チンチラ値段。 【ネズミの仲間チンチラとは】飼い方・値段・寿命・なつくのか等まとめ

【ペット】チンチラの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

チンチラ値段

Contents• 希少なカラー チンチラはカラーによって値段も大きく異なります。 例えば、サファイアやブラックベルベット、ホワイトなどのカラーはスタンダードグレーと比べると値段は大幅に高くなります。 中でも特に珍しいカラーを以下にご紹介します。 ブラックパール <引用元:熱帯倶楽部> 全身真っ黒の毛を持つチンチラはブラックエボニーと呼ばれます。 名前に「エボニー」とつくものは、全身1色で統一されています。 黒色の毛を持っていて、お腹の毛が白いチンチラはブラックベルベットと呼ばれます。 名前に「ベルベット」とつくものは、お腹が白色をしています。 このブラックベルベットの中でも、特に黒色の毛とお腹の白色の差がはっきりしているチンチラを 「ブラックパール」と言います。 ブラックベルベットも高価なチンチラですが、 ブラックパールはさらに値段が高くなり、10万を超える場合もあります。 今ではよく流通しており、探せばすぐに見つかるようになりましたが、値段は変わらず高いままです。 ブルーダイヤモンド <引用元:SPLASH> 青紫色の毛を持つチンチラはバイオレットと呼ばれます。 バイオレットよりもさらに青みが強い毛を持つものはサファイアと呼ばれます。 このバイオレットやサファイアよりも、 さらに毛の色が淡くて明るい毛を持ったチンチラが 『ブルーダイヤモンド』です。 目は真っ黒で、耳はグレーの色をしています。 個体によって色の濃さが異なり、サファイアなどとほとんど差がない場合もあります。 価格は10万を超えることが多く、ブラックパールよりもさら希少です。 チンチラの一般的なカラーバリエーションに関しては、以下の記事でまとめているのでご覧ください。 参考記事 特徴的な毛の性質を持ったチンチラ 毛の色とはまた違う視点で、毛の性質によっても長毛種や巻き毛種などに別けられます。 チンチラにはもともと長毛種や巻き毛種などはいませんでしたが、ブリーダーによる繁殖で、突然変異によって生まれ、近年に新しい品種として確立されました。 アンゴラチンチラ(長毛種) <引用元:熱帯倶楽部> 上の写真のように、普通のチンチラと比べて毛が長い種類を 『アンゴラチンチラ』と言います。 個体によって、毛の長さは異なります。 首元やお腹、尻尾の毛が長いことが多く、頭や背中の毛の一部だけがぴょろんと伸びていることもあります。 かなり希少な種類で、繁殖で増やすのも難しいため、 40万円~60万円という高価格で売られることもあります。 4万ではなく、40万です。 もう桁が異なります。 スタンダードグレーやバイオレットなど、カラーによって価格も前後します。 チンチラの長毛種が新品種として確立されたのが2005年で、正式な名称は 「ロイヤル・ぺルジアン・アンゴラ」といいます。 近年ではこのロイヤル・ぺルジアン・アンゴラとは別ものでも、毛が長い品種は単に「アンゴラチンチラ」と呼ばれます。 テディチンチラ(巻き毛種) <引用元:熱帯倶楽部> 上の写真のように、毛が巻き毛のものは 『テディチンチラ』と呼ばれます。 黒い毛色を発現する遺伝子に依存するため、 ブラックのカラーであることがほとんどです。 昔は毛が短い個体ばかりでしたが、今では毛が長く、巻き毛も多い 「ロックン」と呼ばれる品種が生まれています。 巻き毛種は体が細いことが多く、大人になると巻き毛は少なくなっていくこともあります。 なかなか理想的な個体を繁殖するのが難しく、アンゴラチンチラ以上に希少です。 アンゴラチンチラやテディチンチラなどの希少種は総合ペットショップで取り扱われることはほとんどありません。 吉祥寺にあるというペットショップでは、チンチラをたくさん取り扱っており、アンゴラチンチラやテディチンチラなど珍しいチンチラがいることも多いので、ぜひ足を運んでみてください。

