てけてけ 放置。 【放置少女】荊軻の評価とスキル|ゲームエイト

放置少女 元宝入手の裏技

てけてけ 放置

服部半蔵の基本性能 レアリティ:UR閃 レアリティはUR閃です。 タイプ:武将 放置少女で一番優遇されている武将となります。 他の武将キャラと同様、副装備は盾であり、筋力が上がれば攻撃力が上がります。 副装備が盾であることから防御力が上がりやすくなります。 防御力を上げる手段が少ないこのゲームにおいて、防御力を上げる手段が増えるのは非常に嬉しいです。 また筋力が高くなることで命中と物理防御力が高くなります。 命中はボス戦や放置戦闘では必須となり、物理防御力も対人戦では重要なステータスとなります。 服部半蔵に限った話ではないですが、上記のように武将は本当に優遇されていますね。 解説 相手6体を攻撃するスキルです。 またクリティカル時は相手に破甲を付与し、もう一度攻撃ができます。 技の特性上、1撃目でクリティカルが出るかどうかが非常に重要となります。 クリティカルダメージは指輪の伝説神器のレベルを上げることで上昇するため、服部半蔵の伝説神器は武器だけでなく、指輪も積極的に上げることをおすすめします。 特に相手のHPがMAXである戦闘開始時は確定クリティカルとなり、確実に破甲付与と2回目の攻撃ができるため非常に強力です。 攻撃範囲が6体であることから、闘技場では序盤に出せば雑魚の一掃と主力への破甲撒きが一度に行えます。 またボス戦ではボスのHPが高い序盤はクリティカルと2連撃が確定となります。 そのため対人戦では相手のHPが減った後半になると、会心の有無で火力が大きく変わります。 翡翠の宝石や指輪の無双神器などで会心値を積極的に上げると良いでしょう。 ただし状態異常耐性持ちの張飛、孫策、ウアサハは会心が出ても破甲にならないため、大ダメージは期待できません。 これらの副将に服部半蔵で勝つのは少し厳しいので要注意です。 また転生後のボス戦や放置戦闘では確定クリティカル以外では、まずクリティカルは出ないので、ボスや放置戦闘メインで運用する場合は会心を上げることにこだわる必要はないです。 確定クリティカルとはいうもののミスは出るのと、ミスが出た場合は破甲を付与できず追撃も発生しないので、ボスや放置戦闘では命中を重視したほうが良いでしょう。 解説 ランダムに敵を6回するスキルです。 またクリティカル時に相手を流血にするスキルです。 対象をランダムに選ぶ6回攻撃であるため、相手が多くても少なくても無駄なく効果を最大限に発揮できます。 アクティブスキル1と同様に確定クリティカルの効果を最大限に生かすために、指輪の伝説神器のレベルを積極的に上げましょう。 また対人戦では、火力もさることながら流血が非常に優秀です。 ターン数が4ターンであるため、眩暈などにより周期をずらされない限り、相手はずっと流血状態となり、一切回復ができなくなります。 そのため終盤戦では、消耗した相手を流血と確定クリティカルで強引に落としきるといったことが可能となり、トドメを刺すのに非常に有効です。 ただしアクティブスキル1同様、張飛、孫策、ウアサハには流血は効かないため、回復により落としきれない可能性があり注意が必要です。 いずれも攻撃力アップに繋がるパッシブスキルとなります。 筋力パッシブの存在により、服部半蔵は素の攻撃力が他副将より高くなる傾向があります。 持ち前の攻撃力とアクティブスキル1とアクティブスキル2の強さによりアタッカーとしての役割が期待できます。 また筋力が上がることから、物理防御力と命中も上がる点が非常にありがたいです。 物理防御力は対人戦で、命中率はボス戦、放置戦闘での使い勝手の向上に繋がります。 解説 最大HPと体力値が上昇するパッシブスキルです。 いずれも耐久面が上がるパッシブスキルとなります。 この体力パッシブの存在により、服部半蔵は他副将よりHPが高くなる傾向があります。 そのため耐久力が高く闘技場などの対人戦でも活躍が期待できます。 解説 HP吸収とダメージ反射が上昇するパッシブスキルです。 服部半蔵は耐久力が高いためHP吸収とダメージ反射は地味に嬉しい効果となります。 HP吸収は攻撃力が高いほど吸収量が増えるため、火力の高い服部半蔵はその効果を存分に期待できます。 