東京 から 大阪 新幹線。 東京 → 大阪|乗換案内|ジョルダン

東京駅

東京 から 大阪 新幹線

普通に駅の窓口や券売機で切符を買った場合、 のぞみ指定席で片道14,720円。 この料金より安く東京〜大阪の新幹線に乗るには? 1.自由席に乗る 東京〜大阪の新幹線は、自由席に乗ると片道13,870円で、のぞみ・ひかり・こだま共通です。 のぞみの自由席に乗ると、指定席より850円安くなります。 自由席を利用して最もお得なケースは、 幼児を連れて新幹線に乗る家族旅行。 指定席に乗るとがかかりますが、自由席は幼児は無料です。 2.ひかり・こだまに乗る 東京〜大阪間のひかり・こだま指定席料金は14,400円。 のぞみの指定席料金14,720円より320円安く「ひかり」なら所要時間もそれほど変わりません。 さらに、こだまの料金はもっと安くすることができます。 「東京から大阪までの新幹線片道最安値は?」の疑問に単純に答えるなら、安いのは「ぷらっとこだま」。 (2人〜6人での料金なら安いのはエクスプレス予約「EXこだまファミリー早特」) ぷらっとこだまは通常期で片道10,700円と格安ですが、所要時間は片道4時間・・・。 時間がかかりすぎる東京〜大阪間では、おすすめはできません。 3.金券ショップの新幹線格安チケット 金券ショップで東京〜大阪の新幹線格安チケットを探すと、片道料金は14,000円くらい。 料金的にはエクスプレス予約とほとんど変わらず、700円〜800円安くなる程度。 ただし、売られている格安チケットのほとんどは回数券で、年末年始やお盆前後には使えません。 新幹線格安チケットを使うとお得なのは、 当日・前日など直前に切符を買う場合。 東京〜新大阪のチケットショップなら、どこの店舗でもほぼ購入可能です。 4.エクスプレス予約・スマートEX 会員制新幹線割引予約サービスのエクスプレス予約とスマートEX。 東京〜大阪間の料金は、エクスプレス予約(EX予約サービス)で片道13,620円。 年会費無料のスマートEXは「のぞみ」14,520円、「ひかり」14,200円。 そして、エクスプレス予約・スマートEXで、土休日のみ2人以上で利用できる「EXのぞみファミリー早特」を3日前までに予約すると片道12,570円。 21日前までに予約が必要な「EX早特21」を利用すれば、片道料金は11,200円。 「こだま」を利用するなら、2人以上で利用できる「EXこだまファミリー早特」は10,080円。 このような新幹線割引予約サービスを使うとお得なのは、格安チケットと同じく 日帰りの場合や、往復の利用区間が違う場合など。 金券ショップの格安チケットと違い、年末年始・GW・お盆でも使えます。 5.新幹線宿泊パック 往復新幹線とホテルがセットになった旅行会社の新幹線ツアー。 普通のビジネスホテルを利用するなら、宿泊代が無料になるくらいの料金設定です。 東京から大阪へ行く方も、大阪から東京へ行く方も、宿泊を予約する必要がある方は 他のどんな方法よりも格安です。 往復に利用する列車は「のぞみ」「ひかり」で、料金重視なら「こだま」も選択可能。 往復の利用区間が同じで、宿泊する方にはこれが最もお得な方法です。 東京〜大阪の新幹線で、 誰もが使える格安な方法はこの5つしかありません。 この5つの方法の料金を、まとめて一覧にしてみましょう。 ところが、ここに を入れて 往復・1泊の合計料金を比べると、この順位が変わります。 1泊7,000円で宿泊するとして、「新幹線往復&宿泊」の合計料金を比較してみましょう。 しかも、利用する新幹線は「のぞみ」または「ひかり」。 参考までに、同じパックで「こだま」を使った料金を調べてみたところ、あと約3,000円安くなります。 もちろん、エクスプレス予約「EXこだまファミリー早特」より安いです。 東京〜大阪の新幹線は、1泊を含めた往復料金で比べると が一番格安です。

