秋篠宮 家 おかしい。 秋篠宮殿下の傘の渡し方が投げる様?即位の礼での激怒動画を調査!

秋篠宮家のうわさや批判はなぜ?5つの謎と息子についてチェック!

秋篠宮 家 おかしい

ネットによってここ数ヶ月の間に広く明らかになってきている「平成四人組」と言われている人たちの問題点を列挙する。 美智子前皇后が采配している 皇族外遊(あえて外交とは言わない)の問題点 今回の秋篠宮夫妻の押しかけ外遊は、公務とはいえない。 招待をうけてのものではない。 経費の内訳を明らかにしてほしいというか、するべきでしょう。 出所は私たちの税金なんですから。 ポーランド、フィンランド訪問ということでyahooに毎日数回の記事がアップされているけれど、その都度ものすごい数の非難コメントがあがっている。 当然だろう。 この外遊に先立っての記者会見での秋篠宮夫婦の小学生並みの会見が噴飯ものだった。 相手国の歴史、政治状況、文化等の下調べをしっかりしていないのが、露呈していたから。 この程度の人が訪問国との親善を図るなんて、到底無理だとわかるものだった。 知性も教養もない。 勉強する努力もしない。 いつも抜け駆けのズルで人生過ごしてきた。 そんな人たちが、日本国の代表面で出向くのは、国益を著しく損なう。 これまでもずっとそういう楽チン「公務」として外遊(単なる観光旅行)をして来たのでしょう。 今まで彼らの「公務」もどきに関心を持たなかった人たちが、おかしいと声を挙げ始めている。 「国民をなめているのか!」という怒りの声があがっている。 外遊中、日に何度も替える紀子妃の衣装代。 警備費用。 招待ではないので、相手国が開催する行事費用も。 もちろん行き帰り及び道中のファーストクラスのフライト代も。 何千万円、否1億はかかっている?その費用内訳と、親善の効果についてのレポートを本人たちに提出してもらいたい。 レポの方は無理やり宮内庁職員に押し付けるとしても、費用明細は提出する義務がありますよ、秋篠宮さん。 税金なんですから。 宮内庁はその 明細を公表すべき。 こういう 皇族外遊の割り振りをしてきたのは、 美智子前皇后だという。 外交官として華々しく活躍されていた雅子さまを幽閉同然に閉じ込め海外に出られない様にし、その挙句ご病気にまで追い込んだ。 語学のみならず、教養も知性も、さらには外見の美しさででも、優っておられる雅子さまへの醜い嫉妬だった?令和になって、雅子皇后陛下が元外交官の本領発揮で皇室外交に本領を発揮、ご活躍されている報道を見て、あの雅子さまへのバッシングが誰の差し金だったのかに、多くの国民はようやく気づき始めた。 皇室外交に真摯に取り組むなら、雅子さま、そして語学、教養共に優れておられて外国王室にも友人の多い高円宮妃久子殿下、そしてオックスフォード大学マートンカレッジから博士号を取得された優秀な三笠宮彬子女王に担っていただくべきだろう。 語学も教養もない秋篠宮夫婦を出すのは日本の国益を損ないますよ。 なんと今までに41カ国も行っているんだとか。 どれだけ 恥をかいてきたことやら。 虚しい。 美智子前皇后が増やした 「公務」の問題点 これについては、前の記事で書いた。 天皇は祭祀を執り行うという重要な役割を担っておられる。 天皇としての役割には、その他国事行為を含む「天皇の公的行為」がある。 ここで問題にするのは、それらに入らない、平成になって飛躍的に増えた「公務」。 なぜ問題なのか。 雅子さまバッシングのネタにしたこと 美智子前皇后が公務と称し、それができないということで雅子さまをバッシングした。 美智子前皇后が行きまくった「公務」は本当に必要だったのか?そもそも、それらは皇后がなすべき公務なのか。 今上陛下は謝礼付きのお出ましはなさらないとういう。 だから、平成時代、今までになかった「公務」を新たに増やした張本人が誰かがわかるだろう。 その「公務」の多くは謝礼付きのもの。 その分前に預かっているのが秋篠宮一家ということになる。 こういうところから 癒着は始まっているんです。 他の皇族方はそういう卑しいことはなさらない。 謝礼が出ることをおいても、秋篠宮家の人たちには私たちの税金から「皇族費」として、1億2千万円が支払われている。 どこまで守銭奴なの。 「(自分が爆発的に増やした)公務を担わせる」という大義名分で 女性宮家創設を策謀していること 「小室事変」を裏読みすれば女性宮家創設の陰謀が見えてくる?「小室事変」をきっかけにして、ネットで次々に報告される前天皇皇后の「美談」に裏があることがわかってきた。 加えて、その都度新しい衣装に警備付き、そして報道付きでの退位前の常軌を逸した「お忍び外出」。 ものすごい税金がそこに投じられていることに、いくら鈍い(というか関心のなかった)人も「なんか変?」と気づき始めた。 かくいう私もそう。 そもそも、小室某と孫娘の婚約の裁可をしたのは前天皇・皇后。 小室某家のスキャンダルが出てきて、裁可取り消しができるこの期に及んでも、まだ動かないというのは、策謀があるからでは。 秋篠宮家の二人の娘に 女性宮家を創設するという。 そこに「小室圭殿下」が入ることになる。 だから、秋篠宮のあの会見からわかるのは、この夫婦と前天皇・皇后親夫婦とが「女性宮家創設」までの時間稼ぎをしていること。 小室某との破談なんて、およそ考えてもいないに違いない。 