坊ちゃん かぼちゃ 育て 方。 ミニカボチャ

カボチャの栽培は意外と簡単! 栽培方法と初心者におすすめの品種

坊ちゃん かぼちゃ 育て 方

栽培の特徴 種類 科目 適正土壌pH 連作障害 栽培難易度 ミニカボチャ ウリ科 5. 5~6. 科名属名:ウリ科カボチャ属• 原産地:アメリカ大陸• 草丈樹高:低 30cm以上• 日照条件:日なた• 水やり:乾かし気味に育てる• 種まき期:3月下旬から4月• 植えつけ期:4月下旬から5月中旬• 収穫期 7月~9月• 植えつけから収穫までの期間 90日前後• 開花から収穫までの期間 40~50日くらい 豆知識 日本で栽培されているカボチャ カボチャは、北アメリカ大陸から南アメリカ大陸にかけての広い地域が原産のウリ科野菜です。 日本には、西洋カボチャ、日本カボチャ、そしてペポカボチャの3種類のカボチャがあります。 最初に日本伝わったカボチャは、日本カボチャです。 日本カボチャは1542年、漂着したポルトガル船によってもたらされました。 西洋カボチャは1863年に初めて、アメリカより渡来し、明治に入り、多くの品種が輸入されるようになりました。 カボチャの代表的な品種 日本カボチャ 日本カボチャといいますが実際はアメリカ原産であることには変わりありません、日本に伝わってきたのが、西洋カボチャより古く、日本で独自の発展をみせた品種です。 西洋カボチャ スーパーでよく見かけるのがこのタイプです。 最も多く流通してい品種のカボチャです。 現在の主流は西洋カボチャで、西洋カボチャは果肉が粉質のため、ホクホクとしてクリのように甘味が強く「栗カボチャ」とも呼ばれています。 「栗カボチャ」「ほっこりえびす」などがあります。 ミニかぼちゃ あまり大きくならない小ぶりに品種改良して育てやすかぼちゃです。 「ほっこり姫」「利休」「坊ちゃんかぼちゃ」のどがあります。 へポカボチャ ズッキーニなどもかぼちゃの仲間になります。 栽培のコツ 栽培期間や適正気温 ミニカボチャの栽培期間は長く 120日から150日前後です。 連作障害 一般的にスイカやメロンなどを除いて、ウリ科の植物は連作障害に強い野菜です。 カボチャは連作可能なようですが、カボチャの後に同じウリ科のスイカなどは植えることはできません 栽培スケジュール 畑の準備 土つくり• 種まきの2週間ぐらい前に畑に苦度石灰をまき土壌を中和し、よく耕します。 適正土壌pHは5. 5~6. 0です。 さらに7日から10日前までに、元肥を施し深く耕します。 元肥の目安は1㎡あたり約2kgの完熟たい肥です。 同時に化成肥料を施肥しておくといいでしょう。 畑の石や木片など根の障害になるようなものは取り除いておきましょう。 畝立て• 水はけを良くするために、幅60cm高さ10cmほどの畝を立てマルチを張ります。 マルチを張ることで土の跳ね返りによる病気を防ぎ、土を保温し生育を促進んしてくれます。 栽培管理 種まき、植え付けと株間• 種から育てる場合は、ポットなどに3粒から5粒播き、1cmほど盛り土して上から軽く押し固めておきます。 たっぷり水をやり、本葉1枚~2枚のころから段階的に間引き、最終的に1本立ちにします。 植え付けの株間は、 30cm(親づるのみ伸ばす場合)~120cm(子づる4本育てる)ぐらい確保して、マルチに穴をあけて植えつけます。 子づる2本の場合約60cmあける。 植え付け後は害虫対策や風で倒れないように育苗のビニールキャップをかぶせてやります。 仕立て方 摘芯 摘芯は人工授粉とともに、カボチャの栽培では大変重要な作業になります。 親づるは摘芯せずに伸ばしていきましょう。 勢いのいい子づるを 2本から3本ほど残して、ほかは摘み取ります。 そのほかの実は摘果します。 