次の

東京 → 大阪|乗換案内|ジョルダン

東京 から 大阪 新幹線

普通に駅の窓口や券売機で切符を買った場合、 のぞみ指定席で片道14,720円。 この料金より安く東京〜大阪の新幹線に乗るには? 1.自由席に乗る 東京〜大阪の新幹線は、自由席に乗ると片道13,870円で、のぞみ・ひかり・こだま共通です。 のぞみの自由席に乗ると、指定席より850円安くなります。 自由席を利用して最もお得なケースは、 幼児を連れて新幹線に乗る家族旅行。 指定席に乗るとがかかりますが、自由席は幼児は無料です。 2.ひかり・こだまに乗る 東京〜大阪間のひかり・こだま指定席料金は14,400円。 のぞみの指定席料金14,720円より320円安く「ひかり」なら所要時間もそれほど変わりません。 さらに、こだまの料金はもっと安くすることができます。 「東京から大阪までの新幹線片道最安値は?」の疑問に単純に答えるなら、安いのは「ぷらっとこだま」。 (2人〜6人での料金なら安いのはエクスプレス予約「EXこだまファミリー早特」) ぷらっとこだまは通常期で片道10,700円と格安ですが、所要時間は片道4時間・・・。 時間がかかりすぎる東京〜大阪間では、おすすめはできません。 3.金券ショップの新幹線格安チケット 金券ショップで東京〜大阪の新幹線格安チケットを探すと、片道料金は14,000円くらい。 料金的にはエクスプレス予約とほとんど変わらず、700円〜800円安くなる程度。 ただし、売られている格安チケットのほとんどは回数券で、年末年始やお盆前後には使えません。 新幹線格安チケットを使うとお得なのは、 当日・前日など直前に切符を買う場合。 東京〜新大阪のチケットショップなら、どこの店舗でもほぼ購入可能です。 4.エクスプレス予約・スマートEX 会員制新幹線割引予約サービスのエクスプレス予約とスマートEX。 東京〜大阪間の料金は、エクスプレス予約(EX予約サービス)で片道13,620円。 年会費無料のスマートEXは「のぞみ」14,520円、「ひかり」14,200円。 そして、エクスプレス予約・スマートEXで、土休日のみ2人以上で利用できる「EXのぞみファミリー早特」を3日前までに予約すると片道12,570円。 21日前までに予約が必要な「EX早特21」を利用すれば、片道料金は11,200円。 「こだま」を利用するなら、2人以上で利用できる「EXこだまファミリー早特」は10,080円。 このような新幹線割引予約サービスを使うとお得なのは、格安チケットと同じく 日帰りの場合や、往復の利用区間が違う場合など。 金券ショップの格安チケットと違い、年末年始・GW・お盆でも使えます。 5.新幹線宿泊パック 往復新幹線とホテルがセットになった旅行会社の新幹線ツアー。 普通のビジネスホテルを利用するなら、宿泊代が無料になるくらいの料金設定です。 東京から大阪へ行く方も、大阪から東京へ行く方も、宿泊を予約する必要がある方は 他のどんな方法よりも格安です。 往復に利用する列車は「のぞみ」「ひかり」で、料金重視なら「こだま」も選択可能。 往復の利用区間が同じで、宿泊する方にはこれが最もお得な方法です。 東京〜大阪の新幹線で、 誰もが使える格安な方法はこの5つしかありません。 この5つの方法の料金を、まとめて一覧にしてみましょう。 ところが、ここに を入れて 往復・1泊の合計料金を比べると、この順位が変わります。 1泊7,000円で宿泊するとして、「新幹線往復&宿泊」の合計料金を比較してみましょう。 しかも、利用する新幹線は「のぞみ」または「ひかり」。 参考までに、同じパックで「こだま」を使った料金を調べてみたところ、あと約3,000円安くなります。 もちろん、エクスプレス予約「EXこだまファミリー早特」より安いです。 東京〜大阪の新幹線は、1泊を含めた往復料金で比べると が一番格安です。

