あやしい彼女 歌。 anderlust、映画『あやしい彼女』の主題歌「帰り道」でデビュー!

多部未華子が怪しい彼女でボーカルデビュー!バンドキャストの腕前は?

あやしい彼女 歌

前々から気になっていたこの作品、今日見るぞ〜 出演者は全くもって知りません。 原作も。 スゲぇぇえええ! 多部未華子の魅力が溢れ出てる傑作! ただただ凄い。 話す言葉も歌う曲も全て古い。 見た目は若者、中身はおばあちゃん。 話し方も仕草も完璧に再現している。 何故か多部未華子がおばあちゃんに見えるのよ。 大人しい役が多い多部未華子だが、今回に至っては今までのイメージを覆すような迫力だった。 勢いと声がすごい。 歌声もキレイだし 演技だけでなく、ストーリーもしっかりしている。 若いからこそ出来ること、心が大人だからこそやりたかったことを全力でやるその姿。 見てて気持ちが良かった。 懐かしい曲ばかり。 「見上げてごらん夜の星を」歌っている多部未華子もまた綺麗。 グッときた。 個人的には北村匠海がまた音楽をしてるのが嬉しかった。 サヨナラまでの30分でもそうですが、彼音楽超似合うんですよ。 今回のおちゃらけの北村匠海もいいネ ほんとに面白い良い作品なんですけど、 説明不足な所や多部未華子に頼ってんなって所が少々見受けられた。 もう少し丁寧に描いたらすんばらしい作品になると思いますよ。 テンポも良くてあっという間。 誰でも楽しめる傑作だと思う。 ぜひぜひ、気軽に見てください〜 韓国版は視聴済み。 おばあちゃんが20歳の姿に戻ってしまうというコメディ。 韓国のオリジナルはシム・ウンギョンのおばあちゃん演技がめちゃめちゃよかったのだが、日本版の多部未華子はそこまでのレベルではなかった(悪いというほどではないのだが)。 多部未華子がおばあちゃんとしての演技を見せるポイントが不足していた気がする。 日本のおばあちゃんにそれほど特徴のある喋り方や態度がないということなのかもしれない。 2016年の映画にしてはおばあちゃんの若いときのエピソードが古臭すぎて困るところ。 時代があわないんじゃないかなって思ってしまう。 無理矢理韓国版のストーリーをなぞった感じがした。 それでも駄作ってわけじゃない。 多部未華子は魅力的だし、ストーリーも(オリジナルがちゃんとしているから)いい。 でも、なんかしっくりこなかった。 どうしてもオリジナルと比べられてしまう。 やっぱりリメイクって難しい。 ネタバレ! クリックして本文を読む 予告を観て、単なるドタバタコメディだと思っていたが、ロマンスあり、母娘の親子物語あり、ジーンとさせてもらった。 とにかく、多部未華子さんの魅力が半端ない。 あまり作品を観てなかったので、「多部未華子=ガンバレルーヤよしこのモノマネ」というイメージしかなかったが ごめんなさい 、60年代の衣装姿もキュートで歌唱シーンも素敵だった。 「見上げてごらん夜の星を」「悲しくてやりきれない」などの昭和歌謡も多部さんが歌うと新鮮。 特に「悲しくてやりきれない」は、過去の苦しい生活の場面がオーバーラップされ、またその歌詞と重なるカツの想いが歌に込められていて、思わず引き込まれた。 「君に届け」など、多部さんの他の作品も観てみたいと感じた。 若い多部さんの場面をもっと観たかったが、最後は"現在"に戻らなくてはならないのが映画の宿命。 輸血後「あ~あ、戻っちゃった」と思ったが、ラストの若返った次郎や、エンドロールの多部さんの歌唱シーンもあり、爽やかな気分のままで最後まで鑑賞できた。 ただ節子に対し恋心を抱き、撮った写真から節子の姿が消えて複雑な気持ちになっている音楽プロデューサー小林がちょっと不憫。 節子から"現在"の姿に戻ったカツが、アメをあげて小林を励まし、「えっ?