ストライダー メリット。 ストライダーは何歳から何歳まで乗る!?知っておきたいメリットとデメリット|ひなたぼっこ

ストライダーか三輪車どっちがいいか 対象年齢とメリットデメリット

ストライダー メリット

ストライダーとは、創業者が小さな一人息子が乗れるように市販のバイクの余計なものを取り外し、徹底的に軽く扱いやすく改造したことが始まりとなり商品化された乗り物です。 2007年にアメリカで発祥したストライダーは 2009年に日本で販売が始まり、徐々に知名度をあげて広まってきました。 ストライダーの 見た目はペダルやブレーキの無い自転車で、足で地面を蹴って走らせるので「キックバイク」や「ランニングバイク」と呼ばれることもあります。 発祥が「小さな息子」のためであったことで分かるように、幼い頃から乗れる乗り物としておすすめで、楽しみながら バランス感覚や足の筋力をつけるのにとても有効な乗り物おもちゃです。 ストライダーは何歳から乗れるの? ストライダーの 対象年齢は1歳半からです。 少し前までは対象年齢は2歳からとされていましたが、9年間の販売検証によって世界基準と同様1歳半からと変更され、より小さいお子さんでも楽しめるようになりました。 ストライダーの価格帯はいくらくらい? ストライダーにもいろいろ種類がありますが、定番のもので 12000円~15000円ほどです。 他にも 超軽量型のタイプだと22000円ほど、ペダルを装着することができて 長く使用できるタイプだと26000円ほどになります。 付属のパーツや機能によって価格は異なるのでお子さんに合ったものを選びましょう。 ストライダーの魅力とは? ストライダーの魅力をご紹介します。 ここでは• 自転車が楽に乗れるようになる• 運動神経の向上にも! の2つをご紹介します。 自転車が楽に乗れるようになる ストライダーは言わばペダルとブレーキの無い自転車です。 足で地面を蹴ることで進むため、 遊んでいるだけで足の筋力は発達します。 そして、前に進む際には転ばないように自分でバランスをとることになるので 自然と自転車に乗るときの感覚が身につくのです。 もちろん個人差はありますが、口コミでも自転車の練習はほとんど苦労せず乗れるようになったと言う声が多いのもストライダーで「足の筋力」と「バランス感覚」を身につけることができたからと言えますね! 運動神経の向上にも! 前述したとおりストライダーはお子さんの 「脚力」と「バランス感覚」を養うのに効果が期待できるといえます。 運動神経は5歳までに8割ができ上がると言われていますが、ちょうどこの期間にストライダーで身体を思い切り動かすことで運動能力を伸ばしてくれることでしょう。 実際に使用している口コミを見ても、「足が速くなった」「体幹が鍛えられ、不安定な場所でも転ばなくなった」「身体の動かし方が上手くなり、マット運動や鉄棒が得意になった」等の声が目立ちます。 もちろんお子さんによって向き、不向きや効果の度合いは違いますが参考にしてみて下さい。 普通の自転車とストライダーの違い 普通の自転車とストライダーの違いをご紹介します。 違いを簡単にまとめると• ストライダーにはブレーキがない!• ストライダーにはペダルもない! の2つです。 ストライダーにはブレーキがない! ストライダーにブレーキが無い理由は、 2~3歳児にブレーキレバーを握る握力がないためです。 また、もし握力があったとしても直感的にレバーを握ってストライダーを止める操作はまだ難しいからだそうです。 ブレーキがないことによるメリット 軽量化することでお子さんが危険を感じ、反射的に足で止まろうとした時にしっかり止まれるようになっています。 また、ブレーキワイヤーも無いのでハンドルが360度回転し、転倒時にハンドルがロックしてしまうことが無いので、ハンドルバーによる衝撃を逃してくれます。 ブレーキがないことによるデメリット 足でしっかり止まれるとは言ってもスピードに乗ってしまうと足の力だけですぐに止まるのは難しいです。 また、地面と激しく擦れるせいで靴の消耗が激しくなったり足を怪我してしまうリスクも高いように感じます。 ストライダーにはペダルもない! ストライダーにペダルが無い理由は、ブレーキと同様に幼児の脚力では操作しづらいためです。 ペダルがないことによるメリット ブレーキが無いメリットと同様、ペダルが無いため軽量化を実現しています。 ストライダーは3. 0kgの軽量設計!だからこそコントロールしやすく、楽しめる程度のスピードが出ます。 ペダルがないことによるデメリット ストライダーは地面を蹴るだけで進めるので、自転車に移行した時にペダル操作に苦労するお子さんもいるようです。 