タスク スケジューラ 指定 され た アカウント 名 が 有効 では ありません。 schtasksコマンドでWindowsのタスクスケジューラに特権が必要なタスクを登録する

【Windows10】タスクスケジューラで「指定されたファイルが見つかりません」と出る場合は?

タスク スケジューラ 指定 され た アカウント 名 が 有効 では ありません

画面7 「タスクの作成」ウィンドウで「OK」ボタンをクリックすると、このようなエラーが表示され、タスクの作成に失敗する 例えば、「指定されたアカウント名が有効ではありません」は、「タスクの作成」の「全般」タブにある「タスクの実行時に使うユーザーアカウント」の現在の設定が、存在しないアカウントであることを示しています。 筆者の環境では、Windows 7環境で変更したコンピュータ名が影響していました。 Windows 7ではコンピュータ名が変更されても、タスクの登録には影響しないようです。 それが、Windows 10にアップグレードしたことで問題として表面化したのでしょう。 「ユーザーまたはグループの変更」ボタンをクリックしてローカルアカウントを指定することで、エラー状態を解消することができました。 「次のエラーが報告されました:推奨されない機能をタスク定義で使用しています。 」と表示された場合は、「操作」タブで設定されている操作に問題があります。 Windows 7まではタスクで指定できる操作として「 プログラムの開始」「 電子メールの送信」「 メッセージの表示」の3つがありました。 このうち、「電子メールの送信」「メッセージの表示」の操作は、Windows 8以降では利用できなくなりました。 Windows 8以降のタスクスケジューラのユーザーインタフェースにも、操作の選択肢として「電子メールの送信(非推奨)」「メッセージの表示(非推奨)」が存在しますが、これらの操作を指定してタスクを作成することはできません。 詳しくは、以下の記事で説明していますので参考にしてください。 (連載:その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説 第9回) 「電子メールの送信」または「メッセージの表示」の操作を設定したタスクの場合は、上記の記事を参考に「プログラムの開始」を使用して代替の方法を実装します( 画面8)。 画面8 利用できない「メッセージの表示(非推奨)」操作の変わりに、「プログラムの開始」で「Msg」コマンドの実行を定義する ついでにゴミとなっているタスクをきれいにお掃除しましょう タスクスケジューラでエラーとして弾かれなくても、以前のバージョンのWindows環境に存在したタスクで、構成エラーになっている不要なタスクが引き継がれている場合があります。 例えば、タスクの「プログラムの開始」に指定された実行可能ファイルが、Windows 10へのアップグレード時のアプリケーションの削除によって、存在しなくなった場合です。 その場合、イベントログの「 システム」ログにイベントID「 414」として記録されます( 画面9)。 画面9 イベントログの「システム」ログを調べ、タスクスケジューラーに構成エラーのタスクが報告されていないかどうかを確認する Windows 7 SP1からWindows 10へのアップグレードなら、「Microsoft Security Essentials」のタスクや「Windows Media Center」のタスクが残っていることがあります。 また、Windows 10からはMedia Centerの機能は削除されています。 これらのタスクはWindows 10では不要です。 タスクスケジューラを使用して問題のタスクの設定内容を調べ、不要であればタスクの登録を削除します。 別の方法として、マイクロソフトが無料提供しているユーティリティー群「 」の「 Autoruns」を使用することもできます。 (Windows Sysinternals - マイクロソフト TechNet) Autorunsの「Scheduled Tasks」タブには登録済みのタスクが一覧表示され、実行可能ファイルが存在しない場合は背景が黄色でハイライトされて「File not found」と表示されます。 削除可能かどうか判断できなければ、チェックボックスをオフして一時的にタスクを無効化し、何日あるいは何週間かPCを使ってみてしばらく様子を見ましょう。 タスクを無効にして特に問題が発生しないようであれば、Autorunsを再実行して無効化しておいたタスクを右クリックし「Delete」を実行します( 画面10)。 関連記事• Windows 10ではなく、Windows 7やWindows 8. 1を使い続けると決めた人もいるでしょう。 そこで、現時点で分かっている方法で、可能な限り、Windows 10への無償アップグレードのお誘いをお断りする方法をまとめてみました。 このノートPCのアップグレードとアップグレード後のちょっとしたトラブルをレポートします。 2015年7月29日、Windows 10が正式にリリースされ、無料アップグレードを予約したWindows 7/8. 1 PCへの配布が始まりました。 今回は、Windows 10へのアップグレード前、そしてアップグレード後に知っておくべきことをまとめました。 Windows 10の新機能や変更点は、トラブル解決を遅らせる原因になるかもしれません。 なぜなら、これまでのトラブル解決の経験則が、そのまま使えるとは限らないからです。 今回紹介する筆者の二つのトラブル例は、Windows 10やWindows Server 2016で遭遇するかもしれないトラブルを解決するヒントになるかもしれません。 Windows 10 Pro/Enterprise/Educationでは「リモートデスクトップサービス」のデバイスリダイレクト機能に関して、これまでのWindowsから仕様が変更されている部分があります。 筆者はこの仕様変更に関する公式な情報を確認していませんが、仕様変更の発見に至った経緯をトラブルシューティングの事例として紹介します。