うまくやれば、 1本の苗から5個収穫することができます。 だいたい 15枚の葉っぱに対して1個の実を残すと、大きくおいしいかぼちゃが育てられます。 支柱による立体栽培 ミニカボチャは、立体さ売すると省スペースで効率よく栽培ができます。 合掌式や垂直式などで支柱を立てて立体栽培することができます。 空中栽培することで日当たりもよくなり、病気にも強くなります。 支柱の立て方はこちらを参考にしてください。 追肥 根が浅く広がるように成長しますので、肥料や焼けや掘り返して根を痛めないように育てましょう。 1回目の追肥 一回目の追肥は5節目か6節目くらいまで育って、子づるがそろい始めたころに行います。 一回の追肥量は、1平米当たり化成肥料で60gから70gぐらいを目安に株元にパラパラまくように与え軽く土をかぶせておきます。 2回目の追肥 果実が直径5㎝くらいになったころ、2回目の追肥をします。 株マのところで頃にパラパラと化成肥料などをまきます。 以後成長を見ながら約2週間おきに同じように追肥を行います。 受粉 カボチャは雄花(おばな)と雌花(めばな)がそれそれ独立して咲きます。 雌花(めばな)の付け根には小さな実がついていて、雄花と受粉することによって身を大きくさせます。 受粉できずに枯れた雌花についている実は大きくはなりません。 自然に受粉するのを待っていると効率が悪いので、カボチャは人工授粉するのが常です。 花の付け根の部分が膨れているのが雌花(めばな) 花だけしかないのが雄花(おばな)です。 これが雄花です。 花びらの下が膨らんでいません。 そしてこちらが雌花です。 花のが丸く膨らんだ茎から咲いています。 雄花を摘み取って黄色い花びらをきれいに取り除きます。 中の花粉を落とさないように優しく取り除くといいでしょう。 これで受粉完了です。 優しく雌花に雄花の花粉をつけてやります。 雌花はあっても、雄花がなかったり、雄花ばっかり咲いて雌花がなかったりして、せっかく花が咲いても実をならせられない時があります。 できれば複数の苗を植えて一度にたくさんの雌花と雄花を咲かせたいところです。 また、 受粉作業は早朝から午前10時ぐらいまでに行うといいとされています。 玉直し カボチャを地面を這わして育てていると、できた実が地面に接している部分に日光が当たらす緑色にならない、グランドマークと呼ばれる変色したように見える部分ができます。 玉直しで裏面にも日光が当たるように、ひっくり返します。 へたが取れてしまわないように気を付けてゆっくり動かしましょう。 収穫 長さや大きさは品種によって異なりますが、実が成長してある程度の大きさになったら収穫します。 収穫のサインは、果実の付け根の 首の部分が茶色くコルク上になった時が収穫適期です。 開花から35日から40日で収穫期を迎えます。 、また爪を軽く実にあててみて、爪が食い込まないくらい硬くなったら収穫可能になります。 収穫後10日ほど風に当てて乾燥させると甘みが増すといわれています。 コンパニオンプランツ 〇 混植に適している植物 good 野菜類• ネギ類 長ネギ ハネギ(ウリハムシを遠ざける)• 玉ねぎ(つる割れ病などの病気を抑える)• ニンニク(つる割れ病を抑える)• らっきょ(つる割れ病を抑える)• トウモロコシ(互いに成長を助ける)• カブ(互いに成長を助ける) 花類 ハーブ類• パセリ(根元の乾燥を抑える)• チャービル(虫よけ 野菜を元気にする)• ミツバ(根元の乾燥を抑える) 〇 前作に植えるとよい植物 good• トウモロコシ• カリフラワー• ニンジン• ウリ科全般(根こぶ線虫を増やす)• セージ(ハーブ)• オクラ(センチュウを増やす)• ニンジン(根こぶセンチュウを増やす).

