東亜 産業 怪しい。 東亜産業という会社が大量にマスクを寄付していたので調べてみた!

東亜産業という会社が大量にマスクを寄付していたので調べてみた!

東亜 産業 怪しい

マスク品薄が影響し空間除菌剤「ウイルスシャットアウト」が店頭並ぶケースが増えているようです。 ウイルスシャットアウト、新型コロナに「効果あると表示していない」 マスク品薄で店に並ぶ空間除菌剤に誤認注意|BIGLOBEニュース — BIGLOBEニュース shunkannews 発売元の東亜産業は 「販売当初より、『新型コロナウィルスに対して効果がある』という表示は行っておりません」と説明。 しており、 『新型コロナウィルスに対して効果がない点」は承知した上で購入に踏み切ってください。 セブンイレブン来たらマスクコーナーがウイルスシャットアウトにシャットアウトされてた — 脊髄【全員単行本買ってよね】の刑 noumisozoo 東亜産業の商品ページ 東亜産業の商品ページでは以下のように 注意文が書かれています。 令和2年3月10 日付消費者庁「新型コロナウイルスに対する予防効果を標ぼうする商品の表示に関する改善要請等及び一般消費者への注意喚起について」の発表に関して 平素より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 本日、消費者庁より発表がありました、表題の件に関して、弊社が販売しております除菌グッズに関しては、販売当初より、「新型コロナウィルスに対して効果がある」という表示は行っておりません。 弊社商品をお取り扱いいただいている販売店様におかれましては、一般消費者の方の誤解を招くことのないよう、新型コロナウイルスへの効果効能があるかのようなコピーや広告等は控えていただきますよう、引き続きお願い申し上げます。 また、弊社の商材を取り扱って頂いているネットショップ様へは「新型コロナウィルスに対して」誤解を招く様な表示の注意を促す資料の送付実施を行っております。 送付資料はこちらをご参照ください。 株式会社東亜産業 代表取締役 渡邊龍志 ウイルスシャットアウト ウイルスシャットアウトは首掛けタイプの除菌ブロッカー。 流行性のウイルスや、この時期辛くなる花粉症からあなたを守ります。 周りの空気の除菌機能なので、おそらく気休め程度にしか除菌されないと感じます。 購入した人たちも半信半疑でお試し購入している人が多く見受けられます。 母が肺の病気なので、絶対に感染するわけにはいかないんです… マスクも減ってきている中、なるべく外出しないようにしていますが、それでも病院には行かなければなりません。 ウイルスと細菌は別もののためウイルスの除菌はできません。 こういった空間除菌剤のお試しは自己責任で!.

次の

ウイルスシャットアウト、新型コロナに「効果あると表示していない」 マスク品薄で店に並ぶ空間除菌剤に誤認注意

東亜 産業 怪しい

こんにちは、ぼやきです。 コロナ対策で、首からぶら下げる製品、使っていますか? 私は3月末に、何もしないよりは、ということで、アマゾンで東亜産業製のウイルスシャットアウトを購入してみました。 (ちなみにこれ系の製品は、航空各社が輸送禁制品にしているクレベリンも含めてコロナに効くかは未検証ですので、あくまで消費者の(勝手な)期待買いということになります・・・) 3月末時点では5つで2,400円位でしたが、4月下旬には東亜産業側で完売し流通在庫だけになったためか、1つ800円以上とほぼ倍になったうえに、 フリマアプリや、怪しい通販サイト(海外製品を扱うサイトなどでは特に)では、これ偽物?!と疑われる商品も出てきました。 先日、うっかり買ってしまいそうになったので、注意喚起のシェアです。 (一回決済してしまいましたが、直ぐにキャンセルをして、即時に決済取消・返金がされました。 Kyash決済だったので残高と明細で確認出来ました。 ) 右側の赤枠のVIRUS SHUT OUTのパッケージと製品写真は本物(東亜産業製・日本製)です。 が、真ん中の赤枠写真は、別の製品(中国製)です。 色味と、中央部に十字マークがあるのが、右側の東亜産業製と異なっています。 このVIRUS SHUT OUTは日本製しかないため、中国製となった時点で右の赤枠にあるパッケージとは別モノとなります。 東亜産業製のパッケージを示しておきながら、中身は異なる中国製製品が送られてくるリスクがあると判断して、やめました。 アマゾンでは中央赤枠のものと同じ外観の製品が、中国製のウィルス対策製品として売られています。 Newのものは海外専売品(は同じとのことなので、中身は同じだと思われます)• 販による海外専売品の国内販売はやめてください ということでした。 が同じなのになぜNewを付けたのかは不明ですが、どうやらNewがついてもつかなくても中身は同じようです。 フリマアプリなどでは、Newというのを強調し、既存製品に対して改良がされたかのような優良誤認を誘うような書き方をしているものもありますので要注意です。 東亜産業のVIRUS SHUT OUTにはハンドジェルもありますが、こちらは、日本製と中国製の2ラインあるようなので、同じパッケージで中国製であっても、偽物ではないようです。 本製品はではなく化粧品としての販売届出のため、「殺菌」「消毒」という文言は使えません。 (出典:東亜産業公式サイト) いつもご覧いただきありがとうございます。

