暗殺 教室 実写 ひどい。 魔女の宅急便の実写がひどい?つまらないorおもしろい?評価・口コミも紹介

【映画『暗殺教室』実写版キャストとストーリー予想】ビッチ先生は韓国人の仮装…ストーリーは鷹岡編か!?

暗殺 教室 実写 ひどい

「魔女の宅急便」と聞くと、1989年の宮崎駿監督・劇場版アニメ「魔女の宅急便」(スタジオジブリ製作)作品をまず思い浮かべる方も多いでしょう。 でも、実は角野栄子さんの原作で児童書「魔女の宅急便」があり、それを元に作られた実写版「魔女の宅急便」もあるのです。 2014年に実写化されていて、あの有名なホラー映画「呪怨」の監督・清水崇さんが監督を務められました。 主人公の少女キキは、現在ドラマやCMでも人気の女優・小芝風花さんが演じました。 この作品の主題歌「Wake me up」は人気歌手・倉木麻衣さんが担当です。 ロケ地は瀬戸内海・播磨灘に浮かぶ小豆島にて敢行されました。 既にアニメ化された作品は「つまらない、イマイチ」という評価が聞かれることも多いですね。 皆さんの評価・口コミを紹介しながら、一緒に見ていきましょう。 最期までお付き合いください。 実写版「魔女の宅急便」の評価・感想!面白いとの声は? 魔女の宅急便やるけど折角だから俺は実写版の魔女の宅急便もオススメさせてもらうど。 アニメの先入観なくしてていうか忘れて一つの作品としてもっと観てもらいたいんだよ実写魔女宅はよ!!一度本当な観てほしい映画だぞ — ラリアット:2日目 日曜 西J42a rariatoo 実写化される際には、賛成・反対、両方の声が聞かれますね。 この作品ではまず、原作(児童書)に忠実なのか、またはアニメ版の脚本を元にしているのかで既に評価が分かれていたみたいでした。 さらにキャストのイメージも評価に加算されていくこともあり、前評判としてはかなり厳しいものがありますね。 しかし、鑑賞され「面白かった」と意見を述べている方も少なくないのです。 まずはそちらから見てみましょう。 実写版 魔女の宅急便 新井浩文さんの役が とっても気になっていてTSUTAYAでレンタルしてやっとモヤモヤが解決されたのでした。 実写版 魔女の宅急便 泣きました。 — キノコ kino1230 魔女の宅急便、実写版、最初は実写版考えられなかったけど、小学生~思春期の女の子が観るのはとてもさわやかで、良い映画でした。 キキ役の小芝風花ちゃんの演技が細かい心の動きの表情が自然で上手かったです。 映画「魔女の宅急便」公式サイト — ぶる〜ろ〜ず harudonald 実写版『魔女の宅急便』を観たんですが、原作を観てない僕はとても楽しめました。 原作知ってる人はどうなのかな? 僕は泣きましたし、心に来ました。 今の僕の心は透明です。 — しずる村上純 shizzlemurakami 『魔女の宅急便』。 実写版のコリコの町は、島や入り江が点在してる設定。 荷物を運ぶ際には、船を待たなければならないので時間がかかる。 でもキキなら空を飛んでパッと届けられる。 ジブリ版よりも「キキの有用性」が出てる設定でイイ。 魔女の禍々しいイメージが、キキに影を落とす展開も面白い。 アニメでは無いキキの成長が見れて、私は好き。 街並みも漁師がいたり、銭湯があったり、クリーニング屋があったり、日本っぽさもあって素敵だった。 キキを演じた小芝風花ちゃんがとても可愛かった。 原作のキキのイメージに近かった。 小芝風花のための作品。 街の景色は綺麗で素敵だった。 可愛い映画だった。 パン屋のおソノさん、尾野真千子さんのイメージがぴったりだった。 主役の小芝風花さんがキキの快活なイメージにぴったり、可愛くて良かったと言う声が沢山ありました。 確かに、笑顔が可愛らしくて、小柄で元気・純粋な少女となると、小芝風花さんはぴったりです。 また他のキャストさんも、演技派の俳優さんばかりで、演じた役者さんへの否定的意見はほとんどありませんね。 ロケ地の小豆島も「空を飛ぶ」キキがここにいてくれたら、と思えるような「地形」を上手に利用しているという声もありました。 実写版「魔女の宅急便」評価・感想!ひどい・つまらないとの声は? 続いては、やっぱり実写化は残念、イメージが違うなど、否定的意見も多く見受けられますので集めてみました。 あと実写版「魔女の宅急便」途中まで観た。 ジブリアニメより原作に忠実?なトンボが辛気臭い(笑)馴染んでないCGジジもアレ。 何を思って実写版企画したんやろ…。 映像酷いな。 まるで飛んでる感しないし、バラエティー番組の合成のようだ…。 これはキツい。 今日わ ゲオで100円レンタルだったから 借りてきた。 映画館でみたいくらい 興味あったけど 実写版でかつて 期待はずれ作品たくさんあるから DVDになるまで 待ってた。 