アクセラ バッテリー。 自動車バッテリー適合表

MAZDA3|5ドアスポーツ・ハッチバック(ファストバック) / 4ドアセダン|マツダ

アクセラ バッテリー

アイドリングストップ車のアクセラを乗っているのですが、またもやi-stopランプが橙色で点滅してi-stop車なのにアイドリングstopしない現象が発生。 アイドリングストップ車がアイドリングストップしないとあまり意味がないので早速ディーラーへ行きました。 実は初めてではなく過去にも体験しています。 また、同様のプログラムの値の不具合か?と思っていたのですが、今度は違った。 サブバッテリーがイカれていました。 写真は修理後に正常にアイドリングストップしてインフォメーションに正常にストップ時間が積算されている図です。 サブバッテリー老朽 実はアクセラ2009年式はメインバッテリーとサブバッテリーが搭載されています。 メインバッテリーは主に内装の電気系統やメインのセルスターター、ライト、ランプ関係。 i-stopから再始動する時はサブバッテリーの電力を使います。 だから電力を再始動に持っていかれてオーディオやナビが消えたりはしないのですね。 よって交換と言うことになりました。 2年半もった それにしてもコンピュータでいつからどこがおかしくなったってわかるのですね。 俺はここが悪いんだ!治せ!って言うんですね。 昔のように修理工の勘と経験でアレかな?ここかな?とか探し回ることもないのですね。 とりあえず2年半持ったのでバッテリの平均的な耐用期間である2年~3年はクリアしているのでヨシとしよう。 昔は3年~4年ぐらい持ちこたえた気がするのだが。 12,000円か 技術料込で12,000円そこそこ高いな。 今までアイドリングストップで稼いだ燃費を一気に吐き出した気分だ。 そうか!アイドリングストップは環境に優しいのであってお財布に優しいということではないのか!理解した。 とりあえず地球環境に少しは貢献しているってことにしておこう。 まぁ車はどちらにせよ維持費がかかるってことです。 あれば便利ですが、なくてもなんとかなるんだろうな。 最終更新日: 2012年7月16日 all 8,924hits. weekly 3hits. ブログランキング参加しています。 他に関連がありそうな記事です。 ブログへのコメント• に より• に より• に より• に より• に より アーカイブ アーカイブ 人気記事•

次の

i

アクセラ バッテリー

販売期間 - 設計統括 谷岡彰(開発主査) 鈴木英樹 5人 4ドア 5ドア ZY-VE型 1. 5L LF-DE型 2. 0L 直4 DOHC LF-VE型 2. 0L 直4 DOHC L3-VE型 2. 3L 直4 DOHC L3-VDT型 2. ボディタイプは4ドアセダンと「スポーツ」と称する5ドアハッチバックの2種類を用意し、ファミリア同様、日米欧の3極をはじめ世界展開される、同社の中核車種である。 なお、マツダにおいては小型乗用車に分類されているが、ボディサイズは他社のそれより一回り大きく、実質的にミドルセダン(1,800~2,000ccクラス)に相当する。 特に、における車の市場を見据え、ボルボ・・ととを共用して基本設計され、近年の大型化の流れを受けて全幅は1,745 - 1,770mmあり、エンジンの排気量にかかわらず全車3ナンバーとなる。 ただし、を含めた車幅は日本の道路事情を考慮して5ナンバー車と同等の数値に抑えている。 「スポーツ」の全長は3代目を除けば、同クラス車としては最長である。 マツダスピードアクセラにはL3-VDT型2. 3Lターボエンジン「」、、6速が搭載された。 補強された5ドアハッチバックボディが採用され、ホイールには18インチ、ブレーキは前輪・12. 6インチ 320mm 、後輪・11インチ 280mm という大きいサイズのものが採用された。 欧州でのCセグメントというVや、等の超激戦区に本格投入された日本車の代表格。 走りにこだわる欧州のユーザーに高い評価を得ており、2004年のにてゴルフと並ぶ同率2位(日本車中1位。 総合1位は)を獲得。 に並ぶ新生「マツダ」の代表格となっている。 2005年度にマツダはさらなる増産を決定。 2006年8月末時点で国内生産累計台数は100万台を突破した。 生産開始から3年2か月での達成は、マツダ車として過去最短記録である。 その後、2008年10月末時点で世界累計生産200万台を、2011年4月26日時点で世界累計生産300万台を達成した。 マツダスピードアクセラ(リア) 年表 [ ]• - 防府工場にて欧州仕様の「Mazda 3」生産開始。 - 発表・発売。 グレード体系はアクセラ・アクセラスポーツとも15F・20C・23Sの3グレード展開で、15Fには5MTも設定されていた。 国内での目標年間販売台数は3万台、世界での目標年間販売台数は25万台。 - 2004年ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーで日本車では最高位の第2位に選出される(前年の2003年でも Mazda 6 が日本車では最高位の第2位に選ばれており、日本メーカーが2年連続で第2位に選ばれたのは初のこと)。 - 「23S」に5MT車を追加。 - カナダ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。 - 教習車仕様の販売をスタート。 仕様変更。 - 新グレード「20S」追加。 同時に一部改良し、「マツダリトラクタブルタイプキー」とブラックベゼルのリアコンビランプを標準装備し、ボディカラーの「カナリーイエローマイカ」に替わって「スノーフレイクホワイトパールマイカ」を追加(15Fを除く)。 23Sは装着率が高いオプションパッケージ「S-Package」の装備品を標準装備化。 - 欧州・北米・豪州向けの輸出に対応する為、宇品第2工場での生産を開始。 - 一部改良。 オーディオ標準装備グレードを拡大し、灯火器規制に対応。 - マイナーチェンジ。 エクステリア・インテリアを変更し、ボディーカラーに新2色(オーロラブルーマイカとクリスタルホワイトパールマイカ)とアクセラ以外のマツダ車に設定されている3色(トゥルーレッド、ファントムブルーマイカ、ギャラクシーグレーマイカ)の計5色を追加。 には2. 