ギガらくwi-fi 西日本。 NTTのギガらくWi

ギガらくWi

ギガらくwi-fi 西日本

NTT 東日本のまとめギガらく Wi-Fi って何? メリット、デメリットを知りたい。 このブログでは 、 NTT東日本のギガらくWi-Fi について、概要やメリット、デメリットを解説をしてきます。 ギガらくWi-FiはNTT東日本が店舗やオフィス向けに提供するWi-Fiサービスです。 ギガらくWi-Fiのメリットは、 法人向けの高機能Wi-Fi、そして NTT東日本のサポートサービスが付いていること。 ITに詳しくない人でも、設置することができます。 一方、 デメリットは短期間での解約に伴う高額な解約金。 この記事では、ギガらくWi-Fiの商品概要やメリット、デメリットについて解説をしていきます。 ギガらく Wi-Fi の主な機能• IEEE802. 11ac に対応した高速無線• Wi-Fi に接続する端末を制限する MAC アドレスフィルタリング• 設定済みの Wi-Fi が届くので、 LAN ケーブルに指せばすぐに使える• 同時接続時の推奨端末が 50 台と多い• 「社内用」「来訪者用」のネットワークを 1 台で分けられる• Facebook と連携• プロによる 365 日のサポート 上記以外にも、 JapanWi-Fi 連携、ダッシュボード機能など、さまざまな機能がある Wi-Fi サービスです。 ギガらくWi-Fiのプランはハイエンド、ベーシック、ライトの3つ ギガらくWi-Fiには、価格や性能が違う3つのプランがあります。 設定の方法が分からない• Wi-Fi のトラブルで仕事が止まる• トラブル普及の対応で本来業務に支障が出る こうしたWi-Fiに関する問い合わせは、全てNTT東日本へ連絡すれば解決。 Wi-Fiに詳しくなくても、NTT東日本の専任スタッフがサポートしてくれます。 ギガらくWi-Fiは導入時にLANケーブルへつなぐだけ ギガらくWi-Fiは一般のWi-Fiとは違い、 LANケーブルへ接続するだけで使えます。 申込時にSSIDやPASSWORDを決めれば、あとはサポートセンターが代行して設定。 端末が届けば、LANケーブルへ接続するだけで設定が完了です。 導入するのに一番面倒な設定をヘルプデスクが代行してくれるため、詳しくない人でも簡単に設置ができます。 もし導入時にWi-Fiがうまく接続できなくても、心配はいりません。 NTT 東日本へ連絡すれば、 専門のオペレーターが対応してくれます。 もちろん、導入時だけでなくWi-Fiに関することなら、なんでも相談が可能。 特に複数の店舗を運営する企業は、 各 店舗のサービスを一括して NTT 東日本へ任せることができるため、管理稼働削減にも効果絶大です。 NTT 東日本が提供するギガらく Wi-Fi のデメリットは? ギガらく Wi-Fi のデメリットは「解約金」です。 一度導入してしまうと、最低利用期間中に解約した場合、 高額な解約金が請求 されます。

次の

NTTギガらくWi

ギガらくwi-fi 西日本

オフィスや店舗で役立つ機能に加え、プロによる導入から運用までのサポートが付いた、安心・カンタン・すぐに使えるWi-Fiサービスです。 提供エリアはフレッツ光の提供区域となります。 便利な機能・仕様 同時接続時の推奨端末台数 Wi-Fiアクセスポイント装置1台あたり、端末50台まで(推奨)快適に利用できるため、従業員が増えたり、タブレットやスマートフォンなどの端末が増えても安心して利用できます。 来訪者向けWi-Fiインターネット 来訪者は、社内システムにつながる従業員向けWi-Fiに接続できないため、従業員用と来訪者用のWi-Fiを、同じWi-Fiアクセスポイント装置で提供できます。 電波干渉防止 電波干渉の少ない無線チャネルを定期的に自動で選択するため、周辺にWi-Fiの電波が多く飛んでいる場合でも、電波干渉がより少ない状態でWi-Fiを利用できます。 ダッシュボード(利用状況表示画面) Wi-Fiアクセスポイント装置が周囲の端末のWi-Fi電波を検知する仕組みを利用して、来訪者数や滞在時間などの情報を収集し、お客さま専用サイトに表示します。 オフィスでは、従業員のWi-Fi利用状況の把握に、店舗では、来訪者の情報をマーケティングに活用できます。 の登録商標です。 指定Webサイト表示 来訪者がWi-Fiを利用してインターネットに接続する際に、任意のWebページを表示します。 店舗のホームページを表示させて、おすすめの商品などを紹介することもできます。 公衆Wi-Fiにおける多彩な接続認証方式 日本全国のフリーWi-Fiに接続できるNTTBP社提供の無料アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」での認証やメールアドレス、SNSのアカウントでの認証が行えるため、日本人はもちろん訪日外国人も手軽に利用でき、店舗などのサービス品質向上に活用できます。 その際は「ハイエンドプラン」の利用開始日から60ヵ月または24ヵ月が新たな最低利用期間となります。 その際は「2年タイプ」の利用開始日から60ヵ月が最低利用期間となります。 Wi-Fiアクセスポイント装置の設置台数は最大20台までです。 階をまたいで配線を行う場合、1階から2階など上下1フロアまでです。

