ダイエット ソイプロテイン。 ソイプロテインダイエットで体脂肪8%減!効果的な置き換え方法とは?

ホエイプロテインのダイエットに有効な飲み方【女性の効果は?】

ダイエット ソイプロテイン

一流アスリートが実践している!話題のソイプロテインダイエット• ソイプロテインって何?• ソイプロテインの栄養成分• ソイプロテインダイエットの正しい方法• ソイプロテインダイエットの効果• ソイプロテインダイエットを成功させるためのコツ• ソイプロテインダイエットのサポートアイテム3選• 大豆植物タンパク質や食物繊維がたっぷりと配合されたソイプロテインは美容効果も期待ができるのです。 今までの無理なダイエットで挫折してしまった人もソイプロテインがあれば健康的にスリムになれるチャンスです!早速ソイプロテインでダイエットができた人の口コミを並べてみました。 大豆に含まれる植物性大豆タンパクは体内での吸収や消化に時間がかかるので空腹になりにくいことからダイエットをサポートできるのです。 また 細胞の新陳代謝を高めたり、食物繊維によって便秘の改善も期待できるというメリットがいっぱい。 ソイプロテインの種類は多くありませんが、販売されているソイプロテインの栄養をここでざっと把握すれば楽しくダイエットができますよ! 100gあたり300〜500kcal ソイプロテインのカロリーは商品によっても異なりますが、 100gあたり300〜500kcalが一般的です。 タンパク質が豊富 ソイプロテインには筋肉や内臓の源とも言える大豆たんぱく質が豊富に含まれています。 この大豆たんぱく質は他の食品よりもはるかに多くたんぱく質が含まれていることも自慢のポイントですよ。 体は女性ホルモンと同様に反応するため、 骨を丈夫にしたり肌や髪の毛にハリを与えてくれるのですよ。 安心してください、 ソイプロテイン1回分(約20g)に含まれる脂質は約1g、糖質は2〜3gなのでダイエットには影響ないと言えます。 無理なくできる飲み方なのですぐに習慣づけることができますよ。 食物繊維のおかげで満腹感が得られるので置き換えをしても空腹があまり感じなくなるのですが、ちょっと自信のない人は初めはおやつ代わりに試してみると良いでしょう。 糖質や脂質が大幅にカットできる他、栄養素をたっぷりと体に補給することができますよ。 水や牛乳で割って飲む ソイプロテインは水や牛乳で飲むことができますが、 筋トレ後で筋肉増強を高めるには吸収がスピーディーな水で飲むのがオススメです。 もちろん牛乳で飲むと牛乳の栄養素が摂取できるほか満腹感が得られるので、おやつの時間や置き換えにはこちらでも良いですね。 通常のプロテインのように筋肉を作るソイプロテインは大豆のイソフラボンがプラスされていることで肌もきれいになれるのです。 さらにコレステロールを下げたり血行促進効果など健康も同時にサポートしてくれるのですよ! インナーマッスルの筋力アップ 栄養をたっぷり補給してくれるソイプロテインは インナーマッスルを鍛えるのにおすすめです。 インナーマッスルを鍛えると代謝が上がるため痩せやすい体づくりができるのですよ。 さらにサポニンは血液の流れを良くしてくれるので生活習慣病予防も期待ができます。 動脈硬化とかの生活習慣病も予防できて健康管理もバッチリよ! ソイプロテインダイエットを成功させるためのコツ ソイプロテインを飲んでダイエットに成功するためにはちょっとした飲み方を覚えておきましょうね。 早くダイエットがしたい〜と飲みすぎるのはタブーですよ。 