また吸収したHP分は、反射ダメージに上乗せされるため非常に嫌らしい組み合わせのパッシブとなります。 服部半蔵の専属武器:天隠鬼切 各段階での専属ステータスは以下の通りです。 物理防御貫通はこのゲームでは超重要ステータスであり、与ダメージアップに貢献してくれるありがたいパッシブスキルとなります。 服部半蔵自体がアクティブスキル1で破甲付与により、相手の防御力を下げることができるため、そちらとの相性補間もバッチリとなっています。 また防御力パッシブについても、防御力を上げる手段が少ないこのゲームにおいては非常に優秀です。 この防御力パッシブに加えて、パッシブスキル1の筋力パッシブ、パッシブスキル2の体力パッシブがあるため服部半蔵の耐久力はかなり高くなります。 そのため闘技場などの対人戦でも、かなり場持ちが良くなります。 このようにどの専属ステータスも優秀な効果であり非常に優秀です。 服部半蔵の基本性能まとめ 比較的緩い条件で確定クリティカルとなる強力なスキルを2つ持っています。 また筋力パッシブにより素の攻撃力が高くなります。 そのためアタッカーとしての性能がかなり優秀です。 また破甲、流血といずれも有用なデバフを付与できる点も魅力的で、他副将のサポートも可能となっております。 さらに筋力パッシブ、体力パッシブ、防御力パッシブにより耐久力も非常に高いため場持ちも非常に良いです。 このように攻撃、防御面にスキの無い非常に優秀な副将となっています。 ただしスキルの倍率自体は控えめであり、火力面では破甲やクリティカル頼みになる部分が強いです。 クリティカルについては、翡翠の宝石や指輪の無双神器で会心率を補ったり、指輪の伝説神器レベルを上げて会心時のダメージを上げるようにしましょう。 また筋力パッシブはあるものの命中パッシブがないため、ボス戦や放置戦闘で使う場合は白銀貨などで命中を上げるようにしましょう。 服部半蔵が活躍できる戦場 ボス戦では破甲撒き兼アタッカーとなる ボス戦ではアクティブスキル1による破甲撒きができるのと、アクティブスキル2の6連撃による削りの両方が期待できます。 このように他副将のサポートもでき、自身もボスのHPを大きく削ることができるため、ボス戦において素晴らしい活躍を見せてくれます。 ただし筋力パッシブはあるものの、命中パッシブがないことから命中には若干の不安が残ります。 白銀貨などでしっかりと命中をしっかりと補ってあげましょう。 放置戦闘でも破甲撒き兼アタッカーとなる 放置戦闘ではアクティブスキル1による全体への破甲撒きが優秀です。 またアクティブスキル1の火力の高い複数攻撃であり、アクティブスキル2が6回攻撃であり相手が減った後半になっても、無駄なく相手のHPを削ることができ、自身の削り性能もかなり高いです。 このように他副将のサポートもでき、自身の削り性能もかなり高いため、放置戦闘においても素晴らしい活躍を見せてくれます。 ただしボス戦の話でも述べたように、命中に不安があるため白銀貨などで補うようにしましょう。 対人戦でも高火力、高耐久、デバフ撒きにより多彩な活躍ができる 闘技場ではアクティブスキル1による破甲撒き、アクティブスキル2による流血撒きができます。 最初から出しておけばアクティブスキル1により雑魚の一掃と主力への破甲撒きができます。 耐久力が高いため最初から出していても比較的長く生きていることが多いのも魅力的です。 また後半に出すとアクティブスキル2により最後の1体への流血付与と6連撃によるトドメが可能となっています。 このようにどのタイミングで出しても活躍ができる非常に優秀な副将となります。 また確定クリティカルに頼るのではなく、服部半蔵自身の会心値を上げることで活躍度がさらに上がるので、闘技場で運用する場合は会心値もしっかり上げると良いでしょう。 もちろん耐久力も高いため防衛で使っても十分な活躍をしてくれます。 このように対人戦でも幅広い活躍を見せてくれます。 まとめ 今回は服部半蔵について考察しました。 アクティブスキル、パッシブスキル、専属装備がいずれも優秀であり、全ての戦場において十二分に活躍できるスペックを持っています。 服部半蔵を1体持っているだけで、全戦場の進捗度が劇的に変わるため、1体目の副将に悩んでいる方は是非獲得を検討してみてください。 今回は以上になります。 お付き合い頂きありがとうございました。

