リモートプレイ できない。 PC上でPS4/PS4 Proのゲームをプレイ!リモートプレイマニュアル

PS4のリモートプレイやり方解説。いつでもどこでもPS4のゲームが遊べる“リモプ”のススメ!!

リモートプレイ できない

【スポンサーリンク】• 上記の方法でも「PlayStation4(プレイステーション4)」の問題が解決しない場合はこちら側を参考にしてください• 『PlayStation4(PlayStation4)』のコントローラーの『PlayStationButton』を長押しし、「クイックメニュー』から『電源』を選択し、「PS4の電源を切る』を選択します• 「PlayStation4(プレイステーション4)」のコントローラーの「PlayStationボタン」を長押しし、「クイックメニュー」から「電源」を選択し、「PS4を再起動」を選択します• 「iPhone」もしくは「Android」などのスマートフォン、タブレット、 パソコンなどのインターネットブラウザから「PlayStation4 ユーザーズガイド」にアクセスし、直接お問い合わせしてください• カテゴリー• 125• 278• 211• 621• 232• 148• 131• 226• 101• 107• 126• 191• 3,281• 1,297• 3,228• アーカイブ アーカイブ.

次の

PS4のコントローラーのPC接続方法は?認識しない時の対処法!

リモートプレイ できない

もともと純正のPS4コントローラーには無線機能が備え付けてあり、PC側に受け取る機能があれば認識はする場合があります。 ただし、受信用のBluetoothの規格などにより正しく認識できなかったり、できても一分機能が使えなかったりする場合がありますので純正のDUALSHOCK 4 USBワイヤレスアダプターを購入されることをおすすめします。 後はコントローラーの電源が消えていることを確認してから、あらかじめ電源のいれておいたPCにアダプターを差し込み、アダプターのランプが点滅するまでPC方向にアダプターを押し込みます。 点滅したらコントローラーのシェアボタンを押しながらPSボタンを3秒以上押して、コントローラーのライトバーが点滅するのを確認します。 その後アダプターとコントローラーの点滅が両方共点灯に変われば成功です。 まずは一番肝心なことですが、PS4コントローラーの充電を確認しましょう。 充電器に接続詞た場合にきちんとどうさしているでしょうか。 PSボタンを押した場合もランプが正常にひかるでしょうか。 充電が問題なければPCの再起動を試してみましょう。 その場合はPCの電源を切る、PS4コントローラーの電源を切る、有線接続の場合はケーブルをはずす 可能であれば違うUSBポートを試す 、PCの電源を入れる。 この時点でもう一度上の作業を行ってみて確認してみてください。 それでもだめな場合はPS4コントローラーのリセットを試しましょう。 コントローラーを裏返し、右上のネジ穴の横にさらに小さな穴があります。 この中にリセットボタンがありますので工具など細いもので中を押してください。 特にコントローラーの設定し直しなどはないので安心して押してください。 ここまででも認識しない場合、PC側のエラーなどの問題か、USBケーブルの断線などの不調か、コントローラーの不調などの機械的な問題の可能性もあります。 可能であれば違うUSBケーブルを試す、他のPCで試すなど機器を交換して試すことをおすすめします。 自宅では無理でも知り合いなどで持っている方がいればそちらを頼るのもよいでしょう。 ケーブルもPCも違うものにしても全く認識しないのであればPS4コントローラー本体の不調の可能性が高くなります。 充電ができているのであれば、PS4で認識するのかどうかを試し、認識するのであれば一度完全に電気を使い切って放電した状態にしてから試します。 PS4でも認識ないのであれば故障の可能性が高くなります。 メーカー、もしくは購入店に相談しましょう。 トラブルさえなければ有線、無線ともに接続自体は非常に簡単です。 ですがPCでコントローラーを使用する場合はなんのソフトやゲームで使うかなども問題になります。 特に有線接続で使用できるようになったのは、一般的なアナログスティック付きのコントローラーと似た機能まです。 無線は基本的にはPS4コントローラーの機能が使えるようになりますが、こちらもソフトやゲーム次第となります。 現在PCで動作をするコントローラーとしてxbox系用の物が主流で、標準でPS4コントローラーに対応しているものは少ないです。 そのためにPS4コントローラーをPCで動かす場合は、PS4コントローラー対応のゲームで使う。 もしくは疑似xboxコントローラーとして設定して使用する。 この二種類となります。 ゲームで対応している場合は問題ないのですが、疑似xboxコントローラーと動かす場合は公式のサポート外であることだけは留意が必要です。 ですが、windows上で振動機能を使いたい、もしくは疑似xboxコントローラーとしてPS4コントローラーを使いたい方は海外ソフトになりますが、InputMapper、もしくはDS4Windowsというソフトを導入することによって可能になります。 こちらは完全無料のソフトです。 少々手順が多いですが、どれも落ち着いてやっていけば難しい箇所はありません。 