あられ ひょう。 あられ ひょう

ひょう(雹)とあられ(霰)の違い | お天気.com

あられ ひょう

あられ 「あられ」は 雲から降る直径5mm未満の氷粒。 「雪あられ」と「氷あられ」という区別があります。 「雪あられ」は雪のまわりに水滴がついたもので白色不透明で柔らかいのが特徴。 ちなみに、雪の定義は「大気中の水蒸気から生成される 氷の結晶が降ってくること」で「あられ」や「ひょう」は「 氷の粒」といった違いがあります。 「氷あられ」は積乱雲から降る直径5mm未満の氷粒のこと。 氷の粒なので白色半透明か不透明で雪あられより硬く、音を立てて少し跳ねます。 小さな粒なのであたってもそんなに痛くないです。 ひょう 「ひょう」は 積乱雲から降る直径5mm以上の氷粒。 氷が雲の中で上昇と下降を繰り返し、他の氷粒や過冷却の水滴とくっつくことで成長していきます。 そして、上昇気流が上昇させられる重さを超えると地上へと降ってくる仕組みです。 また、「ひょう」は激しい上昇気流をもった積乱雲内で発生するため、雷とともに発生することが多いのも特徴。 数mmのものがほとんどですが、数cm以上に成長する場合もあります。 日本で最大の雹は1917年6月29日に埼玉県熊谷市(当時の埼玉県大里郡熊谷町)に降った直径29. 6cmのもの。 この記録は世界最大ですが、残念ながらギネス登録されてません。 ギネス記録に登録されている最大の雹は2010年7月23日にアメリカのサウスダコタ州ビビアンに降った直径20. 23cmのものです。 数mm程度のものならあたっても少し痛い程度ですが、数cmを超える場合は屋外に出ない方がいいでしょう。 みぞれ 「みぞれ」は 雨と雪が混ざって降る現象のこと。 「雪あられ」と近いですが、雨と雪が混ざって降ってくるのは「みぞれ」、雨が凍ったり雪の一部が溶けたりなどしてできるのが「雪あられ」と微妙に違います。 「みぞれ」は気象観測上で雪にカウントされますが、「雪あられ」はあられにカウントされます。 「あられ」と「ひょう」、「みぞれ」の違いとは? 「あられ」と「ひょう」の違いは降ってくる 氷の粒の大きさ。 5mm未満なら「あられ」、5mm以上なら「ひょう」です。 また、「みぞれ」は氷の粒ではなく、雨と雪が混ざって降ってくる現象のことを言います。 いかがでしたか? 今回は「あられ」と「ひょう」、「みぞれ」の違いについてお伝えしました。 「みぞれ」がややこしいですが、「あられ」と「ひょう」の違いはわかりやすいですね。 小さな氷の粒なら害になることも少ないので、ニュースで取り上げられるのは害が出やすい大きな氷粒の「ひょう(雹)」です。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

