れびとら 生産。 レビトラ錠20mgが出荷再開に!ただ、出荷停止になる可能が・・・

レビトラなら【新宿ライフクリニック】安心の専門医処方.西南口1分.

れびとら 生産

2018年3月、全国のED治療患者、とくにレビトラを使用していた人たちの間で悲鳴があがっています。 なんと、どこの医療機関へ問い合わせてもレビトラの在庫がなく、普段使っているED治療薬「レビトラ」を処方してもらえない事態が起きているというのです。 相談ダイヤルに連日寄せられる「レビトラありますか?」の声 当サイトED治療ナビが運営しているED相談のフリーダイヤルに、最近多くの患者様から 「レビトラ扱ってるクリニックありませんか?」という声が寄せられています。 普段からED治療薬に関するご質問や、ED治療についてのお問い合わせを多数頂くのですが、2018年2月後半くらいから、なぜかレビトラへのお問い合わせが集中して寄せられる状況が続きました。 これはナゼなのか? オペレーターが調べてみたところ、なんと世界的にレビトラが不足している事態が起きていることが分かったのです。 様々なクリニックのHPに「レビトラ欠品」のお知らせが・・・ オペレーター調べによると、ED治療を専門として行っているクリニックをはじめとして、ED治療を行っている一般診療の病院などでも次々に 「レビトラの欠品」が起きていることが分かりました。 なかには、2018年1月早々にも「お知らせ」をHPに掲載し、欠品をHPに明記した病院もありました。 メーカーからクリニックに通達があってすぐの段階で「在庫切れ」をしてしまったことが伺えます。 ED治療はほとんどの病院が、内服薬の処方をメインの治療方法として対応しているわけですから、処方薬の在庫が切れてしまうのは一大事。 極端にいうと、処方ができないということは、治療してあげられないにも等しいからです。 ですから、病院は薬の在庫量には敏感です。 それは他の疾患でもEDでも変わりありません。 通常であれば、在庫が少なくなればすぐにメーカーに発注して在庫を補充するのが当然の流れなのですが、今年に入ってから、レビトラに関しては発注できないか、注文しても品物が届かない状況が発生していたようです。 レビトラ製造工場で生産に遅れが発生! 欠品の原因は「改修工事」? レビトラの在庫減少は日本に限ったことではなく、全世界的に起きていることのようです。 原因は、レビトラを生産している 本国ドイツ レバークーゼンにある工場の「改修工事」だとか。 この「改修工事」を行うにあたって生産ラインは一時的に止めなければならないため、レビトラ錠の製造が行えなくなり、出荷が一時的に停止し、全世界で品薄が起こっているというのが今回の騒動の構図のようです。 それにしても、ナゼこのタイミングに、世界的な在庫不足を招いてまでバイエル社が「改修」を行っているのでしょうか? これについては、ネットでもいろいろな憶測が飛び交っているのですが、どれも「単なる噂」の域を出ておらず、詳細な理由までは分かっていません。 とにかく突然の「改修工事」によるショックは本国のバイエル社のみならず、日本のバイエル薬品にも波及して、ED治療の現場に少なからず混乱を引き起こしたのは間違いないでしょう。 特に「レビトラ 20mg錠」が品薄? レビトラ錠のラインナップには5mg錠、10mg錠、20mg錠と3つの容量があり、日本国内では一般的に10mgもしくは20mg錠が処方されます。 その中でも、どちらかというと20mg錠のほうが、治療の現場で欠品する傾向にあるようです。 調べてみると、10mg錠であれば少しは在庫があるというようなクリニックも散見されましたが、10mg錠・20mg錠ともにしっかり在庫が揃っています、という病院や専門クリニックは、ごく僅かな限られたクリニックだけでした。 なぜ20mg錠がすぐに無くなってしまうのかについては、やはりニーズの高さが原因だと考えられます。 レビトラを使用する患者さんの多くが、高容量で確実に効果を得たいと考えているのかもしれませんし、10mg錠と比較したうえで効果の違いを実感し、選択しているのかもしれません。 「レビトラ以外にもバイアグラやシアリスといった薬がるんだから、そんなに大袈裟に騒がなくても…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ほかの薬では処方ができない場合もありますし、レビトラの特徴である 即効性や力強い効果と適度な持続というのは、その他のED治療薬を飲んで必ず得られるものではないのです。 したがって、「欠品しているなら他の薬でいいか」と簡単にはいかず、できるだけ普段から使用していたレビトラを求めようとするかもしれません。 また、お薬と体との相性も重要です。 ED治療薬の種類を変えることで、思わぬ副作用に悩まされるケースは珍しくないため、慣れている薬以外は使いたくない、という心理も多分に働いていることが考えられます。 レビトラの供給はいつ再開するのか 今のところ、レビトラの供給再開については明確なメドは立っていないません。 当初、6月頃には再開できるという説が強かったようですが、その後の情報によると、 どうやら6~7月、遅ければ8月頃にズレ込んでしまうのではないか? ともいわれているようです。 ですので、3月末あたりから本格的な品薄状態が始まり、 4、5、6月には深刻な「レビトラ不足」が発生すると考えられます。 