トリプル x 再 起動。 トリプルX:再起動

映画「トリプルX再起動」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】|SNOPOMMEDIA

トリプル x 再 起動

映画「トリプルX 再起動」の予告編 トリプルX 再起動のあらすじ 宇宙に散在するすべての人工衛星を遠隔操作し、地球上のあらゆる場所に落下させることができる最悪の凶器であるコントローラー「パンドラの箱」が正体不明のグループの手によっていとも簡単にCIA本部の会議の場から奪われた。 何の手掛かりもないまるでゴースト(幽霊)のようなそのチームに対抗できるのは、かつてNSAのギボンズ(サミュエル・L・ジャクソン)のもとで任務を果たし、すでに死んだことになっているあの男しかいない。 CIAのマルケ(トニ・コレット)は伝説のトリプルXことザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)を強引に復職させる。 ザンダーはマルケの用意した米軍特殊部隊を非礼な方法で拒否したのち、自らの仲間であるアデル(ルビー・ローズ)、ニックス( クリス・ウー)、テニソン (ロリー・マッキャン)を呼び寄せた。 まず、ロンドンに古い友人である天才ハッカーのエインズレー(ハーマイオニー・コーフィールド(英語版))を尋ね、彼等の居場所がフィリピンのある島だと突きとめ、謎の男ジャン (ドニー・イェン)が率いるセレーナ(ディーピカー・パードゥコーン)、タロン (トニー・ジャー)、ホーク (マイケル・ビスピン)らのゴーストから「パンドラの箱」を奪還すべく島に乗り込んでゆく。 wikipedia. ヴィン・ディーゼル VS ドニー・イェンの対決!• どこまでも楽しめる爽快アクション• さり気なく出演する超豪華ゲスト ネタバレしないように解説しますね。 ヴィン・ディーゼル VS ドニー・イェンの対決! トリプルX 再起動では、ヴィン・ディーゼルとドニー・イェンの対決シーンが見どころです! 筋肉モリモリのヴィン・ディーゼルとカンフースターのドニー・イェンの異なるアクションは見ていて面白いですね。 夢のようなコラボを満喫できますよ。 どこまでも楽しめる爽快アクション トリプルX 再起動は「そんなバカな(笑)」的なアクションしかありません! 偏差値低めの映画ですが、だからこそいつでも楽しめて何度見ても面白いんです。 「今日は単純に楽しめる映画が見たいな」という時に最適な映画と言えます。 さり気なく出演する超豪華ゲスト トリプルX 再起動の劇中には、めちゃくちゃ豪華なゲストが出演します。 映画の序盤で出演するので、ぜひぜひ楽しみにしながら見てみてくださいね! 映画トリプルX 再起動の評判は? トリプルX 再起動の評判をまとめました。 話題作だっただけに興味深いコメントが沢山ありますよ。 トリプルX:再起動を観た側の人間はみんな思考回路がトリプルXに染まる — 茂十郎 moooooooojuro トリプルX:再起動 D・J・カルーソー監督 超絶!娯楽作品のアクション物。 ザンダー・ケイジが率いるトリプルXチームが大活躍する。 コレに尽きる。 ガンアクションに格闘にスケボー、オートバイ、飛行機とアクションの幕の内弁当。 お金を払った人に散々楽しませてあげる映画。 多少の辻褄は野暮。