3L DISIターボエンジンを搭載した「マツダスピードアクセラ」を発売。 - 国内累計生産台数100万台達成(発売から3年2か月での達成となり、アテンザが持っていたマツダ車としての過去最短記録を塗り替えた)。 - マツダアクセラスポーツの特別仕様車『スタイリッシュトーンシリーズ』を販売開始。 - 一部改良。 ボディカラーの入れ換えや外内装の変更を行う。 また、セダンは「20C」を廃止する替わりに、と本革を組み合わせたシート・ドアトリム等を採用した「20E」を追加。 - 累計生産台数200万台達成(発売から5年4か月での達成となり、2002年以降では最短記録を樹立)。 - スポーツ15Cをベースにリアルーフスポイラーとを使用した専用入れを装備しながら、15Cよりも廉価な価格に設定した特別仕様車「1. 5 Smart Edition」を発売。 なお、リアドア・リアウィンドウ・リアゲートのダークティンテッドガラスはオプションとして用意される。 - 生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 - 2代目と入れ替わる形で販売終了。 5L 直4 DOHC Z6-VE型 1. 6L 直4 DOHC LF-VDS型 2. 0L 直4 DOHC(前期型) PE-VPS型 2. 0L 直4 DOHC(後期型) LF-VE型 2. 0L 直4 DOHC L3-VDT型 2. 0L・4WD車、教習車専用) 5速AT(2. 0L・2WD車、前期型) 6速AT(2. 0L・2WD車、後期型) (1. 5L車専用) 前:式 後:式 全長 4,580mm(セダン) 4,490mm(スポーツ・前期型) 4,460mm(スポーツ・後期型) 4,510mm(MSアクセラ) 全幅 1,755mm(セダン・スポーツ) 1,770mm(MSアクセラ) 全高 1,465 - 1,505mm 2,640mm 車両重量 1,230 - 1,410kg(セダン) 1,250 - 1,420kg(スポーツ) 1,450kg(MSアクセラ) 別名 Mazda3(日本国外) のロサンゼルス・モーターショーでセダンが、ボローニャモーターショーで5ドアハッチバック(スポーツ)がそれぞれ発表された。 開発は「 再びカスタマーの期待を超える」。 日本国内での月間販売目標は「アクセラセダン」と「アクセラスポーツ」、の「マツダスピードアクセラ」の3モデル合わせて2000台と発表された。 市場では2011年から2年連続で販売台数第1位を記録した車種であった。 エクステリア フロントフェイスはマツダブランドの個性をより際出せた、構成する全てのラインを五角形グリルの下部中央に向かって集束させる「センターフォーカス」の考え方に基づいたより躍動感のあるデザインとした。 は先代の流用でボディサイズはほとんど同じであるが、足回りは一新された。 ヘッドランプはプロジェクター式を採用するが、HID仕様とハロゲン仕様ではデザインが一部異なっている。 「スポーツ」ではリアフェンダーを強調させたデザインやさらに立体的となったCの造形などのより踏ん張り感のあるスポーティなフォルムに。 「マツダスピードアクセラ」はボンネットの専用エアインテークや専用エアダンパー、大型フローティングリアルーフスポイラー、大型デュアルエギゾーストマフラーを装備し、プレミアム感とスポーティさを表現した。 ボディカラーは「セレスティアルブルーマイカ」、「インディゴライトマイカ」、「グラファイトマイカ」の新色3色を含む7色を設定した。 インテリア 内装ではセンターから両サイドへ向けて力を発散させるようにデザインしたダッシュボードにより視覚的な広がりを見せ、コクピットデザインはドライバーを包み込むようにレイアウトされた。 「セダン」「スポーツ」は黒を基調とした2種類の布シートを用意し、「マツダスピードアクセラ」はサイド材に本革を使用したハーフレザーシートを採用すると共に、シートやドアトリム、ステアリングなどには赤をアクセントに取り入れ、スポーティで洗練された質感を表現した。 また、新開発のマルチ・インフォメーション・ディスプレイ(MID)を採用(法人向け専売モデルのセダン「15F」を除く)。 通常モデルでは3. 5インチSTN液晶によるドット表示で、セットオプション装着車は4. 1インチカラー液晶となる。 表示機能は燃費、i-stop作動時間、エコ運転評価、メンテナンス時期など。 オーディオ・フルオートエアコンスイッチ・シフトレバーも手の動きで最小限に操作できるように配置された。 また、全車に装備されるフルオートエアコンは運転席と助手席で別々の温度設定が可能で、花粉除去フィルターを搭載。 オプションメニューには専用開発されたサウンドシステム(10スピーカ付)や7インチワイド液晶ディスプレイを持つ40GB HDDナビゲーションシステムが用意された。 また、ボタン操作でエンジン始動・停止ができるプッシュボタンスタートシステムとアドバンストキーレスシステムを装備した(「15C」はメーカーオプションで装備可能)。 メカニズム 2. 0L・2WD車にはシステム「」を装備。 燃焼エネルギーを使うことで通常のアイドリングストップの半分の時間(メーカー発表値で0. 35秒)で再始動ができ、停止・始動時の騒音や振動を抑え、違和感のないスムーズな操作ができる。 5L車もが新たに搭載され、燃費が向上された。 また、低燃費運転をサポートするエコドライブ支援機能を新たに装備すると共に、2. なお、先代「アクセラ」に設定されていた2. 3L車は廃止となった。 0L車と「マツダスピードアクセラ」にオプション設定するほか、広範囲に撮影する超広角カメラを採用した「駐車支援システム」をメーカーセットオプションに設定した。 なお日本国外のモデルにおいては1. 6L、2. 0L、2. 2Lディーゼルエンジンに加え、先にアテンザに搭載された2. 5Lエンジンのモデルも存在する。 また、i-stopは基本的に日本国内専用装備となっている(マイナーチェンジ後含む)。 教習車仕様 年表 [ ]• - ロサンゼルス・モーターショーにて、2代目アクセラの4ドアセダン(北米仕様車)を世界初公開。 - ボローニャモーターショーにて、2代目アクセラの5ドアハッチバック(欧州仕様車)を公開。 2009年• - 予約受注の受付を開始。 同時に日本国内での発売予定日が発表された。 