次の

触り心地抜群の小動物ペット「チンチラ」の特徴や値段、大きさ、飼い方

チンチラ値段

【目次】触り心地抜群の小動物ペット「チンチラ」の特徴や値段、大きさ、飼い方 チンチラとは チンチラ Chinchilla lanigera は、チンチラ科チンチラ属に分類される齧歯類(げっしるい)で、ネズミの仲間です。 毛の触り心地が非常に良いことから、毛皮用に狩猟されてしまうことや森林伐採などにより、年々野生化での生息数は減少傾向にあります。 大きさ、体重 体長は約25㎝、体重は450g~600gです。 耳や尾は長く、ノーマルカラーは青みを帯びた銀灰色です。 寿命 野生下での平均寿命は10年程です。 飼育下では15年~20年以上と、非常に長寿の生き物です。 同じネズミ目で、ペットとして人気のある の平均寿命は3年~5年です。 お迎えする際は、長い付き合いになることを前提に購入する必要があります。 カラー、種類 チンチラはカラーによって印象や価格が大きく異なるため、カラーを重視する方も多くいます。 ここでは、チンチラのカラーバリエーションを紹介します。 スタンダードグレー - 2017 2月 7 7:19午前 PST バイオレットよりもグレーやブルーが強く出ています。 腹部は白色で、腹部もグレーである種類は「チャコールサファイア」と呼ばれています。 チンチラの特徴 生息地 チンチラはチリに生息する固有種です。 標高400m ~1,000mと、高い場所に生息しています。 山地の岩場に、家族集団で暮らしています。 オス、メスの区別 チンチラは哺乳類ですので、生殖器で性別を容易に反することが可能です。 また、メスのほうが一回り体が大きめです。 繁殖 チンチラの発情から子育てまでを紹介します。 交尾、発情 チンチラのメスは生後約4ヵ月から、30日~50日周期で発情を繰り返します。 発情期のメスは、生殖器が大きくなり、粘液のようなものが分泌されます。 オスは生後24ヵ月程から交尾ができるようになります。 妊娠、出産 妊娠期間は約100日~120日です。 一度の出産で1匹~6匹ほど出産します。 妊娠の判断は以下の通りです。 乳頭が大きくなる• 食欲が増す• 体重が増加する• 良く寝る• お腹が出てくる 妊娠中は食欲が増加するため、ペレットの量を増やし、牧草も栄養価の高いアルファルファなどを与えると良いでしょう。 出産 チンチラは数十分間隔で陣痛が起こり、1匹ずつ出産します。 子供をケージ内のどこでも生み落としてしまうため、飼い主さんは母親を刺激しないよう、そっと巣箱に戻してあげる必要があります。 産まれた子供は膜に覆われており、母親はこれを舐めとります。 最後に胎盤を生み落とし、食べ始めます。 子育て 産まれたときから赤ちゃんは、すでに毛や齧歯が生えています。 子育ては母親が母乳を与えて行いますが、十分でない場合は、飼い主さんがミルクを与える必要があります。 ミルクは犬や猫用に販売されている、ペット専用のものを使用してください。 離乳は約生後6週間後で、離乳後から希望であれば、里親に出すことができるようになります。 食事 草食で、草本や樹木の根、コケなどを食べて生活しています。 性格 チンチラは基本的に人懐こく、甘えん坊です。 穏やかで大人しい性格をしており、人にも良く懐きます。 ただし、臆病な面もありますので、大人になってから懐かせるには時間がかかるでしょう。 鳴き声 基本的に大きな声で鳴くことはありません。 「ギャッギャ」、「グー、グー」、「アンアン」といった鳴き声を発します。 響く声ではないので、鳴き声でトラブルになることは少ないでしょう。 チンチラの鳴き声です。 チンチラの飼い方 購入場所 チンチラは大型のペットショップやブリーダー、専門店から購入可能です。 まだペットとしてそれほどメジャーではなく、価格も安くないことから、頻繁に販売はされていません。 価格 価格は20,000円~80,000円と幅広です。 カラーによっても価格が大きく異なります。 珍しい種類だと、更に高額になる場合もあります。 ケージ チンチラのケージは、 や 、 用などのケージがサイズ的にベストです。 日中は寝てばかりですが、夜間は活発に動き回るため、十分な広さが必要です。 ステップなどを設置して、段差を作るのも良いでしょう。 ケージの素材はチンチラが齧ってしまわないよう、塗装がなくさびにくいステンレス製がおすすめです。 エサ チンチラは草食動物ですので、与える主食はチモシーと呼ばれる牧草です。 これは、ウサギ用で良く販売されています。 あまり安価すぎるものは、農薬などの添付が多く、チンチラにとって良くないものもありますので、原材料や原産国をよく確認してから購入しましょう。 