昭和初期? タイムスリップ? あの ジブリの世界とは 遠〜っ💧 — 杏。 012Coharu• 日本の「昭和」ぽさが強かった。 トンボ少年のイメージが違う。 実写版のCGがレベルが低くて、黒猫のジジや、キキが空を飛ぶシーンがバラエティのようだった。 ただただ、コスプレっぽい。 問題点はCGのクオリティと、原作に沿ったキャラクターの性格、あとはアニメのヨーロッパ風の港町のイメージとの差でしょうかね。 CGのクオリティは、時間とお金の掛け方でかなり違ってくるものでしょうし・・。 人気キャラクターの黒猫のジジがヌイグルミっぽいとか、飛ぶシーンがバラエティの合成、というのは確かに悲しい。 その部分だけでも、ちょっとクオリティを高めにしてくれたら、作品全体の雰囲気や見る側のモチベーションが上がったのですが。 この点では「ロケ地」も同じ事がいえるかもしれません。 「昭和っぽい」という厳しい意見がありましたね。 原作とアニメとは元々脚本的に違うので、原作に重点を置いて忠実に再現すると、ジブリと実写と両方見た人には違和感が強かったと考えられます。 こればっかりは、見る側の「割り切り」も必要だったのかな。 また、ジブリは1989年の劇場版アニメ化でしたから、アニメ版での「良いイメージ」が既に多くの人の心に植え付けられ、アニメ版は「面白かった、素晴らしかった」という良い印象ばかりが残っていた点でも、不利になってしまったとも言えるでしょう。 実写版「魔女の宅急便」は、ある意味成功だった? キャストの選考 主役のキキを演じた小芝風花さんは当時16歳で、500人の候補の中から選ばれました。 しかし、実写映画化発表直後には、インターネットを中心にさまざまな議論が巻き起こったあげく、一部のユーザーが小芝さんのブログに、キャスティングについて批判的な意見を書きこむ、という事まであったようです。 小芝さんには罪はありませんし、その後彼女は前向きに自分なりのキキを演じると強い意志をもって、撮影にのぞまれたようですね。 結果としては、小芝さんの起用は大成功をおさめたのではないでしょうか。 ロケ地・小豆島 瀬戸内海・播磨灘に浮かぶ小豆島。 かつてからオリーブの栽培が有名で「オリーブ公園」「エンジェルロード」など人気のスポットも沢山ある、まさに「風光明媚」な場所が使われました。 現在、道の駅の中に「グーチョキパン屋」として使われた建物などを移設。 ギリシャ風車が立つ丘から眼下に広がる海は、穏やかで美しく、「魔法のほうき」にまたがって風車をバックに撮影した画像は、インスタ映えすると大好評。 週末や連休などには、撮影の順番待ちの列ができるほどだそうです。 この「魔法のほうき」は「オリーブ記念館」で無料貸し出ししており、公園内なら持ち出しOKのため、あちこちで、キキになりきる人が沢山います。 小豆島の観光の後押しに大きく貢献しているのです。 原作ファン、アニメのファン、両方のファンの夢の世界を表現できる場所となっていて、この点でも、実写版「魔女の宅急便」は成功と言えるのではないでしょうか。 実写「魔女の宅急便」まとめ まずお断りしておかないといけないことは、1989年のジブリのアニメーション「魔女の宅急便」の話をリメイクした実写版ではないという点です。 ここが「イメージが全然違う」と言われてしまっている元になっているようなのです。 原作に忠実に作られたために、宮崎駿氏の脚本と大きく内容が違います。 なのに、どうしても比べられてしまって、損をしているなと思います。 実際に見て「面白かった」という声もありましたし、主役のキキを演じた小芝風花さんも「とても可愛かった」「原作の世界観と合っていた」と言う声も多かったのです。 ただ、キキのパートナーの「黒猫のジジ」と、キキの飛行シーンのCGがあまり出来が良くなかったために、印象が悪くなってしまったのかもしれません。 アニメのジジはヌイグルミが売り出されるほどの人気キャラクターでしたし、キキが空を飛ぶシーンというのは、皆さんが憧れて、一緒に飛んでいるイメージを持ちたいであろう、とても大切な場面でした。 その表現が残念だった為、ストーリー全体のバランスが崩れてしまった上、観客の集中力が途切れて、見る意欲を削いでしまったようにも思えます。 また、完成度の高いジブリのアニメーションの後に、この実写版を作るという、ある意味「勇敢」な決断。 製作、公開の順序が逆であれば、もう少し評価は変わったのではないでしょうか。 その点、とても残念でなりません。 現在も、小豆島の観光スポットのひとつとして愛されているロケ地。 一度、見て、さらに小豆島へ観光、というコースも楽しいかもしれないですよね。 最期までお読みいただいてありがとうございました。

