セルトラリン 効き目。 ジェイゾロフトいつ飲まれてますか?

セルトラリンの副作用(対策と比較)

セルトラリン 効き目

セルトラリンは抗うつ薬のひとつです。 抗うつ薬は開発された年代や作用機序などにより5つのグループにわけられますが、セルトラリンは第3世代といわれる「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)」に分類される比較的新しい薬です。 SSRIは効果はおだやかですが、副作用が少なく安全性が高いという特徴があります。 また、セルトラリンはSSRIの薬のなかでも副作用が比較的少ないとされています。 セルトラリンは、うつ病・うつ状態、パニック障害、外傷後ストレス障害の治療に使われます。 脳内の神経伝達物質のひとつに、落ち着きや安定感に関係しているセロトニンがあります。 セルトラリンは神経と神経のつなぎ目にあるすき間のセロトニン濃度を増やす作用をもちます。 セロトニンが増え、神経伝達が正しく行われるようになると、抑うつ気分や不安といった症状が改善されていきます。 セルトラリンの主な副作用として、吐き気、眠気、口の渇き、頭痛、下痢、浮動性めまいなどがあります。 発生頻度は低いですが、耳鳴りや月経不順、多汗(発汗・寝汗)、なども報告されています。 また、重大な副作用として、セロトニン症候群、悪性症候群、痙攣、昏睡、肝機能障害 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、アナフィラキシー、QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)の症状が現れる可能性があります。 眠気 ほかの抗うつ薬と同じように、セルトラリンにも眠気の副作用があります。 そのため、自動車の運転など危険をともなう機械を操作する際には十分に注意する必要があります。 夕食後にセルトラリンを使用して翌朝になっても眠気が続く場合は、使用するタイミングを日中にずらすことにより、翌日の日中の眠気を防ぐことができます。 眠気の副作用が強い場合は、使用のタイミングについても医師に相談してみましょう。 吐き気 セルトラリンの使用を始めたときに、吐き気が起こることがあります。 ほとんどの場合は薬を飲み続けることにより、症状が治まっていきます。 セルトラリンの離脱症状 セルトラリンは、SSRIのほかの薬に比べて離脱症状が少ないとされています。 しかし、セルトラリンの使用を突然中止することにより、不安、いらいら、あせり、興奮、めまい、感覚の異常、頭痛、吐き気などの症状が現れることがあります。 自己判断で薬を減らしたり、使用を中止したりすることは避けてください。 減薬は、必ず医師の指示に従って行いましょう。 セルトラリンは、ジェイゾロフトのジェネリック(後発品)です。 後発品のセルトラリンは先発品のジェイゾロフトと主成分の量が同じであり、効果は同じとされています。 先発品とジェネリックが同じ効果であることを証明するために、生物学的同等性試験が行われています。 生物学的同等性試験とは健康な大人を対象に、血中濃度を測定し薬の吸収の速さや吸収された量などを比較し、先発品と後発品が統計学的に同じであることを確認する試験です。 また、先発品とジェネリックは開発にかかっている金額が大きく異なります。 ジェネリックは質が良くないから安いのではなく、数百億円程度の研究開発費がかからないので安くなっているのです。 安いから効きが悪いという心配はありません。 しかしながら、実際にはジェネリックに変えたら薬の効きが悪くなった、というケースはあります。 添加物の違いにより吸収に若干の影響を与えてしまうからではないかと考えられています。 もしジェネリックに変更して違和感を感じるのであれば、先発品に戻すことも考えてみましょう。 薬の種類 セルトラリンはジェイゾロフトと同様に、普通錠(25mg・50mg・100mg)のほかに、OD錠(25mg・50mg・100mg)があり、アメルや明治など製造している製薬会社の名前がつけられています。 薬価 次の表はセルトラリンとジェイゾロフトの1錠あたりの薬の価格です。 セルトラリンはジェイゾロフトに比べて約半額となっています。 セルトラリン ジェイゾロフト 普通錠25mg 42. 10円 93. 50円 普通錠50mg 73. 10円 161. 90円 普通錠100mg 127. 00円 282. 70円 OD錠25mg 42. 10円 93. 50円 OD錠50mg 73. 10円 161. 90円 OD錠100mg 127. 00円 282. 70円 セルトラリンは、1日1回使用してください。 OD錠は舌の上にのせると唾液で崩壊するため、水なしで飲み込むことができます。 水またはぬるま湯と一緒に使用することも可能です。 通常、成人は1日25mgを初期用量とし、1日100mgまで使用量を次第に増やしていきます。 なお、年齢や症状により1日100mgを超えない範囲で適宜増減されます。 使用の際は、セルトラリンを処方された医師の指示にしたがってください。 セルトラリンとアルコールの飲み合わせ セルトラリンを使用中は、飲酒は控えるようにしましょう。 ほかの抗うつ薬で、飲酒により薬の作用が強く現れたとの報告があります。 どうしても外せないお酒の席があるような場合は、必ず医師・薬剤師に相談しながら指示を仰ぐようにしましょう。 おわりに セルトラリンは安全性が高い抗うつ薬ですが、使用を突然中止すると離脱症状が起こることがあります。 使用や断薬の際には、必ず医師の指示にしたがってください。