小室圭、その母がおかしいと騒いでいる人たちが未だにいる。 もちろん彼らは問題ではあるけれど、もっと大きな問題は、隠然と勢力を振るっている前天皇・皇后が依然として、何としても孫娘たちに女性宮家を創ろうとしていること。 人倫に悖る(?)ことまでして「製造した」長男はかなり問題があることが、ネット情報から漏れ出てきている。 問題があれば皇室典範の条項によって天皇にはなれない。 それを姉二人に「宮家」として支えさせるというのが、彼らの目論見である。 仮に女性宮家を創設するとしたら、品格とはおよそ縁のない秋篠宮の二人の娘よりも高円宮、三笠宮家の女王方に担っていただいた方が、どれだけ国益に適うか。 「公務」が利権がらみなこと 紀子妃の実弟である 川嶋家舟氏の「皇室利用金儲け」疑惑については、Newsポストの以下の記事に出ている。 紀子妃父の川嶋辰彦氏は、今上陛下が皇太子時代に退位を迫った 山折哲雄氏と共に松下幸之助記念財団メンバー=生長の家の会員らしい。 また、『週刊新潮』6月6日号で暴露されたように、 川嶋辰彦氏は パチンコ社長の三井何某と韓国旅行をしているだけでなく、親しい付き合いをしている。 また、その 出自が半島にあると噂されている紀子妃の母が、秋篠宮邸に悠仁さんの教育係として住み込んでいるという噂もある。 皇室にこんなとんでもない噂が出るとは、昭和天皇もさぞ嘆いておられることだろう。 週刊誌お抱え記者のヨイショ記事、さらには「美智子あげ本」出版の問題点 マスコミ、つまり新聞、週刊誌を味方につけるという点では極めて積極的な美智子前皇后。 雅子さまバッシング記事を子飼いの彼らに書かせていたのは周知の事実。 『女性自身』ならぬ『美智子自身』だと揶揄されていたとか。 私は女性週刊誌を読まないので、それらの「美智子お抱え記者」のことも、その記事についてもネットにあがるまで知らなかった。 たまにテレビに登場する渡邊みどりなる女性の、反吐の出そうなヨイショ・コメントを耳にして、分析、解釈ということができない人だと呆れたことはある。 その呆れた同胞の一人にこの4月出くわしてしまった。 矢部万紀子という。 怒りのあまり、即このブログ記事にしている。 文章に知性のかけらもなかった。 脈絡がなく、酷すぎた。 あとでこの御仁が『美智子さまという奇跡』なんていう、とんでもない本を書いていることを知った。 軽蔑しかない。 こんな表題の本を書かれて喜んでいるとしたら、前皇后にはdecencyのかけらもないとしかいえない。 日本人の美徳とは無縁。 そもそも、時系列がスッキリわからない。 論理的ではないと、問題だらけの上に、雅子さま憎しのあまり、事実を改ざんしていた。 物書きとして許されることではない。 雅子さまが水俣に謝罪にゆくべきだと「主張」しているけれど、前皇后の妹の嫁ぎ先が第二水俣病を起こした昭和電工の安西家だと知ってのこと? 前美智子皇后のマスコミ支配は今でも続いているようで、ゴミ記者の投稿も多いので、私たちがしっかりと監視する必要があるだろう。 これらゴミ記者の面々は、ネットを検索すれば一覧が出てくる。 一掃したい! 雅子さまはご結婚後、「皇室改革」を唱えられたとか。 それが前皇后の逆鱗に触れ、あの様な幽閉につながったという情報がネットに挙がっていた。 怒りがふつふつと湧いてくる。 皇統を自分たちに都合の良い秋篠宮長男に持ってゆこうと策動している問題点 皇統を横取りするために、ありとあらゆる手段(この中には人倫に悖り、かつ法に触れることも入っている?)を行使している秋篠宮夫婦と紀子妃父。 川嶋辰彦氏の背景は『週刊新潮』が暴露したので詳細は避けるけれど、怪しい組織が絡んでいることがは明らか。 こういう血筋に皇統を移すなんて喚いている「日本会議」の皆々さま。 これで本当にいいのですか。 合わせて113億円! 上皇夫妻の新住居と秋篠宮家の改修費用の問題点 退位した上皇夫妻のための新住居の費用。 まず仮住まいの高輪皇族邸(旧高松宮邸)の改修に5. 5億円(ここ、すでに完成済みなのに、上皇夫妻は未だ皇居に居座っているのですが)。 そして彼らの新住居となる「新仙洞御所」の改修費用が約70億円!そこには前皇后の衣装倉庫代4億円も含まれるそう。 これ、全て私たちの税金です。 これってひょっとして(女性宮家を想定した)娘の新住居費も入っている?上皇、秋篠宮邸の新住居で合わせて113億円。 全部私たちの税金です。 もっと他に使い道はあるでしょう。 本当に「国民に寄り添う」なら。 私たちはいつまでこんな蛭のような人たちに貪り続けられなければならないのでしょうか。 しかも上皇夫妻の新住居には カトリック(?)の礼拝堂が作られるという話が漏れ出てきている。 神道のトップが住まうところに礼拝堂の話が本当なら、「日本」への冒瀆ですよ。 私は神道ではないけれど、それでも恐ろしくなる。 監査、監督する術はないのだろうか。 無力感に苛まれる。 未だに皇居占領中 それと、2年も前から退位が決まっていたのに、御代が代わり天皇・皇后でなくなった今も、「前」のお二人は皇居を占領している。 そのため、天皇・皇后両陛下は皇居に「通勤」されなくてはならない。 これはずっとやってきた嫌がらせの一つなのでは。 早急に立ち退き、今上天皇陛下ご一家にあけ渡すべきでしょう。 yoshiepen.