次の

タスクスケジューラーを設定するときにエラーが出てしまう

タスク スケジューラ 指定 され た アカウント 名 が 有効 では ありません

タスクマネージャとは、指定した時間で特定の処理を実行するために使われるためです。 しかし場合によっては、コマンドプロンプト画面が開いて「指定されたファイルが見つかりません」とだけ表示されてそのままになるという無駄なタスクが実行される場合があります。 果たして対処法は?• タスクマネージャで「指定されたファイルが見つかりません」と出る場合は? コントロールパネルを開きます。 「管理ツール」から「タスクのスケジュール」を選びます。 するとタスクの一覧を見ることができます。 ここで「前回の実行結果」のところが「この操作を正しく終了しました」というのは正常に実行されたタスクとなります。 一方「前回の実行結果」が「指定されたファイルが見つかりません。 」と出るものがあります。 これはエラーで出てくる文面と一緒なので、おそらくこのタスクが悪さをしているのだなということがわかります。 対処法としては、そのようなタスクは「無効」または「削除」すればOKです。 これは以前インストールした「ゲームブースター」というソフトの更新チェック用のタスクのようです。 もう「ゲームブースター」は利用していませんので今回は削除することにします。 右クリックで選び「削除」を実行しましょう。 タスクスケジューラの整理のコツは? またたまにはタスクスケジューラを上記のように開き、チェック。 無駄なタスクは削除しておくとよいでしょう。 Update系をチェックする タスク名にUpdateなどとあるのは、ソフトの更新チェック用です。 Flashなどは1時間ごとにチェックしているようです。 しかしFlashの場合にはセキュリティの緊急パッチが配布される場合があるので、下手にオフにしないほうがよいでしょう。 逆に年数回ぐらいしか使わないようなソフトの更新であれば、無効にしておいても大差はないでしょう。 前回の実行時刻をチェックする 「前回の実行時刻」で「1999年」といった古いものは実際にはもう利用されていないようなタスクですから削除しても大丈夫かもしれません。 前回の実行結果をチェックする 「前回の実行結果」が「この操作が正しく終了しました。 」以外は、怪しいです。 不要と思われるものは無効にしておいてもいいかもしれません。 わからない場合は無効にする もし「削除」したほうがいいか「無効」にしたほうがいいかわからない場合は「無効」にしておきましょう。 万が一もとに戻したい場合には再度「有効」にできるからです。 逆に削除すると、元には戻せません。 ソフトの場合には再度インストールしないといけなくなるかもしれません。 apicode.

