ナイト モード カメラ。 【ナイトモード】iPhone 11 Proの夜景撮影機能をiPhone XRのカメラと比較

HDR+夜景が進化、複眼カメラは超広角か望遠か――2019年のスマホカメラを振り返る (1/2)

ナイト モード カメラ

iPhoneのカメラには、暗いところでも美しい写真を撮影できる「ナイトモード」が搭載されています。 ナイトモードはユーザーが操作をしなくても、必要なときに自動でオンになります。 暗い場所でカメラを構えた際に、月のアイコンが黄色く点灯したときが、ナイトモードで撮影されています。 ナイトモードのアイコンをタップして「オフ」にしたり、シャッタースピードを「自動」または「最大」に切り替えられます。 ナイトモードで撮影できるのは、以下の条件が揃ったときのみです。 iPhone 11シリーズを使う• 暗いところで撮影する• 超広角レンズではない• Live Photos撮影モードではない• 自撮りカメラではない ひとつずつ詳しく解説します。 iPhone 11シリーズを使う ナイトモードは画像処理で実現されています。 ナイトモードでシャッターを切ると、複数の画像が記録されて、それを合成して1枚の写真に仕上げます。 この高度な処理には、最新の「A13 Bionicチップ」が必要です。 暗いところで撮影する ナイトモードは、明るさが足りない場所で、美しい写真を撮るための機能です。 十分に明るい場所・暗くない場所では、機能しません。 たとえ夜景であっても、明かりが多数ある場合は、機能しないことがあります。 また露出を下げて、暗い写真を撮ろうとした場合にも、オフになることがあります。 超広角レンズではない 超広角レンズでは、ナイトモードは機能しません。 ナイトモードはシャッタースピードが遅くなるために、カメラレンズの光学式手ぶれ補正機能が必須です。 ナイトモードには、1x(広角)または2x(望遠)モードを使う必要があります。 Live Photos撮影モードではない ナイトモードは1秒から最大30秒間、シャッターを開いて撮影されます。 シャッターを切った瞬間の、前後数秒間をビデオで残す、Live Photoには対応していません。 自撮りカメラではない TrueDepthカメラ(自撮りカメラ)で撮影するセルフィーには、ナイトモードはありません。 パノラマ、ポートレートモード、ビデオ、スロー、タイムラプスにも、ナイトモードはありません。 公式サポート情報• 関連する豆知識.