次の

放置少女「司馬師」評価&考察【UR/閃アバター(花咲の舞)】

てけてけ 放置

服部半蔵の基本性能 レアリティ:UR閃 レアリティはUR閃です。 タイプ:武将 放置少女で一番優遇されている武将となります。 他の武将キャラと同様、副装備は盾であり、筋力が上がれば攻撃力が上がります。 副装備が盾であることから防御力が上がりやすくなります。 防御力を上げる手段が少ないこのゲームにおいて、防御力を上げる手段が増えるのは非常に嬉しいです。 また筋力が高くなることで命中と物理防御力が高くなります。 命中はボス戦や放置戦闘では必須となり、物理防御力も対人戦では重要なステータスとなります。 服部半蔵に限った話ではないですが、上記のように武将は本当に優遇されていますね。 解説 相手6体を攻撃するスキルです。 またクリティカル時は相手に破甲を付与し、もう一度攻撃ができます。 技の特性上、1撃目でクリティカルが出るかどうかが非常に重要となります。 クリティカルダメージは指輪の伝説神器のレベルを上げることで上昇するため、服部半蔵の伝説神器は武器だけでなく、指輪も積極的に上げることをおすすめします。 特に相手のHPがMAXである戦闘開始時は確定クリティカルとなり、確実に破甲付与と2回目の攻撃ができるため非常に強力です。 攻撃範囲が6体であることから、闘技場では序盤に出せば雑魚の一掃と主力への破甲撒きが一度に行えます。 またボス戦ではボスのHPが高い序盤はクリティカルと2連撃が確定となります。 そのため対人戦では相手のHPが減った後半になると、会心の有無で火力が大きく変わります。 翡翠の宝石や指輪の無双神器などで会心値を積極的に上げると良いでしょう。 ただし状態異常耐性持ちの張飛、孫策、ウアサハは会心が出ても破甲にならないため、大ダメージは期待できません。 これらの副将に服部半蔵で勝つのは少し厳しいので要注意です。 また転生後のボス戦や放置戦闘では確定クリティカル以外では、まずクリティカルは出ないので、ボスや放置戦闘メインで運用する場合は会心を上げることにこだわる必要はないです。 確定クリティカルとはいうもののミスは出るのと、ミスが出た場合は破甲を付与できず追撃も発生しないので、ボスや放置戦闘では命中を重視したほうが良いでしょう。 解説 ランダムに敵を6回するスキルです。 またクリティカル時に相手を流血にするスキルです。 対象をランダムに選ぶ6回攻撃であるため、相手が多くても少なくても無駄なく効果を最大限に発揮できます。 アクティブスキル1と同様に確定クリティカルの効果を最大限に生かすために、指輪の伝説神器のレベルを積極的に上げましょう。 また対人戦では、火力もさることながら流血が非常に優秀です。 ターン数が4ターンであるため、眩暈などにより周期をずらされない限り、相手はずっと流血状態となり、一切回復ができなくなります。 そのため終盤戦では、消耗した相手を流血と確定クリティカルで強引に落としきるといったことが可能となり、トドメを刺すのに非常に有効です。 ただしアクティブスキル1同様、張飛、孫策、ウアサハには流血は効かないため、回復により落としきれない可能性があり注意が必要です。 いずれも攻撃力アップに繋がるパッシブスキルとなります。 筋力パッシブの存在により、服部半蔵は素の攻撃力が他副将より高くなる傾向があります。 持ち前の攻撃力とアクティブスキル1とアクティブスキル2の強さによりアタッカーとしての役割が期待できます。 また筋力が上がることから、物理防御力と命中も上がる点が非常にありがたいです。 物理防御力は対人戦で、命中率はボス戦、放置戦闘での使い勝手の向上に繋がります。 解説 最大HPと体力値が上昇するパッシブスキルです。 いずれも耐久面が上がるパッシブスキルとなります。 この体力パッシブの存在により、服部半蔵は他副将よりHPが高くなる傾向があります。 そのため耐久力が高く闘技場などの対人戦でも活躍が期待できます。 解説 HP吸収とダメージ反射が上昇するパッシブスキルです。 服部半蔵は耐久力が高いためHP吸収とダメージ反射は地味に嬉しい効果となります。 HP吸収は攻撃力が高いほど吸収量が増えるため、火力の高い服部半蔵はその効果を存分に期待できます。 また吸収したHP分は、反射ダメージに上乗せされるため非常に嫌らしい組み合わせのパッシブとなります。 