ひょう(雹)とあられ(霰)の違い | お天気.com

あられ ひょう

降水 雨に関する用語 用語 説明 雨 用例 雨が降る(やむ)。 (雪が)雨に変わる。 雨の日。 雨の天気。 霧雨 微小な雨滴(直径0. 5mm未満)による弱い雨。 雷雨 雷をともなう雨。 用例 雷雨がある。 備考 予報文では「雨(雪)で雷を伴う」という表現を用いることもある。 長雨 数日以上続く雨の天気。 備考 気象情報の見出しなどに用いる。 備考 「風雨」は用いない。 天気予報文では「風雨が強い」とはせずに、風と雨について個別に強さを示す。 例えば、「~の風が強く、雨」。 備考 一般的な用語でないので予報、解説には用いない。 ひょう 積乱雲から降る直径5mm以上の氷塊。 備考 「雨もよう」、「雪もよう」または「~もようの天気」などは意味がいろいろにとれるため用いない。 備考 「雷雨」は「降る」と言わずに「ある」という。 雨が残る (雨の主体が通ったあと)しばらくの間、雨が降ること。 備考 「弱い雨」より弱くなる場合に用いる。 雨域 雨の区域。 用例 雨域が移る。 備考 線状降水帯の多くは暖候期に発生し、大きな災害の要因となる集中豪雨を引き起こすことがある。 備考 「暴風」と「暴風雨」が混同される可能性がある(特に音声伝達の場合)ため、天気予報文としては用いず、風と雨について個別に強さを示す。 また、解説用語として音声で「暴風雨」を用いる場合は「暴風」と混同されないように、雨の強さを具体的に示すなどして用いる。 豪雨 著しい災害が発生した顕著な大雨現象。 一般に発表する予報や警報、気象情報等では、「豪雨」単独では用いない。 備考 a)著しい災害とは、激甚災害、命名された大雨災害。 b)既に命名された現象もしくはそれに匹敵する過去事象に対する使用に限定する。 c)命名の目安は「浸水家屋10000棟」等。 備考 積乱雲が同じ場所で次々と発生・発達を繰り返すことにより起き、重大な土砂災害や家屋浸水等の災害を引き起こす。 局地的大雨 急に強く降り、数十分の短時間に狭い範囲に数十mm程度の雨量をもたらす雨。 「局地的な大雨」とも言う。 備考 単独の積乱雲が発達することによって起き、大雨や洪水の注意報・警報が発表される気象状態でなくても、急な強い雨のため河川や水路等が短時間に増水する等、急激な状況変化により重大な事故を引き起こすことがある。 雨の強さ 備考 予報用語でいう「雨の強さ」は、に従って決めており、地上気象観測指針でいう「降雨強度」とは必ずしも対応しない。 弱い雨 1時間雨量が3mm未満の強さの雨。 備考 「弱い雨」は「小雨」を含む。 やや強い雨 1時間に10mm以上20mm未満の雨。 強い雨 1時間に20mm以上30mm未満の雨。 激しい雨 1時間に30mm以上50mm未満の雨。 非常に激しい雨 1時間に50mm以上80mm未満の雨。 猛烈な雨 1時間に80mm以上の雨。 大雨 災害が発生するおそれのある雨。 備考 気象庁HPの過去の気象データ検索の天気概況については、該当期間に30mm以上の雨の場合に記述される。 小雨 数時間続いても雨量が1mmに達しないくらいの雨。 雨が強くなる 「強い雨」が降るようになること。 雨が激しくなる 「激しい雨」が降るようになること。 