次の

Galaxy S10+ vs Pixel 3 vs iPhone XSのナイトモード撮影を比較してみた。【 海外レビュー】

ナイト モード カメラ

13mm超広角レンズやナイトモードが話題のiPhone11シリーズ。 ちなみにこれまで使っていたスマホはiPhone7になります。 iPhone7も発売当初は優秀なカメラと言われていましたが、個人的には山や旅行などの使用で写りに不満が多く次第に使わなくなっていました。 2016年発売のiPhone7から3年でどれだけ進化しているのか!? 街でスナップ撮影をしながら比較してみました。 後半に作例もまとめて載せていますのでぜひご覧ください。 リンク• 超広角レンズ• ナイトモード• ポートレートモード あまり押し出されていない気がするのですが、各レンズの間の焦点距離もズームレンズのようにシームレスに使えるのは凄いです。 iPhone11カメラ仕様 iPhone11のカメラ機能です。 デュアル12MPカメラ(超広角と広角)• 8絞り値• 2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム• 進化したボケ効果と深度コントロールが 使える ポートレートモード• 6つのエフェクトを備えたポートレート ライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ 照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))• 光学式手ぶれ補正(広角)• 5枚構成のレンズ(超広角)、6枚構成の レンズ(広角)• より明るいTrue Toneフラッシュとスロー シンクロ• パノラマ(最大63MP)• ナイトモード• 自動調整• 次世代のスマートHDR(写真)• 写真とLive Photosの広色域キャプチャ• 高度な赤目修正• 自動手ぶれ補正• バーストモード• 写真へのジオタグ添付• そのためズーム域は13mm〜52mm。 iPhone11と違うところだけ抜粋します。 トリプル12MPカメラ(超広角、広角、望遠)• 8絞り値• 0絞り値• 2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズーム アウト、最大10倍のデジタルズーム• デュアル光学式手ぶれ補正(広角、望遠)• 5枚構成のレンズ(超広角)、6枚構成の レンズ(広角、望遠) 新しい13mm超広角レンズ まずは目玉のiPhone11から搭載された超広角レンズ。 同じ場所から「広角レンズ」と「超広角レンズ」でどのくらい写る範囲が変わるのか試してみました。 広角26mm 超広角13mm 今までの広角レンズで縦位置で撮っていたものが、横位置でそのまま全部入ってしまうと考えていただくといいでしょう。 一眼レフカメラを所有していても13mmという超広角レンズを持っていない人も多いですよね。 どちらかというとGoProのようなアクションカメラで見慣れた画角に近く、臨場感たっぷりにその場を切り取れます。 広角26mm 超広角13mm こちらも同じ位置から。 超広角は写真の周辺部で歪みが出るものですが、ある程度補正などがかかっているのか結構優秀に感じます。 昔使っていたオリンパスのコンデジの広角側の方が歪みが酷かった印象・・。 普段持ち歩いているスマホなら街中で気軽に超広角撮影が楽しめますね。 ナイトモード 超広角レンズとともに話題となっている「ナイトモード」。 こちらは広角レンズ限定ですが、暗いところでも画像処理により綺麗な写真が撮れてしまうという優れもの。 暗い場所で自動でナイトモードに切り替わる 暗い場面になると自動でナイトモードに切り替わり、シャッタースピードも自動で決めてくれます。 月のマークがつくとナイトモードになっている状態。 注意点はシャッターをきっている間iPhoneを固定しておく(しっかり持っておく)こと。 いつもの感覚でシャッター音がして撮れたかなと思ってすぐに動かすとブレブレの写真になります。 ナイトモード自動(1秒) スマホ手持ちで簡単にこんな写真が撮れるって凄くないですか? ただし、画面全体が明るい夜景ではナイトモード有り無しでの効果は感じにくかったです(ナイトモードにしなくても十分綺麗に写る)。 (左)通常モード、(右)ナイトモード 色々試してみたところ、画面内に暗い部分がある場面がナイトモードの本領発揮で、暗部が明るく写せることが分かりました。 ちなみにiPhone11でゴーストが出やすいというコメントを見かけたのですが、上の写真でも中央に小さなゴーストが発生しています。 これくらいは仕方がないのでは?と個人的には思いますが気になる人は、気になるかもしれません。 ナイトモードに関しては工夫次第で色々と応用が効きそうなのでこれからもっと使ってみたいと思います。 ナイトモードに切り替わった状態でシャッタースピードを自分で上げ下げできるのでNDフィルターを使えば滝とかも撮れそうです(そこまでやるならカメラ使った方がいいけど・・笑)。 ポートレートモード ポートレートモード自体はiPhone 7 Plusから搭載されていましたが、これまでの機種は全て「望遠レンズ」でのみ使用可能でした。 それがiPhone11シリーズから広角26mmで使えるように! ポートレートモード f1. 4 ポートレートモードにしてある一定の距離に被写体を置くと(近すぎても遠すぎてもNG)画像処理により背景をボカしてくれます。 奥にある点光源もそれっぽい玉ボケに。 これはいいですね! ボケ具合は後から編集で変えることもできます。 デフォルトではf2. 8になっているので数値を小さくすれば更にボケますし、大きくすれば奥までピントの合った写真になります。 超広角と広角 超広角13mm 超広角レンズは広角に比べると暗いレンズ(F2. 4)ですが明るい夜景であれば撮影可能です。 広角26mm 超広角13mm 広角26mm(ナイトモード) ナイトモードで撮影した画像はある程度レタッチ耐性もあって後から明るく画像調整しても破綻しません。 もちろん一眼レフカメラで撮影したものと比較すると塗り絵ちっくな絵になりやすいですが、思い出として撮るには十分です。 iPhone7からの進化としてはやはりナイトモードで大きく感じました。 明るい夜景だとiPhone7でも比較的きれいに撮れるのですが、少し暗い場所に行くと、一気に差が広がってiPhone11の凄さがわかります。 今後のカメラは、レンズの大きさやセンサーサイズの違いなど物理的な違いに起因するところを違いとして出して残っていくのでしょうか。 昼間の記録的な写真や街中での写真はスマホで撮ることになりそうです。 コンデジはますます売れなくなりそうです。 スマホのカメラは凄いですが、写真撮影がメインの製品でない分、グリップしづらかったり、片手で操作しにくいなどデメリットがあります。 写真を撮る時の動作として使いやすさはコンデジの方が上なので、カメラ好きとしては残って欲しいと思っています。 さっと出して撮るときに操作性大事ですからね。 最近だとソニーのRX100m7が気になっています(なんか話ズレた・・)。 いずれにしてもiPhone11のカメラなかなか優れものです。