服部半蔵の専属武器:天隠鬼切 各段階での専属ステータスは以下の通りです。 物理防御貫通はこのゲームでは超重要ステータスであり、与ダメージアップに貢献してくれるありがたいパッシブスキルとなります。 服部半蔵自体がアクティブスキル1で破甲付与により、相手の防御力を下げることができるため、そちらとの相性補間もバッチリとなっています。 また防御力パッシブについても、防御力を上げる手段が少ないこのゲームにおいては非常に優秀です。 この防御力パッシブに加えて、パッシブスキル1の筋力パッシブ、パッシブスキル2の体力パッシブがあるため服部半蔵の耐久力はかなり高くなります。 そのため闘技場などの対人戦でも、かなり場持ちが良くなります。 このようにどの専属ステータスも優秀な効果であり非常に優秀です。 服部半蔵の基本性能まとめ 比較的緩い条件で確定クリティカルとなる強力なスキルを2つ持っています。 また筋力パッシブにより素の攻撃力が高くなります。 そのためアタッカーとしての性能がかなり優秀です。 また破甲、流血といずれも有用なデバフを付与できる点も魅力的で、他副将のサポートも可能となっております。 さらに筋力パッシブ、体力パッシブ、防御力パッシブにより耐久力も非常に高いため場持ちも非常に良いです。 このように攻撃、防御面にスキの無い非常に優秀な副将となっています。 ただしスキルの倍率自体は控えめであり、火力面では破甲やクリティカル頼みになる部分が強いです。 クリティカルについては、翡翠の宝石や指輪の無双神器で会心率を補ったり、指輪の伝説神器レベルを上げて会心時のダメージを上げるようにしましょう。 また筋力パッシブはあるものの命中パッシブがないため、ボス戦や放置戦闘で使う場合は白銀貨などで命中を上げるようにしましょう。 服部半蔵が活躍できる戦場 ボス戦では破甲撒き兼アタッカーとなる ボス戦ではアクティブスキル1による破甲撒きができるのと、アクティブスキル2の6連撃による削りの両方が期待できます。 このように他副将のサポートもでき、自身もボスのHPを大きく削ることができるため、ボス戦において素晴らしい活躍を見せてくれます。 ただし筋力パッシブはあるものの、命中パッシブがないことから命中には若干の不安が残ります。 白銀貨などでしっかりと命中をしっかりと補ってあげましょう。 放置戦闘でも破甲撒き兼アタッカーとなる 放置戦闘ではアクティブスキル1による全体への破甲撒きが優秀です。 またアクティブスキル1の火力の高い複数攻撃であり、アクティブスキル2が6回攻撃であり相手が減った後半になっても、無駄なく相手のHPを削ることができ、自身の削り性能もかなり高いです。 このように他副将のサポートもでき、自身の削り性能もかなり高いため、放置戦闘においても素晴らしい活躍を見せてくれます。 ただしボス戦の話でも述べたように、命中に不安があるため白銀貨などで補うようにしましょう。 対人戦でも高火力、高耐久、デバフ撒きにより多彩な活躍ができる 闘技場ではアクティブスキル1による破甲撒き、アクティブスキル2による流血撒きができます。 最初から出しておけばアクティブスキル1により雑魚の一掃と主力への破甲撒きができます。 耐久力が高いため最初から出していても比較的長く生きていることが多いのも魅力的です。 また後半に出すとアクティブスキル2により最後の1体への流血付与と6連撃によるトドメが可能となっています。 このようにどのタイミングで出しても活躍ができる非常に優秀な副将となります。 また確定クリティカルに頼るのではなく、服部半蔵自身の会心値を上げることで活躍度がさらに上がるので、闘技場で運用する場合は会心値もしっかり上げると良いでしょう。 もちろん耐久力も高いため防衛で使っても十分な活躍をしてくれます。 このように対人戦でも幅広い活躍を見せてくれます。 まとめ 今回は服部半蔵について考察しました。 アクティブスキル、パッシブスキル、専属装備がいずれも優秀であり、全ての戦場において十二分に活躍できるスペックを持っています。 服部半蔵を1体持っているだけで、全戦場の進捗度が劇的に変わるため、1体目の副将に悩んでいる方は是非獲得を検討してみてください。 今回は以上になります。 お付き合い頂きありがとうございました。