6月11日 - フルモデルチェンジ。 日本での販売を開始。 :販売開始の1ヶ月間で、目標の3. 8倍の7,640台の受注を獲得。 - アクセラに搭載される『i-stop』機構が、第6回エコプロダクツ大賞を受賞。 - Mazda3の欧州仕様車が、欧州の安全性能総合評価の五ツ星(最高評価)を獲得。 - マツダ創立90周年記念特別仕様車「スポーツ 1. 5 S Style」を発売。 スポーツ「15C」をベースに15インチ又は16インチアルミホイール、サイドアンダースポイラー、リアコンビネーションランプ、ダークティンテッドガラス(リアドア、リアクォーター、リアゲート)を特別装備。 さらに、16インチアルミホイール装着車には追加でと4. 1インチカラー液晶を搭載したマルチインフォメーションディスプレイを装備し、ステアリングとシフトノブを本革巻とした。 5月21日 - で2010年4月の乗用車販売台数第1位となったことが発表された。 - ワンセグ地デジチューナーを内蔵したHDDナビゲーションシステムやバックガイドモニターを装備した特別仕様車「Navi Edition」を発売。 グレードはスポーツ「15C」、スポーツ「15S」(特別仕様車「1. 5 S Style」の16インチアルミホイール装着車がベース)、スポーツ「20S」、セダン「15C」、セダン「20E」の5グレードを設定。 さらにスポーツ「20S」は17インチアルミホイールも装備し、タイヤサイズを変更した。 - 同年4月26日時点で世界累計生産台数300万台を突破したことを発表(初代モデル発売から7年10か月での達成となり、現行マツダ車の乗用車ラインナップ内での最短記録を樹立)。 - マイナーチェンジ。 日本国内における「」の第2弾の車種となるべく、2. 0L・FF車のパワートレインを一新し、エンジンにPE-VPS型「 2. 0」を搭載するとともに、変速機も従来の5速から6速に段数を増やすとともに、ロックアップ領域の大幅な拡大によりマニュアル車のようなダイレクトなシフトフィールとスムーズで力強い加速を可能にした新型6速AT「SKYACTIV-DRIVE(スカイアクティブ ドライブ)」も搭載したことで、意のままの走行を可能にした。 また、空力性能の向上や低転がり抵抗タイヤ(15インチ、スポーツ「20S-SKYACTIV」を除く)を採用したことや「i-stop」においてはエンジン再始動時の燃料噴射量を従来型より半減してさらなる燃費性能の向上を実現。 また、専用のヘッドランプデザイン・リアバッジ・メーターを採用し、専用のシフトレバーも装備。 MIDにはi-stopの作動条件をグラフィック表示する機能やi-DMと連動するドライブ評価機能を追加。 アルミホイールも高剛性でロードノイズを低減した新デザインを採用。 「SKYACTIV TECHNOLOGY」搭載グレードはスポーツは「20C-SKYACTIV」と「20S-SKYACTIV」、セダンは「20C-SKYACTIV」と「20E-SKYACTIV」の各2グレードずつ、計4グレードを設定した。 既存グレードの「15S」・「15C」・「20E(4WD専用グレード)」はメーター中央部に状態を確認できるエコゲージを新たに搭載し、「15S」はさらにDSC()も標準装備され、安全性能を向上した。 また、フロントデザインを変更し(「マツダスピードアクセラ」はフロントグリルの変更のみ)、インテリアのシルバー加飾を適切に配置したことで機能性を高め、ボディカラーには新色のスカイブルーマイカを追加した(新色の追加は「マツダスピードアクセラ」を除く。 同時にMC前に存在した「セレスチアルブルーマイカ」は廃止した)。 - オートモーティブ・リース・ガイドが行っている『2012年レジデュアル・バリュー・アワード』スポーツカー部門で、Mazdaspeed3が1位になる。 - 一部改良。 「SKYACTIV-G 2. 「20C-SKYACTIV」はオプション設定のアルミホイールを15インチにサイズダウンし、セダン「20E-SKYACTIV」とスポーツ「20S-SKYACTIV」は15インチアルミホイールが含まれるセットオプションの選択肢を拡大した。 アルミホイールのセンターキャップを黒色に、1. 5L車の本革巻きシフトノブを「SKYACTIV-G 2. 0」搭載車と同デザインにそれぞれ変更。 「マツダスピードアクセラ」ではシャークフィンアンテナを新たに装備し、18インチアルミホイールとリアバンパー下部にガンメタリック塗装を、ドアミラーと大型リアルーフスポイラー下部を黒色に変更した。 併せて、スポーツ「20S-SKYACTIV」をベースに本革シート、本革巻パーキングレバー、遮音ガラス、高輝度塗装17インチアルミホイール、アダプティブ・フロントライティング・システム、リアビークル・モニタリング・システム、運転席8Wayパワーシート、クルーズコントロール等を装備し、スポーティーで且つ、安全性や快適性能を高めた特別仕様車「20S-SKYACTIV アドバンスドスタイル」を発売した。 なお、この一部改良にともなって、「SKYACTIV」搭載車はエンジンカバーが青から黒に替わり、リアに装着されている「SKYACTIV」専用エンブレムが3代目「13-SKYACTIV」と同デザインのものから、でデザインを一新した「SKYACTIV TECHNOLOGY」エンブレムに変更された。 - 特別仕様車「15S スポーツエディション」・「20S-SKYACTIV スポーツエディション」を発売。 「15S」・「20S-SKYACTIV」をベースに、「マツダスピードアクセラ」と同形状のリアルーフスポイラー(スポーツタイプ)とシャークフィンアンテナを装備し、ワンタッチ電動格納リモコン式カラードドアミラーは「マツダスピードアクセラ」と同色のブラックを採用。 さらに、ガンメタリック塗装のアルミホイール(「15S」は16インチ、「20S-SKYACTIV」は17インチ)、ディスチャージヘッドランプ(「20S-SKYACTIV」はブルーリング付)を装備したほか、「20S-SKYACTIV」にはアダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)とスポーツシート(赤ステッチ付)を、「15S」にはLEDドアミラーウインカー、センターコンソール(クリアブラック)、シフトゲート(ピアノブラック)、マルチインフォメーションディスプレイ(MID)4. 