次の

暗殺教室:実写映画で加藤清史郎が“最凶”の転校生イトナに 高嶋政伸も出演

暗殺 教室 実写 ひどい

暗殺教室とは• 掲載誌:週刊少年ジャンプ• 連載開始:2012年31号(夏ごろ)• 作者:松井優征 暗殺教室は現在(2014年12月14日時点)11巻まで発売されているジャンプの人気作。 作者は『魔人探偵脳噛ネウロ』の作者としても人気の高い松井優征。 ネウロと同様に、暗殺教室も独特の世界観がうりの漫画です。 主人公!?…のタコっぽい生物の名は『殺せんせー(あだ名)』と言う。 たった一人で地球を滅ぼせる程の規格外のパワーを備えた超生物。 そんな超生物が一年後に地球の破壊を宣言します。 但し、その破壊までの猶予として進学校の落ちこぼれクラス『3年E組』の教師を務め、尚且つ生徒に対して1年間の『暗殺のチャンス』を与えるという設定の漫画。 殺せんせーを倒さなければ地球が破壊されてしまうが、殺せんせー自体は先生としては非常に優秀で良いやつ。 どうすればいいのだ…。 殺そうにも強すぎる• でも先生としては優秀で愛される• でも殺さないと地球が破壊 何とも自己矛盾に悩まされそうな世界観。 犯罪者に対する感情移入:ストックホルム症候群• 監禁者が被害者に対して感情移入:リマ症候群 カッコよく言えば…犯罪心理学を少し感じさせてくれる作品。 URL: 実写版の映画『暗殺教室』について 画像引用元:• 監督:羽住英一郎• 脚本:金沢達也 監督は海猿シリーズを手掛けている「羽住英一郎」。 脚本は「金沢達也」と言う方で、元AKB48・SDN48の「大堀恵」の旦那。 妻との年齢差は12歳と…まぁお金は持っている方なのでしょう(笑) 映画のストーリーは『鷹岡編』と予想 ストーリー内容は詳しくは分かっていませんが…漫画でもなかなかインパクトのあった悪役「鷹岡明」が登場するとの事なので、「潮田渚」が暗殺者としての才能を開花させる当たりが映画化されるのかなと予想。 1回目:先生としての鷹岡 鷹岡が漫画に登場したのは今のところ2回。 1回目は烏間先生の代役といった形で赴任してきたが、烏間に抱いたライバル心から湧き出る「暴力的な教育方針」で生徒とトラブル。 結果的に渚に完敗して精神崩壊。 学園を去ることになる。 おそらく今回の映画のメインはこの話じゃないかな。 2回目:復習者としての鷹岡 でもって2回目は復習者として登場。 殺し屋を雇い、毒を盛るなどして、渚への復習を試みるが失敗。 まぁ…映画の1作目がヒットすれば2回目はこれだろうな。 主要キャストは色々と酷い? キャストの発表と共に、ネットでは批判が相次いでる様子。 漫画のファンとして僕も少し意見させていただこうかな。 まず最初に感じたのが…暗殺教室の舞台って「中学3年生」なんですけど、映画の衣装・キャストを見る限りだと「高校生」っぽいなぁと。 地獄先生ぬ~べ~も何故か高校が舞台になってたので年齢設定が変わってる可能性も? パッと見が仮装大賞なので、どうせギャグっぽくやるのであれば、もう少しキャストは青臭くても良かったんじゃないかな…と思ったよ。 