ラジサマリー。 UPDATE 1

インド、EVの次は、2023年三輪車、2025年二輪車の電動化推進を検討

ラジサマリー

株リポートを追加し、表を更新しました。 [5日 ロイター] - <為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが円やスイスフランに対し上昇。 新型コ ロナウイルスのワクチン開発の可能性を示唆する報道を受け、リスク選好度が上昇した。 朝方発表された1月の米ADP民間雇用報告が予想を上回り、米経済が安定的な成長軌道 に乗っている兆候を示したこともドルの上昇に拍車を掛けた。 英スカイ・ニュースは、同国の科学者による新型コロナウイルスのワクチン開発に大 きな進展があったと報道。 また市場関係者によると、中国のテレビは浙 江大学の研究チームが新型コロナウイルスに有効な治療薬を発見したと報じた。 新型ウイルスワクチン巡る報道を手掛かりに、リスク資産を買い増す動きが広がった ことが指摘された。 中国人民銀行(中央銀行)が新型コロナウイルス感染拡大で悪化していた市場心理の 回復を目指し、これまでに多額の資金を金融システムに供給していることも投資家心理を 支えている。 ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズの為替ストラテジスト、エリック・ネルソン 氏は「投資家心理の下支えに向け、中国当局はあらゆる措置を講じている。 一段の行動が 取られると予想する」と述べた。 NY外為市場: <債券> 米金融・債券市場では新型肺炎を巡るプラスのニュースに市場が反応し、 安全資産とされる国債が売られ、利回りが上昇した。 中国が発生源となった新型コロナウイルスで引き起こされる肺炎について、浙江大学 の研究チーム効果的治療薬を発見したと中国のテレビが報道。 このほか、英スカイ・ニュ ースは英国の科学者によるのワクチン開発に大きな進展があったと報じた。 アナリストは市場では新型ウイルスの封じ込めに対する期待感が出ていると指摘。 ソ シエテ・ジェネラルの米金利戦略部門責任者、スバドラ・ラジャッパ氏は「新型ウイルス を巡るリスクはなお存在しているが、中国が封じ込めに向け大規模な措置を打ち出してい ることが高リスク資産に対する楽観的な見方の台頭につながっている」と述べた。 ただ、感染拡大の経済的な影響の全容がまだ明らかになっていないため、リスク選好 度の回復は時期尚早な可能性もあると指摘も出ている。 シーポート・グローバル・ホール ディングスのマネジング・ディレクター、トム・ディ・ガロマ氏は「何か悪いニュースが 出てくる可能性は排除できない」と述べた。 米金融・債券市場: <株式> 米国株式市場は3日続伸。 S&P総合500種は終値ベースで過去最高値 を更新した。 新型コロナウイルスを巡る懸念が緩和したほか、堅調な米経済指標を受けた。 ナスダック総合も最高値で終了したが、電気自動車(EV)メーカーのテス ラが急落し、上値を抑制した。 5日発表された1月のADP全米雇用報告は、民間部門雇用者数が29万1000人 増と、2015年5月以来の大幅な伸びを記録。 米供給管理協会(ISM)の1月非製造 業総合指数(NMI)も55.5と、2019年8月以来の高水準となり、米経済の緩や かな拡大が続いていることが示された。 S&P500種は前週、大幅下落していたが、新型コロナウイルスによる経済への影 響を緩和するため、中国当局が大規模な資金供給を実施したことを受け、下落分を全て取 り戻している。 S&Pの主要セクターではエネルギー株指数が3.8%高と最大の上昇率と なった。 原油価格の上昇が背景。 ヘルスケア株指数は2.0%上昇。 医療保険株が上げを主導したほか、バイ オ医薬品のバイオジェンが17.5%急伸し、指数を押し上げた。 同社は多発性 硬化症(MS)治療薬の特許を巡る訴訟で勝利した。 前日まで6営業日にわたって値上がりしてきたテスラは17.2%急落。 同社幹部が 、新型コロナウイルスの影響で中国で生産する「モデル3」の出荷に一部遅れが出ると表 明したことが嫌気された。 [nL4N2A547S 米国株式市場: <金先物> ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、前日に2週 間半ぶりの安値に沈んだ反動で買い戻しが優勢となり、4営業日ぶりに反発した。 英スカイニューズ・テレビは5日、中国を中心に感染が拡大する新型コロナウイルス のワクチン開発について、英研究者チームが「大幅な前進」を遂げたことを明らかにした と報道。 4日には、中国の浙江大学の研究チームが新型肺炎治療に有効な薬剤を発見した と伝わり、早期封じ込めに対する期待が浮上した。 これをきっかけに、市場のリスク回避ムードは後退。 世界的に株価が持ち直したほか 、外国為替市場でもドル買いが進行し、ドル建てで取引される金塊の割高感につながった。 また、オートマティック・データ・プロセッシング(ADP)が朝方発表した1月の 米民間就業者数が大幅に増加したことも一時売り材料となったが、その後は安値拾いや買 い戻しの動きが広がり、相場はプラス圏を回復した。 NY貴金属: <米原油先物> ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、新型コ ロナウイルスによる肺炎の治療薬の開発が前進したとの報を受けて買いが優勢となり、6 営業日ぶりに反発した。 英スカイニューズ・テレビは5日、新型コロナウイルスのワクチン開発について英研 究者チームが「大幅な前進」を遂げたことを明らかにしたと報道。 中国でも浙江大学の研 究チームが新型肺炎患者の治療に使える可能性のある薬を発見したと伝わった。 これを受 けて、新型肺炎の拡大で世界経済が停滞し、エネルギー需要が減退するとの懸念がやや後 退。 投資家のリスク資産買い意欲が回復する中、米株価が大幅上昇。 最近下落していた原 油は割安感も加わり、買い戻しが活発化した。 米エネルギー情報局(EIA)が午前に発表した最新週の米原油在庫は前週比340 万バレル増と、積み増し幅は市場予想(ロイター通信の拡大版調査)の280万バレルを 上回った。 一方、ガソリン在庫は210万バレルの積み増し予想に対して、10万バレル の取り崩し。 ディスティレート(留出油)在庫は150万バレル減と、予想(1万バレル 減)を上回る取り崩しとなった。 強弱まちまちの内容だったため、市場は反応しづらかっ たもようだ。 NYMEXエネルギー: ドル/円 NY終値 109. 83 始値 109. 56 高値 109. 84 安値 109. 56 ユーロ/ドル NY終値 1. 1001 始値 1. 1020 高値 1. 1023 安値 1. 00 2. 00 2. 00 1. 00 1. 50 1. 75 1. 75 1. 50 1. 68 前営業日終値 28807. 63 ナスダック総合 9508. 43 前営業日終値 9467. 97 S&P総合500種 3334. 13 前営業日終値 3297. 59 COMEX金 4月限 1562. 3 前営業日終値 1555. 5 COMEX銀 3月限 1760. 1 前営業日終値 1756. 1 北海ブレント 4月限 55. 32 前営業日終値 53. 96 米WTI先物 3月限 50. 14 前営業日終値 49. 61 CRB商品指数 169. 6094 前営業日終値 167. 9337 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