次の

手指用アルコール消毒液/ジェルおすすめ12選の濃度ランキング

東亜 産業 怪しい

Contents• まずは株式会社オウケイウェイヴの会社概要や受賞履歴などについてご紹介します。 会社概要 株式会社オウケイウェイヴ(英文表記では「 OKWAVE,Inc」)は、平成 11年 7月に設立されました。 本社の所在地は東京都港区虎ノ門 4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス 7階で、資本金は 2020年 3月 31日時点で 1,313百万円です。 従業員数は 2019年 6月 30日時点で 142人おり、株主は松田元氏及び兼元謙任(かねもとときとう)氏他となっています。 オウケイウェイヴの取締役会長には株主でもある兼元謙任氏が就任しています。 2018年 7月に社長に抜擢された松田元氏が 2020年 4月にインサイダー騒動で辞任した後は、福田道夫氏が代表取締役社長に就任しています。 また、取締役副社長には佐藤哲也氏、取締役には野崎正徳氏がそれぞれ名を連ねています。 グループ会社には OKWAVEUSA,Corporationや株式会社ブリックス、株式会社 OKEIOS、株式会社 OKGAIA、 OKfinc LTDなどがあり、関連事業を展開しています。 グループ会社には株式会社ブリックスや株式会社 OKEIOS、株式会社 OKGAIAなどがあります。 株式会社オウケイウェイヴは、これまで数々の受賞実績があることでも有名です。 com」がグッドデザイン賞を受賞し、 2013年 1月には Grate Place to Work R Institute Japanが発表する 2013年「働きがいのある会社」ランキングでベストカンパニーにも選出されています。 2019年 12月には「 Work Story Award 2019」で『 OKWAVE GRATICA』の取り組みがゲスト審査員特別賞を受賞するなど、株式会社オウケイウェイヴは多くの人から注目を集めている企業です。 2016年 6月には医療情報サービス子会社である株式会社 OKEIOS(オケイオス)を設立しました。 オケイオスでは、ブロックチェーンの特性を生かして低コストかつ安全に医療データ管理が可能なプラットフォームの開発を行っています。 2017年 3月には不動産関連専門家サービス子会社の株式会社 OKGAIA(オケガアイア)を設立しました。 オケガアイアは不動産に特化した相談サービスで、匿名かつ無料で不動産の専門家に個別相談ができます。 宅地建物取引士や建築士、行政書士、フィナンシャルプランナーなどの各専門家に対し、オンライン上で気軽に相談できるのが特徴です。 また、 2018年 5月にはブロックチェーン開発を専門とする OK BLOCKCHAIN CENTRE SDN. BHD. を OKfincs LTD子会社として設立し、続けて 7月には株式や日系 225、商品先物取引を取り扱う OKプレミア証券株式会社を子会社化しました。 2019年 4月には仮想通貨交換業者である株式会社 LastRootsを子会社化し、仮想通貨事業へ本格的に取り組みを開始しています。 OK-チップを貯めると企業から特典を受け取れるというサービスでしたが、あくまでサイト内で利用できるポイントとしての役割のみでした。 そこで、 OK-チップを仮想通貨「 c0ban」と連携させることで、さらなる可能性を広げていくというものです。 「c0ban」はLastRootsが発行している仮想通貨であり、もともとはSBIの傘下で仮想通貨交換業の登録業者を目指していましたが、元社長松田氏の働きかけにより、オウケイウェイヴの元で事業を進めることになったという流れです。 オウケイウェイヴの事業拡大に松田氏は大きく関わってきたことが顕著に見て取れるでしょう。 元社長である松田氏に反社との繋がりを示唆する噂が!? それでは、元社長である松田氏はいったいどのような疑惑をかけられているのでしょうか? 松田氏はオウケイウェイヴで CBCO(チーフ・ブロックチェーン・オフィサー)として、ブロックチェーンを活用した事業拡大に大きく関与してきました。 