意外とモブっぽい生徒役は漫画の見た目に合わせてチョイスしてきた感があって良かったんだけど、漫画において重要な生徒ほどマスコミの息がかかってて、コレじゃない感がスゴイ。 そこが実に残念である。 個人的に意見したいキャスト・気になったキャストを紹介してみるよ。 殺せんせー・CG 殺せんせーはどうやらCG合成みたいですね。 ヌメヌメってよりもプラスチック感が強い? でも綺麗。 潮田渚役・山田涼介 主役というか準主役というか…渚役をジャニーズが担当する時点で見たくなくなる不思議。 100歩譲って見た目は良しとしても声が「声変わり後の男性」で予告見てて「あぁ…」って思ってしまった。 漫画だと運動神経バリバリで28歳・ビッチ先生と恋に落ちるかどうかって感じなのにさ。 椎名桔平ってもう50歳っすよ。 堅苦しい感じは似てるけど青臭さが足りない。 ビッチ先生役・知英(ジヨン) ビッチ先生と言えば金髪美人な役柄なワケだけど。 これじゃヅラ被った日本人じゃん…。 と思ったら、日本人じゃなくてKARAの元メンバーで韓国人の「知英(ジヨン)」とか言う人が担当。 誰かと思ったらドラマ・地獄先生ぬ~べ~で「ゆきめ」役を担当。 衣装が変ってことでちょっとだけ話題になった人ですね。 彼女もまたテレビ業界のごり押し候補の一人なのか。 鷹岡明役・高嶋政伸 高嶋さんは人間的にも表裏ありそうだし、 なかなか悪くないなって思いました(笑) … あとおまけでモブっぽい生徒役の人は中々悪くない感じがしました。 気になったのは「きらら」役の大熊杏実ちゃんが漫画よりもだいぶ可愛かった点。 もっと根暗っぽい子でも良かったきがするけどおじさんは許します。 まとめ どういう層を狙って映画化してるのかな? 「暗殺教室」という作品を知らない人に対するプロモーション的な意味が強いのかな? 少なくともネットで煽ってる僕等みたいな層じゃないのは確かなんだけど。 主役がジャニーズってだけで、ジャニオタさんは暗殺教室を映画館へ見に行ったりするもんなんですかね。 う~ん。 乙女心は分からない。 公開予定日:2015年3月15日• 公式サイト: たぶん2~3日前くらいからかなぁ。。 自分はブラウザにはクロムを使用しているのですが、Goog 涙にはストレスを解消する力があるんだとかで 週末にがーっと泣いてすっきりしましょう!という 嘘か本当か…ちょっと寒気のするニュースが飛び込んできた。 福岡県の柳川高校にて女子高生20 2年に1回開催される世界陸上、今年は北京が開催地です。 この工場で生産されたねんどろいど 人気長寿テレビ番組「笑点」にて司会を務める 「桂歌丸」さんが病名「慢性閉塞性肺疾患」にて入 球界のスーパースター元巨人の清原和博のお薬持ってますよね逮捕劇から10日余り。 かねてから噂が 何やらネットにて「小学校の算数における『奇習』は子供たちに対する虐待」との事で少し盛り上がっ.