次の

HDR+夜景が進化、複眼カメラは超広角か望遠か――2019年のスマホカメラを振り返る (1/2)

ナイト モード カメラ

超広角カメラを搭載• ナイトモードを搭載• 次世代のスマートHDRに進化• 望遠カメラがより明るいレンズに進化• 超広角カメラで近くでポートレートモードが使える iPhone 11 Proのカメラの特徴はこんな感じ。 はこちら iPhoneシリーズ初となるトリプルカメラを搭載し、望遠カメラもより明るいレンズになるなどiPhone XSと比べても進化しています。 モデル iPhone 11 Pro iPhone 11 画素数 (アウトカメラ) 1200万画素 1200万画素 画素数 (インカメラ) 1200万画素 1200万画素 超広角レンズ F2. 4 F2. 4 広角レンズ F1. 8 F1. 8 望遠レンズ F2. 0 — 光学ズーム 2倍 (ズームイン・アウト) 2倍 (ズームアウト) デジタルズーム 最大10倍 最大5倍 手ブレ補正 光学式 光学式 ポートレートモード 搭載 搭載 HDR機能 次世代スマートHDR 次世代スマートHDR スペックをまとめるとこんな感じ。 iPhone 11 Proとミラーレス一眼の写真を比較 今回使用したミラーレス一眼カメラはフルサイズセンサーを搭載する『』です。 2019年9月現在でレンズとカメラ本体を合わせると約45万円の高額なカメラです。 簡単にiPhone 11 Proと比較するとこんな感じ。 EOS R iPhone 11 Pro 重量 (レンズ込み) 約1,595g 188g 価格 約45万円 106,800円 画素数 3030万画素 1200万画素 使用用途は違うので一概にどちらが凄いという訳ではないですが、参考程度に比較するとこんな感じです。 それでは撮った写真を比較します。 撮って出しの写真を比較 まずは編集をしていない撮って出しの写真で比較します。 左:iPhone 11 Pro、右:EOS R 撮って出しだと、iPhone 11 ProのスマートHDRの凄さがわかります。 上の空の部分に注目して欲しいのですが、iPhone 11 Proで撮った写真は雲の模様がわかりますが、EOS Rで撮った写真は真っ白になっています。 これは明暗差が激しく、EOS Rは方は白く飛んでしまっているのです。 (白トビ) iPhone 11 Proで撮影 次世代スマートHDRによって空の部分も白トビせず写せている。 EOS Rで撮影 他の部分に比べて空が明るすぎる為、白く飛んでしまっています。 これを防ぐには暗めに撮影して、あとで暗い部分を明るくする編集が必要です。 iPhoneのポートレートモードはソフト面で作り出しているボケなので不自然なボケになる時がある。 (ストローがボケている) ボケ感を求める方は一眼カメラが良いですね。 僕は不自然なボケになるのが嫌なのでiPhoneでポートレートモードは使用していません。 夜景の写真を比較 iPhone 11は新たにナイトモードを搭載したので暗い場所もかなり綺麗に撮れるようになっています。 左:iPhone 11 Pro、右:EOS R こちらが比較した写真です。 iPhone 11 Proのナイトモードの凄さに驚きました。 どちらも手持ちでの写真ですがiPhone 11 Proの方がレンガ部分の細かさなどが綺麗です。 価格も安く、出来ることも多く、荷物にならないiPhoneがここまでの写真を撮れるって凄すぎますよね。 荷物が増える• 価格が高い• iPhoneは撮ったすぐにシェアでき、写真を管理することも簡単です。 また、常に持ち歩いていて、パッと写真を撮ることができるので気軽に綺麗な写真を撮れるメリットがあります。 あまりカメラに興味がない人であれば、一眼カメラを使うのが面倒になるかもしれません。 iPhoneもミラーレス一眼も両方に良いところがありますが、iPhone 11 Proは本当に素晴らしいカメラです! ぜひ、自分の使い方に合うカメラを選んで素敵な写真を撮ってください! 以上。 「【カメラ】iPhone 11 Proとミラーレス一眼を比較!実際に撮った写真の差は?」でした。 iPhoneの購入は各キャリア公式オンラインショップがお得で便利です。 公式オンラインショップであれば、待ち時間が必要なく、24時間いつでも注文が可能。 オンラインショップ限定のキャンペーンを開催しており、手数料が無料の場合もあります。 手続きは画面に従うだけで、簡単なので是非チェックしてみてください。 iPhoneをチェック.

次の