まとまった雨 雪 季節予報で少雨(雪)の状態が続いているときに、一時的にせよその状態が緩和されると期待されるときに用いる。 備考 季節予報で用いる。 少雨傾向 備考 a 季節予報では対象期間、対象地域のかなりの部分で降水量が「少ない」状態。 b 明らかに少ない状態の場合は「傾向」は付加しない。 雪に関する用語 用語 説明 雪 用例 雪が降る。 雪が積もる。 雪が解ける。 (雨が)雪に変わる。 雪の日。 雪の天気。 みぞれ 雨と雪が混在して降る降水。 備考 「みぞれ」を予報することは難しいので、予報文では「雨か雪」、「雪か雨」と表現することが多い。 天気分布予報や地域時系列予報では、「雨か雪」と「雪か雨」を合わせたものを「雨または雪」と表現する。 あられ 雲から落下する白色不透明・半透明または透明な氷の粒で、直径が5mm未満のもの。 備考 a 直径5mm以上は「ひょう」とする。 b 「雪あられ」と「氷あられ」とがある。 予報文では、「雪あられ」は雪、「氷あられ」は雨に含める。 備考 透明な氷粒であるが、予報文では「雪」として扱う。 予報では「霧」とする。 備考 「こおりぎり」と読む。 ふぶき 「やや強い風」程度以上の風が雪を伴って吹く状態。 降雪がある場合と、降雪はないが積もった雪が風に舞上げられる場合(地ふぶき)とがある。 用例 ふぶく、ふぶきになる、ふぶきがおさまる。 備考 視程の障害を伴う。 (吹雪)とも書く。 地ふぶき 積もった雪が風のために空中に吹き上げられる現象。 用例 地ふぶきのため見通しが悪い。 備考 (地吹雪)とも書く。 (非常に)風が強く、地ふぶきによる視程障害や吹きだまりによる交通障害の発生する可能性がある場合には、暴風雪警報、風雪注意報を発表する。 猛ふぶき 強い風以上の風を伴うふぶき。 備考 著しい視程の障害を伴う。 (猛吹雪)とも書く。 風雪 雪を伴った風。 ホワイトアウト 視界が白一色になる現象であり,吹雪や降雪時において、視程より近い距離に雪以外に識別できる地物が無い状況。 備考 ホワイトアウトにより方向感覚がなくなり、自分の位置がわからなくなる。 しぐれ 大陸からの寒気が日本海や東シナ海の海面で暖められて発生した対流雲が次々に通るために晴れや曇りが繰り返し、断続的に雨や雪の降る状態。 「通り雨」として用いられる場合もある。 用例 北陸地方ではしぐれる。 備考 主に晩秋から初冬にかけて、北陸から山陰地方や九州の西岸などで使われる。 関東地方では後者の意味で用いられる。 備考 「山雪」、「里雪」は北陸を中心に使われており、季節風による雪の降り方を表す。 着氷 船体着氷 水滴が地物に付いて凍結する現象。 海上で低温と風により波しぶき、雨や霧が船体に付着し、凍結する現象を特に「船体着氷」という。 備考 航空機にも発現する場合がある。 着雪 湿った雪が電線や樹木などに付着する現象。 落雪 屋根等に積もった雪が落下すること。 備考 大雪や、気温が上昇し雪解けが進むようなとき、天気概況や気象情報の本文で、「屋根からの落雪にも注意してください」等の表現で使用する。 融雪 積雪が大雨や気温の上昇により解ける現象。 備考 風が強いと解けやすくなる。 大きな雪片となりやすく、着雪の被害を起こしやすい。 備考 予報用語としては、「湿った(重い)雪」などの平易な用語を用いる。 ただし、北日本など「湿り雪」という用語が一般に浸透している所では用いることもある。 