1インチカラー液晶をそれぞれ装備した。 ボディカラーは特別仕様車専用色の「ジールレッドマイカ」を含む5色を設定した。 10月 - 生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 11月 - 3代目と入れ替わって販売終了。 5Lガソリン:2013年10月-、2. 1kgf・m 6速 6EC-AT) 6速MT(1. 0Lガソリン、2. 2ディーゼルに設定) 電気式(ハイブリッド) 前: 後: 全長 アクセラスポーツ: ( 2013年10月-2016年7月) 4,460mm ( 2016年7月-) 4,470mm アクセラセダン: 4,580mm アクセラハイブリッド: 4,580mm 全幅 1,795mm 全高 アクセラスポーツ: 1,470mm(2WD) 1,480mm(4WD) アクセラセダン: 1,455mm(2WD) 1,465mm(4WD) アクセラハイブリッド: 1,455mm 2,700mm 車両重量 2013年10月-2015年12月 1,240-1,450kg(スポーツ) 1,240-1,340kg(セダン) 1,390kg(ハイブリッド) 2015年12月-2016年7月 1,240-1,450kg(スポーツ) 1,240-1,450kg(セダン) 1,390-1,410kg(ハイブリッド) 2016年7月- 1,260-1,520kg(スポーツ) 1,250-1,520kg(セダン) 1,410-1,430kg(ハイブリッド) ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク 後:ディスク 別名 マツダ3(日本・中国以外) 後継 概要 [ ] 、、、、、の世界5都市で発表された。 日本では2013年に発売された。 生産は防府工場の他、メキシコ、タイ、中国で行われ 、年間販売台数は世界50万台を目標としている。 エクステリア デザインテーマ「 魂動 -Soul of Motion」を採用し、Cセグメントサイズながらダイナミックで生命感ある動きが表現された。 フロントフェイスはグリルをより低く構え、金属の塊から削り出したような重厚な質感の「シグネチャーウィング」を採用。 また、前輪を50mm前方に配置されたことで運転席足元スペースを拡大し、その結果、ホイールハウスとアクセルペダルの干渉が解消され、ペダル配置が適正化された。 また、Aピラーを2代目から100mm後退させたことで運転視界を広く取った。 ディーゼル車は専用仕様で、フロントグリルのシグネチャー上部にレッドカラーのピンストライプが配される。 リアデザインは後方に力をため込んだような凝縮感のあるフォルムとなり、ナンバープレートの位置がリアゲート上に移動された。 また、2代目までリア左側に配置していた「MAZDA」のロゴエンブレムがなくなり、車名エンブレムは「Axela」から「AXELA」にロゴデザインを変更した上でリア右側からリア左側に移動した。 また、2代目・後期型(2012年6月一部改良モデル以降)に装着されていた「SKYACTIV TECHNOLOGY」エンブレムは3代目にも装着されているが、ハイブリッド車はエンブレムの右側に"HEV"が表記された専用エンブレムが装着される。 インテリア カーコネクティビティシステム「 MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」を初めて導入し、一部グレードを除き標準装備とした。 独立型の7インチWVGAセンターディスプレイとコマンダーコントロールを備え、少ない視線移動とブラインド操作を可能にしたことでわき見や操作を最小化して運転に集中できるようにしたほか、と経由で連携し、通話はもちろん、クラウドプラットフォーム「Aha」を介して局へアクセスしたり、の新着やのニュースフィードの音声読み上げ機能も備える。 また、「i-DM」や燃費モニターに加え、オイルの交換時期などが確認できるメンテナンス機能やメーターに表示された警告の内容を確認できるウォーニングガイダンス機能も備える。 なお、ナビゲーションシステムはオプションで、別途専用のを挿入して使用することになる。 これらの変更により、これまで設定されていたオーディオレス設定がなくなり、ディーラーオプションでも他社製2DINナビゲーションが装着できなくなった。 マツダコネクトの性能について、誌は目的地まで最短距離で行こうとするあまり細い道に案内したり、地図の情報量が少ないといった問題点を指摘し、コマンダーによる操作性は悪くないとしながらも、現時点では製ナビに及んでいないと評した。 誌ではマツダコネクトの表示項目や階層構成、設定方法などが既存のオーディオやカーナビのものと異なる点が多いことによる扱いづらさを指摘。 早急な改良が望まれる点の一つにマツダコネクトを挙げ、車両本体の出来のよさに対して圧倒的に熟成不足であると断じた。 メカニズム 2代目・後期型から採用しているを、従来のエンジン・トランスミッションに加え、ボディ(SKYACTIV-BODY)と(SKYACTIV-CHASSIS)にも拡大して全面採用したほか、エンジンは既存の「SKYACTIV-G 2. 0」は2代目・後期型のPE-VPS型から3代目アクセラにも採用されている改良型のPE-VPR型に置換、1. 5L車には大幅なトルクアップと燃費向上を実現した新開発のP5-VPS型直噴エンジン「SKYACTIV-G 1. 5」を採用した。 さらに、日本国内向けアクセラでは初となるSH-VPTR型ディーゼルエンジン「 2. 2」搭載車をスポーツに設定。 トランスミッションには2代目・後期型の6速AT「SKYACTIV-DRIVE」に加え、手首の返しだけでシフト操作ができる6速MT「SKYACTIV-MT」も設定。 さらに、販売国によりPY-VPR型と呼ばれる「SKYACTIV-G 2. 5」も用意する。 「SKYACTIV-G 2. 0」搭載車にはエンジンの冷却が必要ない時にはロアグリルの開口部へ侵入する空気を遮断することで空力性能を高めるとともに、暖房時間の短縮寄与や実用燃費を向上したアクティブエアシャッターを採用した。 また、「SKYACTIV-G 2. 0」及び「SKYACTIV-D 2. 