また1日の理想的な時間帯などを守って、大豆たんぱく質の性質を活かしながらソイプロテインを飲んでよかった!と実感しましょうね! 1日の摂取量を守る どんなに良い食品でも摂りすぎは副作用が起こったりして逆効果になってしまいます。 良質の大豆タンパク質がたっぷり含まれているソイプロテインですが、大量に摂りすぎてしまうとダイエットや健康維持どころか肝臓や腎臓に負担をかけてしまうので摂りすぎは控えましょうね。 飲むタイミングは朝~昼がおすすめ ソイプロテインが午前中に飲むのが良いとされているのは、前日の夕食以降たんぱく質を摂っていないことで体が栄養不足になっています。 体内での消化作用にかかる時間が少なくなり早めに吸収ができますよ。 筋トレを併用すると効果アップ ソイプロテインは代謝を上げてくれるますが、さらに効果的なダイエット方法として一日10分ほど筋トレをすることです。 タイミングとして は筋トレの後30〜1時間以内に飲むと筋肉が増量し始めているのでさらに効果的ですよ。 体に良い大豆プロテインをしっかりと摂取してダイエットや美容、健康維持に大いに役立てたいものです。 様々なフレーバーの種類があるソイプロテインもあり大豆が苦手な人でも飲みやすいテイストになっていますよ。 さらに 7種類のビタミンBとビタミンCをたっぷりと配合しているので、健康と美容に大いに働きかけますよ。 ココア風味のソイプロテインは水や牛乳で溶かしてトレーニング後はもちろん、就寝前、置き換えダイエットにオススメです! メーカー 内容量 成分 カロリー 値段 オススメポイント 明治 1,050g ・大豆タンパク ・ビタミンB群 ・ビタミンC ・葉酸 ・ココアパウダー 395kcal(100g) 楽天 50食分・・・3,593円〜 120食分・・・8,340円〜 缶・・・1,890円〜 アマゾン 50食分・・・3,420円〜 缶・・・3,470円 ビタミンB群とビタミンC配合で健康維持や美容をサポート。 ココア味で飲みやすい。 ケンタイ パワープロテイン 4 種類のフレーバーがラインアップした分離大豆タンパクを使用したプロテインは 必須アミノ酸を全9種類を贅沢に配合しています。 さらにビタミンやミネラルも豊富に配合しているほか、シュガーフリーなので毎日の健康維持やダイエットをサポートしてくれますよ。 2kg・・・2,975円〜 バナナ 450kg・・・3,500円〜 1kg・・・3,690円〜 ココア 450g・・・4,240円〜 1kg・・・5,520円〜 プレーン 1. 2kgx2袋・・・8,770円 450g・・・2,225円 体内で生成されない全9種類の必須アミノ酸をたっぷり配合。 シュガーフリーでカロリーの低カロリーソイプロテインとしておすすめ。 ボディウイング 大豆プロテイン プレーン、ストロベリー、チョコレートの3種類のフレーバーがラインアップしたソイプロテインは無添加で飲みやすさ抜群です。 カロリーも360kcalと3つのソイプロテインの中でも一番少なくダイエットも効果的にできますよ。 アミノ酸もたっぷり配合しており、バランスのとれた引き締まった筋肉作りができます。 デトックスに効果的なシトルリン、明日葉、そして脂肪燃焼を促進してくれる唐辛子などの有効成分がたっぷりと配合されています。 スルスルこうそには消化酵素や1粒になんと 500億個の乳酸菌が配合されているので腸内環境を整えてくれるでしょう。 さらに女子に欠かせない女性ホルモンの役割をしてくれるので肌が綺麗になったり丈夫な骨を維持することができますよ。

