・子育て戌、安産胎内くぐりの境内3スポットを巡るお参り方法がお薦めです。 住所:群馬県前橋市下大屋町569 アクセス:日本中央バス【西大室線】:群馬県庁~前橋駅~中央前橋駅赤坂駅~大室公園 「産泰バス停留所」下車、東に100m。 公式サイト: まとめ 以上、関東地方にある、安産祈願で有名な神社を見てきました。 有名な神社は、戌の日には、全国からご祈祷を受けるために人が集まることもあり大変賑わいます。 必ずしも大きな神社で受けなければいけないわけではないので、ご自身の体調やスケジュールと相談のうえ、無理のない範囲で神社を選択しましょう。 近くの神社や、普段から崇敬している神社でも、安産祈願を行っている場合があります。 一度、電話等で問い合わせてみるといいですね。

次の