次の

天皇家のお金の話 秋篠宮家の皇族費が3倍の1.2億円に

秋篠宮 家 おかしい

週刊新潮4月18日号中吊りより:編集部 さすがにこれはおかしいと思う。 秋篠宮家に問題があるとしても、悠仁親王自身のことではないのだから、その皇位継承権を論じる理由にはならない。 せいぜい、秋篠宮殿下の皇嗣としての立場とか、悠仁さまの教育についての議論にとどめるべきだ。 しかし、このあいだまで、雅子さまや東宮家へのバッシング一色だったのがどうして逆転したのか。 その背景について考えてみよう。 日本ではまだまだ皇室に対する批判はある種のタブーであって、それをするのは勇気がいることだ。 雅子さまへの批判にしても、眞子さまの問題にしても、基本的な場は週刊誌とネットであって、テレビや新聞は沈黙したままだ。 最近になって小室氏の問題については論じるようになったが、これは皇族ではないし、婚約者としての立場も危うくなっているので踏み切ったといったところだ。 そして、週刊誌だが、これも、おそるおそるでへっぴり腰だ。 常にカウンターをおそれている。 だから、書いてもたたかれないと自信がないと書かない。 ただ、困ったものなのは、大丈夫かどうかの判断は、あとからみんなついてくるかどうかであることが多い。 宮内庁サイトより:編集部 つまり、みんなで渡れば怖くないということだ。 だから、まず、弁解の余地がほとんどない小室氏については、安心してたたける。 しかし、いかにも内気そうに見える眞子さまには「目を覚まして」的な論調にとどまる(私は26歳の大人の女性に対してかえって失礼だと思うが)。 一方、美人で勝ち気な佳子さまのほうは、たたきやすい。 一方、両派に分かれてと言うこともある。 ライバル意識とか好き嫌いもあるが、実のところ、皇族自身やそれに近い人が特定の記者をスポークスマン的に使っていることも多いし、それに反発するライバル社はその皇族の批判にまわることになる。 それでは、書かれていることが本当かといえば、週刊誌記事の通常のレベルからしたら慎重だし、そこにもられた感情や推測をべつにすれば事実の指摘はそんな事実無根でもないのが通例だ。 そして、また、皇族方も週刊誌で報じられた内容はよく把握されている。 というよりは、皇族の方々でもほかに情報源がないのである。 外国なら情報機関が集めた情報を女王などにも報告しているが、戦後の日本ではそういうことは聞かないから、情報不足に陥っておられるからだ。 そして、いまの状況をどう考えるかだが、マスコミは皇室報道については一定の自制は必要である一方でアンタッチャブルであってはよくないということと、上げたり下げたり極端なのはよくないと思う。 むしろ、敬意を持ちつつ、これは問題でないかとか議論すべきなら、もっと普通に報道すべきだ。 自制すべきだとというのは、やはり国の象徴なのであるから、それなりの敬意をもって言及すべきだ(それは皇室以外の権威とか価値観に対しても同様だが)。 しかし、アンタッチャブルである必要はない。 その理由は、批判が許されなければ腐るからだ。 いや、皇室の内部や政府がしっかり対応しているから大丈夫という人もいるだろうが、そんな実態はないことは小室圭氏の騒動でよくわかったはずだ。 あれだけ、問題がある人物との婚約の約束に至るまでに、皇族も宮内庁も政府も無為無策で止められなかったのである。 