レビトラの供給が再開される正確な日付については、分かり次第、メーカーであるバイエル薬品が再度アナウンスを流してくれることでしょう。 今は一日も早く、本国ドイツの工場が生産を再開してくれることを祈ることしかできないのかもしれません。 【2018年11月22日追記】 バイエル社より、 2018年12月17日 月 よりレビトラ10mg錠が供給再開されるとの連絡がありました。 取り急ぎは10mg錠のみの先行再開となりますが、20mg錠も2019年初め頃を目途に再開の準備がすすめられているそうです。 レビトラの在庫あり 処方可能なクリニック 栃木県 小山市• 茨城県 水戸市• 埼玉県 さいたま市• 東京都 千代田区• 渋谷区• 新宿区• 世田谷区• 豊島区• 台東区• 中野区• 町田市• 神奈川県 横浜市• 静岡県 浜松市• 愛知県 名古屋市• 安城市• 岐阜県 岐阜市• 長野県 塩尻市• 石川県 金沢市• 滋賀県 大津市• 大阪府 大阪市• 松原市• 京都府 京都市• 兵庫県 神戸市• 姫路市• 広島県 広島市• 福山市• 愛媛県 松山市• 高知県 高知市• 福岡県 福岡市• 予めご了承ください。 もちろん、上記以外にもレビトラ錠を処方できる医療機関はまだまだあると思います。 意外と近隣の泌尿器科医院や内科医院などでひっそりと処方していた、なんていうケースもあるかもしれませんので、根気よく調べてみるのもいいかもしれません。 レビトラ処方の情報はこちらからも調べられます 主要都道府県 その他の都道府県ED治療病院データはこちらから レビトラと同等の効果を、ほかのED治療薬で得るには? なかなか手に入らなくなってしまった今、レビトラを使っていた人はどのような対策をとればいいのでしょうか? まずは先ほど紹介したような、まだ若干の在庫を確保しているクリニックを探し出して処方してもらうというのが一つです。 もし20mg錠の在庫がなくても、10mg錠を処方してくれるところがあれば、そこで10mg錠を処方してもらい、10mg1錠でどの程度違いがあるのか、2錠服用で20mgの代わりとなるか、などについて医師に相談してみると良いかもしれません。 とはいえ、在庫のある医療機関がない!どこも在庫が切れている!という方もいらっしゃるでしょう。 そういう場合は別の方法として、レビトラ以外のED治療薬で、レビトラと同じような効果を得るというやり方もあるようです。 実際、そういった処方の提案を行っているED治療専門クリニックもいくつか見受けられました。 他の治療薬でレビトラと同等の効果を得たい場合には、バイアグラ シルディナフィル がチョイスされる場合が多く、容量の対応としては、下記のようなバランスが目安として考えられているようです。 偽造品市場が活気づく!? ニセモノにご用心 正規品の供給が少なくなると、活気付くのが偽造品市場です。 「どうしても欲しい」という気持ちから、騙されてニセモノを掴まされてしまう人が多いからです。 しかも、ニーズが高まっている状況であれば通常より価格が高くても売れる場合があるので、 悪徳な販売業者からしてみれば「待っていました」といわんばかりの状況です。 ネット通販や雑誌広告などで「激安」「本物」などと書かれているのを信じ込んで、効果のないニセモノを売りつけられてしまう方が未だに多くいます。 騙されただけならまだ良いほうで、なかには実際にニセモノの薬を飲んでしまい、 深刻な健康被害を被る人もいるのです。 偽造品の多くは衛生管理など行われていない製造現場で作られることが多いため、飲むと健康を害する可能性がとても高く危険です。 また、違法な成分や危険な成分が基準量などお構いなしに含有されていたりするため、安易に入手しないほうが賢明であるといえます。 ED治療薬においては、もしも正規品が入手できない場合、入手できる状況になるまで待つか、他の正規ED治療薬を医師に処方してもらって使用するのが一番安全であるといえます。 バイアグラのジェネリックであるシルディナフィル錠がジェネリックメーカー各社から発売されているためか、「レビトラのジェネリックも発売しているのでは?」と勘違いしてしまう人もいるようですが、 レビトラはまだ特許の期限が切れていませんのでジェネリックは発売されていません。 ジェネリック薬は、先発薬と同等の効果が見込めるうえ価格は安いので人気がありますが、成分特許などが切れないと製造・販売することができません。 レビトラの場合は、ジェネリックが発売されるまでには、まだまだ年単位の時間を経なければなりません。 まとめ レビトラがこれまでのように普通に処方してもらえるようになるまでには、いましばらくの我慢が必要なようです。 今までレビトラを使用していた方はとても心配だと思いますが、まずは慌てず冷静な対応を心がけましょう。 まだ在庫のある医療機関で処方を受けるか、他の薬で代用するか、いずれにせよ、供給が再開されるまでのことですから、あまり深刻に受け止めないことが大事です。 不安な気持ちからパニックのような状態になってしまうと、怪しい通販広告などにも惑わされやすくなります。 損をしたり健康被害を受けたりする可能性もありますから十分注意しましょう。 あくまで 正規のルートで、医師の診察を経たうえでED治療薬を処方をしてもらうというのが、一番安全で確実な方法だということを忘れずに行動することが大切です。 ED治療やレビトラについてのご相談はこちらから 【受付】平日10:00~19:00、土曜9:00~18:00.