ただ既に他のコントローラー用ソフトなどを導入していると上手く動かないことがありますので、エラーが起きたり上手く動かない場合はそちらを疑ってみるのがよいでしょう。 海外製の無料のコントローラーマッピングソフトです。 主な機能はPS4のコントローラーを疑似xboxコントローラーとして動かすです。 どちらも基本的には同じ用途で使用できますが、使い込まなければわからない違いですのでどちらを選んだも問題ありません。 導入が簡単なinputmapperが初心者向きになります。 公式ページに飛び、Downloadsから最新バージョンをダウンロードして、インストールするだけです。 その際このソフトの動作に必要なソフトを自動でいれてくれますので、Nextをクリックしていけばインストールできます。 後は起動して正常に認識していたら基本的な準備は終わりです。 初期状態でxboxコントローラーに対応したキー配置になっているので、こだわりがなければそのまま使えます。 注意点は、ゲームの前にこちらのソフトを起動しておくことです。 そうでないとゲームがコントローラーを認識してくれません。 inputmapper SteamとはPCゲームやビデオなどの販売、管理用のソフトです。 長らくxboxのコントローラーのみ対応だったsteamもPS4コントローラーに対応し、ビッグピクチャーモードに変えればマウスも要らず、PS4コントローラーだけでsteamを操作できます。 この機能のおすすめできる点は、マウス専用ゲームでもコントローラーにその操作を割り振り、コントローラーで操作できるゲームにしてしまう点です。 完全にすべてのゲームが問題なく動くわけではありませんが、多くのゲームは動き、遊ぶことができます。 もちろん、マウスによるスピード感を求められるようなゲームは苦手としますが、それ以外は慣れることでカバーすることができます。 設定など基本的なものはsteamから日本語で変更が可能です。 どのゲームが動くか不透明ではありますが、日本語で細かく設定できる点はおすすめできます。 PS4コントローラー一番の目的であり、PC上で使う上で一番難しい点でもあります。 もちろんゲーム自体は対応していれば接続しただけで動き、それで問題ありません。 ですが前述のとおりPCの主流はxboxのコントローラーであり、PS4コントローラーは多くのゲームで未対応。 もしくは一部対応。 完全対応はまだまだ少ないです。 そのため現状で一番良い使い方は、上で紹介したDS4windowsを適宜オンオフして使い分ける方法です。 幸いにもDS4windowsには多くの設定を行う場所があり、ゲームによって設定を変えられるためにあるゲームではPS4コントローラーのままの設定、あるゲームでは疑似xboxコントーローラーの設定と分けて保存できます。 2015年11月10日のパッチで既に正式にPS4コントローラーに対応したPC版FF14ですが、PS4版の特殊機能でもあるタッチパットと振動機能は未対応のままです。 残念ながらコントローラーから音を出す機能は再現できませんが、上記2つのソフトであればどちらも振動機能とタッチパット機能に対応しています。 ただし、振動機能は間違いなくだせますが、外部のソフトなので不具合が起きる可能性も考慮しなければなりません。 その上で使用するかどうかを決めると良いでしょう。 使用する場合はFF14側の設定をxboxコントローラー使用、振動機能使用と切り替えておけば問題ありません。 本来なら公式に最後まで対応してもらえるのが一番いいのですが、現状プレイヤー側で工夫するしかありません。 完全とは言わなくてもこれでPS4コントローラーの機能をPC版でも再現できます。 PSO2はPS4コントローラーに正式対応していません。 そのためFF14のように振動機能やタッチパットだけ使えないというわけではなく、一部のキーが全く効かなかったり、キーコンフィグそのものができなかったりしてしまいます。 簡単なのは上記のツールを使うことです。 もちろん、こちらも外部のソフトを使うために不具合などは自己責任になりますが、せっかくPS4コントローラーがあるのなら活用したいところです。 もう一つの方法としては、ツールを使わずゲーム内のキーコンフィグで設定を行うことです。 レバーの代わりにR2ボタンやR3ボタンを押さなければいけなかったり、トリガーボタンの設定はスキップする。 このことに注意していれば手動設定は一とおり終わります。 最後の反映確定まで来られたら後は好きなようにボタンを変えてしまえば大丈夫です。 まだまだ課題も多く、PCでPS4コントローラーを使うにはユーザー側が手間を掛けないといけない場面も多くあります。 ですが、PCに詳しい人ならソフトの使い方も直ぐに理解できますし、あまり詳しくない方でも、この機会にいろいろとPCを触りながら覚えていくのもよいでしょう。 そしてまだ一部とは言え、PS4コントローラー専用の機能に対応したPCゲームもでてきています。 このままPS4コントローラー使用者が増え、そういったゲームが注目されればされるほどPS4コントローラー対応ゲームも増えていきます。 タッチパットやジャイロ、カスタマイズできるライトなどPS4コントローラーならではの楽しい機能もたくさんあります。 ぜひこの機会にPS4コントローラーでPCゲームをあそんでみてはいかがでしょうか。

