北海道 温泉 半額。 Go To Travel キャンペーン

ランチde温泉半額

北海道 温泉 半額

北見の奥座敷でアイヌの湯けむりに抱かれる オホーツク海の沿岸から東西に広がっている北海道北見市。 オホーツクエリアでは経済の中心地でありアクセスも良好なことから網走と合わせて重要な観光拠点となっている。 北海道開拓史やアイヌ史を学べる常呂遺跡、日本最大の汽水湖であるサロマ湖を擁している。 北海道ではアイヌ民族が温泉を利用していた資料が残っているが、温根湯(おんねゆ)温泉は明治32年(1899年)の開湯だ。 現在は3軒の宿泊施設で楽しめる。 ちなみに「おんね」とはアイヌ語で「大きなお湯」という意味。 オホーツクが生んだ海の幸とアイヌの古湯、その大きな恵みに抱かれたい。 北海道で最高所にある温泉としても知られ、登山基地として利用する人も少なくない。 温泉地へ向かう道路の終点には登山客用の駐車場が備えられており、ここから登山道も伸びている。 温泉の発見は、昭和33年と比較的新しい。 十勝岳中腹にある安政火口と呼ばれる巨大な旧噴火口に道をつけるための測量が行われた際、残雪の間から温泉が湧出しているのが発見されたとか。 4軒の宿が点在しており、賑やかな温泉街はない。 昭和38年に開業した「湯元凌雲閣」は、標高約1280mと道内で最も高い地に建つ温泉宿として有名。 共同浴場はないが、旅館で日帰り入浴が可能だ。 標高750Mのこの地は温泉地特有の硫黄の匂いが立ち込める。 初夏には新緑の爽やかな高原を、秋には美しく色づいた紅葉を楽しめる。 蘭越方面からのドライブルートでは遠くに広がる蘭越の町並みや田園風景、洞爺湖に浮かぶ中島や有珠山を望めるビュースポットも。 季節によって彩りを変える「神仙沼」は水面に高山植物群や赤エゾ松が映り、幻想的な景観が楽しめる。 遊歩道もあるのでゆっくり歩いて眺めるのがおすすめ。 北海道屈指の観光地の一つ、小樽。 かつてニシン漁で賑わった港町で、運河や鉄道が早くから開けて貿易品や石炭などを運んだ海運・陸運の町。 ニシン御殿、小樽運河、日本銀行旧小樽支店など、かつての繁栄をしのばせる建造物が街の風情を際立たせている。 朝里川は小樽の奥座敷的存在で、観光の拠点として静かでのんびりくつろぎたい旅行者にはうってつけ。 夏のテニスやゴルフ、冬のスキーとスポーツ施設も揃っており、トラツグミやエゾリス、ホタルが棲息するなど自然環境もよく保全されている。 「ゆらぎの里」の名にふさわしい、安らぎを与えてくれる温泉だ。

次の

Go To Travel キャンペーン

北海道 温泉 半額

コロナの影響で宿泊客が激減しているらしい。 貧乏な私は逆にチャンスだと思い、ネットで検索。 すると、あるじゃないか、激安プラン。 (通常)1万6500円のプランを3900円で提供!激安! 5月と6月の平日分に700件の予約が殺到し、わずか2週間で売り切れらしい。 さらに北海道の温泉地「登別」では、3月の団体客がすべてキャンセルになったという温泉旅館が打ち出した秘策が、4月いっぱいまで素泊まりで6800円のところ、半額以下の2980円。 1泊2食付きでも4980円となる宿泊特別半額券をSNSなどに掲載し、ほぼ3月の土曜日は満室の状況。 岡山県内で90年続く老舗ホテルも今月から平日は朝食付きで1泊3300円。 2日目以降はさらに500円の割引。 探せばもっとありそうな予感。 大阪から1泊2日でいくとなると、城崎温泉がよさそう。 で、チェックしてみると、、、、 あれ、あんまり安くない。 というか通常料金でした。 コロナの影響がもろなところでないとやはり厳しいか。 北海道はコロナで激安!! 北海道は激熱ゾーンであることが発覚。 ハイクラスのホテルでもおひとり様@2,500で泊まれます! これはめちゃくちゃ安いと思う。 コロナでゴーストタウン化してそうなので、観光もスムーズ? 北海道の鈴木直道知事は12日の臨時記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大を受け、今週末も道民への外出自粛を要請した。 自粛要請は3週連続。 でも道知事が自粛要請をしているなか、なかなか観光はしづらいかもしれません。 まとめ また調べたら備忘録的にこちらにアップしていきます。 低価格のプランで客を取り戻そうとする動きは今後も各地に広がっていきそうです。 4月21日追記 コロナで激安旅館に泊まろう!みたいな雰囲気でもなくなった。 ほんとにやばい。

次の

「北海道 温泉 半額」の宿|温泉旅館・宿・ホテルが探せる【ゆこゆこネット】

北海道 温泉 半額

の湯の杜として知られる定山渓。 都心部から車で約50分ほどというアクセスの良さに加え、質のいい温泉や自然の豊かさ、グルメなど、魅力満載のエリアです。 2018年9月12日(水)より、定山渓にて「みんなで温泉」日帰り入浴半額キャンペーンが実施中! こちらは、9月6日(木)に発生した北海道胆振東部地震から立ち直り、通常営業を行う から、「元気のおすそ分け」として企画されたキャンペーン。 期間中は参画施設の日帰り入浴がなんと通常の半額に! 「地震前と変わることなく湧き出る温泉で疲れを癒やしてもらいたい」との想いが込められています。 上記の通常価格が半額になるとは、なんともお得! タオルレンタル等は半額の対象にはならないので注意を。 こちらのキャンペーンは9月30日(日)まで行われます。 このチャンスに湯めぐりを楽しむのもいいですね。 また、9月18日(火)からは「みんなで温泉」キャンペーン第2弾として、『どこでもクーポン』付き宿泊プランが発売されます。 この宿泊プランで予約をすると、定山渓エリア内のほとんどの施設で利用可能な「どこでもクーポン」2000円分をプレゼント! プランが売り切れ次第終了となり、クーポンの利用期限は11月30日(金)まで。 予約方法や利用可能施設など、詳しい情報は をチェックしてみてくださいね。 秋の定山渓は、 でも屈指の紅葉名所。 旅を楽しむ・予約する• 甲信越• 甲信越• Language Tabirai Japan• [繁体中文]• [English]• [한국어]• たびらいについて•

次の