仏壇 の チーン。 仏壇のりんの作法!鳴らし方や回数の正しいマナーを解説

仏壇での「りん」の鳴らし方。正しい作法やマナーとは?|ウィズハウス

仏壇 の チーン

仏壇にある仏具!名前と使い方を解説 仏壇には様々な 仏具が配置されていたり 飾られていたりします。 ここでは、 仏壇にある仏具それぞれの 名前と使い方を以下に解説させて 頂きたいと思います。 香炉 香炉とは、 お線香や抹香を たくための仏具です。 上香炉はご本尊様の前に配置し、 飾り香炉として使用します。 お線香をたくときには、 広口の前香炉を使用します。 お線香をたく行為は、 その香りを仏様に 献じる意味とお参りする人に対する お浄めの意味があります。 花立て 仏様にお供えする 生花または常花 (蓮の花をかたどった金属のお花)を 飾る仏具がこの 花立てです。 この花立てに飾る生花は 匂いのきついものやバラなどの とげのある花は使用しないように しましょう。 ろうそく立て ろうそく立ては、お参りするときに 火を灯すろうそくを立てる仏具です。 ろうそくを灯すと煩悩の闇を消す効果が あるとされています。 この ろうそく立ての細工は 宗派によって異なるようです。 仏器(ぶっき) 仏器は 仏様やご先祖様にお供えする 炊き立てのご飯を入れる仏具です。 仏器膳(ぶっきぜん) 仏器膳は、上記でご紹介しました 仏器を載せる仏具です。 前卓(まえじょく)・上卓(うわじょく) 前卓・上卓は、 お香とお花、灯を お供えする台です。 前卓は須弥壇の前の中段、もしくは 下段に置き、上卓は宮殿(くうでん)の 前に置いて使用します。 高坏(たかつき) 高坏は、 仏様やご先祖様にお供えする お菓子や果物をのせる仏具です。 仏壇の中央か、仏壇下段の左右に 一対で配置します。 りん りんは、 お参りする人の邪念を払い、 読経の開始を知らせる仏具です。 線香差し 線香差しは、仏壇でお参りするときに 使用する お線香を入れておく仏具です。 マッチ消し マッチ消しは、 マッチの燃えカスを 入れておく仏具です。 灯籠 灯籠は、仏様やご先祖様のお位牌など 仏壇の内部を明るく照らす仏具で、 左右一対で使用します。 吊灯籠と置灯籠があります。 瓔珞(ようらく) 瓔珞は、 仏様の世界をきれいに 飾るために仏壇につりさげる仏具です。 伏鐘(ふせがね) 伏鐘は、台座の上に配置し、 撞木 (しゅもく)を使用してお経に 合わせて叩く仏具です。 木魚 木魚は、 読経の時に使用される仏具です。 魚は常に目を開いた状態であるため、 読経の際に眠らないようにという 意味が込められている、 魚を模した形の仏具です。 供花(くげ) 供花は、高坏と同じようにお供えの お菓子や果物、お餅をお供えする仏具です。 主に浄土真宗などで使用されます。 打敷(うちしき) 打敷は、 上卓や前卓を飾る布です。 浄土真宗では三角形、そのほかの 宗派では四角形の打敷が使用されます。 経机(きょうづくえ) 経机は、 仏壇の前に配置し、読経の際に 香炉、ろうそく立て、線香差し、りん、 マッチ消しなどを置いて使用します。 りんの鳴らし方!回数は何回?意味はあるの? りんの鳴らし方は、 上からたたいて 鳴らす方法と、横からたたいて 鳴らす方法があります。 どちらの鳴らし方をする場合も、 りん棒を弾ませるようにして りんをたたくと良い音が響きます。 気を付けなくてはいけないのは、 りんの周囲にはろうそく立てや お線香立てがありますので、 横からたたくとこれらを倒してしまう 可能性がありますので、 横からたたくときはろうそく立てや お線香立ては移動させておくように しましょう。 りんを叩くときはりんのふちを りん棒でたたくようにすると、 横からたたく場合であって お線香立てやろうそく立てを 倒さなくて済むのでおすすめです。 りんは上記でもすでにご紹介して おります通り、 お参りする人の邪念を 払い、読経の開始を知らせる仏具です。 この りんを鳴らす回数には 特に決まりはありませんので、 鳴らす回数は1回でも2回でもOKです。 youtubeでりんはいつ鳴らすのかと りんの置き場所を紹介している 動画を見つけましたので、ぜひ、 ご覧になっておいてくださいね。 まとめ 仏壇にある 仏具には、香炉、花立て、 ろうそく立て、仏器(ぶっき)、 仏器膳(ぶっきぜん)、前卓 (まえじょく)・上卓(うわじょく)、 高坏(たかつき)、 りん、線香差し、 マッチ消し、灯籠、瓔珞(ようらく)、 伏鐘(ふせがね)、木魚、 供花(くげ)、打敷(うちしき)、 経机(きょうづくえ)などがあり、 上記でご紹介しましたように、 それぞれに異なる意味や 使い方があります。 仏壇をお参りするときに使用する りんはお参りする人の邪念を払い、 読経の開始を知らせる仏具と されています。 このりんを鳴らす回数には 特に決まりはありませんので、 1回鳴らしても2回鳴らしても 全く問題ありません。 りんを叩くときはりんのふちを りん棒でたたくようにしましょう。 こうすると、上からたたく場合で あっても横からたたく場合であっても お線香立てやろうそく立てを 倒さなくて済みますよ。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・親の急死でとにかく処分したかった ・親の遺産で不動産売却の知識がなかった ・どうやって売るか?知らなかった ・個人で売買の交渉をする自信がない など、不動産売却の知識がないために 安く買い叩かれているのが現状です。 そんな時は、 『無料の不動産一括見積もり』オススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で家・土地の値段がわかる ・自分で見積もりを取る必要がない ・信頼できる業者しかいないから安心 ・査定経験がない女性や年配の方にも親切 ・『比較』するから高額査定が期待できる また下取り相場が見れるので、 『買い叩かれる心配がない』ですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。