ストライダー乗車時の注意点 ストライダーで遊ぶ際に注意点をご紹介します。 ここでは• ヘルメットは必ず着用• 親御さんは目を離さないで• 公道は走らない の3ポイントをご紹介します。 ヘルメットは必ず着用 ストライダーに乗っていて、万が一バランスを崩して転倒した時に まず守らなければいけないのが頭です。 ヘルメットは必ず着用させて下さい。 お子さん用の可愛いデザインのものがたくさん販売されているので、本人の気に入ったものを選ばせてあげるなどすると、自分で進んでヘルメットを着用してくれるかもしれませんよ。 また、 ストライダー用ヘルメットに関して詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです! 親御さんは目を離さないで 安全な場所であると思っていても、夢中で遊ぶお子さんはいつ道路に飛び出してしまうか分かりません。 いつでもどこでも危険は潜んでいます。 お子さんがストライダーに乗っている際は必ずそばで見てあげて下さい。 子供用の遊具だからと安心せず、車輪が付いているものに乗せているということを忘れないで下さいね。 公道は走らない ストライダーは自転車とは違い、 道路交通法上「遊具」に該当するため公道を走ることはできません。 まだ交通ルールの分からない小さなお子さんが乗るものなので大人が十分注意しましょう。 また、公道に限らず坂道や水辺、階段、人通りの多い場所などの危険が予測できる場所は走らせないようにしましょう。 ストライダーの人気おすすめモデル5選 人気でおすすめストライダーモデルを5選紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 キッズ用ランニングバイク STRIDER ストライダー クラシックモデル• 価格を抑えて購入できます。 カラーは4色展開されています。 付属品が不要な方に最適です。 キッズ用ランニングバイク STRIDER ストライダー クラシックモデルの評価とレビュー ストライダーの定番商品です。 他のキックバイクに比べストライダーは価格が少々高めです。 できるだけ価格を抑えたい方はこちらのクラシックモデルが最適です。 付属品がついていないシンプルな商品なので価格が抑えられています。 シートが硬質プラスチック製であったり、フットステップがなかったり…という点が気になるようであれば全国各地でストライダージャパンが主催する体験会などがあるので、試乗してから決めるのがおすすめです。 ストライダーの中でも特に軽量モデルです。 アルミ製で錆びにくいです。 シンプルでスタイリッシュなデザインです。 キッズ用ランニングバイク STRIDER PRO ストライダー プロの評価とレビュー 超軽量ボディのストライダーです。 ストライダーの中でも最軽量モデルで、軽量アルミでできています。 重さはわずか2. 5kg!クラシックモデルやスポーツモデルに比べ、価格は上がってしまいますが、小さなお子様でも持ち運びしやすく、転倒してもすぐに自分で車体を持ち上げることが可能です。 また、扱いやすさも抜群です!付属品にはXLロングポスト、フットステップ、ナンバープレート、ハンドルバーパットの4点が付いていて充実の商品となっています。 0歳児から使用できます。 ストライダーは付属パーツも豊富なスポーツモデルです。 赤ちゃんが遊びながら運動能力を伸ばせる乗り物です。 ストライダー ベイビーバンドルの評価とレビュー つかまり立ちが出来たら遊べるストライダーです。 通常のストライダーの対象年齢は1歳半からですが、こちらの商品はスポーツモデルにロッキングベースが付いたセットになっており0歳児から使用可能です。 台座に専用ボルトでストライダーを固定した状態で使用します。 ゆらゆら揺れるので赤ちゃんの好奇心を刺激し、遊ぶことで歩くためのバランス感覚や筋力を養うのに効果的です。 もちろん台座から取り外せば通常のストライダーとして遊べます。 ランニングバイクとペダルバイク、2つのモードで遊べます。 ペダルの着脱は簡単3分!• 14インチなのに軽量設計です。 ストライダー 14Xの評価とレビュー ペダルをつけられるストライダーです。 価格は上がりますが、2台分の機能を備えたバイクです。 このストライダーには着脱式ペダルユニットが搭載されているので、ファーストペダルバイクとしても使用できます。 タイヤは14インチと、通常のストライダーより大きく対象年齢は3歳半から7歳に設定されています。 「ブレーキ操作」と「両足を地面から離して走行」ができたらペダルバイクへの移行時期です。 付属の工具でペダルは簡単に着脱できるので、お子さんの成長に合わせて使い分けましょう。