次の

ジェイゾロフトの効き目はどんな感じですか?今日処方されました。25mgで...

セルトラリン 効き目

抗うつ剤の投与により、24歳以下の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮すること。 (「その他の注意」の項参照) 海外で実施された6〜17歳の大性障害患者を対象としたプラセボ対照臨床試験において有効性が確認できなかったとの報告がある。 本剤を18歳未満の大性障害患者に投与する際には適応を慎重に検討すること。 ] 躁うつ病患者[躁転、自殺企図があらわれることがある。 ] 自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者、自殺念慮のある患者[自殺念慮、自殺企図があらわれることがある。 ] 脳の器質的障害又は統合失調症の素因のある患者[精神症状を増悪させることがある。 ] 衝動性が高い併存障害を有する患者[精神症状を増悪させることがある。 ] てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある患者[痙攣発作を起こすことがある。 ] QT延長又はその既往歴のある患者、QT延長を起こすことが知られている薬剤を投与中の患者、著明な徐脈や低カリウム血症等がある患者[QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)を起こす可能性がある。 ] 出血の危険性を高める薬剤を併用している患者、出血傾向又は出血性素因のある患者[鼻出血、胃腸出血、血尿等が報告されている。 ] 緑内障又はその既往歴のある患者[眼圧上昇を起こし、症状が悪化するおそれがある。 ] 高齢者(「高齢者への投与」の項参照) 小児(「小児等への投与」の項参照) 重要な基本的注意 うつ症状を呈する患者は希死念慮があり、自殺企図のおそれがあるので、このような患者は投与開始早期ならびに投与量を変更する際には患者の状態及び病態の変化を注意深く観察すること。 不安、焦燥、興奮、パニック発作、不眠、易刺激性、敵意、攻撃性、衝動性、アカシジア/精神運動不穏、軽躁、躁病等があらわれることが報告されている。 また、因果関係は明らかではないが、これらの症状・行動を来した症例において、基礎疾患の悪化又は自殺念慮、自殺企図、他害行為が報告されている。 患者の状態及び病態の変化を注意深く観察するとともに、これらの症状の増悪が観察された場合には、服薬量を増量せず、徐々に減量し、中止するなど適切な処置を行うこと。 自殺目的での過量服用を防ぐため、自殺傾向が認められる患者に処方する場合には、1回分の処方日数を最小限にとどめること。 家族等に自殺念慮や自殺企図、興奮、攻撃性、易刺激性等の行動の変化及び基礎疾患悪化があらわれるリスク等について十分説明を行い、医師と緊密に連絡を取り合うよう指導すること。 眠気、めまい等があらわれることがあるので、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には十分注意させること。 投与中止(突然の中止)により、不安、焦燥、興奮、浮動性めまい、錯感覚、頭痛及び悪心等があらわれることが報告されている。 投与を中止する場合には、突然の中止を避け、患者の状態を観察しながら徐々に減量すること。 相互作用 メチルチオニニウム塩化物水和物(メチレンブルー) セロトニン症候群があらわれるおそれがある。 左記薬剤のMAO阻害作用によりセロトニン作用が増強されると考えられる。 リネゾリド セロトニン症候群の症状(錯乱、協調運動障害、血圧上昇等)があらわれることがある。 このような症状があらわれた場合には、本剤と併用薬の両方あるいはいずれか一方の投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 リネゾリドは非選択的、可逆的MAO阻害作用を有する。 相互に作用を増強させるおそれがある。 