次の

カボチャの育て方と栽培のコツ

坊ちゃん かぼちゃ 育て 方

ミニカボチャの品種には、「坊ちゃん」や「栗坊」・「プッチーニ」などがあります。 今回は、「栗坊」 <栗坊の特長> 甘くてホクホク、手のひらサイズの使いやすいミニカボチャです。 果実は黒緑色、500~600g、1つるに3~4果着きます。 レンジで加熱しただけでおいしく食べられます。 (サカタのタネより) <種まき時期> ポットまき:3月上旬~4月 直まき:3月下旬~4月 <植え付け時期> 4月下旬~5月中旬 カボチャの本葉が4~5枚くらいになったら、植え付けの適期です。 <摘芯・整枝・支柱立て> 植え付けから1週間~2週間後? 本葉が6~7枚の頃、主枝(親づる)の先端をハサミで切り取ります(摘芯) この作業1つで、子づる(脇芽)が元気よく伸び始め~多く実をつけることができます。 そして、元気の良い子づるを3本残し、他の子づるは摘み取ります(整枝) 作業後、支柱やネットをかける。 雄花:つけ根がふくらんでいない。 雌花:つけ根が丸くふくらんでいる。 その日に咲いた雄花と雌花を見つけたら、 確実に受粉できるよう~人工授粉をやってみましょう~! <人工授粉> 雌花が咲いたら~その日に咲いた新鮮な雄花を選んで、 雄花を摘み取り~花びらを取り、花粉がつけやすいように雄しべをむき出しにします。 そして、雌花の柱頭に、花粉が着くように丁寧に・・トントン~と 晴れた日の9時くらいまでには、受粉を行っておきましょう。 <追肥のタイミング> 果実がたまご大の大きさになったころ、 肥料を1株当たり20g程度施し、果実の肥大を図ります。 通常サイズのカボチャに比べると、小さいサイズのため同じ面積で収穫できる個数が増えるので ミニ家庭菜園やプランター栽培にもおススメです。 しかも~支柱を立てて「緑のカーテン」?「カボチャのカーテン」などで楽しめます。 (ウリ科ではよくあること) 密植や窒素過多を避け、日当たりと風通しをよくしてあげましょう。 <収穫時期のタイミング> 開花後35~40日程度で完熟期になります。 十分に完熟(果実のつけ根にひびが入りコルク化)したものを 天気のよい日に収穫しましょう!! <収穫後の注意ポイント> カボチャは収穫後にデンプンが穏やかに糖に変わっていくので、 収穫直後(採り立て)よりも、しばらく置いた方が甘みが増しておいしくなります。 3~4週間ほど保存してから食べましょう。 通常のカボチャと比べると、肉質はやや粉質ですが、美味しいミニカボチャです。 収穫のピークは夏ですが、採れたてのものは甘みがなく、貯蔵により甘みが増します。 そのため、食べごろは秋から冬にかけて。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 そして 毎日の励みとなっています.

次の

坊ちゃんかぼちゃ!育て方について!

