電力会社 オール電化。 オール電化でも乗り換えできる新電力会社BEST4|『正確さNo.1』新電力比較NPCプラン

1人暮らし・オール電化向けの電力会社の選び方とおすすめ電力会社 | 電気料金比較ポータルサイト【エネポタ 】

電力会社 オール電化

オール電化の最大のメリットは、光熱費の中でも大部分を占める「お湯」と「暖房」にかかるコストを安く抑えることができるという点です。 オール電化向けの電気料金プランは、夜間時間帯の電気の単価がとても割安に設定されているので、その安い夜間電力を利用して日中に使う分のお湯を沸かしておいたり、暖房の蓄熱をします。 安くお湯が使える 電気の単価がガスよりも安くなる夜間にお湯を沸かすエコキュートや電気温水器を使うことで、お湯を安く作ることができます。 エコキュートや電気温水器は、夜間に沸かしたお湯をタンクにためておき、そのお湯を日中に使うことができます。 安く暖房を使える 電気の単価が安くなる夜間に蓄熱をする蓄熱暖房機を使うことで、暖房費を安く抑えることができます。 蓄熱暖房機は、蓄熱レンガという蓄熱体に夜間のうちに熱を溜めておき、日中にその熱を放熱することで暖めています。 蓄熱暖房機から発せられる熱は輻射熱(自然放流)のため、室内全体をムラなく暖めることができます。 LPガスは 221円• 都市ガスは 126円• オール電化の電気料金単価は東京電力EPの電化上手プランの昼間時間(夏季以外)と夜間時間の料金単価をもとに計算しています。 となり、都市ガスとオール電化のエネルギーコストが安いことがわかります。 さらに、オール電化はガス代の基本使用料がかからないことを考えると、安くお湯を使うことができるといえます。 2)基本使用料を一本化できる ガス併用住宅の場合は、ガス・電気それぞれに基本使用料がかかりますが、オール電化の場合は電気の基本使用料のみとなるので、基本使用料を一本化できるぶん節約ができます。 オール電化の場合• 実際に基本使用料を比較した場合、ガスの基本使用料がかからないオール電化は基本使用料分を安く抑えることができることがわかります。 3)住宅内に熱源を持たず安全 オール電化はガスのように住宅内に熱源を引き込みまないため、ガス漏れや不完全燃焼での一酸化炭素中毒の心配がないという安全面があります。 また、オール電化のキッチンはIHクッキングヒーターを使いますが、IHクッキングヒーターはガスコンロと比べて、• 炎が発生しないため、ガスよりも火災に対する安全性が高いとされている• 室内に二酸化炭素を増加させるガスに対してIHクッキングヒーターは空気を汚さない• 磁力線によって鍋自体を発熱させる(電磁誘導加熱)ため、キッチンまわりが熱くならない• ガスコンロよりも汚れにくく、フラットなため手入れが楽 という利点があります。 4)震災時にタンク内の水を利用できる 震災時などに、エコキュートや電気温水器のタンク内の水を一時的な生活用水として使用することができます(飲用水としては利用できません)。 また、震災時は電気・ガス・水道の中でも電気の復旧が一番早いとされています。 オール電化住宅の3つのデメリット オール電化向けの電気料金プランは、 夜間の電気の単価が安く設定されている分日中の電気の単価が割高に設定されています。 そのため、夜間に使うエコキュートや蓄熱暖房機にかかる電気代(お湯・暖房にかかる電気代)はとても安く抑えることができますが、日中に行う調理や家事、テレビやドライヤーなどの家電、夏場の日中の冷房などにかかる電気代は割高になります。 また、暖房に関して、蓄熱暖房機は夜間の安い単価が適用されますが、床暖房やエアコンの暖房などには日中の割高の単価が適用されます。 エコキュートの床暖房(エコキュートの温水を利用して床を暖める)の場合は、床暖房に使う温水は安い夜間電力で作られたものを利用していますが、日中お湯が足りなくなった場合は日中の割高な単価で焚き増しが必要となります。 オール電化住宅にお住まいの方は、オール電化のメリットをうまく活かし、デメリットを上手に避けながら生活していきましょう。 また、電気代を無駄なく節約するために、生活スタイルの変化に合わせて、定期的に電力会社のプランを見直していきましょう。 オール電化の導入をお考えの人へ 「オール電化のデメリットはこうカバーできるのか」と、オール電化の導入を検討されている人もいらっしゃるのではないでしょうか。 オール電化の導入をお考えの人は、オール電化の施工販売業者へ相談したり、一括見積もりサイトを利用して複数のオール電化の施工販売業者から見積もりをもらうことをおすすめします。 どちらのサイトも相談・見積もりは無料で行っていますので、オール電化の導入をお考えの人は、問い合わせてみてはいかがでしょうか。 オール電化の施工販売業者 オール電化の電気代を節約するために、電力会社のプランを見直してみよう! オール電化の電気代を無駄なく節約していくためには、生活スタイルの変化に合わせて、定期的に電力会社のプランを見直すことも大事です。 見直したことがないという方、しばらく見直していないという方は、今お使いの電気料金プランよりも最適なプランがあるかどうか、探してみましょう。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