次の

ソイプロテインとホエイプロテインの違いと目的に合わせた使い分け方

ダイエット ソイプロテイン

こんにちは!大手町、神田、たまプラーザでを運営している石本哲郎です! 僕は女性専門のパーソナルジムを経営しており、今も現役でパーソナル指導をしております。 プロテインダイエットは女性に効果なしで太る?おすすめは?【ソイプロテイン&ホエイプロテイン】2019年 まずは簡単なプロテインの説明をしていきますね。 プロテインとは?種類は何があるの? プロテインは簡単にいうと タンパク質の塊 です。 それだけ笑 イメージは コンビニのサラダチキンが一杯のドリンクになったみたいな感じでOKです! 種類は素材によって異なりますが• ホエイ• ソイ がメインです。 ほかには• カゼインプロテイン• ビーフプロテイン• エッグプロテイン• ピープロテイン(エンドウ豆) などがありますが、アレルギーでホエイやソイが無理とかでなければ特に選ぶ必要はないです。 特に気を付けたいのがカゼインプロテイン。 こちらは 健康被害が起きる可能性があるのと、僕の指導経験上でも やたら便秘になる女性が多かったので飲まないようにしてもらっています。 しかも美容的価値の高いシステインも少なめという罠もあります。。 僕もトレーナーを始めたばかりの指導経験のないころはそこまで詳しくもなかったので ふむふむ、マッチョの方々はカゼインを飲んでいるのか。 じゃあ筋肉をつけるためにもおすすめしよう! って 指導してたんですが。。 今は唯一避けてもらっています。 カゼインプロテインについて詳しく知りたい方は下記の記事を参考に、または 「カゼインプロテイン リーキーガット」辺りで検索するといいと思います。 プロテインは太る? プロテインは太る論争がありますが、簡単にいうと プロテインを1回飲んだだけで太るとするならそもそも食事改善が出来ていないので飲もうと飲むまいと痩せないしいつか太っていく です!プロテインなんて一回分が120キロカロリーくらいのもんですよ。 それで太ってしまうのはプロテインに原因を求めるべきではありません。 しかしながらカロリーはカロリーなので 他が全く同じ状態でそもそもタンパク質もしっかり摂れている女性が追加でプロテインを飲むのであればそのカロリー分だけ太ります。 ただ実際にはプロテインを飲むと 食欲が安定して結果痩せることも多く、 プロテインを飲んで痩せる可能性のほうが高いのは事実だと思います。 プロテインは効果なし?ダイエットに効果的なんじゃないの? プロテインの効果は結局たんぱく質をしっかり摂ることと同義です。 またダイエットに効果的という部分は間違いなくあります。 プロテインの飲み方は?タイミングは?• タンパク質を摂らないといけないのに食欲がないとき• 寝る前にタンパク質を摂りたいとき• 朝一タンパク質を摂りたいけど時間がないとき• 仕事の合間でどうしても食事を摂る時間がないとき• 筋トレ後のタンパク質が欲しいけどさすがに筋トレ直後に食事を摂れないとき といった時に飲むのがオススメ! プロテインとBCAAとEAAの違いを教えて!ていうかダイエットしている女性に必要なの? BCAAは3種類の必須アミノ酸、EAAは基本的に必須アミノ酸9種類が全て入っています。 そしてプロテインは20種類全てのアミノ酸が含まれています。 つまり BCAAとEAAはあくまでもボディメイクやダイエットの効率を上げる単なるサプリのイメージで、プロテインはたんぱく質という栄養素の底上げのイメージです。 なので 美容的健康的価値のあるタンパク質を摂らないと!BCAAやEAAを摂らないと! というのは間違いです。 筋トレや減量に価値のあるBCAAやEAAを摂らないと! これは正解です。 大半の女性が値段分の価値を見いだせないと思います。 超重要!プロテインなんて要らないよという専門家を論破する! 専門家の方の中にはプロテインなんて要らないよ!という方も少なくありません。 でもですね・・・ 週5で筋トレしているムキムキなトレーナーさん「プロテインなんて要りませんよ!食事をしっかり摂れば十分足ります!」 (毎日4000kcal摂取) いや、そらそうやろと笑 ですので一般女性やダイエットを行う女性、もともと代謝の低めな女性は プロテインに頼らざるを得ない環境の方が多いわけです。 しかもですね、朝からステーキでもなんでも食べられる方ばかりじゃないわけです。 別に毎日馬鹿みたいに飲んでというわけではないし 食事から摂るのが基本なのですが、毎日そんな完璧に食事管理が出来るわけではないですよね。 素材とかどうでもいいから味とコスパと飲んで体調がどうとかだけ気にして! いやほんとに笑 ホエイは吸収速度が速いから筋トレ後に良いとか、ソイは吸収速度が遅いから就寝前に良いとかね、調べるといろいろ出てきますが・・・ 全部無視して構わん!!!! です! 何故なら タンパク質を摂る、ということ自体がとても重要すぎてそれ以外はたかが知れたもんだからです。 敢えて数値化するのであればホエイやソイ、混合プロテインなどをきっちり使い分けても効率が100から103程度になるくらいの感覚です。 もうどんなに高くても不味くてもいい、数gでも筋肉をつけたいのであれば話は別ですが、一般女性では気にしてもほとんど影響がないです。 この夏場は特にいっぱい売れました。

次の

ソイプロテインダイエットで体脂肪8%減!効果的な置き換え方法とは?