UPDATE 1

ラジサマリー

こんちにわ。 ITが苦手な会社をITが活用できる会社に変える専門家、Web集客先生のやまもと()です。 いつもラジ生?を聞いて頂き、有り難うございます。 まだ、聞いたことない方は、是非聞いてみてください。 ぼくの周りでは現在ラジ生?ブームです。 色々な人がラジ生?でパーソナリティーディビューされています。 声だけでいつでもどこでも放送を始められるというのは本当に凄いですよね。 ラジ生?って何という人はこちらの記事をご覧ください。 パーソナティー、リスナー向きにそれぞれ書いています。 今日はぼくのラジ生?の放送をちょっとだけ振り返って、これからの抱負を語りたります。 相棒は花粉症なんて怖くない自称美人アンカーウーマンのカツヨです。 あなたは何を話すのかしら? カツヨ 伝わる個性、伝える個性 ラジ生?は声を伝えるツールだ。 つまり、視覚的な情報を伝えるために写真やイラストが使えない。 しかし、声を通して様々なモノが伝わっていく。 話し方や声の抑揚、方言などで「人となり」が伝わっていく。 ブログなら文章の書き方や、写真の使い方で「人となり」が伝わる。 どちらも無意識に伝わる個性といえるモノだ。 その一方で、より自分らしさを伝えたい場合には意図的に「伝える」事をする必要がある。 リスナーや読者から見た自分と、自分が思っている自分は違うモノだ。 自分が思っている自分は、自分でしか伝えられない。 それが「思考」。 これも「個性」。 伝わるモノと伝えるモノどちらも大切にしていきたい。 冒頭に「お囃子」を入れてみた。 BGMを入れるのを忘れた。 朝から聴きにきてくれた皆さん、ありがとうございます。 すれ違う人が不思議そうな顔をしていた。 タイトルを書き換え忘れて、2回になっている・・・。 サムネイルを放送日に遊びに行った佐布里池の梅に変更。 自分との約束について話をしている。 たまに、守れない自分がいるのが痛い。 なんと放送直前に友達がラジ生?の放送をしていて、告知をしてくれたおかげで思った以上にたくさんの人に聴いてもらえた。