次の

■□ レビトラの再供給遅延について

れびとら 生産

アイスラール錠20mg ニトプロ持続静注液6mg/30mg• アイトロール錠10mg/20mg ニトプロ注• アイロクール錠20 ニトラステープ• 亜硝酸アミル「三共」 ニトルビン錠5• アパティアテープ ニトロールRカプセル20mg• アンタップR ニトロール持続静注25mgシリンジ• イソコロナールRカプセル ニトロール錠5mg• イソニトール錠20 ニトロールスプレー• イソピット ニトロール注5mg/50mg/100mg• イソモニット錠20mg ニトロール注5mgシリンジ• エスタット錠5mg ニトロール注バッグ50mg/100mg• L-オーネスゲン錠 ニトログリセリン錠山川• カリアントSRカプセル20mg• ニトログリセリン舌下錠0. 3mg[NK]• 冠動注用ミリスロール0. 5mg/10mL• ニトログリセリン注25mg/50mg[HK]• コバインター錠5mg ニトロダームTTS• コンスピット錠 ニトロバイド錠5mg• サークレス注0. 3mg• サワドールL錠 ハイパジールコーワ錠3/6• サワドールテープ40mg バソレーター注5mg/注50mg• ジアセラL錠/L錠20mg バソレーターテープ27mg• シグマート錠2. 5mg/5mg バソレーター軟膏• シグマート注2mg/12mg/48mg バンリール錠20mg• シグランコート錠2. 5mg/5mg フランドル錠20mg• ジドレンテープ フランドルテープ40mg• シベラント錠5mg ヘルピニン-Rカプセル• 硝酸イソソルビド錠 ツルハラ ミオコールスプレー0. 3mg• 硝酸イソソルビドテープ[EMEC] ミオコール注5mg/50mg• シルビノール錠5mg ミニトロテープ27mg• ステンベルガー錠5mg ミリステープ5mg• ソプレロール錠20mg ミリスロール注• タイシロール錠20mg メディトランステープ27mg• ニコランジス錠2. 5mg/5mg リファタックL錠• ニコランタ錠5 リファタックテープ40mg• ニコランマート錠5mg• インビラーゼカプセル200mg ノービア・ソフトカプセル100mg• インビラーゼ錠500mg ノービア・リキッド• カレトラ錠 フォートベイスカプセル• カレトラ・ソフトカプセル ブリジスタ錠300mg• カレトラ・リキッド レイアタッツカプセル150mg/200mg• クリキシバンカプセル/200mg レクシヴァ錠700• テラビック錠/250mg• イコナゾンカプセル50 イトラリール錠50/100• イデノラートカプセル50mg イトリゾールカプセル50• イトラコネート錠50mg トラコナ錠50mg/100mg• イトラコンカプセル50• アジマリン錠50「イセイ」 タイリンダーR錠• アジマリン錠「ヨウシン」 タイリンダーカプセル• アミオダロン塩酸塩錠100mg「サワイ」• チヨバンカプセル50mg/100mg• アミオダロン塩酸塩錠100mg「サンド」• ノルペース50mg/100mg• アミサリン錠125mg/250mg ノルペースCR錠• アミサリン注 ピメノールカプセル50mg/100mg• アンカロン錠100 ファンミルR錠• アンカロン注150 ファンミルカプセル• ジソピラR錠 リスピンR錠150mg• ジソピラミドカプセル100mg「タイヨー」• リスピンカプセル100mg• ジソピランカプセル リスモダンR錠150mg• シノベジール錠50mg/100mg• リスモダンカプセル50mg/100mg• シベノール錠50mg/100mg リスモダンP静注50mg• シベノール注射液 リスラミドR錠150mg• シベンゾリンコハク酸塩錠50mg/100mg「サワイ」• リゾラミドR錠• シベンゾリンコハク酸塩錠50mg/100mg「タナベ」• リゾラミドカプセル• シンビット静注用50mg 硫酸キニジン錠• ソタコール錠40mg/80mg 硫酸キニジン錠「ホエイ」• ソピラート「カプセル」/カプセル100mg 硫酸キニジン「ホエイ」 併用することにより心臓の動きに異常をきたす可能性があるため上記のお薬を服用している方にレビトラ錠は処方できません。 以上がレビトラの併用禁忌のお薬です。 このように併用禁忌のお薬はたくさんございますので、当院へご来院の際には、 これらのお薬を服用していないかを確認させていただくために他に服用しているお薬がある方は必ずお薬名をわかるようにしてからお越しください。 レビトラの併用禁忌のお薬は以上ですがやにも併用禁忌のお薬がございます。 閉じる.