トラマドール メサドン ペンタゾシン セロトニン作用が増強されるおそれがある。 これらの薬剤はセロトニン作用を有する。 L-トリプトファンを含有する製剤 アミノ酸製剤 経腸成分栄養剤 セロトニン作用が増強されるおそれがある。 L-トリプトファンはセロトニンの前駆物質であるため、脳内セロトニン濃度が高まるおそれがある。 セイヨウオトギリソウ(St. John's Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有食品 セロトニン作用が増強されるおそれがある。 セイヨウオトギリソウ(St. John's Wort、セント・ジョーンズ・ワート)はセロトニン作用を有する。 炭酸リチウム セロトニンに関連した副作用(振戦等)が増大するおそれがある。 相互に作用を増強させるおそれがある。 三環系抗うつ剤 クロミプラミン塩酸塩 イミプラミン塩酸塩 アミトリプチリン塩酸塩 薬剤の血中濃度が上昇し、作用が増強されるおそれがある。 本剤がこれらの薬剤の代謝を阻害することがある。 ワルファリン ワルファリンのプロトロンビン反応時間曲線下面積が軽度増加(8%)したとの報告がある。 本剤の投与を開始もしくは中止する場合は、プロトロンビン時間を慎重にモニターすること。 機序不明 出血傾向が増強する薬剤 非定型抗精神病剤 フェノチアジン系薬剤 三環系抗うつ剤 アスピリン等の非ステロイド系抗炎症剤 ワルファリン等 異常出血(鼻出血、胃腸出血、血尿等)が報告されているので、注意して投与すること。 SSRIの投与により血小板凝集能が阻害され、これらの薬剤との併用により出血傾向が増大することがある。 血糖降下薬 トルブタミド トルブタミドのクリアランスが減少(16%)したとの報告がある。 本剤がこの薬剤の代謝を阻害するためと考えられる。 本剤の代謝が阻害されたためと考えられる。 アルコール (飲酒) 本剤投与中は、飲酒を避けることが望ましい。 本剤との相互作用は認められていないが、他の抗うつ剤で作用の増強が報告されている。 [妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。 1)妊娠末期にセルトラリン製剤あるいは他のSSRI、SNRIが投与された婦人が出産した新生児において、入院期間の延長、呼吸補助、経管栄養を必要とする、離脱症状と同様の症状が出産直後にあらわれたとの報告がある。 臨床所見としては、呼吸窮迫、チアノーゼ、無呼吸、発作、体温調節障害、哺乳障害、嘔吐、低血糖症、筋緊張低下、筋緊張亢進、反射亢進、振戦、ぴくつき、易刺激性、持続性の泣きが報告されている。 2)海外の疫学調査において、妊娠中にセルトラリン製剤を含むSSRIを投与された婦人が出産した新生児において、新生児遷延性肺高血圧症のリスクが増加したとの報告がある。 このうち1つの調査では、妊娠34週以降に生まれた新生児における新生児遷延性肺高血圧症発生のリスク比は、妊娠早期の投与では2. 4(95%信頼区間1. 2-4. 3)、妊娠早期及び後期の投与では3. 6(95%信頼区間1. 2-8. 3)であった。 ] 授乳中の婦人には投与を避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせること。 [ヒト母乳中へ移行することが報告されている。 ] 小児等への投与 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は国内で確立していない(使用経験がない)。 また、セルトラリン製剤群でみられた自殺企図[1. 1%(2/189例)]は、プラセボ群[1. 1%(2/184例)]と同様であり、自殺念慮はセルトラリン製剤群で1. 6%(3/189例)にみられた。 これらの事象とセルトラリン製剤との関連性は明らかではない (海外においてセルトラリン製剤は小児大うつ病性障害患者に対する適応を有していない)。 当該試験にて自殺企図はみられなかったが、自殺念慮はセルトラリン製剤群でのみ4. 