私が早くから問題点指摘をアゴラでしていたときにも、「相手としてまずければ、宮内庁や警察で情報を殿下に上げて対処しておられるのだから余計なことをいわないほうがいい」という人がいたが、そんな対処などしていないことを私は知っているから放っておけなかったのだし、週刊誌の記者たちもそうだった。 現状では、見るに見かねた週刊誌が報じない限りはどんな間違ったことでもそのまま進んでしまうのが現状だ。 ある意味において、皇族方がどこまでネットをごらんになっているかは未知数だが、少なくとも週刊誌こそが皇族にとっても頼りなのである。 上げたり下げたりが極端だというのは、やはり、あまりにも批判することが難しいことの裏返しである。 あまりにもひどいと批判される側になるまでは、常によいしょ記事しか出ない。 そこで、ご本人たちも舞い上がってしまうし、国民も虚像をつくってちょっと考えればおかしい話を信じてしまう。 もっとも、逆に噂話として「実は誰それは…」という話がまことしやかに流れるそして、みんなで渡ればこわくないとなれば、いっせいに襲いかかる。 宮内庁サイトより:編集部 秋篠宮家の問題は多分にスタッフや予算の不足に起因する。 将来の天皇となるべき悠仁さまを抱えているのにそれにふさわしい予算も人もいない。 その厳しい状況のなかでブラック職場といわれるような状況が生じたり、眞子さま、佳子さまへ両殿下が必要なフォローをされることが手薄になっていたと見受けられる。 もうひとつは、秋篠宮家への批判には、実は両陛下への批判が隠されている一面もある。 それができないからかわりに秋篠宮家が標的にされているということだ。 平成の世の後半における両陛下へのよいしょぶりはある意味で危険である。 たとえば、皇統断絶の危機とか雅子さまや眞子さまをめぐって起きている様々な状況を考えれば、手放しで賞賛できる状況であるはずがない。 皇族の統制は両陛下の最も大事な仕事の一つである。 象徴天皇制のあり方という観点からも議論すべき問題も多々ある。 また、現在の両陛下のスタイルが普遍的な価値に基づく正しいものとすれば、たちまち、それとは違う昭和の時代の批判になるし、皇太子ご夫妻にまねができるものでないから、それへの批判の種になるだろう。 それは不幸なことだ。 さらに、一時期は厳しかった東宮家への批判は瞬間風速としてはやわらいでいる。 ご祝儀ムードもあるし、さしあたって雅子妃の体調も以前よりは改善しているということもあるし、秋篠宮家の問題が大きくなっていることとの相対評価の改善もある。 また、いささか皇太子妃の実家としての自覚に不足すると批判されていた小和田家が高齢がゆえに目立たなくなったことも寄与している。 そして、新しい両陛下の時代に迎合しようという意図も感じられる。 しかし、雅子妃が皇后陛下としてのつとめを不満足な水準でしか果たせないことは間違いないし、愛子さまが神童でしっかりしているとかいうなど虚像であって、ご本人にとって迷惑なことだろう。 願わくば、ヨーロッパでのように、十分な敬意を持って、しかし、アンタッチャブルにせず、虚像もつくらずどうあるべきかは議論されるべきという方向をめざすべきであると私は信じる。 追伸:によるとメーガン妃と英国マスコミの蜜月に暗雲だそうだ。 もともと、長続きするはずなし。 ネタを提供してくれるからおだてていただけだ。 キャサリン妃にしてもケンブリッジ公爵夫人くらいだからもっているのであって皇太子妃や王妃の重責をこなしていけるような人物とは見えない。