次の

プロスタグラジンアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016

ラジサマリー

詳細は販売サイトでご確認ください。 Please note: This report requires certain updates. We have all the information available but require 3 business days to complete the process and ensure it is as up-to-date as possible. Certain sections in the report may be removed or altered based on the availability and relevance of data for the indicated indication. 目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。 Table of Contents• Prostaglandin E2 PGE2 Receptor Antagonists Overview• Prostaglandin E2 PGE2 Receptor Antagonists Disease Associated• Prostaglandin E2 PGE2 Receptor Antagonists Pipeline Therapeutics• Prostaglandin E2 PGE2 Receptor Antagonists Therapeutics under Development by Companies• Prostaglandin E2 PGE2 Receptor Antagonists Filed and Phase III Products• Comparative Analysis• Prostaglandin E2 PGE2 Receptor Antagonists Phase II Products• Comparative Analysis• Prostaglandin E2 PGE2 Receptor Antagonists Phase I and IND Filed Products• Comparative Analysis• Prostaglandin E2 PGE2 Receptor Antagonists Discovery and Pre-Clinical Stage Products• Comparative Analysis• Drug Candidate Profiles• Prostaglandin E2 PGE2 Receptor Antagonists — Therapeutics Assessment• Assessment by Monotherapy Products• Assessment by Combination Products• Assessment by Route of Administration• Assessment by Molecule Type• Prostaglandin E2 PGE2 Receptor Antagonists — Discontinued Products• Prostaglandin E2 PGE2 Receptor Antagonists — Dormant Products• Companies Involved in Therapeutics Development for Prostaglandin E2 PGE2 Receptor Antagonists• Appendix• Methodology• Contact Us• この血栓により、光が適切に届けられなくなります。 網膜静脈閉塞症治療の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率9. 主な分析対象企業は、Allergan、Bayer、F. Hoffmann-La Roche、Novartis、Regeneron Pharmaceuticalsなどです。 当調査レポートでは、網膜静脈閉塞症治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、網膜静脈閉塞症治療市場規模、タイプ別(BRVO、CRVO)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場概要 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場環境 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場動向 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場規模 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場:業界構造分析 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場:タイプ別(BRVO、CRVO) ・網膜静脈閉塞症治 …• 本調査レポートでは、世界の電子フィルム市場2019について調査・分析し、電子フィルムの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、電子フィルムのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、電子フィルムメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・電子フィルムの市場概要 ・電子フィルムの上流・下流市場分析 ・電子フィルムのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・電子フィルムのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電子フィルムのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・電子フィルムのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電子フィルムの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・電子フィルムの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電子フィルムの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・電子フィルムの北米市場:市場予測(生産 …• 当調査レポートでは、スイッチギアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スイッチギア市場規模、電圧別(低・中電圧、高電圧)分析、絶縁体別(AIS、GIS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 主な分析対象企業は、ABB, Mitsubishi Electric, Schneider Electric, Siemens, TOSHIBAなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スイッチギアの世界市場概要 ・スイッチギアの世界市場環境 ・スイッチギアの世界市場動向 ・スイッチギアの世界市場規模 ・スイッチギアの世界市場:業界構造分析 ・スイッチギアの世界市場:電圧別(低・中電圧、高電圧) ・スイッチギアの世界市場:絶縁体別(AIS、GIS) ・スイッチギアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スイッチギアの北米市場規模・予測 ・スイッチギアのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スイッチギアのアジア太平洋市場規模・予測 ・スイッチギアの主要国分析 ・スイッチギアの …• 本調査レポートでは、ポリカルボキシレート高流動化剤の世界市場について調査・分析し、ポリカルボキシレート高流動化剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリカルボキシレート高流動化剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリカルボキシレート高流動化剤種類別分析()、ポリカルボキシレート高流動化剤用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリカルボキシレート高流動化剤の市場概観 ・ポリカルボキシレート高流動化剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリカルボキシレート高流動化剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリカルボキシレート高流動化剤の世界市場規模 ・ポリカルボキシレート高流動化剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリカルボキシレート高流動化剤のアメリカ市場規模推移 ・ポリカルボキシレート高流動化剤のカナダ市場規模推移 ・ポリカルボキシレート高流動化剤のメキシコ市場規模推移 ・ポリカルボキシレート高流動化剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …• 当調査レポートでは、コンベヤ選別システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コンベヤ選別システム市場規模、エンドユーザ別(物流・輸送、飲食料品、製薬業界、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コンベヤ選別システムの世界市場概要 ・コンベヤ選別システムの世界市場環境 ・コンベヤ選別システムの世界市場動向 ・コンベヤ選別システムの世界市場規模 ・コンベヤ選別システムの世界市場:業界構造分析 ・コンベヤ選別システムの世界市場:エンドユーザ別(物流・輸送、飲食料品、製薬業界、その他) ・コンベヤ選別システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コンベヤ選別システムの北米市場規模・予測 ・コンベヤ選別システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・コンベヤ選別 …• Technavio社はデジタルレコーダーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均 7. 当レポート上に記載されている主な企業は• Canon• Panasonic• Samsung Electronics• Sony• Koninklijke Philips• Olympus• Sony• TASCAM等です。 本調査レポートでは、天然ビタミンEの世界市場について調査・分析し、天然ビタミンEの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別天然ビタミンEシェア、市場規模推移、市場規模予測、天然ビタミンE種類別分析(含有量50%未満、50-90%、90%以上)、天然ビタミンE用途別分析(栄養補助食品、飲食料品、化粧品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・天然ビタミンEの市場概観 ・天然ビタミンEのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・天然ビタミンEのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・天然ビタミンEの世界市場規模 ・天然ビタミンEの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・天然ビタミンEのアメリカ市場規模推移 ・天然ビタミンEのカナダ市場規模推移 ・天然ビタミンEのメキシコ市場規模推移 ・天然ビタミンEのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・天然ビタミンEのドイツ市場規模推移 ・天然ビタミンEのイギリス市場規模推移 ・天然ビタミンEのロシア市場規模推移 …• プロバイオティクス成分の世界市場は、2018年の2億6,800万米ドルから2023年には4億200万米ドルに達し、この期間中8. 5%の年平均成長率で成長すると予測されています。 この市場の成長を促す要因として、大気汚染削減を目的とした各国政府による環境・安全規制、セメント・鉱業業界の成長、ならびに産業業界における安全な労働環境要件などが考えられます。 一方で、公害防止改革の遅れや市場に不利な経済状況により、市場の成長は抑制される可能性があります。 当調査レポートでは、工業用触媒コンバーターの世界市場について調査・分析し、工業用触媒コンバーターの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 工業用触媒コンバーターの世界市場:市場動向分析 - 工業用触媒コンバーターの世界市場:競争要因分析 - 工業用触媒コンバーターの世界市場:エンドユーザー別 ・自動車 ・化学 ・金属および採鉱 ・石油およびガス ・繊維製品 - 工業用触媒コンバーターの世界市場:用途別 ・エアコンプレッサー ・建設用設備 ・穴開けおよび井戸掘り用機械 ・フォークリフト、クレーン、揚重機 ・暖炉および煙突 ・杭打機および架橋用機械 ・持ち運び可能な発電機、持ち運び可能なヒーター ・その他 - 工業用触媒コンバーターの世界市場:種類別 ・二元 ・三元 - 工業用触媒コンバーターの世界市場:主要地域別分析 - 工業用触媒コンバーターの北米市場規模(アメリカ市場等) - 工業用触媒コンバーターのヨーロッパ市場規模 - 工業用触媒コンバーターのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・工 …• ・脳症 Encephalopathy :適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・脳症 Encephalopathy のフェーズ3治験薬の状況 ・脳症 Encephalopathy 治療薬の市場規模(販売予測) ・脳症 Encephalopathy の市販医薬品分析 (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・脳症 Encephalopathy のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の脳症 Encephalopathy 治療薬剤• ・ノコギリヤシエキスの市場概観 ・ノコギリヤシエキスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ノコギリヤシエキスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ノコギリヤシエキスの世界市場規模 ・ノコギリヤシエキスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ノコギリヤシエキスのアメリカ市場規模推移 ・ノコギリヤシエキスのカナダ市場規模推移 ・ノコギリヤシエキスのメキシコ市場規模推移 ・ノコギリヤシエキスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ノコギリヤシエキスのドイツ市場規模推移 ・ノコギリヤシ …• 当調査レポートでは、自動車照明の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、技術別分析、車両別分析、用途別分析、販売チャンネル別分析、地域別分析、などを含め以下の構成でお届けします。 