オール電化住宅は新電力に乗り換えると大損【電力自由化】

電力会社 オール電化

夜間の割安な電気料金• 昼間の割高な電気料金• 電気代が安い夜間にお湯をつくってためておくシステム そもそも、 オール電化の成り立ちは、原発で発電された夜間電力の有効活用から始まったものです。 火力発電や他の発電方法と違い、原発は夜間だけ発電量を少なくするということが難しいんです。 原発では夜間に電力がたくさんあまってしまうんです。 この余っている電気を使ってもらうために、電力会社が夜間電力を安く設定し、オール電化の料金体系ができたのです。 東日本大震災で状況は一変 ご存知の通り、東日本大震災で日本の電力発電は一変しました。 2018年8月現在、稼働している原発は九州電力の玄海原発2基、関西電力の高浜原発1基、大飯原発2基の計5基のみです。 電力会社は 余っている夜間電力はないのが現状なのです。 一般的に、「電化上手」の方が電気代が安い家庭が多いようです。 つまり、「電化上手」をそのまま継続させるのが一番安いといえます。 東京電力に限らず、他の電力会社でも 原発があった時代の安い契約を継続させるのが一番お得であることが多いです。 新電力は夜間電力には向いていない ここで、改めてオール電化における新電力を考えてみます。 新電力会社には、 夜間電力が余るような発電方法をしている会社はありません。 原発を持っているわけがないからです。 東京電力等の地域電力会社のように、原発時代の安い夜間料金を維持する義理もないのです。 安い夜間料金を提供できないので、新電力会社はオール電化の市場に参入していないのです。 あの一律5%オフを打ち出しているHIS電気でさえオール電化はお断りしています。 オール電化プランを出している新電力会社もある 数少ないんですが、オール電化対応のプランを出している新電力会社もあります。 しかし、地域限定であることも多く、必ずしも電気代が節約できるとも限りません。 むしろ、現在の割安な契約を破棄してしまうと、東京電力の「電化上手」みたいに新規申し込みができなくなって、戻れなくなる可能性が高いんです。

次の

オール電化は新電力に変更のメリット無し。オール電化は原発ありき?