2」搭載車には3代目アテンザにも採用されている減速エネルギー回生システム「」を採用した。 安全面に関しても、事故を未然に防止するアクティブセーフティ技術、事故にあうリスクや被害を軽減する、事故の被害を軽減するパッシブセーフティ技術、ドライバーの運転を支援する機能を備えた「i-ACTIVSENSE」も採用された。 併せて、マツダ車では初となるハイブリッドモデルをセダンに設定。 エンジンに「SKYACTIV-G 2. 0」をハイブリッド専用に設計したPE-VPH型を採用し、モーターを組み合わせたことで優れた燃費性能を実現した。 トランスミッションもプリウスと同じく電気式無段変速機(遊星ギアを用いた動力分割機構)となる。 また出力も「色々試したがこれが最も効率が良かった」として、エンジン・モーターともに3代目プリウスと全く同じ数値にチューニングされている。 なお、ガソリン車は従来からの2. 0L車に加え、1. 2016年7月の大幅改良で、スポーツは「SKYACTIV-G 2. 0」搭載車が廃止となる替わりに、S5-DPTS型ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1. 5」搭載車が新設された(セダンには設定なし)。 同時に、「SKYACTIV-D 2. 2」搭載車はアクセラ史上初となる電動式パーキングブレーキを新たに採用した。 グレード グレード体系は、販売開始当初、セダンは「SKYACTIV-G 1. 5」搭載車のみの展開で、「15C」と「15S」の2グレード、スポーツはセダンのラインナップに加え、「SKYACTIV-G 2. 0」搭載車の「20S」・「20S Touring」・「20S Touring L Package」の3グレードと「SKYACTIV-D 2. 2」搭載車の「XD(クロス・ディー)」を加えた6グレード、ハイブリッドセダンは「 アクセラハイブリッド」の名称でラインナップされ、「HYBRID-C」・「HYBRID-S」・「HYBRID-S L Package」の3グレードが設定されるが、4WD車は「SKYACTIV-G 1. 5」搭載車のみ(6速ATのみ)の設定となっていた(その後、2014年9月のガソリン車の一部改良に伴って「15S Touring」が加わる)。 2016年7月の大幅改良では、「SKYACTIV-D 2. 2」搭載車の「XD」を「22XD PROACTIVE(プロアクティブ)」と「22XD L Package」の2グレードに細分化し、2015年12月に特別仕様車として設定されたセダンにも同じグレード体系で新設定(ただし、6AT車のみの設定)したほか、スポーツは「SKYACTIV-G 2. 0」搭載車の「2. 0S」・「20S Touring」・「20S Touring L Package」を廃止する替わりに、「SKYACTIV-D 1. 5」搭載車の「15XD」・「15XD PROACTIVE」・「15XD L Package」を新設した。 また、一部グレードの名称を変更し、セダン・スポーツに設定の「15S Touring」を「15S PROACTIVE」に、ハイブリッドに設定の「HYBRID-S」を「HYBRID-S PROACTIVE」に変更した。 なお、ガソリン・ディーゼル・ハイブリッドの3つのパワートレインを同一車種内でラインナップするのは、やなど海外メーカーや国内メーカーの海外向け販売車などでは前例があるものの、国内メーカー・国内販売の乗用車では初となった。 トラックでは(ディーゼル、ガソリン、ディーゼルハイブリッド)3種類ラインナップしたものは存在した。 教習車仕様 年表 [ ]• - 防府工場で、日本国外向けの製造を開始。 - 3代目アクセラ(北米向けMazda 3)のハッチバックモデルを発表。 - 3代目アクセラの予約受付を翌10月10日より開始することを発表し、併せて、日本市場向けの概要も公表された。 - で行われるイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013」に「マツダ 魂動デザイン フィロソフィー展示」としてブースを出展し、3代目アクセラを特別展示することを発表。 - 第43回に3代目アクセラを出品することを発表、併せて、とのデュアルフューエル方式を採用した「Mazda3 SKYACTIV-CNGコンセプト」を参考出品。 - 日本での販売開始。 当初はセダン・ハイブリッド並びにスポーツのガソリン1. 5L車、2. 0L車・6AT車のみ。 スポーツのディーゼル車とガソリン2. 0L・6MT車は2014年販売開始予定とされた。 - メキシコ工場での製造を開始。 - スポーツのガソリン2. 0L・6MT車の予約販売を開始。 併せて、発売予定日を4月17日とすることを発表した。 - 同年1月22日に累計生産台数が400万台に達したことを発表。 初代モデル生産開始から10年7か月での400万台達成は歴代マツダ車で最短記録となった。 - タイでの生産拠点であるオートアライアンス(タイランド)を通じて、タイ市場向けの生産を開始。 4月 - 教習車仕様の販売をスタート。 - 中国工場での製造開始。 - 教習車仕様の累計生産台数が1万台を突破した。 - ガソリン車を一部改良(9月1日販売開始)。 新グレードとして、国産メーカーの1. - ハイブリッド車を一部改良(11月20日販売開始)。 日本メーカーのハイブリッド車(プラグインハイブリッド車を除く)で初めて、自動ブレーキ機能のスマート・ブレーキ・サポート(SBS)とAT誤発進抑制制御をハイブリッド車全車に標準装備化。 「HYBRID-C」は自動防眩ルームミラーとクルーズコントロールを標準装備した。 - に事前通知した 通り、同車及びのマツダコネクト搭載車に対してのサービスキャンペーンを実施。 コネクティビティー・マスター・ユニット及びパワートレインコントロールモジュールの制御フログラム書き換え、ナビゲーションSDカード利用者に対してのSDカード交換を行う。 これにより、2014年11月20日に行われたアテンザ及びCX-5のマイナーチェンジでオプション設定しているのと同様のミックウェア製になる。 - ガソリン車・ディーゼル車を一部改良。 