副食 牧草だけでは十分に栄養を補うことはできません。 そこで、副食として与えたいのが人工的に作られた「ペレット」と呼ばれるフードです。 チンチラ用と表記のあるものが販売されています。 チンチラ用のペレットは、チンチラに必要な栄養を計算して作られており、必要な栄養素がバランスよく配合されています。 ペレットも併用して与えるようにしましょう。 おやつ チンチラには、ドライフルーツや野菜類をおやつとして与えると喜びます。 ドライフルーツを与える際には、余分な添加物や味付けのない、 専用のドライフルーツを与えましょう。 湿気を嫌う傾向があるため、生の果物は好まない子が多いようです。 温度管理 チンチラは高地に生息しています。 そのため、気温や湿度には敏感な生き物です。 チンチラの適温は17度~21度、湿度は40%以下が理想です。 夏場は25度、冬場は15度以下にならないよう注意しましょう。 基本的に夏場はチンチラのいる室内にエアコンは必須です。 冬場はペットヒーターやエアコンを使用し、温度が下がりすぎないよう注意しましょう。 また、多湿も苦手としますので、特に梅雨の時期や夏場は、エアコンや除湿器などを使用し、湿度が上がりすぎないよう注意しましょう。 どのくらい懐く? チンチラは人懐こく温厚な性格をしており、飼い主さんが愛情を持ってしっかりとお世話をすれば、良く懐いてくれます。 しかし、 や のようにべたべたに慣れるわけではありません。 飼い主さんが呼べば反応する、手からエサを食べる、手や膝に乗ると言ったことがチンチラが懐くと言うことです。 飼い主さんに甘えているチンチラの様子です。 温厚な性格ですので、相性が良い子同士なら複数飼育も可能です。 複数飼育は可能? チンチラの複数飼育には注意が必要です。 相性が良い場合には複数飼育が可能ですが、相性が悪い場合に同じケージ内で飼育をすると、激しい喧嘩に発展することがあります。 チンチラの喧嘩はとても激しく、場合によっては命を落とすこともあるため、複数飼育をする際には、初めから別々のケージで飼育し、散歩の時間も分けることをおすすめします。 また、威嚇行動をする場合には、チンチラにとってストレスになっているサインですので、部屋自体を分ける必要性もあるでしょう。 飼い主さんにより懐かせたい場合には、基本的に単独飼育がおすすめです。 チンチラのお迎え前に揃えておきたい飼育用品 - 2017 12月 6 9:03午後 PST ケージ ケージはチンチラが1日の大半を過ごすことになる大切なハウスです。 購入した際に子供でも、すぐに大きく成長するため、大人になったサイズを計算して購入しましょう。 チンチラにとって十分な広さがあり、齧っても安全で頑丈なもの選びましょう。 エサ エサはチンチラが生きていくうえで欠かすことができません。 主食であるチモシー 牧草)、ペレットは、必ず購入しておきましょう。 食器 チモシー入れ、ペレット入れ、給水器の3点は必須です。 ほかにお好みでおやつ入れなどを設置しても良いでしょう。 回し車 夜間には活発に動き回るチンチラ。 運動不足にならないためにも、回し車は必須アイテムです。 回し車と言えば、ハムスターの印象が強いと思います。 チンチラでも使用できるサイズも販売されていますので、必ずケージに設置しましょう。 回し車で遊ぶチンチラ。 生活の様子も伺えます。 寝床 チンチラは夜行性で、日中は暗く狭い穴倉で寝ています。 そのため、寝床は必須アイテムです。 チンチラが潜り込めるような寝床を設置してあげましょう。 齧り木 齧歯類であるチンチラは、齧歯の伸びすぎ防止に、木など堅いものを齧りたがります。 齧り木や、齧るタイプのおもちゃをケージ内に入れてあげましょう。 砂浴び用の砂 チンチラは砂浴びが大好きです。 ハムスターやチンチラ用に、専用の「砂浴び用の砂」が販売されています。 砂を入れる容器も一緒に用意しておきましょう。 チンチラを飼う際の注意点 チンチラは「夜行性」です ペットショップなどで見かけた際は、大人しく寝ている姿を見かけることが多いと思います。 それは、チンチラが夜行性であるためです。 夜間になると、回し車で遊んだり、おもちゃを齧ったりととても活動的になります。 夜間は私たちの睡眠を妨害してしまう可能性があるため、寝室に置くのは避けましょう。 アパートなどの一人暮らしで、夜間は静かに過ごしたいと言う方に、チンチラの飼育は難しでしょう。 散歩は必須 チンチラはケージの中だけでの飼育では、運動不足になってしまいます。 運動不足は、ストレスに繋がります。 チンチラはストレスに弱いデリケートな生き物ですので、毎日1時間はケージから出して散歩をさせてあげましょう。 日中は眠っているため、活動時間である夕方から夜にかけてお散歩の時間を確保してあげると良いでしょう。 