次の

【楽天市場】仏具 『りん棒 綴巻き 4,5寸(約14cm)』[仏壇 おりん 鈴 鐘 かね カネ 棒 撥 ぼう ボウ ばち バチ チーン] (おりん りん 鈴 ベル 仏壇 モダン 祭壇 法要 鈴 リン棒 モダン仏具 京仏壇はやし 仏壇用品 お鈴 仏壇仏具 お供え 現代 その他):仏壇 数珠 盆提灯 京仏壇はやし

仏壇 の チーン

チーンの意味と正式な名前とは お仏壇でチーンと鳴らす音で、人々の チーンという音の正式な名前は鈴と言います。 宗派によって多少呼び名は変わってくるのですが、一般的に鈴というというのが名前になっています。 鈴の音を出すときの叩く棒はりん棒と言います。 この鈴は本来は読経の際に使われるものであり、読経の始まりや途中、終わりに鳴らされると言われています。 そのため、本来の目的からすれば合掌や礼拝の際に鳴らすものではないと言えます。 読経の際に鈴を鳴らすタイミングや打つ箇所まで指示されており、読経の始まりや区切りの際に鈴を鳴らします。 読経をする際はお坊さんは鈴以外のものも叩いて鳴らします。 このお経の種類や宗派によっても鈴を鳴らすタイミングや回数は異なっています。 正しいやり方はそれぞれによって違いがあるため、それぞれの宗派により鈴の用い方に違いが生じます。 鈴は読経の時に鳴らしますが、読経ではない時にも鳴らして問題は無いようです。 ただ、本来慣らさなくても良いものというものです。 仏壇チーンの正式なやり方 鈴を鳴らす回数は宗派によって違いがあるため、一般的に普通の家で鳴らす際に決まりは無いようです。 宗派で読経をする際は、決まりとして2回、3回となっていますが、普通の家では決まりが無いので、1回や2回ほどとなっているかもしれません。 ただ、鈴の正しい鳴らし方というものはあるようで、鈴を鳴らす際は必ずりん棒を使う必要があります。 宗派によっては鈴の内側を鳴らす、外側を鳴らすという決まりもあるようですが、それも普通の家の仏壇では個人の自由となっています。 もし、宗派に属して決まりを知りたいならば尋ねることもできますが、一般的には鳴らす必要がないので、個人の自由で問題ないと言えます。 仏壇のチーンの名前は何というの?何回鳴らすの?のまとめ 仏壇のチーンについてまとめてみると チーンは鈴という正式な名前がある チーンを鳴らす回数は宗派では決まっているが、一般的な仏壇では決まっていない。 鈴を鳴らす際にこれらの点について知っておくことができます。