次の

PC上でPS4/PS4 Proのゲームをプレイ!リモートプレイマニュアル

リモートプレイ できない

もともと純正のPS4コントローラーには無線機能が備え付けてあり、PC側に受け取る機能があれば認識はする場合があります。 ただし、受信用のBluetoothの規格などにより正しく認識できなかったり、できても一分機能が使えなかったりする場合がありますので純正のDUALSHOCK 4 USBワイヤレスアダプターを購入されることをおすすめします。 後はコントローラーの電源が消えていることを確認してから、あらかじめ電源のいれておいたPCにアダプターを差し込み、アダプターのランプが点滅するまでPC方向にアダプターを押し込みます。 点滅したらコントローラーのシェアボタンを押しながらPSボタンを3秒以上押して、コントローラーのライトバーが点滅するのを確認します。 その後アダプターとコントローラーの点滅が両方共点灯に変われば成功です。 まずは一番肝心なことですが、PS4コントローラーの充電を確認しましょう。 充電器に接続詞た場合にきちんとどうさしているでしょうか。 PSボタンを押した場合もランプが正常にひかるでしょうか。 充電が問題なければPCの再起動を試してみましょう。 その場合はPCの電源を切る、PS4コントローラーの電源を切る、有線接続の場合はケーブルをはずす 可能であれば違うUSBポートを試す 、PCの電源を入れる。 この時点でもう一度上の作業を行ってみて確認してみてください。 それでもだめな場合はPS4コントローラーのリセットを試しましょう。 コントローラーを裏返し、右上のネジ穴の横にさらに小さな穴があります。 この中にリセットボタンがありますので工具など細いもので中を押してください。 特にコントローラーの設定し直しなどはないので安心して押してください。 ここまででも認識しない場合、PC側のエラーなどの問題か、USBケーブルの断線などの不調か、コントローラーの不調などの機械的な問題の可能性もあります。 可能であれば違うUSBケーブルを試す、他のPCで試すなど機器を交換して試すことをおすすめします。 自宅では無理でも知り合いなどで持っている方がいればそちらを頼るのもよいでしょう。 ケーブルもPCも違うものにしても全く認識しないのであればPS4コントローラー本体の不調の可能性が高くなります。 充電ができているのであれば、PS4で認識するのかどうかを試し、認識するのであれば一度完全に電気を使い切って放電した状態にしてから試します。 PS4でも認識ないのであれば故障の可能性が高くなります。 メーカー、もしくは購入店に相談しましょう。 トラブルさえなければ有線、無線ともに接続自体は非常に簡単です。 ですがPCでコントローラーを使用する場合はなんのソフトやゲームで使うかなども問題になります。 特に有線接続で使用できるようになったのは、一般的なアナログスティック付きのコントローラーと似た機能まです。 無線は基本的にはPS4コントローラーの機能が使えるようになりますが、こちらもソフトやゲーム次第となります。 現在PCで動作をするコントローラーとしてxbox系用の物が主流で、標準でPS4コントローラーに対応しているものは少ないです。 そのためにPS4コントローラーをPCで動かす場合は、PS4コントローラー対応のゲームで使う。 もしくは疑似xboxコントローラーとして設定して使用する。 この二種類となります。 ゲームで対応している場合は問題ないのですが、疑似xboxコントローラーと動かす場合は公式のサポート外であることだけは留意が必要です。 ですが、windows上で振動機能を使いたい、もしくは疑似xboxコントローラーとしてPS4コントローラーを使いたい方は海外ソフトになりますが、InputMapper、もしくはDS4Windowsというソフトを導入することによって可能になります。 こちらは完全無料のソフトです。 少々手順が多いですが、どれも落ち着いてやっていけば難しい箇所はありません。 ただ既に他のコントローラー用ソフトなどを導入していると上手く動かないことがありますので、エラーが起きたり上手く動かない場合はそちらを疑ってみるのがよいでしょう。 海外製の無料のコントローラーマッピングソフトです。 主な機能はPS4のコントローラーを疑似xboxコントローラーとして動かすです。 どちらも基本的には同じ用途で使用できますが、使い込まなければわからない違いですのでどちらを選んだも問題ありません。 導入が簡単なinputmapperが初心者向きになります。 公式ページに飛び、Downloadsから最新バージョンをダウンロードして、インストールするだけです。 