なだれ 山などの斜面に積もった雪が、重力により崩れ落ちる現象。 表層なだれと全層なだれとがある。 雪の強さに関する用語 用語 説明 暴風雪 暴風に雪を伴うもの。 用例 暴風雪となる。 備考 「暴風雪がおさまる」は、解釈上曖眛さを生じるので解説する場合は雪と風を分けて述べることが望ましい。 例えば、「非常に強い風はおさまるが、雪は降り続く」。 豪雪 著しい災害が発生した顕著な大雪現象。 用例 昭和38年1月豪雪、平成18年豪雪。 備考 豪雨に準じた用い方をする。 大雪 大雪注意報基準以上の雪。 季節予報および天候情報においては、数日以上にわたる降雪により、社会的に大きな影響をもたらすおそれのある雪。 備考 気象庁HPの過去の気象データ検索の天気概況については、該当期間に北海道内の気象官署と青森、秋田、盛岡、山形、新潟、金沢、富山、長野、福井、鳥取および松江の各官署においては概ね20cm以上、その他の官署では概ね10cm以上の降雪の場合に記述される。 小雪 数時間降り続いても、降水量として1mmに達しない雪。 備考 北日本や日本海側の地方で「小雪」の表現が適切でないときは、「雪」の表現を用いることもある。 雨、雪の量的表現に関する用語 用語 説明 雨量 用例 総雨量。 備考 雨量を観測(予報)した時間または時刻を明確にする。 降水量 備考 雨と雪の場合を一括して扱うときに用いる。 雨日数 備考 a 音声伝達では「雨の降った日数」を用いる。 c 季節予報では、日降水量10mm以上の日数を「雨日数」としている。 雪日数 備考 a 音声伝達では「雪の降った日数」を用いる。 降雪 用例 降雪がある。 降雪の深さ。 備考 やや専門的な用語なので「雪が降る」などの説明を付ける。 降雪の深さ 一定の期間内に積もった雪の深さ(cm単位)。 備考 期間を明記する。 府県気象情報等ではアメダスの積雪深計についても積雪差の正の値の合計を「降雪の深さ」として用いる。 降雪量 降雪の深さ(cm単位)。 積雪の深さ 積もった雪の深さ(cm単位)。 積雪 地表面などに堆積している雪やあられ。 備考 「積雪0cm」とは、露場 観測を行う場所 の地面の半ば以上を雪が覆う現象。 「積雪なし」とは、露場の地面に雪が全くないか、または半ば以上を覆っていない状態。 にわか雨(雪)に関する用語 用語 説明 所によりにわか雨 備考 しゅう雨性の雨と特定できる場合に用いる。 所により一時雨 備考 しゅう雨性以外の雨またはしゅう雨性の雨と特定できない場合に用いる。 にわか雨 降水が地域的に散発する一過性の雨。 備考 「にわか雨」のなかには「一時的に降る雨」という意味が含まれているので、冬期の日本海側において、対流雲が次々と通り、晴れとしゅう雨 雪 が繰り返すような現象に対しては「にわか雨 雪 」は用いない。 備考 「にわか雨」のなかには「一時的に降る雨」という意味が含まれている。 にわか雪 降水がしゅう雪性であって、地域的に散発する一過性の雪。 備考 「にわか雪」のなかには「一時的に降る雪」という意味が含まれている。 備考 a 音声伝達では「にわか雨」、「雨」を用いる。 b 広域の長時間にわたる「しゅう雨」は「雨」とする。 備考 a 音声伝達では「にわか雪」、「雪」を用いる。 b 広域の長時間にわたる「しゅう雪」は「雪」とする。