次の

中古の仏壇でも大丈夫?中古の仏壇や仏具を買う事や売る事について解説

仏壇 の チーン

お勤めの際、読経をする前の「開始」として鳴らしたり、読経中の「区切り」、読経後の「終了」の合図として鳴らします。 また、合掌を解く合図として鳴らすときもあります。 宗派や菩提寺 檀家寺 によってはいつ鳴らしても別に問題ない、と寛容な場合もあります。 日常礼拝として朝に仏壇を掃除し、線香や仏飯・茶湯をお供えしたあとに鐘を鳴らし、合掌礼拝してお念仏を唱える、とする宗派もあります。 お念仏は、唱名念仏 称名念仏 ともいいますが、浄土宗なら「南無阿弥陀仏」真言宗なら「南無大師遍照金剛」といった宗派ごとの「決まり文句のようなもの」であり、これは各宗派の仏様や菩薩様の名前をさします。 ただし、浄土真宗の場合は、合掌礼拝してお念仏を唱えるのは勤行 「お勤め」のことです。 とは異なりますから、たとえ念仏を唱える時でも勤行時以外には鐘は鳴らしてはいけないとしています。 鐘の鳴らし方や回数、いつ鳴らしていいのかということについて不明であれば、菩提寺 檀家寺 にご相談されるのがよいでしょう。 また、基本的には鐘の縁の部分を叩きますが、宗派によっては内側を叩くという場合もあるようです。 鐘の響きは極楽浄土まで響くと言われており、とても美しい音が鳴り響きます。 祈りや供養を音にのせて天に届ける、という謂れもあります。 ご先祖・故人・仏様へのあなたの想いをのせて鐘を叩きましょう。 鐘は仏壇仏具店でも通信販売でも購入できます。 実物を確認してから買いたい人には、仏壇仏具店で購入される方法をお勧めします。 また、仏壇を購入した際に仏具付きとしてセットでついてくることもあります。 鐘の値段の相場は小さいもので800円程度からです。 直径で値段が変わり、一般的なサイズですと3500円程度です。 ただ、純金製のものなど素材や大きさ、国産であるかどうか、伝統工芸品かどうかにこだわれば1万円を超えるものも沢山あり、上を見るときりはありません。 サイズに関してはお店と相談し、仏壇の大きさにあったものを選ぶのがよいでしょう。 鐘は金属製ですからどうしても年月と共に変色してしまいます。 鐘をお手入れするための研磨兼汚れ落としクリームなども仏壇店で販売されていますので、併せて購入しておき、こまめに手入れをすると購入時の輝きを維持しやすいでしょう。 鐘は通信販売でも購入できることができます。 仏壇仏具店が通信販売を行っていることもあります。 また、Amazonや楽天市場といったショッピングサイトでも取り扱われています。 モダンなタイプのもの、鈴台・鈴棒などが全てセットになっているものなど幅広く販売されています。 宗派のことも含め、サイズ、素材、すでにある仏壇とのバランスを考え、通信販売で購入してもよいでしょう。 線香をあげたときに鐘を鳴らす人を時々見かけます。 しかし、それは基本的には間違いです。 前述したように、鐘を鳴らすのは読経する前 お勤め前 または朝の日常礼拝時であり、神社のように自分が来たことを示す合図ではありません。 ですから、日常礼拝ではない場合に線香をあげるとき 弔問や簡単なお参り時など は鐘を鳴らす必要はありません。 また、線香のあげ方も宗派によって違いがあります。 天台宗・真言宗は3本を立ててお供えします。 座る側に1本、仏壇側に2本立てて逆三角形の形になるようにします。 浄土真宗は1本を2つに折ってから火をつけて寝かせて供えます。 臨済宗・曹洞宗・浄土宗は1本を立ててお供えします。 日蓮宗は1本または3本を立ててお供えします。 もし、他家のご自宅にお呼ばれして、仏壇にお参りするときに宗派などで鐘を鳴らすべきか悩んだ時は、家人に聞くのが一番よいでしょう。

次の