ご 健勝 の こと と 存じ ます。 「ご健勝」の使い方と例文:手紙やメールを長くするお決まりの文言集

ビジネス文書での「ご清祥」の正しい意味や使い方!「ご健勝・ご清栄」との違いも徹底解説

ご 健勝 の こと と 存じ ます

「ご健勝」の意味とは? 最初にビジネスにおける「ご健勝」の意味から見ていきましょう。 「ご健勝」の意味は「元気で健康に優れていること」 「ご健勝」の「健勝」は「元気で健康に優れ、すこやかなこと」という意味を持つ言葉です。 文字通り「健勝」の「健」は「健やか」、「勝」は「勝る」という意味があり、「相手が健康的であり、すこやかな状態であること」を祈っている時に使われる言葉となります。 「ご健勝」はビジネスメールで必須用語 社会人になると、ビジネスメールやビジネス文書をまとめる機会が増えてきますが、その際は取引内容や要件を唐突にまとめるだけではなく、「文頭の挨拶」や「文末の結び」の言葉を添えるようにするのが基本です。 その中でもおすすめなフレーズなのが「ご健勝」を使った文章です。 健康を祈る気持ちを表す「ご健勝」は相手との良好な関係を継続するために、ぜひとも使いたい言葉でしょう。 「ご健勝」は ビジネスでは必須用語なり、転勤の挨拶や初期段階での取引先とのやりとりなど、活用できる場面は多岐にわたります。 「ご健勝」の使い方とビジネス例文 続いて「ご健勝」の使い方とビジネス例文を紹介します。 「ご健勝」は挨拶文と結びの両方で使える 「ご健勝」は文章の構成によって、ビジネスメールや手紙での「挨拶文」と「結び」の表現の両方で使うことができる便利な言葉です。 注意点は「ご健勝とご多幸をお祈りしております」などのように、文章の結びとして使う時は、それ以降に文章やメッセージを加えないこと、また「末筆ながら…」を使う時は会話中で使わないようにすることとなります。 ご健勝のことと存じます 「ご健勝のことと存じます」は、ビジネスメールや手紙における「挨拶文」として使われる表現です。 タイトルや見出しの後、文章の最初に置き「相手の健康をいつも祈っておりますが、いかがでしょうか」という気持ちを表す言葉として用います。 相手の健康や体調を気遣う言葉を文頭で放ち、ビジネス的な会話へとスムーズに運んでいきましょう。 A様におかれましては、益々ご健勝のこととと存じます。 時下、さらなるご健勝のことと存じ上げます。 また、相手や状況によって「ご健勝のこととお慶び申し上げます」などに表現を変えることも大切です。 ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます 「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」は、取引先やクライアント宛ての手紙やメールで文章の最後に付け加えたい表現の一つです。 ビジネスにおいては、やや定型文的なニュアンスもありますが、この文章では「相手が健康を維持し活躍することを望んでいる」という送り手の気持ちも伝えることができます。 最後に、皆さまのご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 ご健勝とご発展を祈念いたしております 「ご健勝とご発展を祈念いたしております」は、「ご健勝」を使った例文でも、ややオリジナル感ある文脈です。 文中にある「祈念する」は社会人になると使うチャンスが増える言葉の一つで、「仕事での経済的な発展や繁栄、また健康を心から願る気持ち」を表す文章となります。 また、「ご発展」は「個人」ではなく「企業」に対して使うのが通常です。 加えて、「祈念」という言葉は「相手への願いや祈り」を伝える美しい表現です。 チャレンジの多い職場環境なら、より言葉が伝える効力も期待できるため、「ご健勝」と併せて手紙やメールでの結びとして使うと良いでしょう。 末筆ながら、皆様のご健勝と貴社のご発展を祈念しております。 「ご健勝をお祈りしています」の英語表現 「ご健勝をお祈りしています」の英語表現をいくつか挙げてみます。 英語でやりとりをする際、文章の最後に置くようにして下さい。 We wish you continued success and prosperity• We pray you all being in good health. 「ご健勝」と併せて使いたい表現は? 最後に「ご健勝」と併せて使いたい表現と使い分けについて解説します。 「ご多幸」 「ご多幸」とは呼んで字のごとく「幸せが多くあること」「多福」、つまり「幸せな生活を送っていること」を指しています。 講演会や結婚式でのスピーチで好んで使われることが多いでしょう。 しかし、「ご多幸(ごたこう)」は、健康を祈る「ご健勝」とは意味が異なります。 ビジネスシーンにおいて「幸多い」と願う状況を上手に判断して使うようにして下さい。 たとえば、転勤や移動で別の環境に移ったばかりの相手に「ご多幸」を使うのはやや不適切だと言えます。 「ご清栄」 「ご清栄(ごせいえい)」は「相手の健康をはじめ、生活全般や商売の繁栄」について気遣う言葉として使われます。 個人に対してだけではなく、企業に対しても使えることができるため、ビジネスメールや文書内で用いる表現としては活用しやすいでしょう。 企業に対して使う時には、文脈の流れによって「ご繁栄」「ご盛栄」などに言い換えをするようにして下さい。 「ご清祥」 「ご清祥」は「相手の健康と幸福を願う」時に使われる言葉です。 そのため、使う相手は個人とするのが相応しいでしょう。 個人の健康を祈る表現であるため、「ご健勝」と意味合いが近いと言えます。 まとめ 「ご健勝」は「元気で健康であるさま、すこやかな様子」を表す言葉で、ビジネスメールやビジネス文書での挨拶や結びの表現として活用できる便利な言葉です。 「ご健勝」と組み合わせて「ご活躍」「ご発展」などの言葉も使うことができますが、「ご活躍」は個人、「ご発展」は企業に対し使われるため注意するようにしましょう。 また、ビジネスシーンでメールを送ることが多い人は、相手との良好な対話が継続できるように、いくつかの挨拶文や結びの例をおさえておくと良いと思います。