ダイエット ソイプロテイン

プロテインダイエットの方法や口コミと効果!痩せない場合の対処法も! プロテインと聞くと、アスリートが筋肉を増やすために飲む物、というイメージがないでしょうか。 しかし、 最近はこのプロテインが「ダイエットに効く!」「綺麗に健康的に痩せられる!」と若い女性を中心に人気となっています。 では、なぜ プロテインは ダイエットに有効なのでしょうか。 そもそも、プロテインとは一体何なのでしょうか。 そこで今回は、プロテインダイエットについて調べてみました。 プロテインダイエットの正しい方法や効果、注意点の他、おすすめのプロテインなどもご紹介していますので、これからプロテインダイエットにチャレンジしてみたいと思っている方は、是非参考にして頂ければと思います。 プロテインダイエットとは? プロテイン(protein)は日本語に訳すると「たんぱく質」という意味になります。 つまりプロテインダイエットとは、たんぱく質を摂取するダイエット方法ということになります。 たんぱく質は、人の三大栄養素(炭水化物、脂質、たんぱく質)の一つであり、私達が生きていく上で欠かせない成分です。 たんぱく質は、筋肉や内臓、皮膚、髪、爪などの人のあらゆる部分を作るのに必要で、肉、魚、卵や乳製品に多く含まれています。 ダイエットでは「高たんぱく低カロリー」が基本と言われていることから、たんぱく質を摂取することはカロリーを抑えることと同じくらいとても大切なことと言えます。 しかし、これまでのダイエット法では、カロリーを抑えることばかりが注目されていたため、カロリーを抑える=食事の量を減らす、というのが主でした。 このため、必然的にたんぱく質の摂取量も減ってしまうため、筋肉量も減り、筋肉量が減ってしまうと基礎代謝が下がってしまうため、ダイエットを行うことで返って痩せにくい体になるデメリットがありました。 ところが、 プロテインダイエットではたんぱく質が不足することがないため、筋肉量を減らすことなくダイエットが行うことができるのです。 プロテインダイエットはどのような効果があるの? プロテインダイエットでは、体に必要なたんぱく質が不足しないため、筋肉量を減らさずにダイエットを行うことができます。 筋肉量が減ると基礎代謝も下がってしまうため太りやすくなってしまうのですが、プロテインダイエットにおいてはその心配がないと言えます。 ちなみに基礎代謝とは、生命を維持するために体がエネルギーを使用することを指し、睡眠時にも消費されています。 寝ている間にもカロリーが使われるため、この基礎代謝が高ければ高いほど痩せやすくなります。 基礎代謝は筋肉量と関係があり、筋肉量が多い人ほど基礎代謝量も高いと言われています。 そして、適度に筋肉がついた体というのは、ただ体重を落とすよりも均整がとれ引き締まった見た目となります。 特に女性が気になりやすいウエストや二の腕は、筋肉量を増やすことで体重の減少以上にイメージを変えることができます。 また、たんぱく質は髪や皮膚を作るためにも使われる成分ですので、ダイエット中にありがちなたんぱく質不足による髪のパサつきや肌荒れなども起きにくいと言われています。 プロテインダイエットが「綺麗に痩せられる」と言われている所以はこのあたりだと思われます。 プロテインダイエットの正しい方法 プロテインダイエットでは、主に粉末状のプロテインを水分に溶かして飲むのが主流となっています。 しかし、プロテインと名がつけばどれを選んでもよい、というわけではありません。 プロテインの種類によっては、脂質の量が多いものもあるため、ダイエット目的としてふさわしくない場合もあります。 そのため、 プロテインを購入する場合は、たんぱく質の含有量が70%以上で脂質が少なめのものを選ぶのがよいでしょう。 また、プロテインダイエットを行う上で最も大切なのがプロテインを摂取するだけではなく運動も併用する、ということです。 これは、たんぱく質を補うことで筋肉量を増やすだけではなく、その筋肉を使うことによって 脂肪燃焼効果を高めるのが目的です。 