次の

レビトラの正しい服用方法と処方【浜松町第一クリニック】

れびとら 生産

メーカーからは、供給再開時期についての具体的な回答が得られていません。 当初は、早ければ6月頃には再開できるかもしれないという話もありましたが、最新の情報では、7月か8月にずれ込むことは確実だとのことです。 現在、ほとんどの医院でレビトラの購入が出来ないと思いますが、当院では、まだ若干数の在庫があります。 「どうしてもレビトラでなければ効果がない」という患者様がいらっしゃいましたら、一度ご相談いただければと思います。 レビトラの再供給に関しては、また情報が入り次第、こちらのブログにも掲載していきたいと思います。 さて、このドイツの工場が稼働していないことで、もう一つ、大事な薬の供給がストップしています。 それは「エンペシド膣錠」という薬です。 女性のカンジダ治療には欠かせない薬なのですが、この「エンペシド膣錠」もバイエル社の製品で、今回問題となっているレビトラと同じ工場で作られていたのだそうです。 こちらの薬も工場での生産が停止してメーカー欠品となっており、婦人科の医院などでも薬の不足に困っているという話を聞いています。 「エンペシド膣錠」の有効成分は「クロトリマゾール」というものなのですが、実は、この成分はスイッチOTC薬として市販薬にも使われています。 佐藤製薬の「エンペシドL」という薬がそれにあたります。 スイッチOTC薬の「スイッチ」とは、医療用から一般市販用に切り替えられた(スイッチした)という意味です。 OTCは「Over The Counter」の頭文字をとったもので「薬局のカウンター越しに買える」という意味になります。 こちらの薬は、バイエル社とは関係なく生産ができているとのこと。 なので、現状は「医療用では手に入らない薬が市販薬なら手に入る」という、ちょっと不思議な現象になってしまっています。 ただし、市販薬でのカンジダ治療は再発の場合のみ認められていますので、使用に際しては薬剤師に相談の上で購入して下さい。 カンジダは治療方法を間違えると、完治せずに再発を繰り返すことが多い病気です。 特に、症状が治まったからと言って、すぐに薬の使用をやめると再発を繰り返すことになります。 しっかりと指定の期間は薬を使い続けることが重要ですし、症状の改善が見られなければ、きちんとした医療機関で診察を受けるようにしましょう。

次の