次の

【往復18,600円〜】早割? 往復割引? 東京⇔大阪の新幹線を格安にする方法

東京 から 大阪 新幹線

最安値はどれ!? 格安チケットの比較 新幹線を格安で利用する方法はいくつもあります。 それぞれ、どれくらい料金に違いがあるかをまとめました。 通常料金は、14,450円でそれに対する差額です。 最新の料金はをご覧ください。 宿泊とセットにはなりますが、ホテルによっては約10,000円も安くなり、実質、宿泊代が無料になるほどのインパクトがあります。 家族旅行はもちろん、出張や学生旅行など、交通費と宿泊代を大幅に節約できますよ。 宿泊予定であれば、最強におすすめです。 「こだま」のため時間がかかるのと、疲れるのがデメリットですが、安く利用したいのであれば、選択の余地はあるでしょう。 公式サイトを見る: このように、料金の安さ以外にもメリットやデメリットもあるので、特長と詳細は次項にまとめました。 スポンサードリンク 各予約・購入方法のメリットとデメリット JRでの予約・購入 当日に駅で買うのであれば、みどりの窓口・みどりの券売機で購入できます。 料金に関しては、普通に購入すれば通常料金ですが、往復割引や学割、団体割引、回数券などがあります。 詳しくは、JRおでかけネット「」をご覧ください。 ネットでの予約であれば、や次に紹介するエクスプレス予約を利用しましょう。 エクスプレス予約:早めの予約で安い! JR東海とJR西日本が運営する会員制のネット予約サービス。 早特などいくつかのプランがあり、 365日安く買えます。 また、予約変更手数料無料やキャンセル料が310円など、いざというときにも安心です。 料金:こんなに格安! プランは「基本乗車プラン」と「早特」に分けられます。 また、利用区間に応じてポイントが貯まり、一定ポイントが貯まるとグリーン車を普通車指定席の料金で利用できます。 メリット ・スマートフォンやパソコンで予約可能。 ・チケットはICカード ・365日安い ・乗車日当日の予約でも安い ・ポイントが貯まると普通車指定席の料金でグリーン車に乗れる ・予約変更しても手数料無料 ・キャンセル料がいつでも310円 デメリット ・会員制のためクレジットカードの入会が必要 公式サイトを見る: ぷらっとこだま:事前予約でこだまが安い! JR東海ツアーズのプラン。 こだまに限定されますが、東海道新幹線(東京駅、品川駅、新横浜駅、静岡駅、浜松駅、名古屋駅、京都駅、新大阪駅)の新幹線チケット(指定席)を格安料金で購入できます。 また、 1ドリンク引換券がついてくるのもうれしいです。 おとなは通常期と繁忙期で料金が異なりますが、こどもは同一料金です。 新幹線の回数券をばら売りしているため安くなっている場合が多いです。 自由席、指定席、グリーン車の取り扱いもあります。 当日でも購入・使用できるメリットはありますが、割引率は大きくないため、事前に予約購入するのであれば、他の割引方法の方がお得です。 また、利用期間が決まっていたり、年末年始など使えない日もあったりと制限もあるので注意しましょう。 メリット ・当日でも購入して使える ・片道でも購入できる デメリット ・金券ショップが近くにない ・格安チケットが販売されていない区間あり ・利用期間(通常3ヶ月)が決まっている ・GW、お盆、年末年始など使えない日がある ・他の割引サービスの方が安いかも ・クレジットカード払いができない場合が多い 東京の金券ショップ 新大阪駅近辺には、金券ショップは少ないです。 金券ショップが密集しているのは梅田(大阪駅)周辺。 特に駅前第1~第4ビルには多くの金券ショップが立ち並んでいておすすめです。 よくある旅行会社のツアーではなく、新幹線のチケットと宿泊予約が同時にできる、というだけの便利なサービス。 現地ではずっと自由時間です。 そのため、 出張でも旅行でも利用できます。 「交通手段と宿泊先だけ確保して、好きなように観光地を巡ろう」という人におすすめです。 料金:こんなに格安! 通常であれば、新幹線と宿泊(ホテルや旅館)は別々に予約しますよね。 新幹線のチケットなら当日に駅で購入する人も多いでしょう。 それを、セットで予約することで、新幹線を特別割引運賃で利用できるようになります。 ホテルや発着駅によりますが、概ね10,000円前後も安くなりますよ。 割引率なら最も格安。 片道(指定席)が通常14,450円ですから、往復で28,900円。 7,900円も安いうえに宿泊がついてこのお値段です。 宿泊を考えているなら、絶対にお得ですよ。 チケットは、前日・当日にJR内の店頭で受けとります。 公式サイトを見る: 乗り換え・アクセス方法 新幹線の駅からの乗り換え、または新幹線の駅までのアクセス方法を紹介します。 複数の交通機関が乗り入れていますので、それらの運賃も考えておきましょう。 のぞみなら、エクスプレス予約を利用するのもいいでしょう。 新幹線の格安チケットは「割引率」「時間」「予約」を基準に考えると、あなたにとって最良のチケットを見つけることができますよ。 新幹線以外の交通手段は以下ページにもまとめました。 スグに使える!断然お得な旅行・宿泊クーポン 当サイトでは、旅行サイトで配布されている旅行・宿泊クーポンをまとめています。 急な旅行でも間に合うように、スグに使えるクーポンを厳選。 用途に応じて選ぶことで格安で旅行ができますよ。 旅行サイト 特徴 国内の宿泊・遊びに強い。 2020年6月30日(火)までの期間限定でが開催中です。 最大50,000円割引のクーポンも配布されています。 JALマイルを貯めたい方におすすめ 記念日を祝う国内旅行 国内・海外のツアーパックに強い 海外旅行に強い 中国、香港、マカオ、台湾の旅行予約に強い 海外の宿泊予約に強い 格安航空券とのセットに強い 口コミを見ることができる 国内・海外510,000以上のホテルを予約できる.

次の