電力会社 オール電化

目次:• オール電化向けのプランとは? オール電化の製品といえばIHクッキングヒーター。 安全で掃除も簡単なのが人気。 オール電化住宅とは、調理や給湯、冷暖房などに使われるエネルギーを全て電気でまかなう住宅の事です。 火を使わない安全でクリーンな住宅として2000年代から広まりました。 オール電化向けの電気料金プランでは、基本的に夜間に電気料金が安く設定されています。 電気料金が安くなる夜間の時間帯に、でお湯を一日分わかしたりや蓄熱暖房機に熱をためるなどして オール電化住宅の電気料金を抑える内容になっています。 電気料金プランによって、夜間だけが安いのか土日祝日も安いのか季節料金があるのか、など割安になる料金の区分が異なります。 また、プランによって深夜が安かったり早朝の時間が安かったり、と安くなる時間帯も異なります。 そのため、プランの内容をしっかり吟味して ご自分のライフスタイルにあった電気料金プランを選ぶことが大切です。 オール電化向けのプランは誰でも申し込めるの?オール電化向けのプランは オール電化向けのプランは基本的にオール電化住宅に住んでいる対象のため、プランによってはのような電気温水器を使っている事が契約の条件になっている場合もあります。 しかしながら、プランによってはそのような縛りはなく、単純に日中は家にあまりいなく電気を使わないという人も契約出来るプランもあります。 オール電化向けと一般の電気料金プランの違いは? オール電化向けと一般の電気料金プランの特徴の違い オール電化向けと一般の電気料金プランの特徴はどのように違うのでしょうか? オール電化向けプランでは 夜間や休日など電気の需要の少ない時間の料金を大幅に割り引いています。 その代わり昼間の時間帯の電気料金が高く、時間帯によって電気料金が変わるしくみとなっています。 一般の電気料金プランは、昔からあるシンプルなプランで時間帯によって電気料金が変わる事はありません。 どのようなライフスタイルの人でも使えるような料金プランになっています。 特徴の違いがわかりやすいように、 オール電化向けのプランと一般の電気料金プランの特徴をメリット・デメリットに分けて表にしてみました。 オール電化向けのプランと一般の電気料金プランの特徴の違い オール電化向け電気料金プラン 一般の電気料金プラン メリット• 夜間の料金がかなり割安。 土日祝日の料金も安い電気料金プランもある。 共働きの家庭向き• 需要が少ない夜間にたくさんの電気を使うので、電気のピークをシフトするのに貢献している• 24時間365日いつでも同じ料金なので、時間を気にせずに電気を使える。 プラン内容がシンプルなので選ぶのも申し込むのも簡単。 大手電力会社でも新電力でもどこの地域でも豊富に選択肢がある。 デメリット• 昼間の料金はとても高い。 オール電化にする時の給湯器やなどの設置コストが高い• 地域によっては選択肢が少ない。 電気の使う時間を工夫をする事で電気料金を下げる事は出来ない。 電力のピークをシフトするのには参加していない、事にはなる。 電気料金の料金単価の違い オール電化向けの電気料金プランと一般の電気料金プランでは、料金単価はいくらくらい違うのでしょうか。 実際の料金プランをみながら、どれだけが違うのか比べてみましょう。 ここでは、最大手の電力会社でもある東京電力の電気料金プランの中から、オール電化向けの「スマートライフプラン」とごく一般的なプランである「」とを選んで、1kWhあたりの料金単価を比べてみます。 (実際の電気料金は、この金額に基本料金や税金などが加わります。 ) 従量電灯とスマートライフプランの1kWhあたりの料金単価比較 東京電力 従量電灯プラン 東京電力 スマートライフプラン 24時間 昼間 06:00-25:00 夜間 25:00-翌06:00 120kWhまで 120-300kWh 300kWh以上 25. 33円 17. 46円 19. 88円 26. 48円 30. 57円 オール電化向けのスマートライフプランは、夜間料金がかなり割安に設定されている事がわかります。 昼間の料金も高くない事も読み取れますね。 どの電気料金プランがおすすめ? オール電化向けの料金プランと一般の電気料金プランの違いがわかりました。 それでは、 どの電気料金プランがおすすめなのでしょうか。 オール電化の方には、オール電化向けに特化された電気料金プランがおすすめです。 そのような料金プランを一覧にまとめてみました。 ちなみに、うちはオール電化ではない、という人はこちらからもおすすめの電気料金プランをご紹介しています。 オール電化向けの料金プランの一覧 オール電化向けの料金プランを発売しているのは、まずは10社全てです。 対応するオール電化プラン・深夜料金プランがある新電力会社と合わせて確認できます。 大手電力会社 電気料金プラン 東京電力のオール電化プラン• 夜トクプラン8/12 新電力に切り替えるなら• 関西電力のオール電化プラン• 新電力に切り替えるなら• 中部電力のオール電化プラン• スマートライフプラン• スマートライフプラン(夜とく)• スマートライフプラン(朝とく) 新電力に切り替えるなら• 東北電力のオール電化プラン• よりそう+シーズン&タイム• よりそう+ナイト8• よりそう+ナイト10• よりそう+ナイト12• よりそう+ナイトS• よりそう+ナイト&ホリデー• よりそう+サマーセーブ 新電力に切り替えるなら• 九州電力のオール電化プラン• 電化でナイト・セレクト21• 電化でナイト・セレクト22• 電化でナイト・セレクト23 新電力に切り替えるなら• 北海道電力のオール電化プラン• eタイム3プラス 新電力に切り替えるなら• 中国電力のオール電化プラン• ぐっとずっと。 