車両後方の検知システムを刷新し、走行中に後側方から接近する車両を検知してドライバーに知らせるブラインド・スポット・モニタリング(BSM)と駐車場などで後退する際に接近する車両を検知してドライバーに知らせるリア・クロス・トラフィックアラート(RCTA)を採用し、「15S Touring」・「20S Touring」・「20S Touring L Package」・「XD」に標準装備、「15S」にメーカーオプション設定したほか、「15S Touring」・「20S Touring」・「20S Touring L Package」・「XD」に装備されているアクティブ・ドライビング・ディスプレイの走行車線表示をわかりやすいように改良した。 また、「15C」・「15S」・「15S Touring」の2WD・6AT車においてAT制御を改良したことで燃費を向上し、「平成32年度燃費基準」を達成。 「i-ACTIV AWD」を採用した4WD車を「15S Tournig」にも設定した。 - スポーツに設定されているディーゼル車「XD」をセダンにも特別仕様車として設定し発売開始。 2016年• - 4月末日までに初代からの累計生産台数が500万台に達したことを発表。 マツダ車において累計生産台数500万台を達成した車種は(バン・トラックを除く)に次いで2車種目であるが、初代モデルの生産開始から12年10ヶ月での500万台達成はマツダ車において最短記録となった。 - 大幅改良 (ほとんどのグレードは発表日より発売開始、スポーツ・セダンに設定の「SKYACTIV-D 2. 2」搭載の2WD車は8月、同AWD車は9月発売)。 スポーツ及びセダン全車に新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)」の第一弾として、ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させることで、横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールする制御技術「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を初採用したほか、ディーゼル車にはエンジンのトルク応答を緻密にコントロールする「DE緻密過給制御」、ノック音自体を抑制する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と「ナチュラル・サウンド・コントロール」も搭載。 スポーツはガソリン2. 0L車を廃止する替わりに、ディーゼル1. 5L車を新設した。 一部グレードを除く全車に装備されているアクティブ・ドライビング・ディスプレイを改良し、上側を走行環境情報、下側を車両情報に棲み分け、カラー化並びに、高輝度・高精細・高コントラスト化。 「i-ACTIVSENSE」にも新機能が追加され、走行中にフォワード・センシング・カメラで速度標識・進入禁止標識・一時停止標識を認識し、速度標識認識時には「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」に制限速度を表示して制限速度超過をディスプレイ内のグラフィック点滅(設定によりブザー警告も併せて)通知する交通標識認識システム(TSR)、グレアフリー(防眩)ハイビーム・ワイド配光ロービーム・ハイウェイモードで構成されたアダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)、従来のSCBS Fの検知デバイスを近赤外線センサーからフォワード・センシング・カメラに変更したことで作動速度域を拡大し、歩行者にも検知できるようにしたアドバンスト スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)を採用した。 外内装デザインを変更したほか、ボディカラーの入れ替えを行い、「メテオグレーマイカ」・「ブルーリフレックスマイカ」・「アルミニウムメタリック」の3色を新色の「マシーングレープレミアムメタリック(オプションカラー、「15C」は設定不可)」・「エターナルブルーマイカ」・「ソニックシルバーメタリック」に差し替えた。 また、ディーゼル2. 2L車には電動パーキングブレーキ(EPB)が採用された。 2017年• 8月24日 - 商品改良(9月21日販売開始)。 、、、に次いで「i-ACTIVSENSE」技術の標準装備化を行い、従来はグレード別設定やオプション設定だったアドバンストSCBS、AT誤発進抑制制御[前進時][後退時](AT車のみ)、LDWSの3点を全グレードに拡大して標準装備し、ALHを「PROACTIVE」系グレードと「L Package」系グレード全てに標準装備し、スポーツ及びセダンの「15C」・「15S」、スポーツの「15XD」、ハイブリッドの「HYBRID-C」にはハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)を標準装備した。 グレード体系の拡充を行い、従来はスポーツのみの設定だった1. 5Lディーゼル車「15XD」・「15XD PROACTIVE」・「15XD L Package」をセダンにも設定し、従来はスポーツの1. 5Lディーゼル車とハイブリッドのみの設定だった「L Package」をスポーツ及びセダンの1. 5Lガソリン車にも拡大し、「15S L Package」を新設した。 ボディカラーの入れ替えも行い、従来の「ソウルレッドプレミアムメタリック(オプションカラー)」に替わり、2代目CX-5で初採用した「ソウルレッドクリスタルメタリック(オプションカラー)」を追加した(なお、ソウルレッド系のボディカラーが設定されていないスポーツ及びセダン「15C」はボディカラーの変更はない)。 2019年• 4月26日 - 教習車の。 5月24日 - この日発表・販売開始された次期モデルの名称が海外向けと同じ「MAZDA3」(マツダ3)に変更となり 、「アクセラ」の名称での販売を終了。 4代目 BP系 2019年- [ ] 詳細は「」を参照 教習車仕様 [ ] 2004年に製造開始した仕様(が手掛ける)はこのクラスで稀少なマニュアル車が設定されていることから、2014年に累計生産台数1万台を達成。 近年(2014年時点)で日本国内の教習車市場で3分の1のトップシェアを確保している。 