「齧る」習性を理解しよう チンチラは齧歯類で、歯の伸びすぎを防止するため、「齧る」習性があります。 なんでも齧ってしまう習性は、飼育下では時に危険です。 特に注意したいのが、電気ケーブルです。 電気ケーブルを誤って齧ってしまい、感電してしまう事故は多く報告されています。 チンチラはジャンプ力もあるため、多少の段差は登ってしまいます。 電気ケーブルはチンチラが齧ってしまわないよう、工夫しましょう。 また、木製の家具などはお散歩時に齧られてしまうこともあるでしょう。 齧って体内に入ることで、チンチラにとって毒性があるものもは、私たちの生活用品に数多く存在します。 チンチラをケージから出す際には、部屋に危険なものがないかあらかじめ確認し、部屋は常に衛生に保ちましょう。 そのほか、狭い場所が大好きで家具の隙間に潜り込んでしまうこともあるため、家具の配置にも気を配る必要があります。 威嚇行動に注意 チンチラは、威嚇行動の一つとして「米ヌカのような臭い」を発することや、メスに至っては後ろ脚で立ち、「尿のようなものを飛ばす」行為を行います。 飼い主さんは、あまりチンチラを刺激しないよう注意することや、このような威嚇行動があることを前もって知っておく必要があるでしょう。 砂浴びをさせよう チンチラはそのふわふわな被毛を保つために、体をこまめにきれいにしています。 チンチラのお手入れ方法は、「砂浴び」です。 砂は、チンチラやハムスター用の衛生的な「砂浴び用の砂」が販売されています。 砂浴び用の砂を、チンチラの身体が十分に入る容器に入れてあげましょう。 砂の中に糞や尿をしてしまうこともあります。 そのまま放って置くと不衛生ですので、汚れた際にはこまめに取り換えましょう。 ある程度深さもあったほうが掘る楽しみも増えて喜びます。 チンチラに水浴びの習慣はありませんので、決して水浴びはさせないようにしてください。 チンチラの砂浴びの様子です。 齧歯のお手入れは必須 チンチラは齧歯類ですので、放って置くと齧歯はどんどん伸びてしまいます。 野生化では硬いものを噛むことで、自然に削れていくのですが、飼育下ではそうはいきません。 意図的に硬いものを食べさせたり、齧り木を設置するなどして、齧歯の伸びすぎを予防しましょう。 あまりにも伸びてしまった場合には、動物病院でカットしてもらうことも可能です。 チンチラを診れる動物病院をリサーチしておく チンチラを診ることのできる動物病院は限られています。 チンチラは丈夫な個体ではないので、病気やケガの際に、診察してくれる動物病院を探しておくことは重要です。 必ずお迎え前にリサーチしておくことや、遠方になる場合は交通経路の確認、そしてチンチラを移動できるキャリーを準備しておきましょう。 ストレスを感じていないウサギやチンチラに会うことが可能です。 予約をすれば、赤ちゃんチンチラにも会うことができます。 また、生体の販売も行っていますので、気になる方は足を運んでみてください。 Royal Chinchilla ~ロイヤルチンチラ~ - 2017 12月 7 6:24午前 PST チンチラと言えば、もふもふでとっても可愛らしいですよね。 そんなチンチラをお迎えしたくなってしまうような、可愛い動画を紹介します! その1:ネジがついてるの? 飼い主さんにおやつをもらおうとするチンチラさん。 しかし、ちょっと意地悪な飼い主さんはなかなかおやつをくれません。 どうしても食べたいチンチラちゃんは、まるでゼンマイネジがついたぬいぐるみのような動きに・・・!? その2:お行儀のよいチンチラ 両手を器用に使っておやつを食べるチンチラさん。 とてもお行儀が良く、上品です。 その3:天才チンチラ様 まるでわんこのように芸を披露するチンチラ。 どこの世界にも、天才っているんですね!! その4:おじゃま可愛いチンチラさん チンチラケージのお掃除風景・・・。 と思いきや、ケージの住人がやってきました。 こんなもふもふの、小さなお手てでぎゅっとされたら、邪魔だなんて言えません!! その5:おかえりなさいもふもふ 仕事帰りのお仕事は、飼い主さんを癒すことです。 例え帰宅が遅くなっても、しっかり癒してくれる、これぞ夜行性チンチラの強み! さいごに チンチラはネズミの仲間で、被毛の量が非常に多く、触り心地が抜群です。 夜行性ですが、人懐っこくコンパニオンアニマルとして、私たちをとても癒してくれる存在です。 少々高価なことがネックですが、寿命が長いため、価格の数倍は私たちを満足させてくれるでしょう。 しかし、まだまだペットとして発展途上なため、情報不足な面もあります。 飼われる方は、しっかりと生態や知識を学習する必要があるでしょう。