また、ループス腎炎 Lupus Nephritis 治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 本調査レポートでは、バイオ炭の世界市場について調査・分析し、バイオ炭の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バイオ炭シェア、市場規模推移、市場規模予測、バイオ炭種類別分析(木材系、トウモロコシ系、稲系、小麦系、その他)、バイオ炭用途別分析(土壌改良剤、肥料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バイオ炭の市場概観 ・バイオ炭のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バイオ炭のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バイオ炭の世界市場規模 ・バイオ炭の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・バイオ炭のアメリカ市場規模推移 ・バイオ炭のカナダ市場規模推移 ・バイオ炭のメキシコ市場規模推移 ・バイオ炭のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・バイオ炭のドイツ市場規模推移 ・バイオ炭のイギリス市場規模推移 ・バイオ炭のロシア市場規模推移 ・バイオ炭のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・バイオ炭の日本市場規模推移 ・バイオ炭の …• 本資料は、医療向け文書管理システムの世界市場について調べ、医療向け文書管理システムの世界規模、市場動向、市場環境、導入モード別(クラウドベース、オンプレミス、Webベース)分析、製品物(サービス、ソリューション)分析、エンドユーザー別(介護施設、病院、保険会社、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医療向け文書管理システムの世界市場概要 ・医療向け文書管理システムの世界市場環境 ・医療向け文書管理システムの世界市場動向 ・医療向け文書管理システムの世界市場規模 ・医療向け文書管理システムの世界市場規模:導入モード別(クラウドベース、オンプレミス、Webベース) ・医療向け文書管理システムの世界市場規模:製品物(サービス、ソリューション) ・医療向け文書管理システムの世界市場規模:エンドユーザー別(介護施設、病院、保険会社、その他) ・医療向け文書管理システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療向け文書管理システムの北米市場規模・予 …• また、双極性障害 躁うつ病 Bipolar Disorder Manic Depression 治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・閉経後骨粗鬆症 Post Menopausal Osteoporosis :適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・閉経後骨粗鬆症 Post Menopausal Osteoporosis のフェーズ3治験薬の状況 ・閉経後骨粗鬆症 Post Menopausal Osteoporosis 治療薬の市場規模(販売予測) ・閉経後骨粗鬆症 Post Menopausal Osteoporosis の市販医薬品分析 (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・閉経後骨粗鬆症 Post Menopausal Osteoporosis のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の閉経後骨粗鬆症 Post Menopausal Osteoporosis 治療薬剤• 当調査レポートでは、特殊紙の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊紙市場規模、種類別(装飾紙、印刷用紙、感圧複写紙、ラベル用紙、剥離ライナー紙、包装用紙、製薬リーフレットペーパー、クラフト紙、感熱紙、その他)分析、原材料別(添加剤、コーティング剤、パルプ、フィラー・バインダー、その他)分析、用途別(包装・ラベリング、産業、印刷・筆記、建築・建設、食品サービス、医薬品、電気、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 特殊紙の世界市場:市場動向分析 ・ 特殊紙の世界市場:競争要因分析 ・ 特殊紙の世界市場:種類別(装飾紙、印刷用紙、感圧複写紙、ラベル用紙、剥離ライナー紙、包装用紙、製薬リーフレットペーパー、クラフト紙、感熱紙、その他) ・ 特殊紙の世界市場:原材料別(添加剤、コーティング剤、パルプ、フィラー・バインダー、その他) ・ 特殊紙の世界市場:用途別(包装・ラベリング、産業、印刷・筆記、建築・建設、食品サービス、医薬品、電気 …• 本市場調査レポートでは自動車用ドライブトレイン技術について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、車両タイプ(乗用車、バス、トラック)分析、テクノロジータイプ別(セントラルモーター、Eアクスル、ホイールハブモジュール)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・自動車用ドライブトレイン技術の世界市場:車両タイプ(乗用車、バス、トラック) ・自動車用ドライブトレイン技術の世界市場:テクノロジータイプ別(セントラルモーター、Eアクスル、ホイールハブモジュール) ・自動車用ドライブトレイン技術の世界市場:地域別 ・企業概要• Technavio社の本調査レポートでは、民間セキュリティサービスの世界市場について調べ、民間セキュリティサービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。 また、民間セキュリティサービスの市場規模をセグメンテーション別(サービス別(有人警備、電子セキュリティサービス、現金サービス)、エンドユーザー別(産業、家庭、金融機関、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・民間セキュリティサービスの市場状況 ・民間セキュリティサービスの市場規模 ・民間セキュリティサービスの市場予測 ・民間セキュリティサービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:サービス別(有人警備、電子セキュリティサービス、現金サービス) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(産業、家庭、金融機関、その他) ・民間セキュリティサービスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル …• "当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。 事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。

次の