次の

光回線を使用したインターネット接続ならフレッツ光|店舗・事務所・法人向け

ギガらくwi-fi 西日本

IPv6接続(IPoE方式) IPoE方式のIPv6サービスです。 速度遅延を解消する次世代通信技術で、高品質なインターネット接続環境をご提供します。 NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ 光ネクスト」に対応する、BUSINESSぷららのインターネット接続サービスをご契約の方が対象となります。 ホームゲートウェイ(HGW)をルータとしてご利用のお客様は、HGWでIPv4 over IPv6通信が可能な機能をご提供します。 アプリの配信は、お客様よりご指定いただいたPPPoE利用開始日の夜間に行います。 ・ 回線に接続されている。 ・ HGWの電源が入っている。 ・ HGWがルータモードで動作している。 ( ONU機能で動作している場合は、対応アプリをHGWへ配信できません。 固定IPは、対応しておりません。 IPoE方式のIPv6接続には、NTT東日本・NTT西日本のフレッツ・v6オプションが必要です。 IPoE方式のIPv6接続(IPv4 over IPv6を含む)は、ぷららのネットバリアベーシックに対応しておりません。 IPoE方式のIPv6接続(IPv4 over IPv6を含む)では、一部のソフトウェアやサービスが正常にご利用いただけない可能性があります。 IPoE方式のIPv6接続は通信速度の向上を保証するものではありません。 光回線のご利用状況により、IPoE方式でのIPv6接続が開通していない場合があります。 開通確認がとれない場合は、ぷらら法人会員サービス担当へお問い合わせください。 HGWの設置条件が以下の場合に、IPv4 over IPv6通信対応のためのアプリを配信します。 アプリの配信は、お客様よりご指定いただいたPPPoE利用開始日の夜間に行います。 下記記載の対応アプリ配信条件に合わず、1度でも配信に失敗した場合、再度配信依頼をすることができませんのでご注意ください。 (再度配信依頼をご希望の場合は、IPv6接続(IPoE方式)を一度解約頂き、再度、"IPv6接続(IPoE方式)"と"HGW利用有無"をONで申込ください。 ) "HGW利用有無"をOFFで申込頂いた場合で、お客さまご利用の通信端末がホームゲートウェイ(ひかり電話ルーター)の場合は、IPv6接続(IPoE方式)開通後、回線に接続したまま既存のホームゲートウェイを再起動すると、自動的にIPv6通信のみIPoE方式へ移行します。 1 HGWの設置条件が以下であること• ・ 回線に接続されている。 ・ HGWの電源が入っている。 ・ HGWがルータモードで動作している。 ( ONU機能で動作している場合は、対応アプリをHGWへ配信できません。 ) 2 HGWの契約があること• 3 HGW種別が以下でありファームウェアが最新化されていること• (2020年2月現在)• ・ 上記以外のシリーズの機種は、端末交換が必要です。 ・ 回線利用者様が、HGW上の管理ページにてファームウェア自動更新を停止している場合、対応アプリをHGWへ配信できません。 疑いがある場合NTT東西への問合せ下さい。 タイプ1の場合は、対応アプリをHGWへ配信できません。 ) 4 他社のIPoE(IPv4 over IPv6接続用)アプリがHGWへ配信されていないこと• ( 他社のアプリが配信されている場合は、他社側へアプリ削除を依頼ください ).

次の