次の

『暗殺教室〜卒業編〜』取捨選択の失敗?(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

暗殺 教室 実写 ひどい

Sponsored Link 「暗殺教室〜卒業編」 ネタバレ!! 満月が空に浮かび、 雨が降っています。 そこに、 謎の男が登場。 全身を拘束され、どこかへ連れていかれます。 場面がパッと変わり、 映画「暗殺教室」の前編の おさらい動画が流れます。 殺せんせーや渚(演:山田涼介)、 烏間先生など 主要キャラの紹介がされます。 それが終わって、 進路相談の話に。 中村さんは外交官、 カルマは官僚、寺坂は政治家、 渚は・・・迷っている様子。 そして、 椚ヶ丘学園祭の話題に。 烏間先生が教壇に立って、 「学園祭も暗殺のチャンスだ」 とE組に言って、 レッドアイ(演:阿部力) という凄腕スナイパーを 雇ったと伝えます。 C 松井優征 学園祭当日、 雇われたスナイパー レッドアイは殺せんせーを 暗殺しようと試みますが、 すべて失敗。 E組の寸劇「桃太郎」の最中に レッドアイも巻き込まれ「赤鬼」に コスプレをさせられていました。 また、学園祭中に 茅野・奥田・神崎さんが 高校生ヤンキーに誘拐される事件が 発生。 (ちなみに、原作だと学園祭ではなく 修学旅行のときに起きた事件です) 学園祭が終わって、殺せんせーに 後片付けの準備を手伝わせる、茅野(演:山本舞香)。 「 最後まで気がつかなかったね」 茅野はそう言って、髪をかきあげ 黒い触手を出します!! 「 雪村あぐりの妹っていえばわかるよね?」 対せんせー用繊維の 布で殺せんせーを覆い、攻めるものの 茅野の身に拒絶反応が生じ、その場を 離れます。 翌日、茅野はあらためて 殺せんせーと対決。 茅野の猛攻を見て、生命が危ないと判断した 殺せんせーは、 E組に協力を求めます。 茅野の意識をそらすようにと。 すると 渚が動き出します。 これまで習った暗殺スキルを 駆使できないかどうか。 そこで何かを思い出す渚。 油断した茅野の後ろから、 渚は迫り・・・ 唐突にキス!! 茅野の意識は殺せんせーから逸れ、 茅野の触手を抜くことに成功しました。 人体実験として死神が 選ばれました。 そこでは、苦痛の実験もおこなわれましたが 雪村あぐりという日々の様子を観察する 女性がいました。 次第に、死神はあぐりと仲良くなり 1年が経ったころには 触手のようなものを通して あぐりと触れ合うほどに。 しかし、そこに悪い知らせが。 1年後に地球を破壊する可能性があるので 「あいつを処分しろ」 と柳沢が部下に命令。 それを聞いてしまったあぐりは それを死神に伝えます。 しかし、 死神は暴走。 設備を壊し始めます。 そんな暴走する死神を 止めにきた、 あぐり。 しかし、止めたとき 致命症となる 怪我を死神は負わせてしまいます。 あぐりは死神にいいます。 「 あなたの時間をくれるなら あの子たちに教えてあげて」 ・・・こうして、死神は 「殺せんせー」となり E組へやってきたのでした。 これを聞かされたE組は 冬休みのあとに 「 殺せんせー助ける方法を探す派」と 「 このまま暗殺を続ける派」に分裂。 助ける派の 渚と、暗殺を続ける派の カルマの タイマンが始まります。 ここで、お互いに「君」をつけずに 呼び合います。 こうして、E組は「殺せんせーを 助ける方法」を探し始めます。 そこで、殺せんせーが爆発する確率は 1%とわかり、 さらに律のおかげで 柳沢の研究データも入手し、 殺せんせーを助ける薬を 作ることに成功したのです。 あとは、薬を飲んでもらうだけ! と意気込むE組の前に、防衛省が。 E組全員が司令官ホウジョウによって 保護されます。 