なお、3代目(BM系)の教習車仕様のCBA-BM6FJ型(および教習車・法人向けのLPG仕様のCBA-BM6FJ改)においてエンジンおよびトランスミッションはSKYACTIV TECHNOLOGYを採用せず従前のものを採用している。 先述の通り2019年4月26日を以って受注終了となり、現在で生産される日本国内未投入(未発売)の2代目の右ハンドル車の同型車種のに移行。 日本国外仕様である「Mazda 3」の"3"は車格を表している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『2004年マツダ技報』 62ページ• 『2008年マツダ技報』 43ページ• - マツダ 2003年6月25日• - マツダ 2003年10月15日• - マツダ 2003年11月18日• - マツダ 2003年12月19日• - マツダ 2004年2月21日• - マツダ 2004年10月21日• - マツダ 2004年12月22日• - マツダ 2005年6月28日• - マツダ 2005年11月22日• - マツダ 2006年6月6日• - マツダ 2006年9月8日• - マツダ 2006年11月21日• - マツダ 2008年1月22日• - マツダ 2008年10月31日• - マツダ 2009年1月19日• リクルート株式会社 2020年1月25日. 2020年1月25日閲覧。 - マツダ 2009年6月11日• Federal Chamber of Automotive Industries 2012年1月5日. 2013年8月3日閲覧。 Federal Chamber of Automotive Industries 2013年1月4日. 2013年8月3日閲覧。 - マツダ 2008年10月9日• - マツダ 2008年11月25日• 2009年5月14日閲覧。 - マツダ 2009年7月14日• - マツダ 2009年11月24日• - マツダ 2009年11月26日• - マツダ 2010年1月27日• - マツダ 2010年3月24日• Autos. ca 2010年5月21日. 2013年8月3日閲覧。 - マツダ 2010年12月2日• - マツダ 2011年5月26日• - マツダ 2011年9月27日• - マツダ 2011年11月17日• - マツダ 2012年6月28日• - マツダ 2012年12月26日• リクルート株式会社 2020年1月25日. 2020年1月25日閲覧。 2014年1月15日閲覧。 2014年1月15日閲覧。 2014年1月15日閲覧。 - response 2013年9月10日• 707』、2014年6月1日、164 - 169ページ。 加藤順正「d's総研<マツダ アクセラ>」『driver 2014年10月号』、2014年8月20日、116 - 121ページ。 - トヨタ自動車・マツダ 2社連名によるリリース(配信元:マツダ株式会社) 2010年3月29日(2013年11月22日閲覧)• オートックワン• - 日本経済新聞 2013年6月13日• - 中国新聞 2013年6月15日 のアーカイブ• プレスリリース , マツダ株式会社, 2013年6月27日 , 2013年7月4日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2013年10月9日 , 2013年10月9日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2013年10月17日 , 2013年11月21日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2013年10月21日 , 2013年11月21日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年1月7日 , 2014年2月4日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年1月30日 , 2014年1月30日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年2月25日 , 2014年2月25日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年3月14日 , 2014年3月14日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年4月11日 , 2014年4月11日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年8月7日 , 2014年8月7日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年10月30日 , 2014年10月30日閲覧。 - マツダ 2015年5月22日閲覧• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年8月27日 , 2015年8月27日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年12月17日 , 2015年12月17日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2016年5月31日 , 2016年5月31日閲覧。 日経ビジネス• プレスリリース , マツダ株式会社, 2016年7月14日 , 2016年7月14日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2016年12月1日 , 2016年12月1日閲覧。 プレスリリース , マツダ株式会社, 2017年8月24日 , 2017年8月24日閲覧。 レスポンス(Response. jp). 2019年5月24日閲覧。 - マツダ公式ブログ 2014年6月5日• - マツダ 2019年4月24日 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 -先代車• 外部リンク [ ]• ブランド()はを参照 日本国内未販売車種 : - -.

