あいうーをさがせ。 おかあさんといっしょ 検索結果 評価・レビュー

あ・い・うーをさがせ! < < にじのね

あいうーをさがせ

ゆういちろうお兄さんと、あつこお姉さんの声が大好きです。 カマキリ先生作詞の「はらぺこカマキリ」が収録されているので、とても楽しみにしていました!実際聴いてみて、どれも口ずさんでしまうのですが、口ずさんでいて気分がいいのはボーナストラックの「プリンセス・ミミィのワルツ」です。 「みみがおどるの ラララララン」だったんですねー!ミミィじゃなくて、耳。 こういうところは歌詞を見ないと分からないですねー。 「おどる」は「躍る」なのかな?「ダンス」のほうじゃなくて、「心躍る」のほう。 だから口ずさんでいて気分がいいのかなと。 息子はというと、新しいCDだと気づいたのか、曲がかかるとにこにこしていました。 息子より親が大満足です。 その娘ももう8歳。 娘の中での最強ペアとなった「だいすけお兄さん」と「たくみお姉さん」懐かしい曲がいっぱいで親子共に楽しめるDVDとなりました。 育児で疲れていた時、だいすけお兄さんやたくみお姉さんの優しい笑顔でどれだけ癒されたか…。 たくみお姉さんにはホントに幸せになってもらいたいです。 娘もたくみお姉さんの卒業と共に「おかあさんといっしょ」を卒業しちゃいました。 母 祖母 からのプレゼントです。 お誕生日にお祝いを貰ったので、何が良いかなぁとお姉ちゃん達と考えた結果、大好きな「ブンバボン体操」入ってるDVDが良いんじゃない?って事で購入。 娘達も私も馴染みがあるのは、たくみお姉さんとだいすけお兄さん。 体操のお兄さんはずっと一緒なので、前のお兄さん達の物と迷ったのですが、息子が見る物なので、最新の方がいつも聞いてるお歌も沢山入ってるしって事でこちらを選びました。 息子は貰った瞬間から大喜びで、何度も見たいと言って持って来ます。 私がちょっと片付け物がしたくて、部屋について来て欲しくない時などは、これをつけていればテレビの部屋から離れませんので、とっても助かっています。 皆さんレビューされていらっしゃる通り、画像は確かに綺麗ではありません。 大きな画面で見られている方ほどそう感じられるのではないかと思います。 でも画像を気にする作品でもありませんし、ずーっと見る物でもありません。 今のこの時期に楽しめるなら良いかなと。 雨降りや風邪引きなどで外出出来ない時でも、このDVDの体操で一緒に体を動かして楽しめるのが良いです。 あっ、誰が1番夢中かと... 母である私が、だいすけお兄さんが毎日観れなくなって寂しいな〜と思って買ったのですが、子供たちがちゃんと喜んでくれてよかったです。 ガラピコぷ〜だけでなく、ポコポッテイトのキャラクターたちも出てきます。 キャラが交代した約1年前は、3歳と1歳だったうちの子供たちですが、一応覚えていたようです。 目を見開いて「あ!あれ!あれ!」と興奮した様子でした。 名前も、聞いたらすぐに思い出したようでした。 特典のミニミュージカルは「もりのランランレストラン」というもので、たくみお姉さんがいる頃のものです。 たくみお姉さんや、ポコポッテイトを覚えているという子どもたちには、大変お得な品ではないかと思います。 DVDでも、そんなに画質が気になったことはないのですが、Blu-rayがあったのでBlu-rayにしてみました。 とても画質が綺麗です。