その際このソフトの動作に必要なソフトを自動でいれてくれますので、Nextをクリックしていけばインストールできます。 後は起動して正常に認識していたら基本的な準備は終わりです。 初期状態でxboxコントローラーに対応したキー配置になっているので、こだわりがなければそのまま使えます。 注意点は、ゲームの前にこちらのソフトを起動しておくことです。 そうでないとゲームがコントローラーを認識してくれません。 inputmapper SteamとはPCゲームやビデオなどの販売、管理用のソフトです。 長らくxboxのコントローラーのみ対応だったsteamもPS4コントローラーに対応し、ビッグピクチャーモードに変えればマウスも要らず、PS4コントローラーだけでsteamを操作できます。 この機能のおすすめできる点は、マウス専用ゲームでもコントローラーにその操作を割り振り、コントローラーで操作できるゲームにしてしまう点です。 完全にすべてのゲームが問題なく動くわけではありませんが、多くのゲームは動き、遊ぶことができます。 もちろん、マウスによるスピード感を求められるようなゲームは苦手としますが、それ以外は慣れることでカバーすることができます。 設定など基本的なものはsteamから日本語で変更が可能です。 どのゲームが動くか不透明ではありますが、日本語で細かく設定できる点はおすすめできます。 PS4コントローラー一番の目的であり、PC上で使う上で一番難しい点でもあります。 もちろんゲーム自体は対応していれば接続しただけで動き、それで問題ありません。 ですが前述のとおりPCの主流はxboxのコントローラーであり、PS4コントローラーは多くのゲームで未対応。 もしくは一部対応。 完全対応はまだまだ少ないです。 そのため現状で一番良い使い方は、上で紹介したDS4windowsを適宜オンオフして使い分ける方法です。 幸いにもDS4windowsには多くの設定を行う場所があり、ゲームによって設定を変えられるためにあるゲームではPS4コントローラーのままの設定、あるゲームでは疑似xboxコントーローラーの設定と分けて保存できます。 2015年11月10日のパッチで既に正式にPS4コントローラーに対応したPC版FF14ですが、PS4版の特殊機能でもあるタッチパットと振動機能は未対応のままです。 残念ながらコントローラーから音を出す機能は再現できませんが、上記2つのソフトであればどちらも振動機能とタッチパット機能に対応しています。 ただし、振動機能は間違いなくだせますが、外部のソフトなので不具合が起きる可能性も考慮しなければなりません。 その上で使用するかどうかを決めると良いでしょう。 使用する場合はFF14側の設定をxboxコントローラー使用、振動機能使用と切り替えておけば問題ありません。 本来なら公式に最後まで対応してもらえるのが一番いいのですが、現状プレイヤー側で工夫するしかありません。 完全とは言わなくてもこれでPS4コントローラーの機能をPC版でも再現できます。 PSO2はPS4コントローラーに正式対応していません。 そのためFF14のように振動機能やタッチパットだけ使えないというわけではなく、一部のキーが全く効かなかったり、キーコンフィグそのものができなかったりしてしまいます。 簡単なのは上記のツールを使うことです。 もちろん、こちらも外部のソフトを使うために不具合などは自己責任になりますが、せっかくPS4コントローラーがあるのなら活用したいところです。 もう一つの方法としては、ツールを使わずゲーム内のキーコンフィグで設定を行うことです。 レバーの代わりにR2ボタンやR3ボタンを押さなければいけなかったり、トリガーボタンの設定はスキップする。 このことに注意していれば手動設定は一とおり終わります。 最後の反映確定まで来られたら後は好きなようにボタンを変えてしまえば大丈夫です。 まだまだ課題も多く、PCでPS4コントローラーを使うにはユーザー側が手間を掛けないといけない場面も多くあります。 ですが、PCに詳しい人ならソフトの使い方も直ぐに理解できますし、あまり詳しくない方でも、この機会にいろいろとPCを触りながら覚えていくのもよいでしょう。 そしてまだ一部とは言え、PS4コントローラー専用の機能に対応したPCゲームもでてきています。 このままPS4コントローラー使用者が増え、そういったゲームが注目されればされるほどPS4コントローラー対応ゲームも増えていきます。 タッチパットやジャイロ、カスタマイズできるライトなどPS4コントローラーならではの楽しい機能もたくさんあります。 ぜひこの機会にPS4コントローラーでPCゲームをあそんでみてはいかがでしょうか。

次の