次の

雪とは別物!?『ひょう』と『あられ』と『みぞれ』の特徴とは

あられ ひょう

晴れ(はれ) お次はこちらもいい天気、 晴れ。 こちらは、空全体に占める雲の割合が、 2割から8割のときのことを言います。 曇り(くもり) そして、お次は 曇り(くもり)。 空の、 9割以上が雲におおわれていて、 かつ、雨などが降っていないときが、 曇りの状態ですね。 雨(あめ) 4番目は、 雨(あめ)。 雪(ゆき) サクサクと続いては、 雪(ゆき)。 雷(かみなり) 6番目は 雷(かみなり)。 雷の天気記号は、 上半分が白丸、 下半分が黒丸というマーク。 天気記号で、上下で色を塗り分けるものは、 のちほどご紹介する、「みぞれ」がありますが、 どちらも下半分を、黒で塗りつぶしています。 霧(きり) 続いては、 霧(きり)。 気象学的には、 1km先の景色が見えない状態のことをさします。 このマークは、よーく見ると 「目」に見えますよね。 霰(あられ) 霰(あられ)は、空から降ってくる、 直径が 5mm未満の、氷の粒のこと。 雹(ひょう) あられが、直径5mm未満の氷の粒なら、 雹(ひょう)はそれよりも大きい、 直径5mm以上のもの。 先ほども触れましたが、大きいものになると、 傘を突き破ったり、車のガラスを割ったりと、 私たちにとって、とても 怖いものになります。 あられより、ひょうの方が 大きく重いので、 黒に塗りつぶすイメージを持てば、 覚えやすいでしょう。 名前の区別も、ひょうは 動物のヒョウを イメージすれば、あられよりも危険(=大きい)と、 区別できますよね。 昭和生まれの方は、あのかわいい、 Dr. 霙(みぞれ) 霙(みぞれ)は、 雨と雪が、同時に降っている状態のこと。 天気記号も、まさに雨と雪が、 半分ずつ描かれたものになっていて、 覚えやすいですよね。 塗りつぶされている(=雨のほう)のは 下、 というのは、さきほど雷のところでも、 前述したとおりです。 で、まずは、雨の天気記号の右下に、 「キ」が書かれた、霧雨(きりさめ)から。 この「キ」はもちろん、 霧雨の頭文字をとったものですね。 ちなみに霧雨とは、 霧のように細かい雨のこと。 1時間に 15mm以上という、 激しい雨が降るときに、この天気記号が使われます。 ちなみに、1時間に15mmの雨というのは、 外や車の中にいると、傘や屋根にあたる雨の音で、 会話が 上手く聞き取れないくらいの、強いものです。 急に降ってきて、しばらくするとやむ、 一過性の雨のことを、にわか雨と呼びます。 最近では、都市部を中心に、 大きな被害をもたらすことも多い、 ゲリラ豪雨も有名ですね。 雪強し(ゆきつよし) 雨のおつぎは、雪の天気記号の右下に、 「ツ」が書かれた、雪強しの天気記号。 雪を降水量に換算して、1時間に 3mm以上になる場合、 この「雪強し」のマークが使われます。 にわか雪(にわかゆき) そして、先ほどのにわか雨同様、 雪のマークの右下に、 「ニ」とかかれたものが、 にわか雪の天気記号。 こちらはもはや、 説明不要ですね! 16. 雷強し(かみなりつよし) もともとの天気記号に、 カタカナが書かれたバーションも、 これが最後。 雷の天気記号の右下に、 強しの 「ツ」が書かれたものが、 この、雷強しになります。 この雷強し、 気象学的には、 「過去10分以内に、地上への落雷を伴う強い雷電があった状態」 のこと。 煙霧(えんむ) ここから先は、 ちょっと マニアックな部類に入ってきますが、 せっかくなので、この機会に覚えてしまいましょう! 最初にご紹介するのは、 煙霧(えんむ)。 霧とは違い、空気中にたくさんの、 砂ぼこりなどの、 粒子が浮かんでおり、 視界が妨げたれる状態をさします。 ちり煙霧(ちり煙霧) ちり煙霧は、煙霧の中でも特に、 砂ぼこりや 火山灰が、空気中にプカプカと漂い、 視界が悪い状態のことをさします。 最近では、中国から飛んでくる、 黄砂(こうさ)が有名ですね。 このSは、英語で砂や砂粒を意味する、 「Sand」の頭文字からきています。 ただしこのちり煙霧、視界が 2km未満にならないと、 天気記号は使われず… 例えば、外に干してある洗濯物に黄砂がつき、 黄色くなったとしても、気象学的なちり煙霧の 定義を満たすことは、 なかなかないんだとか。 砂じんあらし(さじんあらし) こちらはさらにレアな、 砂じんあらし。 先ほどのちり煙霧が、視界2km未満なら、 砂じんあらしは視界が 1km未満になって、 ようやくあらわれる、地図記号。 このあたりは、軽い会話のネタになるような、 トリビア(豆知識)だと、割り切ったほうが、 覚えやすいかもしれないですね。 地ふぶき(じふぶき) 残る天気記号も、 あと2つ! トリ前を飾るのは、またまたレアな 地ふぶき。 これは、地面に積もった雪が、 風によって吹き上げられ、それによって、 視界が 1km未満になった状態のこと。 右向きの矢印が風、上向きの矢印が、 風によって舞い上げられた雪だと考えれば、 分かりやすいですね。 天気不明(てんきふめい) そしてラストは、 天気不明。 こちらはシンプルに、 その場所の天気が、 わからないときに使う、 天気記号です。

次の