坊ちゃん かぼちゃ 育て 方

もくじ• 畑づくりのポイント かぼちゃはつるや葉が元気に茂るために広いスペースが必要になります。 種まきの時に、畝を通路を含め250cmくらいとれるように広めを確保しておきましょう。 種まき 植え付けは、5月の上旬の晩霜の心配がなくなった頃に行いましょう。 畝幅を90~100cm、通路を含め200~250cmくらいとって作ります。 株間は60~100cm程度は空けるようにして種をまきます。 併せて、初心者が栽培しやすい種を紹介しておきます。 栗えびす• ベイブレード 西洋かぼちゃの種類が手間がかからず栽培しやすいので、まずはこれにチャレンジしてみましょう。 整枝とは 子づるを切ってしまうのは一見もったいない感じもしますが、全体的にすっきりして太陽光が当たりやすくなって元気になります。 初心者が、不安になりやすいポイントですがしっかり実行しましょう。 人工授粉 雌花が開花したら、その日の朝早くに雄花の花粉を雌花の柱頭に優しくこすりつけて受粉させます。 朝を逃すと花粉が発芽力を失ってしまいます。 自然に任せておいても良いのですが、あくまでその場合は自然次第になりますので結実しないこともあります。 人工授粉をすることで確実に結実することができます。 畑によくミツバチなどが飛んできてくれていれば大丈夫なので、花が咲く頃には注意してみてください。 しかし、つるが元気いっぱい繁って葉の色が濃い場合は、追肥は中止します。 もし、判断に迷った場合化成肥料をまかない方を選択するか、ごく少量にとどめておくと良いでしょう。 風乾とは 風や外気にさらして乾燥させることです。 風乾をしっかりしておくことで、傷みにくくなります。 たくさん取れますのでこの作業をしっかり行いましょう。 日本かぼちゃを栽培したい場合は摘心が必要 日本かぼちゃが好きで栽培をしたい方もいらっしゃると思いますので、栽培しやすい種類を紹介します。 鹿ケ谷 などが日本かぼちゃの定番で、おすすめの種類です。 日本カボチャは親づるが5~6節くらいに育ってきたら、 親づるの先端を摘心します。 あとは、子つるを4本ほど残して伸ばしていきます。 日本かぼちゃの特徴は、親づるではなく 子つるの方に実が付きやすいことがあげられます。 従って、摘心をして親づるの成長を止めて子つるを伸ばす必要が出てきます。 このように西洋カボチャとは実のなり方が違う為、栽培方法が違う点に注意してください。 摘心とは親づるが先へ伸びようとする力を抑え、子つるを横へと広がるようにする作業です。 西洋かぼちゃは親づるによく実が付くので摘心しません。 日本かぼちゃは、子つるによく実が付くので摘心して子つるを伸ばします。 プランター栽培にはミニカボチャ かぼちゃは1株に7~8個も実がなるので、かなり広い面積を取ってしまいます。 しかし、種類を選べば垣根に這わせたり日除けがわりに棚づくりなど工夫をすれば栽培可能です。 大きなかぼちゃは広い畑でしか栽培できないイメージですが、ミニカボチャだとプランター栽培もできます。 栽培しやすい種類としてのおすすめは、「 坊ちゃんかぼちゃ」が良いでしょう。 果実は黒緑色、500~600g、1つるに3~4果着く程度なので扱いやすくもあります。 また、500g~600gの大きさから調理がしやすく便利で人気があるため、店頭価格が普通のかぼちゃより高いことが多いです。 かぼちゃ栽培で失敗せずに成功するコツ 水やりについて 種まきの説明で、水をたっぷりあげるようにとしました。 しかし、成長してくるとかぼちゃはしっかりと根を地面に張ります。 基本的には自然に任せてしまって大丈夫ですが、真夏の晴天続きで葉が茶色く枯れるような事があれば水をあげてください。 強い野菜なので大きくなってからは、水やりは様子を見る程度であまり気にせずでも大丈夫す。 逆に水やりが多いと実が水っぽくなり美味しくなくなってしまうのです。 かぼちゃの病気対策 基本的に病気や害虫に対して強いかぼちゃですが、栽培環境が適していないと病気になりやすくなります。 なりやすい病気として下記の2つです。 うどんこ病(葉や花首に多く発生し、うどん粉をまぶしたように白くなる)• えき病(葉、葉柄、茎、果実などに大きな斑点ができる) 二つとも発生するとかぼちゃに元気がなくなってしまいますので、普段から対策をとって予防しておきます。 畑が冠水しないように排水をしっかりして、株や葉にすき間を作って風通しを良くしてあげることで防げます。 かぼちゃ栽培のまとめ 今回は栽培と調理がしやすい西洋かぼちゃと日本かぼちゃの栽培方法を紹介しましたが、ペポカボチャという果実の形や食味が風変りな面白い種類もあります。 上達してきたら、ペポカボチャの栽培を楽しんでみてはいかがでしょうか。 かぼちゃは基本的に強い野菜なので少しくらい栽培を失敗したとしても枯れてしまう事は少ないので、気軽に栽培をしてみて欲しいと思います。

次の