次の

おかあさんといっしょのコンサート一覧

あいうーをさがせ

「は〜い」とどーなっつメンバーが登場 「おおきくなったらどんな人になりたい? 」 みど「サッカーやテニスの選手にバレリーナ! 」 ふぁど「パパみたいなお菓子屋さんか哺乳マンみたいなスーパーヒーロー」 れっしー「どーなっつ島の王様」 そらお「コックさんか汽車の運転手がいいな」 さらにみどが「たいそうの"おにいさん"! 」 れっしーが「女の子なのに"おにいさん"になりたいわけ? 」と突っ込み 「みんなでたいそうをやろう」ということで1人だけ引っ込んでいた弘道兄が登場 けんたろう兄とあゆみ姉はいつものように退場 弘道兄、ちか姉、どーなっつメンバーでたいそうをはじめようとすると・・・ アクマさんが魔法のリモコンで舞台を一時停止 止まったままの6人 「たいそうのおにいさんはかっこいい」 ここで止まったままのはずの6人が微妙に動く 弘道兄にいたってはピース(笑) 「こういうかっこいい人をみると、無性にいじわるをしたくなる」 「そこでたいそうのおにいさんがたいそうをできなくするようにしようというわけ」 「あ」と「い」と「う」を忘れてもらうということで それぞれ魔法のリモコンのスイッチで弘道兄の「あ」「い」「う」を消去 消去される時のアクションがやっぱりおもしろい 「これでもうたいそうはできません、うそだと思うなら巻き戻してみましょう」 ということで魔法のリモコンで「みんなでたいそうをやろう」といったところまで巻き戻し 巻き戻し&再現をしている全員の動きがやっぱり笑える そしていつものようにたいそうをしようとするも 「忘れちゃったー全部」 しゃべる言葉からも「あ」「い」「う」が消えた弘道兄 「ほらねー」といって置手紙をおいて立ち去るアクマさん 「たいそうを忘れたってどういうこと? 」 ちか姉がアクマさんの置手紙に気づき、弘道兄の「あ」「い」「う」がなくなったことが発覚 ためしに「あたま」「たいそう」「うさぎ」をいわせようとするも 「たま」「たそ」「さぎ」になってしまう いちいちずっこける5人 「なくしたあ・い・うを探そう」ということで "あ・い・う探偵団"結成でみどとふぁどが「あ」、れっしーとそらおが「い」を担当することに 弘道兄が「ありがとう」といおうとするも「りがと」に• どーなっつ探偵団 アラビアンな菓子屋さんに扮したにこぷんメンバー登場 いつのまにか弘道兄とちか姉がみどとふぁどに じゃじゃまる:アラジン、ぴっころ:コロジン、ぽろり:ポロジンらしい 「お菓子屋さんに"あ"のつくものあるかな? 」 「"あ"のつくおかしをもってきてちょうだい」 でてきたのは「アップルパイ」「あんころもち」「あんぱん」「アイスクリーム」「アーモンドケーキ」 「こんなに大きすぎると食べられないし、おみやげにもできない」とみど 「どうしてこんなに大きいの? 」 「おかしを大きくしてくれるやつがいる」とじゃじゃまる アラジンといえば必ず出てくる"トランプ"の精ととぼけるじゃじゃまる ぴっころとぽろりが"ランプ"の精とフォロー ランプの精を呼んでみようということで・・・ じゃじゃまるがどこぞよやの呼出放送のようにランプに話しかける ・・・がでてこない 「ランプをこすらなくちゃ」とぴっころがフォロー• ) アクマさん曰く「押すボタンを間違えた」 「なんとかしろ」とじゃじゃまるに怒られて、中幕が閉じる またけんたろう兄とあゆみ姉登場 「さっきのお菓子屋さんに大好きなもので"あ"のつくものがあったなー」• アイアイ・アイスクリーム これがホントの元祖イカイカ・イルカ まさか後にけんたろう兄とあゆみ姉がこの格好でうたおうとはね・・・ 「うるさい」と怒ったタコが飛び出してくる みんなそれぞれの家の中に退散 アクマさんとタコのやりとりが楽しい タコが家に戻ると弘道兄とちか姉登場 「もしれっしーとそらおが怖いタコさんの家をノックしたら大変! いつかいこうよシーシーシー 「イカさんの家はどこかな? 」 「弘道おにいさんとちかおねえさんがいうには、印のある家がイカさんの家」 ・・・どこで知ったんだ? 「どの家のドアにも印がついていて、どれがイカさんの家なのかわからないー」 アクマさんが陰でこっそり笑ってる おどおどと迷った結果、最後にタコが入っていたドアをノックすることに アクマさん影でニヤニヤニヤ 出てきたのは・・・なんとイカ!!! イカの案内で「い」のつく海のおともだちのところにいくことに 「なんでこーなんの? 」とさっきイカが入っていったドアをノックするアクマさん 出てきたのは・・・カンカンに怒ったタコ タコにおそわれて叫ぶアクマさん 中幕が降りてまたまたけんたろう兄とあゆみ姉登場 「ところでたいそうの"あ"は? 公園にいきましょう 「うみ」「うんどうかい」 うたにつられてアクマさん登場 うたの中の質問に困って答えられないアクマさん 「パンダ」「カレーライス」「おかあさんといっしょ」とかいってみて困惑 ようやく「うさぎ」がいえて上機嫌 上機嫌すぎて魔法のリモコンを投げ上げてしまうアクマさん 弘道兄がそれを拾い、あるボタンを押そうとする 「そのボタンを押しちゃったら、魔法が消えて、あたしも消えちゃうでしょ」 やっぱり押しちゃう弘道兄 煙とともに奈落に消えるアクマさん 「アクマさんが消えたってことは、魔法も消えて、弘道おにいさんもあ・い・うっていえるんじゃない? 」 「あ・い・うー!! 」といえた弘道兄 「これでたいそうもできるんじゃない? 」 舞台にいるのにわざわざ回転する弘道兄 「弘道おにいさん、よろしく」といってみんな一旦退場 どーなっつメンバーはたいそうやるんじゃなかったのか• あ・い・うー.