プランナイトホリデーコース• ぐっとずっと。 四国電力のオール電化プラン• でんかeプラン• でんかeマンションプラン 新電力に切り替えるなら• 北陸電力のオール電化プラン• くつろぎナイト12 新電力に切り替えるなら• 沖縄電力のオール電化プラン• Eeホームホリデー• Eeホームフラット 大手電力会社がそれぞれの電力エリアでオール電化プランを販売しているのに対応して、新電力会社でもオール電化プランがあります。 特に出光昭和シェルは対応する電力エリアが多く、ガソリン車・電気自動車問わずドライバーズ特典が付くのが特徴です。 またJ:COM電力は、東京電力や関西電力など主要な地域で展開していて、そこであらゆるオール電化プランに対応しているのが強みです。 一覧にまとめてみました。 各対応エリアと合わせて確認できます。 新電力のオール電化プラン 新電力 電気料金プラン シン・エナジーのオール電化プラン• 北海道から沖縄まで全国で利用できる。 基本料金・電力料金が大手電力会社に比べて安くなる。 深夜が割安になるプランだけではなく、昼間が割安になるプランもある。 北海道 東北 関東 中部 北陸 関西 中国 四国 九州 沖縄 J:COM電力のオール電化プラン• 対象地域のあらゆるオール電化プランに対応している• 電力量料金が大手電力会社に比べて安くなる• ケーブルテレビ・インターネット・モバイルとのセットプランがある 札幌 仙台 関東 関西 下関 九州 出光昭和シェルのオール電化プラン• 沖縄以外の各電力エリアに対応している• 大手電力会社に比べて基本料金が安くなる• 出光昭和シェルで給油するとガソリンがリッターあたり2円お得• 電気自動車ユーザーにも毎月割引特典がある 北海道 東北 関東 中部 北陸 関西 中国 四国 九州 イデックスでんきのオール電化プラン• 九州電力のオール電化プラン(電化でナイト・セレクト22)に相当• 基本料金・電力量料金がそれぞれ安くなる• ドコモのdポイントが貯まる 九州 CDエナジーダイレクトのオール電化プラン• カテエネポイントが貯まる 関東 親指でんきのオール電化プラン• 深夜料金が安くなる「日曜から夜更かしプラン」• 大手電力会社の従量電灯プランに比べて基本料金が半額• 東京電力エリアで深夜料金が安くなる「深夜お得プラン」• 東京電力会社の従量電灯プランに比べて基本料金が安くなります• 23時から翌朝6時までの電力量料金がお得 関東 HTBエナジーのオール電化プラン• 関東 どんなオール電化プランにも対応するJ:COM電力 東京電力やその子会社のPinTが提供するオール電化メニューは、2020年1月現在これだけあります。 その全てに対応して、かつ昼間料金やピーク料金が東京電力と比べて1%〜3%安くなるのがJ:COM電力です。 東京電力および子会社PinTのオール電化向けメニュー一覧スマートライフプラン、スマートライフS、スマートライフL、夜トク8、夜トク12、電化上手、ナイト8、ナイト10、朝得プラン、夜得プラン、半日お得プラン、土日お得プラン 1型 、土日お得プラン 2型 、ピークシフトプラン 今、東京電力でオール電化プランを利用中で、すぐに安くしたい方は、J:COM電力がおすすめです。 また、東京電力以外にも、関西電力エリアやその他の地域(札幌・仙台・下関、および九州主要都市)でも、オール電化プランに対応しています。 一般の電気料金プランのおすすめ オール電化の電気料金プランについて説明してきましたが、日本全体で オール電化の住宅にしているのは、全体の世帯数の5%未満です。 それ以外の世帯では一般のタイプの電気料金プランを使う事になります。 そこで、一般の電気料金プランのおすすめもピックアップしてみました。 オール電化向けのプランは選択肢が少なかったのに対して、一般の電気料金プランは、日本全国でたくさんの特徴ある電気料金プランが発売されています。 新電力は、電気の契約を獲得するために、たいてい電気料金を大手電力会社より安く設定しています。 その中からおすすめ出来る新電力を4社選び特徴もまとめて表にしてみました。 電気料金プランを選ぶ際は、ぜひ参考にしてくださいね。 一般的な電気料金プランの新電力と特徴 電力会社 特徴 Looopでんき• 基本料金がなんとゼロ円• 他の電力会社だと3段階の事が多い1kWhあたりの料金単価が1種類だけでわかりやすい• 沖縄を除く日本全国にサービスを展開• 関東エリアでは都市ガスとのセットプランでさらにお得に リミックスでんき• 使用量が少なくても確実に安くなるのが魅力• 沖縄を除く日本全国にサービスを展開 HTBエナジー• 50A・60Aなら、基本料金半額で従量料金が1段階で低価格• 40A以下なら最大9%大手電力会社より安くなる• 関西・中国・四国・沖縄エリアでは、電力量料金が安くなるプランが選べる• 沖縄を含む全国で利用できる。 東京ガスの電気• 350kWh以上電気を使用した場合の1kWhあたりの料金単価がかなり割安• 東京ガスの都市ガスとセットで毎月270円お得• 東京電力エリアでのみ利用可能 ENEOSでんき• 東京電力・中部電力・関西電力エリアで利用できる• 東京電力エリアでは120kWh以上の電力量料金が安い• 中部電力エリアでは電力量料金が安い• 関西電力エリアでは基本料金(最低料金)と電力量料金が安い.

次の