あなたはもしや…?」といった微笑ましいラストにしてあげても良かったのでは? 最後に「君の膵臓をたべたい」にも出ていた北村匠海さん、内向的な男子を演じる作品が多かったが、実際に自身もバンド活動する等身大のキャラを演じていて、また別の顔が見られて良かった。 倍賞美律子さん、小林聡美さん、志賀廣太郎さんは流石の演技。 ネタバレ! クリックして本文を読む 憎まれ口を叩く故にみんなから煙たがられていた主人公のおばあさん。 いつでもずっと自分の娘と孫の自慢をしていて、いつも自分以外の話ばかりで、自分の話をもっとたくさん、自分のための時間をもっとたくさん使って欲しいという娘の気持ちとで、おばあさんと、その娘は言い合いになり、おばあさんは家出をしてしまいます。 夜遅くに、一軒だけやっていた写真館を見つけ、夫を早くに亡くしたため、子供を育てるために時間とお金を費やし、自分の時間はほぼなかったおばあさん。 はじめて、写真館で写真を撮ることにうきうきし、写真を撮ってもらいます。 そこからお話はスタートします。 店を出て歩いていると突然後ろからひったくりが来て、カバンを盗まれてしまいますが 引くほど足が速くなっています。 犯人を捕まえて、犯人のヘルメットの反射から写る自分の顔を見て、若返っていることに気づき、大慌て。 お話としては自分が若い頃にできなかったことを、若返ったおばあさんが自分のしたいことをしていくストーリーです。 まさかバンド組んでフェス出るんだ!とか思いました。 まだデビュー前で、初めてのフェス出演なのに、いる客がもう全員ファンみたいな反応だったのがあり得なくてちょっと笑いました。 怪我をすると、その怪我して血が出た部分から若返りが戻って元の姿になっていくことが怪我をした時にわかります。 大事な大事なフェスの始まる手前で事後にあい、血塗れで登場した孫に、同じ血液が自分しか近くにいないから全て輸血してあげます。 そうしたら自分は元の姿に戻っちゃうけど、おばあさんはそうしました。 わたしはここで、血を上げてそのまま元の姿に戻るではなく、死んでしまうんだと思っていたら、そのあと、一年後の孫の大きなライブで、おばあさんがしっかり客席でリハーサルを見てました。 なんか、平和なほっこりな話でした。 タイムトラベルとはまた違った、若返りなお話でした。 魔法の世界のお話でした。 多部未華子さんがほんとにばばくさい感じが出てていいねってなりました!笑 若い頃の北村匠海くんのかっこよさが炸裂していたのと、オーディションに、見たことあるシルエットが見切れてるなと思ったら、生ハムと焼うどんで爆笑しました。 ネタバレ! クリックして本文を読む とにかく多部未華子さんの魅力が炸裂した作品ですね。 歌声が、きれいすぎて、本物のアーティストの人が歌ってるぐらいのクオリティでビックリしました。 「自分の好きなように生きる!」といいつつも結果的には、子供や孫のために行動してしまう節子さん(カツさん)の家族愛は美しかったです。 そして、病院での親子の会話、ここは目頭が熱くなりました。 ただ、演出は多部さんの表現力に頼りすぎて、ちょっと詰めが甘いシーンが多くあったかなと。 ・路上ライブはまだしも、人気の音楽番組の新人紹介コーナーに、オリジナルじゃないコピーバンドが出演できるかな?それこそのど自慢じゃないんだから・・。 ・最後のフェスシーン、初出しの曲なのに、なんでみんなコーラスできるの?振付もなんであそこまでの一体感が?? ・元に戻ったら、若返ってた時代に撮った写真からも消えるってのはどういう仕組み? ・ってか、小林さん、節子さんがいなくなって一年間、思い出の写真振り返らなかったのかな? などなど。