次の

【放置少女】服部半蔵(UR閃)を分析・評価しました。今も強い、元祖6名破甲キャラ

てけてけ 放置

服部半蔵の基本性能 レアリティ:UR閃 レアリティはUR閃です。 タイプ:武将 放置少女で一番優遇されている武将となります。 他の武将キャラと同様、副装備は盾であり、筋力が上がれば攻撃力が上がります。 副装備が盾であることから防御力が上がりやすくなります。 防御力を上げる手段が少ないこのゲームにおいて、防御力を上げる手段が増えるのは非常に嬉しいです。 また筋力が高くなることで命中と物理防御力が高くなります。 命中はボス戦や放置戦闘では必須となり、物理防御力も対人戦では重要なステータスとなります。 服部半蔵に限った話ではないですが、上記のように武将は本当に優遇されていますね。 解説 相手6体を攻撃するスキルです。 またクリティカル時は相手に破甲を付与し、もう一度攻撃ができます。 技の特性上、1撃目でクリティカルが出るかどうかが非常に重要となります。 クリティカルダメージは指輪の伝説神器のレベルを上げることで上昇するため、服部半蔵の伝説神器は武器だけでなく、指輪も積極的に上げることをおすすめします。 特に相手のHPがMAXである戦闘開始時は確定クリティカルとなり、確実に破甲付与と2回目の攻撃ができるため非常に強力です。 攻撃範囲が6体であることから、闘技場では序盤に出せば雑魚の一掃と主力への破甲撒きが一度に行えます。 またボス戦ではボスのHPが高い序盤はクリティカルと2連撃が確定となります。 そのため対人戦では相手のHPが減った後半になると、会心の有無で火力が大きく変わります。 翡翠の宝石や指輪の無双神器などで会心値を積極的に上げると良いでしょう。 ただし状態異常耐性持ちの張飛、孫策、ウアサハは会心が出ても破甲にならないため、大ダメージは期待できません。 これらの副将に服部半蔵で勝つのは少し厳しいので要注意です。 また転生後のボス戦や放置戦闘では確定クリティカル以外では、まずクリティカルは出ないので、ボスや放置戦闘メインで運用する場合は会心を上げることにこだわる必要はないです。 確定クリティカルとはいうもののミスは出るのと、ミスが出た場合は破甲を付与できず追撃も発生しないので、ボスや放置戦闘では命中を重視したほうが良いでしょう。 解説 ランダムに敵を6回するスキルです。 またクリティカル時に相手を流血にするスキルです。 対象をランダムに選ぶ6回攻撃であるため、相手が多くても少なくても無駄なく効果を最大限に発揮できます。 アクティブスキル1と同様に確定クリティカルの効果を最大限に生かすために、指輪の伝説神器のレベルを積極的に上げましょう。 また対人戦では、火力もさることながら流血が非常に優秀です。 ターン数が4ターンであるため、眩暈などにより周期をずらされない限り、相手はずっと流血状態となり、一切回復ができなくなります。 そのため終盤戦では、消耗した相手を流血と確定クリティカルで強引に落としきるといったことが可能となり、トドメを刺すのに非常に有効です。 ただしアクティブスキル1同様、張飛、孫策、ウアサハには流血は効かないため、回復により落としきれない可能性があり注意が必要です。 いずれも攻撃力アップに繋がるパッシブスキルとなります。 筋力パッシブの存在により、服部半蔵は素の攻撃力が他副将より高くなる傾向があります。 持ち前の攻撃力とアクティブスキル1とアクティブスキル2の強さによりアタッカーとしての役割が期待できます。 また筋力が上がることから、物理防御力と命中も上がる点が非常にありがたいです。 物理防御力は対人戦で、命中率はボス戦、放置戦闘での使い勝手の向上に繋がります。 解説 最大HPと体力値が上昇するパッシブスキルです。 いずれも耐久面が上がるパッシブスキルとなります。 この体力パッシブの存在により、服部半蔵は他副将よりHPが高くなる傾向があります。 そのため耐久力が高く闘技場などの対人戦でも活躍が期待できます。 解説 HP吸収とダメージ反射が上昇するパッシブスキルです。 服部半蔵は耐久力が高いためHP吸収とダメージ反射は地味に嬉しい効果となります。 HP吸収は攻撃力が高いほど吸収量が増えるため、火力の高い服部半蔵はその効果を存分に期待できます。 また吸収したHP分は、反射ダメージに上乗せされるため非常に嫌らしい組み合わせのパッシブとなります。 