5%(3/67例)にみられた (海外においてセルトラリン製剤は小児外傷後ストレス障害患者に対する適応を有していない)。 なお、25歳以上の患者における自殺念慮や自殺企図の発現のリスクの上昇は認められず、65歳以上においてはそのリスクが減少した。 主に50歳以上を対象に実施された海外の疫学調査において、選択的セロトニン再取り込み阻害剤及び三環系抗うつ剤を含む抗うつ剤を投与された患者で、骨折のリスクが上昇したとの報告がある。 海外で実施された臨床試験において、セルトラリン製剤を含む選択的セロトニン再取り込み阻害剤が精子特性を変化させ、受精率に影響を与える可能性が報告されている。 電気けいれん療法との併用については、その有効性及び安全性が確立されていない。 薬物動態 セルトラリン錠25mg「杏林」と標準製剤をクロスオーバー法によりそれぞれ1錠(セルトラリンとして25mg)健康成人男子に絶食単回経口投与して血漿中未変化体濃度を測定し、得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について90%信頼区間法にて統計解析を行った結果、log 0. 80 〜log 1. 25 の範囲内であり、両剤の生物学的同等性が確認された。 8 7. 9 5. 8 26. 3 標準製剤(錠剤、25mg) 178. 2 7. 5 5. 8 27. ,n=20) セルトラリン錠50mg「杏林」 セルトラリン錠50mg「杏林」と標準製剤をクロスオーバー法によりそれぞれ1錠(セルトラリンとして50mg)健康成人男子に絶食単回経口投与して血漿中未変化体濃度を測定し、得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について90%信頼区間法にて統計解析を行った結果、log 0. 80 〜log 1. 25 の範囲内であり、両剤の生物学的同等性が確認された。 6 17. 3 5. 1 30. 5 標準製剤(錠剤、50mg) 414. 9 16. 3 5. 9 31. ,n=20) 血漿中濃度並びにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。 薬効薬理. Obach,R. et al. , Drug Metab Dispos, 33 2 , 262, 2005. Alderman,J. , Clin Ther, 27 7 , 1050, 2005. Apseloff,G. et al. , Clin Pharmacokinet, 32 Suppl. 1 , 37, 1997. Tremaine,L. et al. , Clin Pharmacokinet, 32 Suppl. 1 , 31, 1997. Chambers,C. et al. , N Engl J Med, 354 6 , 579, 2006. Kallen,B. et al. , Pharmacoepidemiol Drug Saf, 17 8 , 801, 2008. Stowe,Z. et al. , J Clin Psychiatry, 64 1 , 73, 2003. Wagner,K. et al. , JAMA, 290 8 , 1033, 2003. Robb,A. et al. , J Child Adolesc Psychopharmacol, 20, 463, 2010. Safarinejad,M. , J Urol, 180 5 , 2124, 2008. Tanrikut,C. et al. , Fertil Steril, 94 3 , 1021, 2010. キョーリンリメディオ株式会社社内資料:セルトラリン錠25mg「杏林」・50mg「杏林」の生物学的同等性試験に関する資料. グッドマン・ギルマン薬理書 第12版. キョーリンリメディオ株式会社社内資料:セルトラリン錠25mg「杏林」・50mg「杏林」の安定性試験に関する資料 作業情報.