プロテインダイエットを行ったことがある方の中で、プロテインを飲んだら太ったという方が時々いらっしゃいますが、これは「プロテインを飲んでいたら痩せられる」と、運動を一切しなかったことが原因と考えられています。 プロテインは飲むだけで痩せる効果があるものではありません。 あくまでも筋肉量を増やし基礎代謝量を上げることが目的のため、運動を行わずにいると摂取したプロテインの分だけ過剰にカロリーが上乗せされることにもなってしまい、結果的には太ってしまうこともあるのです。 プロテインの効果的な飲み方は? プロテインの飲み方には、• 水に溶かす• 牛乳で溶かす• スポーツドリンクに溶かす の3つがありますが、ダイエットの目的によっても選ぶ水分が変わってきます。 牛乳は水やスポーツドリンクに比べて体内に吸収されるスピードが遅くなるため、その分腹持ちがよくなることから、置き換えダイエットにプロテインを利用する時にはお勧めと言えます。 しかし、牛乳には脂質が多く含まれるため、運動後や食事の前に飲む場合は、カロリーを抑えるという意味で水を選ぶのがよいでしょう。 プロテインを飲むタイミングはいつがいいの? プロテインを飲むタイミングをご紹介する前に、プロテインダイエットの方法をご紹介したいと思います。 プロテインダイエットには、主に下の3つの方法があります。 最も摂取カロリーを抑えることができるのは置き換え法です。 置き換え法とは、朝・昼・夜のどれか1食をプロテインのみにするというダイエット方法なのですが、例えば朝食に置き換えて1日の総摂取カロリーを300㎉減らすことができれば、計算上では1ヶ月で1. 25kgの減量を行うことができます。 また、食事の前にプロテインを摂取することで食事の量を減らす方法も、置き換え法ほどではありませんがカロリーを抑えるという意味では効果があります。 しかし、これら2つは空腹を感じやすくストレスが溜まりやすいことや、プロテインに含まれない栄養分が不足しがちになることから、体調管理が難しい面もあります。 このように、それぞれの方法によってプロテインを飲む方法が変わってきます。 なお、プロテインは運動後30分に摂取すると筋肉への吸収が高まると言われていることから、食事に関連したタイミングではなく、運動後に摂取するという方法もありますので、どれが自分の体に一番合うのかを見極めることが大切と言えます。 プロテインダイエット中でも運動や筋トレは必要? プロテインダイエットでは、運動は不可欠と言ってもよいでしょう。 たんぱく質は筋肉を作る成分ですが、筋肉を大きくするためにはやはり運動が必要となります。 置き換え法によるプロテイン摂取では、プロテイン自体のカロリーが低いため体重を落とすことは可能ですが、筋肉量が増えるわけではないので基礎代謝が上がりません。 このため、痩せやすい体質に変わっているわけではないのです。 リバウンドのないダイエットを目指すなら、プロテイン+運動がよいでしょう。 筋肉の元となるプロテインを摂取しながら運動をすることで、より効率的に筋肉量を増やすというのが本来のプロテインダイエットの目的となります。 ただし、運動と言ってもハードな筋トレなどは必要ありません。 軽いジョギングや水泳などで十分筋肉を増やすことができます。 また、プロテインを摂取して軽い運動をしても、筋肉がムキムキになることもありませんのでご安心下さい。 ダイエットに適したプロテインはどれがおすすめ? プロテインがダイエットに有効な理由がわかったところで、次におすすめのプロテインをご紹介したいと思います。 どれを買ったらよいか迷った時には、是非こちらを参考にして頂ければと思います。 ウィダー ウエイトダウンプロテイン ホエイプロテイン(動物性たんぱく質)とソイプロテイン(植物性たんぱく質)の両方を含んだプロテインで、ビタミンAやB群、C、D、Eなどのビタミンも同時に摂取することができます。 販売会社:weider URL: ザバス ウエイトダウン 女性らしい体つきを作るエストロゲンに似た働きをするイソフラボンが含まれている大豆プロテインと、ガルシニアエキス、11種類のビタミン、3種類のミネラルが配合されており、女性に人気の商品となっています。 