服部半蔵の専属武器:天隠鬼切 各段階での専属ステータスは以下の通りです。 物理防御貫通はこのゲームでは超重要ステータスであり、与ダメージアップに貢献してくれるありがたいパッシブスキルとなります。 服部半蔵自体がアクティブスキル1で破甲付与により、相手の防御力を下げることができるため、そちらとの相性補間もバッチリとなっています。 また防御力パッシブについても、防御力を上げる手段が少ないこのゲームにおいては非常に優秀です。 この防御力パッシブに加えて、パッシブスキル1の筋力パッシブ、パッシブスキル2の体力パッシブがあるため服部半蔵の耐久力はかなり高くなります。 そのため闘技場などの対人戦でも、かなり場持ちが良くなります。 このようにどの専属ステータスも優秀な効果であり非常に優秀です。 服部半蔵の基本性能まとめ 比較的緩い条件で確定クリティカルとなる強力なスキルを2つ持っています。 また筋力パッシブにより素の攻撃力が高くなります。 そのためアタッカーとしての性能がかなり優秀です。 また破甲、流血といずれも有用なデバフを付与できる点も魅力的で、他副将のサポートも可能となっております。 さらに筋力パッシブ、体力パッシブ、防御力パッシブにより耐久力も非常に高いため場持ちも非常に良いです。 このように攻撃、防御面にスキの無い非常に優秀な副将となっています。 ただしスキルの倍率自体は控えめであり、火力面では破甲やクリティカル頼みになる部分が強いです。 クリティカルについては、翡翠の宝石や指輪の無双神器で会心率を補ったり、指輪の伝説神器レベルを上げて会心時のダメージを上げるようにしましょう。 また筋力パッシブはあるものの命中パッシブがないため、ボス戦や放置戦闘で使う場合は白銀貨などで命中を上げるようにしましょう。 服部半蔵が活躍できる戦場 ボス戦では破甲撒き兼アタッカーとなる ボス戦ではアクティブスキル1による破甲撒きができるのと、アクティブスキル2の6連撃による削りの両方が期待できます。 このように他副将のサポートもでき、自身もボスのHPを大きく削ることができるため、ボス戦において素晴らしい活躍を見せてくれます。 ただし筋力パッシブはあるものの、命中パッシブがないことから命中には若干の不安が残ります。 白銀貨などでしっかりと命中をしっかりと補ってあげましょう。 放置戦闘でも破甲撒き兼アタッカーとなる 放置戦闘ではアクティブスキル1による全体への破甲撒きが優秀です。 またアクティブスキル1の火力の高い複数攻撃であり、アクティブスキル2が6回攻撃であり相手が減った後半になっても、無駄なく相手のHPを削ることができ、自身の削り性能もかなり高いです。 このように他副将のサポートもでき、自身の削り性能もかなり高いため、放置戦闘においても素晴らしい活躍を見せてくれます。 ただしボス戦の話でも述べたように、命中に不安があるため白銀貨などで補うようにしましょう。 対人戦でも高火力、高耐久、デバフ撒きにより多彩な活躍ができる 闘技場ではアクティブスキル1による破甲撒き、アクティブスキル2による流血撒きができます。 最初から出しておけばアクティブスキル1により雑魚の一掃と主力への破甲撒きができます。 耐久力が高いため最初から出していても比較的長く生きていることが多いのも魅力的です。 また後半に出すとアクティブスキル2により最後の1体への流血付与と6連撃によるトドメが可能となっています。 このようにどのタイミングで出しても活躍ができる非常に優秀な副将となります。 また確定クリティカルに頼るのではなく、服部半蔵自身の会心値を上げることで活躍度がさらに上がるので、闘技場で運用する場合は会心値もしっかり上げると良いでしょう。 もちろん耐久力も高いため防衛で使っても十分な活躍をしてくれます。 このように対人戦でも幅広い活躍を見せてくれます。 まとめ 今回は服部半蔵について考察しました。 アクティブスキル、パッシブスキル、専属装備がいずれも優秀であり、全ての戦場において十二分に活躍できるスペックを持っています。 服部半蔵を1体持っているだけで、全戦場の進捗度が劇的に変わるため、1体目の副将に悩んでいる方は是非獲得を検討してみてください。 今回は以上になります。 お付き合い頂きありがとうございました。

次の