次の

トリプルX:再起動

トリプル x 再 起動

2002年版の方では、こちらのブログでもレビューをしました。 今回の映画は新しい仲間たちを引き連れ、難関なミッションを行いますが、この出演している俳優が各国の有名アクション俳優が一同に参戦をするのが見どころだと思います。 前の映画では、いい意味でバカバカしいアクション映画でスリーに集中しなくても見ていて楽しいアクション映画だったと思います。 それが前の映画の良い所ですし、アクション映画全部に言えますがそういうのは私は好きです。 で、今回も最初の方は今までのシリーズと同じような良い感じのバカさ加減を持ったアクションを披露していました。 はい、結構最初の方は大好きですね。 スキー板でジャングルを抜けたり、スケボーで下りの道路を駆け巡ったりしているのは見ていて楽しいです。 ただ、ここからはそのバカさ加減が薄れていってるように感じました。 一応スリーはありますが、結構普通なんでとりあえず置いとくとして、 正直そのスリーに勝てるようなアクションを披露していなかったなぁと思います。 やっていることは、凄いとは思います。 ただ勿体なかったのはアクションシーンが近いということ。 基本アクションできない俳優にはスタントマンにやらせて、それをバレさせなかったり誤魔化すために、カメラをわざとブレさせたり、カットを多めに使います。 ただ、ビン・やなどアクションできる人を集めてやってくれているのに、カメラをブレさせたり、カットを多めにしたり、足元や上半身を近くに撮っているのが多かったです。 それから、ハイペースなアクションの途中でソローモーションを入れていることも多いです。 私はそういうのは、あまり気にはしない方ですが、ただ何をやっているか分からないアクションにスローを入れると、 なにをしているかは分かりますが、多用しすぎるとテンポが悪いです。 全体的にアクションの撮り方はいまいちでしたね。 個人的にはしっかりと撮ってビシッと決めてほしいです。 キャラクターも一応多数出てきて、個性はあります。 もちろんあまり必要性のない感じがするキャラも出てきます。 特に気になるのは、主人公が引き連れた仲間です。 一人目のスナイパーの女性は好きです、かなりイカしてるキャラでした。 あとはドライバーの男性と、若いDJを仲間にします。 正直この 若いDJをなんで過酷なミッションに連れてきたんだろうと思いました。 一応やることは場を盛り上げさせて目を逸らさせたり、大衆を使って仲間を逃がしたりはします。 それ以降は銃は使いますが、特別なことは何もしません。 アクションもできる訳ではないので、本当なんで連れてきたのか疑問に感じます。 まぁ、ただ のキャラやアクションがカッコよかったり、 ビン・も彼らしい演技ではありますが個人的には好きなキャラになっていました。 全部が全部、キャラ嫌いになるわけではないです。 そんな感じですね。

次の

映画『トリプルX:再起動』評価&レビュー【Review No.174】

トリプル x 再 起動

2002年版の方では、こちらのブログでもレビューをしました。 今回の映画は新しい仲間たちを引き連れ、難関なミッションを行いますが、この出演している俳優が各国の有名アクション俳優が一同に参戦をするのが見どころだと思います。 前の映画では、いい意味でバカバカしいアクション映画でスリーに集中しなくても見ていて楽しいアクション映画だったと思います。 それが前の映画の良い所ですし、アクション映画全部に言えますがそういうのは私は好きです。 で、今回も最初の方は今までのシリーズと同じような良い感じのバカさ加減を持ったアクションを披露していました。 はい、結構最初の方は大好きですね。 スキー板でジャングルを抜けたり、スケボーで下りの道路を駆け巡ったりしているのは見ていて楽しいです。 ただ、ここからはそのバカさ加減が薄れていってるように感じました。 一応スリーはありますが、結構普通なんでとりあえず置いとくとして、 正直そのスリーに勝てるようなアクションを披露していなかったなぁと思います。 やっていることは、凄いとは思います。 ただ勿体なかったのはアクションシーンが近いということ。 基本アクションできない俳優にはスタントマンにやらせて、それをバレさせなかったり誤魔化すために、カメラをわざとブレさせたり、カットを多めに使います。 ただ、ビン・やなどアクションできる人を集めてやってくれているのに、カメラをブレさせたり、カットを多めにしたり、足元や上半身を近くに撮っているのが多かったです。 それから、ハイペースなアクションの途中でソローモーションを入れていることも多いです。 私はそういうのは、あまり気にはしない方ですが、ただ何をやっているか分からないアクションにスローを入れると、 なにをしているかは分かりますが、多用しすぎるとテンポが悪いです。 全体的にアクションの撮り方はいまいちでしたね。 個人的にはしっかりと撮ってビシッと決めてほしいです。 キャラクターも一応多数出てきて、個性はあります。 もちろんあまり必要性のない感じがするキャラも出てきます。 特に気になるのは、主人公が引き連れた仲間です。 一人目のスナイパーの女性は好きです、かなりイカしてるキャラでした。 あとはドライバーの男性と、若いDJを仲間にします。 正直この 若いDJをなんで過酷なミッションに連れてきたんだろうと思いました。 一応やることは場を盛り上げさせて目を逸らさせたり、大衆を使って仲間を逃がしたりはします。 それ以降は銃は使いますが、特別なことは何もしません。 アクションもできる訳ではないので、本当なんで連れてきたのか疑問に感じます。 まぁ、ただ のキャラやアクションがカッコよかったり、 ビン・も彼らしい演技ではありますが個人的には好きなキャラになっていました。 全部が全部、キャラ嫌いになるわけではないです。 そんな感じですね。

次の