次の

おかあさんといっしょのコンサート一覧

あいうーをさがせ

ゆういちろうお兄さんと、あつこお姉さんの声が大好きです。 カマキリ先生作詞の「はらぺこカマキリ」が収録されているので、とても楽しみにしていました!実際聴いてみて、どれも口ずさんでしまうのですが、口ずさんでいて気分がいいのはボーナストラックの「プリンセス・ミミィのワルツ」です。 「みみがおどるの ラララララン」だったんですねー!ミミィじゃなくて、耳。 こういうところは歌詞を見ないと分からないですねー。 「おどる」は「躍る」なのかな?「ダンス」のほうじゃなくて、「心躍る」のほう。 だから口ずさんでいて気分がいいのかなと。 息子はというと、新しいCDだと気づいたのか、曲がかかるとにこにこしていました。 息子より親が大満足です。 その娘ももう8歳。 娘の中での最強ペアとなった「だいすけお兄さん」と「たくみお姉さん」懐かしい曲がいっぱいで親子共に楽しめるDVDとなりました。 育児で疲れていた時、だいすけお兄さんやたくみお姉さんの優しい笑顔でどれだけ癒されたか…。 たくみお姉さんにはホントに幸せになってもらいたいです。 娘もたくみお姉さんの卒業と共に「おかあさんといっしょ」を卒業しちゃいました。 母 祖母 からのプレゼントです。 お誕生日にお祝いを貰ったので、何が良いかなぁとお姉ちゃん達と考えた結果、大好きな「ブンバボン体操」入ってるDVDが良いんじゃない?って事で購入。 娘達も私も馴染みがあるのは、たくみお姉さんとだいすけお兄さん。 体操のお兄さんはずっと一緒なので、前のお兄さん達の物と迷ったのですが、息子が見る物なので、最新の方がいつも聞いてるお歌も沢山入ってるしって事でこちらを選びました。 息子は貰った瞬間から大喜びで、何度も見たいと言って持って来ます。 私がちょっと片付け物がしたくて、部屋について来て欲しくない時などは、これをつけていればテレビの部屋から離れませんので、とっても助かっています。 皆さんレビューされていらっしゃる通り、画像は確かに綺麗ではありません。 大きな画面で見られている方ほどそう感じられるのではないかと思います。 でも画像を気にする作品でもありませんし、ずーっと見る物でもありません。 今のこの時期に楽しめるなら良いかなと。 雨降りや風邪引きなどで外出出来ない時でも、このDVDの体操で一緒に体を動かして楽しめるのが良いです。 あっ、誰が1番夢中かと... 母である私が、だいすけお兄さんが毎日観れなくなって寂しいな〜と思って買ったのですが、子供たちがちゃんと喜んでくれてよかったです。 ガラピコぷ〜だけでなく、ポコポッテイトのキャラクターたちも出てきます。 キャラが交代した約1年前は、3歳と1歳だったうちの子供たちですが、一応覚えていたようです。 目を見開いて「あ!あれ!あれ!」と興奮した様子でした。 名前も、聞いたらすぐに思い出したようでした。 特典のミニミュージカルは「もりのランランレストラン」というもので、たくみお姉さんがいる頃のものです。 たくみお姉さんや、ポコポッテイトを覚えているという子どもたちには、大変お得な品ではないかと思います。 DVDでも、そんなに画質が気になったことはないのですが、Blu-rayがあったのでBlu-rayにしてみました。 とても画質が綺麗です。

次の