なんと、殺せんせーを 確実に暗殺するビームが 宇宙から打たれる計画でした。 殺せんせーのいる E組校舎のまわりには すでに殺せんせー用のバリアが。 納得できないE組は、保護されている 牢屋から脱出。 ビッチ先生の助けも借りて なんとか、 殺せんせーのいる E組校舎へたどり着きます。 そこで、卒業証書を渡そうとした 次の瞬間! 触手を取り込んだ柳沢が登場。 殺せんせー最後の戦いが始まり、 一方的に攻められる殺せんせーを 守ろうと茅野が柳沢の前に! 茅野は一突きされ、 それを見た殺せんせーは激怒。 ものすごい光線を放って 柳沢を倒します。 その後、茅野は殺せんせーの 手術によって息を取り戻します。 そこに体力を使った 殺せんせーは瀕死の状態に。 E組クラス全員で殺せんせーを おさえて、いよいよ最後のとき。 「 僕にやらせて」 と渚が名乗りをあげて 殺せんせーの上に馬乗りに。 震える渚は泣き叫びながら 殺せんせーを暗殺しようとすると、 「 そんな気持ちでやってはいけません」 「 笑顔で」 正気を取り戻した渚は 笑って、 「 さようなら、殺せんせー」 と言って急所である心臓を刺します。 暗く怒号が飛び交う校舎の 様子のシーンに。 そこへ、渚が登場。 教室の扉を開けると そこには不良ヤンキーの男子高校生たち。 背の低い渚はいじられ、 脅されますが、 渚は瞬時に動いて ヤンキー高校生の首に人差し指をあて、 圧倒。 渚は教壇に立っていいます。 「 それでは、授業を始めます!」 「暗殺教室〜卒業編」の感想!! おもしろかったですよ! 全体的に暗殺教室の後半の大筋を よく表していたと思いますし、 見ていて「おぉ!」と興奮するシーンも ありました! 全体の流れに沿って 感想をつらつら書いていきますね。 まず、最初のシーン。 死神役の二宮和也さんの登場。 一見、暗殺教室っぽくない演出で 「あれ?映画間違った?」と思うほど。 でも、そのあとの 前編のおさらいが流れて ホッとしました。 そのあと、進路相談の話に。 原作と違って、渚の方から 「ぼくには暗殺の才能があります」 とは言っていませんでしたね。 むしろ、殺せんせーが 「君には暗殺の才能がある」 と教えてくれていました。 それが終わって、学園祭。 修学旅行の話と混ぜてきたのは 意外でした! 原作とは違いましたが とても良いシーンでした。 フジテレビアナウンサーの 軽部さんもビッチ先生に キスマークを付けられていましたし笑 そして、ネットでも話題になっていた 「 渚と茅野のキス」 つまり・・・ 「 山田涼介と山本舞香のキス」 のシーンはあるのかどうか、という問題! わたしは、前の映画のときに 予想していたのですが・・・ やっぱり、ありましたね! まぁ、このシーンがないと茅野が 止まる理由がわかりませんし。 キスは描かれましたが、 学園祭での渚の女装は見られませんでしたね。 あとは・・・ そうです! E組分裂のときに 渚とカルマのタイマンしかなかった ことがちょっと残念。 原作のようなチームで 渚が暗殺者として活躍する様子や カルマの指揮・統率力を披露するところなど ちょっと見たかったですね。 あとは、 二代目死神がまったく 出てこなかったこと。 これも残念でした。 かわりに柳沢が怪物になっていましたが CGがリアルで結構怖かったです笑 ラストに渚が先生になった理由が 映画ではイマイチ伝わりませんでした。 原作では、「殺せんせーに憧れる様子」 「子どもに影響される」などが 描かれ、渚が先生になる様子が しっかりわかります。 ん〜、でもこれは仕方ないですよね。 約20巻の作品を前編とあわせて 4時間ちょっとでまとめなくちゃ いけませんし、 たしょう原作の劣化になってしまうのは しょうがないですね。

次の