しかし、 2020年 4月にインサイダー取引を行ったのではないかとの疑惑がかかり、社長を辞任しています。 松田氏主導により仮想通貨事業に踏み出したオウケイウェイヴでしたが、松田氏には複数の詐欺の疑いがかけられていると話題です。 まず投資詐欺疑惑としては、松田氏が 2014年にエスビーアイ株式会社と共同で開催した投資家向けセミナーが取り上げられています。 松田氏はエスビーアイ株式会社の社債を購入するとして多くの投資家から 10億円にも及ぶ資金集めを行いましたが、その投資に失敗してしまったのではないかと言われています。 実際に、セミナーでは高配当を宣伝していたにも関わらずその後のレポートは一切なく、複数の元本返金要請も無視し続けたことで投資家たちと民事訴訟のトラブルに発展していました。 エスビーアイ株式会社の代表取締役は松田氏の元側近でもある矢野健太郎氏ですが、 2017年には松田氏に対し、 1億 9,000万円の債権があるとして東京地裁に賃金返還等請求訴訟を提起しました。 矢野氏は信頼する松田氏から会社の債権の返済責任を一人で負わされたとして、不満が募ったと想定されます。 また、矢野氏同様に松田氏の弟分的存在であった KAZMAX(吉澤和真氏)も松田氏の投資塾の生徒でしたが、関係が悪化したことから「松田氏に騙されて多額のお金を搾取された」などと語っていますが、真偽については定かではありません。 松田氏が反社とのつながりの疑惑を持たれたのは、仮想通貨事業がきっかけです。 松田氏主導でオウケイウェイヴは Wowooが運営する Wobitという仮想通貨の技術支援を行いました。 Wobitは 2018年 5月に海外の取引場に上場されますが、価格は急落してしまいます。 本来、仮想通貨の価格暴落があっても投資家の失敗や自己責任という結論で済ませられますが、 Wobitに関してはオウケイウェイヴが虚偽の IRを投資家へ提供したとして問題になりました。 マレーシアにあるオウケイウェイヴの子会社である「 OKfinc」が Wowooに 19%の出資を宣言していたにも関わらず、実際には出資されていなかったと判明したからです。 そこで Wobitに 7,000万円を投資した結果損失を受けた投資家がオウケイウェイヴに対し損失補填を要請したところ、応答がありませんでした。 投資家が金融庁に訴える旨の連絡をすると、元組員を名乗る人物に脅されたと言います。 元組員を名乗る人物は松田氏やオウケイウェイヴに反社会的勢力とのつながりを示唆するような言葉をかけたということです。 ただし、この件に関しても 実際に本当に反社とのつながりがあるのか明確な証拠は確認できていないため、あくまでも噂の範疇を出ません。 立ち直れるか?オウケイウェイヴのこれから 元社長である松田氏に様々な疑惑をかけられてしまったオウケイウェイヴですが、今後はどのようになっていくのでしょうか? Wowooに対する出資に関しては、オウケイウェイヴ側からはあくまで出資予定であり、実際には出資ができなかったと謝罪及び説明が発表されています。 出資ができなかった理由もはっきりと記載されているため、虚偽の IRを流布したとは断言できないのが事実です。 オウケイウェイヴの現在抱える問題は、このような詐欺疑惑で投資家たちからの信用が下がってしまったという点にあります。 しかし、インサイダー取引疑惑がかけられた松田氏は社長を辞任しており、今後は失った信頼を回復していくために誠実に行動していくことがオウケイウェイヴには求められていると言えるでしょう。 このような疑惑がかけられるのも、オウケイウェイヴが影響力の強い企業だからです。 今後、立ち直れるかどうかは他企業や投資家の信頼を取り戻せるかにかかっていると言えるでしょう。 元社長である松田氏の加入により OKWAVEの運営だけでなく、ブロックチェーンや仮想通貨事業など様々な事業展開を行ってきました。 松田氏は複数の疑いをかけられて反社とのつながりまで噂が広がりましたが、あくまで噂に過ぎません。 松田氏が社長を辞任した今、オウケイウェイヴは疑惑をはねのけさらなる発展を続けていくと考えらえます。 株式会社オウケイウェイヴから、今後も目が離せません。

次の