次の

あやしい彼女の主題歌の歌手は誰?曲のタイトルや歌詞を調査!

あやしい彼女 歌

解説 20歳の姿に若返ってしまった毒舌おばあちゃんが巻き起こす騒動を描いた韓国のヒット映画「怪しい彼女」を、「謝罪の王様」「舞妓Haaaan!!! 」の水田伸生監督がリメイク。 ヒロインの20歳の姿を多部未華子が、73歳の姿を倍賞美津子が演じる。 女手ひとつで娘を育てあげ、自分の望む人生を送ることができなかった73歳の瀬山カツは、ある日、娘とケンカして家を飛び出すい。 吸い寄せられるように1軒の写真館にたどり着いたカツは、そこで写真を撮り、店を出ると20歳の姿に戻っていた。 かつての美しい姿を取り戻したカツは、髪型や洋服、さらに名前も節子と変え、新しい人生を楽しみはじめる。 やがて商店街ののど自慢大会に出場し、昭和歌謡を熱唱して会場中を魅了した彼女に、夢見ていた歌手になるチャンスが舞い込む。 2016年製作/125分/G/日本 配給:松竹 スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む オリジナルの韓国版は未見なので比べられませんが、本作に韓国映画らしさは特に感じませんでした。 話は良く出来ていて面白いです。 それに、登場人物がみんなキュート。 多部未華子さんは声も表情も素敵で、おばあちゃん役でもカワイイ。 北村匠海くん、ノリノリです。 要潤さんは美しい。 倍賞美津子さんも志賀廣太郎さんもとってもキュート。 小林聡美さんも金井克子さんも良かったです。 そして音楽も良いです。 主題歌はもちろん、「悲しくてやりきれない」は名曲ですね。 映画館で観た時、この曲のシーンで若いお母さんが泣いていました。 この辺が日本版の良さかもしれません。 余談です。 カツさんには太刀打ちできませんが、私もかなり貧乏性で、日用消耗品は安売りで買うのが信条で、安くないのを買うのは負け、と思います。 勢い、備蓄することになるので、コロナ禍でもトイレットペーパーもハンドソープも不自由しませんでした。 消毒用アルコールは必要性を感じないので買わなかった、除菌スプレーで十分と思ってます。 でもマスクは足りなくなり、ハンカチマスクは重宝したのですが、気温と湿度が上がるとそれでは暑いので、手作りすることにし、せっかくなので、ペタンコに畳め、軽くてずれにくく、洗濯機で洗っても型崩れしない手縫いのマスクを作ろうと決めました。 (なぜ手縫いか?ミシンが開かずのクローゼットの奥のガラクタの中に埋もれているから)まずは簡単に作れる手縫いマスクを検索し、自分の服をバラしていくつか作っては改良を重ねて、やっと気に入った形が出来ました。 作業が遅いから、時給に換算したら、既製品を買った方がはるかに安いなあ。 それともミシンを出すか。 手も痛くなりました。 馬鹿です。 その間、ニュースも気になって、映画を観る時間が取れなかったのですが、それだけではなくて、自分の場合はやっぱり映画館でないと積極的に観ようとしなくなってしまうのだと思いました。 近所の映画館は明日から再開です、うれしい。 余談その2 もう一人yuriさんがいらっしゃる事に今まで気が付きませんでした(汗)同じ名前で登録できてしまうのですね。 名前を変えようと思います。 特別に感情が揺さぶられるわけでもなく、イケメンのお目当て俳優が出ているわけでもなく。 強いメッセージがあったり、特別に煌びやかな演出やら、もちろん壁ドンやバックハグのキュン死に演出があるわけでもありません。 多部未華子さんがとんでもなく素敵な女優さんということが分かる、彼女の魅力、才能が満載、爆発してます。 ベテランの倍賞美津子さん、小林聡美さんは言うまでもなく素敵過ぎて。。。 日本にもこんなに素敵な女優さんがいてくれて良かったーと思いました。 もちろん男優陣も素晴らしかったです。 舞妓Haaaan! も好きでしたが、こちらもそれに負けず劣らず!友達と、恋人と、家族と誰と見ても楽しめる映画です。 オリジナルは韓国映画とのことで、主演はあのシム・ウンギョンさんと分かりますますこちらも楽しみです。 必ず観ます! しかし、多部未華子さんって芸達者。 なんとも言えない彼女にしかないチャーミングさがあって、それが本当におもいっきり楽しめます。

次の

多部未華子が怪しい彼女でボーカルデビュー!バンドキャストの腕前は?

あやしい彼女 歌

こちらは彼女が主演した 映画「怪しい彼女」にて、劇中で歌った『ロス 羅城 へ行けば』という曲です。 特に0:49~のサビ部分の 声の伸びが凄いですよね。 ちなみにこちらの映画、韓国では 865万人を動員し社会現象を巻き起こす程の大ヒットを記録したそうで、彼女が主演した作品の中で1番の興行成績も叩き出し、あの "アナ雪"をも超えてしまったとの事ですよ。 そして役名は"オ・ドゥリ"。 かの有名な オードリーヘップバーンをオマージュして名付けられました。 また、観客動員数700万人突破を記念して、当初予定されていなかった、劇中でシム・ウンギョンがカフェで披露した曲「雨水」の音源まで公開される事にもなったそうですよ! 彼女の歌声が成せる奇跡を感じますよね。 シムウンギョンは、なぜ歌がうまいの? シムウンギョンはなぜ歌がうまいのでしょうか。 それは、この2つの理由があるからではないでしょうか。 子役時代から歌を習っていた• 趣味が歌 2014年5月、TOKYO FMホールにて『怪しい彼女』のトークイベントに出演した際、以下のコメントを残しています。 プロの人が歌った方が歌はうまいですけど、慣れなくても私が歌った方が人々の琴線に触れると思ったのです。 歌うことは好きで、子供の頃声楽も習っていました。 参照元:ブンロク また、彼女は16歳の時にニューヨークにある 「プロフェッショナル・チルドレンズ・スクール」に入学し、19歳の時に卒業しています。 そこは数々の著名人を輩出しており、関連した施設である 音楽スクール「カウフマン・センター 」で作曲やアレンジを学んだ方も多く居るそうです。 そこに居たと言う記述は見つかりませんでしたが、音楽関係者も多くいる事から、 何かしらのレッスンを受けたであろう推察は出来ますよね。 趣味が歌というのも、 彼女のプロフィール欄に掲載してありました。 (参照先:シム・ウンギョンさんのwikiページ) 子役の頃からたくさんの苦労をしていたと思うと、日本アカデミー賞で主演女優賞を取った際の 涙の訳が、少しわかる気がしますよね。 本当におめでとうございます。

次の