次の

闇が深い…皇室の都市伝説がヤバすぎる!

秋篠宮 家 おかしい

写真:JMPA 「ブラックバイト」。 かつて週刊誌の取材に答えた秋篠宮家の元料理番は、宮家の過酷な労働環境をそうたとえた。 御代替わりまで1年を切った今も、その様相は変わっていない。 「友人との、ポルトガルとスペインへの旅行も大変良い思い出となりました。 これらの経験を大切にしていきたいと考えております」 6月15日、約9カ月間にわたる英国・リーズ大学への留学を終えられた佳子さま(23)が帰国した。 姉の眞子さま(26)の後を追うように、国際基督教大学(ICU)に進学した佳子さま。 3年次に英国へ留学したのも姉と同じだが、留学後の過ごし方は少し異なる。 「眞子内親王殿下がエディンバラ大学へ留学された際は、留学課程終了後に友人たちとヨーロッパを旅行して7月に帰国されました。 ICUでの授業開始までは時間があるので、佳子内親王殿下も欧州旅行後に帰国されると思ったのですが……」(皇室ジャーナリスト・山下晋司氏) ポルトガル・スペイン旅行は、2018年3月末の、春休みの1週間ほどを利用したもの。 6月1日に最後の試験期間を終え、わずか2週間でスピード帰国された。 だが、急いで帰国した佳子さまを待っていたのは、秋篠宮家の窮状だ。 秋篠宮家に勤めはじめた一人の女性職員が、たった1週間で宮家を去ってしまったのだ。 「秋篠宮家の職員数は、運転手らを含めて20名ほどですが、秋篠宮殿下が皇嗣となられる来年5月以降は、現東宮職と同程度の、運転手らを含めて70名ほどに増員されると思われます」(前出・山下氏) 皇位継承順位第2位の秋篠宮さま(52)と、第3位の悠仁さま(11)がいらっしゃる秋篠宮家は、かねてより慢性的な人員不足が指摘されている。 2016年11月には、紀子さま(51)と悠仁さまを乗せた車が中央自動車道で自損事故を起こしたこともある。 宮内庁関係者によれば、「秋篠宮家では、この春から新たに5人ほどの増員を目指していた」という。 宮内庁の内部異動1名、外務省からの出向1名、残り3名を民間企業から採用しようとしていた。 「しかし応じたのは、大手航空会社1社だけでした。 ベテラン女性社員が、4月から秋篠宮家の職員として採用されたのですが……、優秀な彼女は、秋篠宮家の現状を即座に理解してしまった。 1週間もしないうちに辞意を伝えたのです」(同前) 女性職員はしばらく宮内庁の宮務課付きの職員として籍を置いたが、5月末ごろに正式に退職が発表されている。 別の宮内庁関係者は、「今回の退職理由かは別として」と前置きしながら、こう語る。 昨年末のある祭祀では、所作を間違えた職員を、クッと厳しい目つきで睨みつけなさったことがありました。 職員への当たりの強さは紀子さまも同様。 ほかの宮家はもう少しアットホーム、異動はあまり聞きません」 前出の山下氏が話す。 「皇嗣となる秋篠宮殿下は皇太子殿下の公務を引き継ぐことになりますが、秋篠宮殿下の公務をそのまま引き継ぐ皇族はいません。 眞子・佳子両内親王殿下が一部を引き継がざるを得ないでしょうから、佳子内親王殿下の負担は、確実に大きくなるでしょう」 両殿下は、宮中祭祀やご公務を大切にしようとなさるがゆえ、つい職員への当たりがきつくなるのだろう。 だが、時代の風は「働き方改革」に吹いている。 (週刊FLASH 2018年7月3日号).

次の