次の

ビジネス文書での「ご清祥」の正しい意味や使い方!「ご健勝・ご清栄」との違いも徹底解説

ご 健勝 の こと と 存じ ます

好きな言葉を選びコピーして、Wordに貼り付けたお礼状プリント(作成原稿)に貼り付けましょう。 初春の候、ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 毎日厳しい寒さが続いております。 皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 大寒の候・厳寒のみぎり・新春とは申しながら・寒さ厳しい折から 晩冬の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 春まだ浅く寒さ厳しき折、 立春の候・春寒のみぎり・立春とは名ばかりで 早春の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 だいぶ春めいた昨今ですが、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 浅春の候・向春の候・水温の候・啓蟄 春暖の候、ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 春もたけなわのこの頃ですが、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 陽春の候・春爛漫の候・花冷えの候・春眠暁を覚えずと申しますが 新緑の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 風薫る爽やかな季節となりました。 皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 若葉の候・薫風の候・若葉の美しい季節がまいりました 初夏の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 さわやかな初夏となり、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 梅雨の候・孟夏の候・向夏の候・うっとうしい雨が続いておりますが いよいよ梅雨に入りました 盛夏の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 近年にない暑さですが、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 炎夏の候・酷暑のみぎり・暑中見舞い申し上げます・暑さ厳しい折り 晩夏の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 立秋とは名ばかりで、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 まだまだ暑い日々が続いておりますが・立秋の候・残暑厳しい折から・ 初秋の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 秋彼岸をすぎてめっきり涼しくなりました。 皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 新秋の候・秋冷の候・朝夕涼しくなりましたとはいえ 秋冷の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 秋たけなわの今日この頃、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 錦秋の候、天高く馬肥ゆる秋・木々も色づきはじめ・秋も深まり 晩秋の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 朝ごと冷気が加わって、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 深秋の候・向冬の候・朝夕はめっきり冷え込む季節となりました 初冬の候、ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 何かとあわただしい年の瀬を迎え、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 寒冷の候・師走の候・年の瀬もおしせまり・歳末ご多忙の折.

次の

ご健勝のビジネス例文|ご健勝とご多幸をお祈り申し上げますの意味は?

ご 健勝 の こと と 存じ ます

「〇〇様のご活躍を応援しております。 」 「僭越ながら、ご活躍を影ながら応援しております。 」 相手に対してエールを送る言葉としてどちらも同じ意味となりますが、上の2つの例はそれぞれニュアンスが少し異なります。 「ご活躍を応援しております。 」は隠すことなく応援する意思を表現していますが、「影ながら~」は「密かに」との意味を含んだ表現です。 「力になれませんが、応援だけでもさせていただきます」という奥ゆかしい表現としても使えます。 ただし、相手によっては「表立って応援してくれない」と受けとられるケースも考えられます。 使い分ける場合には相手との関係性を考慮し、どちらか判断がつかない場合は「ご活躍を応援しております。 」を使う方が無難と言えるでしょう。 現在の活躍を称える「ご活躍を拝見いたしております」 「いつもご活躍を拝見いたしております。 」 「見る」ことをへりくだって表現する「拝見」が使用されている例文です。 相手の活躍を「見ております」「聞いております」という意味になります。 「拝見」は「見る」との意味を同じですが、この場合、 実際に見て無くても便宜上「聞き及んでいる」という意味で使用されます。 「ご活躍されている」は敬語表現のようにも聞こえるが正しくない! 日常会話でもよく使われる「されている」は、本来受け身の言葉になります。 「活躍」とは、仕事や組織の中心として目覚ましく活動することを指し、「活躍されている」では不自然に感じてしまいます。 相手の活躍を称える場合は謙譲語の「おられる」に言い換えると最適です。

次の