販売会社:株式会社明治 URL: DHCプロテインダイエット こちらの商品は、運動後に摂取するプロテインというよりは置き換えダイエット方法に利用することが多くなっています。 1袋178㎉と低カロリーな上、味が多種で満腹感が持続しやすいのが特徴です。 販売会社:DHC URL: プロテインダイエットの注意点は? たんぱく質が体内に取り込まれると、胃や小腸で消化された後、肝臓にて必要なアミノ酸へと合成されます。 この際、不必要な成分は老廃物として腎臓に送られ、毒素を取り除いたものが尿として体外へ排出される仕組みとなっているのですが、 たんぱく質を多く摂取しすぎると腎臓への負担が大きくなってしまいます。 このため、 たんぱく質の1日の摂取量の目安は体重1kgに対して1gと言われており(筋トレを多くする方の場合は、体重1kgにつき1. 5gが推奨されています)これ以上の量を摂取することは控えた方がよいと考えられています。 例えば、体重60kgの人の場合は1日60gのたんぱく質が適切な摂取量と言えますが、鶏肉や豚肉、卵、豆腐、納豆など、私達が普段何気なく口にしている食べ物には、動物性・植物性のたんぱく質が豊富に含まれていることもあり、ダイエット目的としてプロテインを摂取する場合には、その摂取量に注意をすることが必要です。 特に、体がむくみやすい、トイレが近い・回数が多い、顔色が悪い、疲れやすい、血圧が高いなどの症状がみられる場合は、腎臓の機能が低下している可能性があるため、プロテインダイエットは行わない方がよいかも知れません。 プロテインダイエットの体験談や口コミ ・最初は一日一食から始め、ダイエット停滞期には一日二食の置き換えで、半年で9kg痩せました。 プロテイン飲んでおけばお腹が全く減らないということではないため、空腹にも耐えることが必要ですが、置き換えだけで痩せられたので結果に満足しています。 ・一日一食のみの置き換えで、三週間で2kgほど体重が落ちました。 他の二食で好きな物を食べているので、ストレスもないですし、体重もさることながらウエストが大幅に減ったのが嬉しかったです。 私にはとても合っているダイエットだと思います。 ・朝食の置き換えで1kgほど痩せましたが、それよりも私の場合は食べ過ぎてしまったなという時に、プロテインダイエットを始めるとすぐに1kg取り戻せるため、ベスト体重を維持するために利用しています。 ・一食置き換えと運動の併用で8kg痩せました。 プロテインダイエットは置き換えのみより、運動を一緒にした方が絶対効果が出やすいと思います。 プロテインダイエットで痩せない場合の原因と対処法! これまでのダイエットでは、カロリーのみを抑えることに気を注ぎ過ぎてしまい、たんぱく質が不足して結果的に筋力の低下を招いて基礎代謝が落ちて太りやすくなってしまいましたが、プロテインダイエットはダイエット中に不足しがちなたんぱく質を意識的に補うことで筋力の低下を防ぐことができるので、ダイエット中でも基礎代謝が落ちずに痩せやすい体を維持できます。 しかし、プロテインダイエットでプロテインを摂取しても、思うように痩せないと思う方も多いのではないでしょうか。 プロテインダイエットをしても痩せない原因として考えられるのは、プロテインを摂取しているだけだからです。 プロテインダイエットは、プロテインを飲めばそれで痩せられるダイエットではありません。 プロテインを飲むのはあくまでもダイエット中の筋力の低下を防ぐ目的のため、プロテインを飲むだけでは代謝を上げて脂肪を燃やすことはできないのです。 つまり、プロテインダイエットで痩せるためには、プロテインを飲んで運動をし、筋肉を増やすことが必要になります。 プロテインダイエットのまとめ プロテインダイエットは、代謝を上げるために欠かせない筋肉を落とすことなく減量ができるダイエット方法です。 さらに、運動をプラスすることで効率的に筋肉量を増やすことができ、引き締まったプロポーションを手に入れることができます。 女性は男性に比べて筋肉が少ないため太りやすいと言われていますので、筋肉を意識したダイエットはとても大切だと言えるでしょう。

次の