次の

チンチラにかかる費用

チンチラ値段

どーも。 飼主です。 遂にチンチラのお腹出しの抱っこを成功させました。 テンションが上がりますね。 本日は、チンチラにかかる費用についてお話ししていこうと思います。 飼主が使用している物の値段なので、参考にしていただければと思います。 費用について、初期費用(消耗したり壊れたら取り替えるもの)、月にかかる食事代、その他費用に分けさせてもらいました。 ステップの数ももっと少なくても良いかもしれません。 給水ボトルが2つの理由は、1度破壊されたため予備があった方がいいと思い追加しました。 ・食事代と砂浴び用砂 牧草 約1千5百円(月当たり) 牧草代用ペレット 約4百円(月当たり) ペレット 約8百円(月当たり) お菓子 約2百円(月当たり) 栄養補助食品 約1千円(月当たり) オモチャ 約3百円(月当たり) 砂浴び用砂 約5百円(月当たり) 計 4千7百円 初期費用とは違い、チンチラの年齢や体重により食費は誤差が出ますが、大体この程度の値段だと思います。 飼主の場合はお菓子の代わりに牧草代用ペレットを与えているのでこの様になりました。 お菓子を与えない方はこちらも省いていいと思います。 砂については飼主はケージ内に入れっぱなしにしていて、取り替える頻度が高いだけなのでこの値段です。 ケージ内に入れっぱなしにしない場合はもう少し下がると思います。 ・その他費用 基本的にエアコンで温度湿度管理を行うため1日中つけっぱなしのためその分電気料金はあがります。 また、空気清浄機を設置する場合はさらにあがります。 飼主の家はワンルームに住んでおり、チンチラを飼う前と後で、電気代が3千円から6千円弱まであがりました。 こちらはエアコンと空気清浄機を使用した値段なので参考にしていただければと思います。

次の