次の

初めての子ども自転車はどれ?ストライダー、へんしんバイク、自転車全て持っていた私の比較

ストライダー メリット

なぜストライダーから自転車の移行がスムーズにいかないのか スムーズに自転車に移行できない原因の一つは、重量です。 ストライダーはものすごく軽く、3キロほどしかありません。 自転車は10キロ程度のものが多いので、ストライダーよりも支えたり、バランスをとったりするのは難しいでしょう。 ブレーキやペダルといったストライダーにない要素にも慣れないといけません。 だから、ストライダーを乗りこなしているからといって、自転車にすぐに乗れるとは思わない方がよいと思います。 逆にそれがストライダーの最大のメリットで、ストライダーの軽さ、そぎ落とされた機能は、2~3歳児の能力と釣り合っています。 つまり、がんばろうと思うことができ、がんばれば乗り越えられる挑戦だと言えます。 このような挑戦が生活に組み込まれていることは、脳の発達にとても重要です。 がんばって何かを達成するとドーパミンが出て、喜びを感じ、さらにがんばろうと思います。 がんばることは大変なことでもあるのですが、がんばらなくてもできることには喜びや成長はほとんどともないません。 幼児期から達成する喜びを味わうことを積み上げていくことが大切です。 豊かな人生をおくることができるのは、がんばる人だけだからです。 成長に対してあまりにハードルの高い挑戦はがんばる気にならず効果がありません。 力がある子は2歳になりたて頃でも5キロくらいのキックバイクを乗りこなせるかもしれませんが、我が家のケースではストライダー以上に重かったら投げ出していただろうと思いました。 ストライダーでも、重さを支えきれず時々バランスを崩しています。 自転車と違うことがストライダー最大のメリット ストライダーが自転車の練習にならないということは、努力して自転車に乗るという達成感を味わうことができるということです。 そうです。 自転車にすぐに乗れないことはむしろメリットなんです。 3~4歳くらいになると、自転車デビューする子もいますが、その時は自転車に乗るという別の挑戦ができます。 その頃には、2歳の頃よりも難しいことに粘り強くとりくめるようになっています。 自転車に乗れるようになりたいという欲求が、明確な目標として子供にも意識できるようになります。 苦労させたくないというのは親心かもしれませんが、苦労のないところに達成感や喜び、成長はありません。 サポートする親は大変かもしれませんが、自転車に乗るというのはほとんどの人が乗り越えられるので、子供にはうってつけの挑戦です。 ちなみに、自転車に乗るために足で蹴ってバランスをとる練習をするなら、自転車のペダルを外せばよいだけです。 両足がちゃんとつく自転車で なにも、2歳頃からストライダーで練習させる必要はありません。 自転車とは別物として、年齢に応じた挑戦ができることが、ストライダーの魅力です。 ストライダーの軽さは、持ち運ぶ親にもありがいです。 ものすごく大事 そして、ブレーキやペダルの無いシンプルな構造なので故障しにくいし、メンテナンスの負荷も軽いです。 後悔しない選び方 2歳くらいの子供が楽しめる乗り物には、ストライダーをはじめとするキックバイクの他にも、Dバイク ミニやまたがってのる四輪の車(コンビカーとも呼ばれる)などもあります。 試しに乗って気に入ったら買う方という方法もありますが、一番いいのは他の子供が載っているのを目にして欲しがるのを待つことです。 急ぎでなければ、子供が欲しがるのを待ちましょう。 しかし、結構なお値段なので、クリスマスとか誕生日とかのタイミングで買うことも多いと思います。 子供が欲しがる前に購入する場合は、近所でよく利用されているものを選ぶのが無難です。 子供は他の子と同じものに興味を持つからです。 最近は、ストラーダーに乗っている子が多いので、迷うならストライダーが無難ではないかなと思います。 我が家の場合は、本人が乗りたいという時しか乗せなったのですが、1歳の頃は月に1回~2回くらいでしたが、2歳を過ぎると乗りたがることが増えました。 やはり他の子がキックバイクや自転車に乗っていると、自分も!という気持ちになるようです。 最初は親が支えて進ませたのですが、他の子がスイスイ載っているのをみて、親の手出しは無用と手を払い、自分の力でトコトコ進むようになりました。 費用対効果は? 使う期間がせいぜい2年程度と短いので、兄弟がいて4年使えるなら悪くない気がします。 私はお下がりをもらったので大きな声では言えないのですが、もし譲って頂いていなかったら、安いものを買って後悔するよりも、多くの子供たちで検証済みのストライダーを買ったと思います。 ちなみに、よく比較されるへんしんバイクは、ペダルの取り付をすることで自転車としても乗ることができるキックバイクです。 自転車にすぐに乗れるようになるというのが売りのようですが、そもそもすぐに乗れるようにならなくていいし、本体がストライダーより重いし、ブレーキなどがある分メンテナンスが必要なので私は買わなかったと思います。 また、ペダルの取り付けは自転車店に依頼するよう推奨していて、気軽につけたり外したりできない仕様のようです。 検討されている方は詳細を確認をされた方がいいです。 私の周りでへんしんバイクに乗っている方は、ペダルの取り付けが難しくて、よく外れるといっていました。 結論と補足 自転車の練習は自転車でやればいい。 なんなら自転車のペダルを外せばいい。 キックバイクはシンプルがいい。 そうすればキックバイクと自転車で2回の達成感を得られる。 最近はストライダーに乗っている子が多い。 他の子が乗っていると興味を持つ。 だからストライダーはおすすめ!というのが結論です。 しかし、実際にはストライダーに乗りこなしている子は、自転車に乗れるようになるのも早いです。 本体の重量が重いとか、ペダルやブレーキとか、自転車にはストライダーにない要素もありますが、スピードを出してバランスをとるというのが自転車でも最も重要な要素です。 ストライダーで、それをすでにクリアしている子と、バランスをとることから始める子では、スタートラインが全然違います。 もちろん、ストライダーにない要素があるので、ストライダーから自転車への移行がスムーズでない場合もありますが、ストライダーをやってないよりもやっていいる方が早く自転車に乗れるようになるというのは不思議なことではありません。 ストライダーを購入するなら 購入する場合は、まがい物や並行輸入品などがあるので、ストライダージャパンの公式オンラインショップがよいと思います。 クラシックモデルは、シート素材がプラスチックで硬いので、スポーツモデルがおすすめです。 スポーツモデルのシート素材は、軟質製プラスチックです。