次の

タスクスケジューラーを設定するときにエラーが出てしまう

タスク スケジューラ 指定 され た アカウント 名 が 有効 では ありません

タスクスケジューラが起動できない現象 言語バー IME が起動しない ある日、朝起きていつものようにPCを起動したのですが、右下のタスクバーにある言語バー IME が消えてました。 言語バー IME とはこれのことです。 日本語入力するために必要なので、これが起動していないということはローマ字しか入力できないということになります。 流石にこれはすぐに直さないと不便すぎるので、スタートアップにCTFローダーを登録する形で臨時対応しました。 <ctfmon. exeをスタートアップに登録する方法>• 中にある ctfmon. exeをコピーする• exeを貼り付ける。 PCを再起動 これで一時的に言語バー IME が起動しない問題は解決できます。 本来はタスクスケジューラによってCTFローダーは起動するようになっているらしいですが、タスクスケジューラが動作していないためPC起動時にCTFローダーも起動せず、言語バー IME が消えてしまったと考えられます。 ですが、「 タスクスケジューラーサービスが実行されていないためディスクデフラグツールを開始できません。 」などと表示され、ディスクデフラグツールが起動できなくなりました。 ここら辺で、この「タスクスケジューラ」っていうヤツがおかしいんじゃないのか…?と疑い始めます。 NVIDIA GeForce Experience をインストールできない GeForce Experienceは一時期必要ないと思ってアンインストールしていたのですが、やっぱり使おうと思って再インストールすることにしました。 しかし、「 NVIDIAインストーラーを続行できません。 続けるにはWindowsタスクのスケジューラーサービスを実行してください。 サービスを開始して、もう一度やり直してください。 」と表示され、インストーラに失敗する現象が発生しました。 グラフィックドライバはインストールして更新できるんですが、GeForce Experience はインストールできませんでした。 やはり、「タスクスケジューラ」が何らかの悪さをしているのは分かります。 タスクスケジューラが起動できない ということでタスクスケジューラを起動してみます。 ですが、「 Task Schedulerサービスは起動して停止しました。 サービスの中には、ほかのサービスやプログラムで使用されていない場合は自動的に停止するものがあります。 」などと表示され、起動できません。 」などと表示され、使うことができません。 タスクスケジューラが起動できさえすれば上で述べたような症状は全て解決するはずなので、何とかして起動しようと色々試しました。 タスクスケジューラが起動できない問題の解決策 システムを復元する 一番簡単な方法ですが、システムの復元ポイントを作成している場合は、復元するのが手っ取り早いです。 依存しているサービスが起動しているか確認する タスクスケジューラは他のサービスに依存して起動しているため、必要なサービスが起動していないとタスクスケジューラも起動することができません。 DCOM Server Process Launcher• Remote Procedure Call RPC• RPC Endpoint Mapper• Windows Event Log 起動していなかった場合は右クリックしてプロパティから開始をクリックします。 私の場合は全部起動していたためこれが原因ではありませんでした。 アクセス許可を変更する サービス一覧からタスクスケジューラを起動してみる際、スタートアップの種類が無効になったまま灰色になって編集できない場合があります。 (下の画像は現在の私のPCの状態なので実行されているが) この場合は、以下の方法で直ることがあるようです。 以下のコマンドを入力(コピペで) sc sdset schedule D: A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;IU A;;CCLCSWLORC;;;AU A;;CCLCSWRPDTLOCRRCWDWO;;;BA A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;SY A;;CCLCSWLORC;;;BU S: AU;FA;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;WD SUCCESSと表示されたら成功です。 スタートアップの種類を変更できるようになるため、「自動」にしてPCを再起動します。 これで直っていれば、タスクスケジューラが起動しているはずです。 終わった後は必ず、 sc sdset schedule D: A;;CCLCSWLORC;;;AU A;;CCLCSWRPDTLOCRRCWDWO;;;BA A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;SY A;;CCLCSWLORC;;;BU S: AU;FA;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;WD を同じようにコマンドプロンプトにコピペします。 ただ私の場合、スタートアップの種類などは灰色にはなってなく元々変更できる状態であり、サービスを開始しても前述したように「 Task Schedulerサービスは起動して停止しました。 サービスの中には、ほかのサービスやプログラムで使用されていない場合は自動的に停止するものがあります。 」と表示されるため、これが原因ではありませんでした。 レジストリエディタをいじる• ですが私の場合、レジストリエディタにおいてMaintenanceより先に進めず、値の変更すらできませんでした。 システムファイルチェッカーツールを使う ここまで来るとWindowsに何らかの問題が生じてる可能性があると思い、システムの修復をしてみることにしました。 今回はシステムファイルチェッカーツールというものを利用してみました。 DISM. 終わったらコマンドプロンプトを閉じる。 実際に実行してみると、やはり何か問題があったみたいで「ファイルが修復された」などと表示されました。 これは流石に直ったんじゃないかと思いPCを再起動してみるも、やはりタスクスケジューラは起動できず… タスクスケジューラが起動できないときの最終手段 OSの再インストール 何の問題が起きているか特定しないといけないため、イベントログを確認してみることにしました。 すると、タスクスケジューラを起動しようとするとき以下のようなエラーが起こることがわかりました。 追加データ: エラー値: 2147943714。 これは、アカウントが必要な権限を持っていないということらしいです。 アカウント名が表示されていない… もしかしてアカウントを認識していないのではないか?アカウントが無効になってるのではないか?と思いました。 Windows起動時にもロック画面に自分のアカウント名がちゃんと表示されます。 そして、この先色々調べたのですがどこを探しても解決方法は出てきませんでした。 というわけで最終手段としてOSを再インストールすることにしました。 OSの再インストールはファイルが全部消えてしまうと思っていたのですが、どうやら個人のファイルを残したまま再インストールするモードもあるようなので、それを実行しました。 その後数週間ほどPCを使っていますが、特に問題は起きていません。 まとめ 結局、何が原因だったのか分からないままでした。 寝る前にPCをシャットダウンして、翌日PCを起動したときにタスクスケジューラがおかしくなっていたため、恐らくWindows Updateで何らかの不具合が起きたと考えるのが妥当だと思います。 Windows Updateはたまに失敗するらしいですし、システムの復元ポイントを定期的に作っておいた方がいいですね。

次の