次の

セルトラリンの効果や副作用についてご紹介|心療内科|ひだまりこころクリニック栄院

セルトラリン 効き目

セルトラリンは抗うつ薬のひとつです。 抗うつ薬は開発された年代や作用機序などにより5つのグループにわけられますが、セルトラリンは第3世代といわれる「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)」に分類される比較的新しい薬です。 SSRIは効果はおだやかですが、副作用が少なく安全性が高いという特徴があります。 また、セルトラリンはSSRIの薬のなかでも副作用が比較的少ないとされています。 セルトラリンは、うつ病・うつ状態、パニック障害、外傷後ストレス障害の治療に使われます。 脳内の神経伝達物質のひとつに、落ち着きや安定感に関係しているセロトニンがあります。 セルトラリンは神経と神経のつなぎ目にあるすき間のセロトニン濃度を増やす作用をもちます。 セロトニンが増え、神経伝達が正しく行われるようになると、抑うつ気分や不安といった症状が改善されていきます。 セルトラリンの主な副作用として、吐き気、眠気、口の渇き、頭痛、下痢、浮動性めまいなどがあります。 発生頻度は低いですが、耳鳴りや月経不順、多汗(発汗・寝汗)、なども報告されています。 また、重大な副作用として、セロトニン症候群、悪性症候群、痙攣、昏睡、肝機能障害 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、アナフィラキシー、QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)の症状が現れる可能性があります。 眠気 ほかの抗うつ薬と同じように、セルトラリンにも眠気の副作用があります。 そのため、自動車の運転など危険をともなう機械を操作する際には十分に注意する必要があります。 夕食後にセルトラリンを使用して翌朝になっても眠気が続く場合は、使用するタイミングを日中にずらすことにより、翌日の日中の眠気を防ぐことができます。 眠気の副作用が強い場合は、使用のタイミングについても医師に相談してみましょう。 吐き気 セルトラリンの使用を始めたときに、吐き気が起こることがあります。 ほとんどの場合は薬を飲み続けることにより、症状が治まっていきます。 セルトラリンの離脱症状 セルトラリンは、SSRIのほかの薬に比べて離脱症状が少ないとされています。 しかし、セルトラリンの使用を突然中止することにより、不安、いらいら、あせり、興奮、めまい、感覚の異常、頭痛、吐き気などの症状が現れることがあります。 自己判断で薬を減らしたり、使用を中止したりすることは避けてください。 減薬は、必ず医師の指示に従って行いましょう。 セルトラリンは、ジェイゾロフトのジェネリック(後発品)です。 後発品のセルトラリンは先発品のジェイゾロフトと主成分の量が同じであり、効果は同じとされています。 先発品とジェネリックが同じ効果であることを証明するために、生物学的同等性試験が行われています。 生物学的同等性試験とは健康な大人を対象に、血中濃度を測定し薬の吸収の速さや吸収された量などを比較し、先発品と後発品が統計学的に同じであることを確認する試験です。 また、先発品とジェネリックは開発にかかっている金額が大きく異なります。 ジェネリックは質が良くないから安いのではなく、数百億円程度の研究開発費がかからないので安くなっているのです。 安いから効きが悪いという心配はありません。 しかしながら、実際にはジェネリックに変えたら薬の効きが悪くなった、というケースはあります。 添加物の違いにより吸収に若干の影響を与えてしまうからではないかと考えられています。 もしジェネリックに変更して違和感を感じるのであれば、先発品に戻すことも考えてみましょう。 薬の種類 セルトラリンはジェイゾロフトと同様に、普通錠(25mg・50mg・100mg)のほかに、OD錠(25mg・50mg・100mg)があり、アメルや明治など製造している製薬会社の名前がつけられています。 薬価 次の表はセルトラリンとジェイゾロフトの1錠あたりの薬の価格です。 セルトラリンはジェイゾロフトに比べて約半額となっています。 セルトラリン ジェイゾロフト 普通錠25mg 42. 10円 93. 50円 普通錠50mg 73. 10円 161. 90円 普通錠100mg 127. 00円 282. 70円 OD錠25mg 42. 10円 93. 50円 OD錠50mg 73. 10円 161. 90円 OD錠100mg 127. 00円 282. 70円 セルトラリンは、1日1回使用してください。 OD錠は舌の上にのせると唾液で崩壊するため、水なしで飲み込むことができます。 水またはぬるま湯と一緒に使用することも可能です。 通常、成人は1日25mgを初期用量とし、1日100mgまで使用量を次第に増やしていきます。 なお、年齢や症状により1日100mgを超えない範囲で適宜増減されます。 使用の際は、セルトラリンを処方された医師の指示にしたがってください。 セルトラリンとアルコールの飲み合わせ セルトラリンを使用中は、飲酒は控えるようにしましょう。 ほかの抗うつ薬で、飲酒により薬の作用が強く現れたとの報告があります。 どうしても外せないお酒の席があるような場合は、必ず医師・薬剤師に相談しながら指示を仰ぐようにしましょう。 おわりに セルトラリンは安全性が高い抗うつ薬ですが、使用を突然中止すると離脱症状が起こることがあります。 使用や断薬の際には、必ず医師の指示にしたがってください。

次の