次の

【2年経ってわかった】僕がストライダーを買わなくて良かったと思った7つの理由│ぼっちバイカーのブログ

ストライダー メリット

・体を鍛える(バランス感覚を鍛える) ・自転車にスムーズに乗れるようになる というメリットがあります。 普段運動したがらない子どもでも、ストライダーであれば乗りたがり、 何とか運動させたい!と思っている親の味方でもあります。 運動すれば体力もつきますし、 夜の寝つきが悪くて困っている…という親御さんに対しても嬉しいですね! デメリット(心配なこと)といえば、 やはり ケガでしょうか。 安全のために、慣れた場合でも、 ヘルメットは必ず装着することをおすすめします。 また、膝当て肘当て、グローブを着けることもおすすめします。 1番上の息子も、乗り始めたときは、転ぶことが多かったため、 転んだ際に擦り傷がよくできました。 また2番目の子供(娘)が2歳を過ぎてきたあたりから、 自分のストライダーも欲しがるようになってきました。 子どもがたくさんいる家庭で、特に兄弟間の年齢が近い家庭は、 子ども分買う必要があるようです。 親も熱中!? 実はそんなストライダー、親も熱中してしまいます。 その理由は、 大会が充実している のです。 幼児が大会に出られる競技は、 ほとんどありませんが ストライダーの大会は二歳からの出場が可能です。 家族で応援するのも楽しいですよ。 私の週末の楽しみの一つでもあります。 いろいろあるストライダー ストライダーはオリジナルのストライダーを作ることも可能です。 色、形などホームページでは、シミュレーションもできます! ちなみに、当時2歳のわが家の息子に買ったのは、 通常のモデルよりも性能がいい、『ストライダープロ』。 大きな違いは、通常のストライダーよりも、 軽量になっていることです。 (その分値段も少し高いです。 ) レースに積極的に出たい! まだ体が小さいから軽いのがいい! という方が向いています。 また、大会によっては、正規のストライダーでないと 出られないものもあるので、 事前にチェックしておきましょう! 是非、ストライダーを楽しんでください! 合わせて読みたい.

次の