次の

マツダ アクセラスポーツのバッテリーサイズ

アクセラ バッテリー

解決済み車のバッテリー交換時期について。 車のバッテリー交換時期について。 2014年式マツダ アクセラ BM 2. 2XDを新車で購入して乗っているのですが、今日 マツダのディーラーでパックでメンテの半年で、バッテリーがそろそろ交換時期に来ていると言われ、来週末に交換の予約を入れてきたのですが、さっき自分の父親に何気なくその事を話したら、3年で交換なんておかしい、ディーラーは金取り虫なんだから言いなりになってるな。 と言われました。 確かにディーラーは消耗品などを早めに交換させようとすると言う事は百も承知でわかってはいるのですが、自分の住んでいる地域は公共交通機関が全くと言って良いほど発展しておらず 車がないと生活出来ないような地域で、まして特別豪雪地帯に指定されている所なので、まだエンジンの掛かりが悪いなどの症状は現れていませんが これからの季節 バッテリーが上がってエンジンが掛からない等という事態になると死活問題なので、自分としては急な高額出費で痛いところはありますが、安心を金で買うみたいな感じで交換しようかと考えているのですが、反面 今すぐバッテリーが上がる訳でもなく症状も出ていないし、なかなか高額な出費なのでまだ持ちそうなのであれば直ぐには交換しなくても大丈夫なのかなとも思っているのですが、実際のところはどうなのでしょうか? 自分の車の状態と主な使用の仕方です。 ・マツダ アクセラ BM 2. 2XD ・2014年5月登録 新車 ・走行距離 約5万3000キロ ・片道約15キロの通勤を週5~6日 ・片道50~100キロくらいの走行を月に約3回 ・片道100キロ以上の走行を月1~2回 回答の方お待ちしております。 yahoo. と言われました。 別に貴方の考え方で決めれば済む問題です。 ディラーの考え方は、時は金なり…頑張れば、後1〜2年使えるかもしれないが、消耗品である以上、費用は掛かるが早めに交換する事で『もしも』を回避する考え方。 貴方の親の考え方は、「寿命が来たら交換すれば良い」ただ、何時壊れるのか?が分かりませんから、朝の通勤途中で車が止まって身動き出来ない可能性もあるので、バッテリー程度が原因で遅刻しても何とかなるさ!という考え方。 別に豪雪でも、電話が圏外にならないなら無理して交換する必要は無いのでは? ただし、雪が降る中エンジンが止まると死活問題ですから、エンジンの掛かってない車の中で待機するのであれば、3時間程耐えれるだけの毛布、携帯カイロ、モバイルバッテリー、飲み物等は車内に備蓄した方が無難ですよ。 寒さでバッテリーが逝っちゃう時なんて、同等の救援要請が重なるのですから、直ぐに救援は来ない。 と思っていてください。 自分なら、バッテリーを自宅で充電して様子を見ますね。 アクセラなら大型なバッテリーが搭載されていますから値段もしますよ。 豪雪地域なら自宅の100V電源から充電出来る充電器1台を持っていても問題無いのでは? ネットで購入すれば、自動で充電してくれる便利な物が5000円〜10000円で買えますよ。 豪雪地域ではありませんが、スタッドレス交換時期には同時に家からコードを引っ張ってきて、バッテリーを充電して雪に備えています。 yahoo. 一方、お父さんが言うように、お金を使わそうとしているわけじゃないと思いますよ。 ディーラーも信頼が大事なので。 私もだいたい3年おきで交換しています。 妻が自分の仕事メインで使うのですが、短い距離を走って駐停車を繰り返すためか、ややバッテリーのヘタリが早いように感じます。 ちなみに、うちはお金を節約するためにディーラーではなくネットでバッテリーを買って交換しています。 だいたいディーラーで交換するより1万から1万五千円くらい安く上がります。 一度、私がバッテリーを交換して半年位してから、またバッテリーが変わっていたことがありました。 妻に聞くと、ガソリンスタンドで交換を勧められたと。 ガソリンスタンドなら、こういうだましをやるケースはあるかもしれません。 回答した人: 0a8jiki78c078jeさん 回答日時: 2017-12-09 18:02 0• yahoo. ただ貴殿の住んでいる環境からすると、保険と思って早めに交換しておくのが良いのではないですか。 因みに、私はバッテリーは自分で交換できるので、4年目の冬前にネットで購入(貴車のバッテリーは多分ネットでは8千円程度)して自宅に保管し、朝一番でのスターターの回り具合が弱ってきたら、交換するようにしています。 回答した人: 0a1qwrqssさん 回答日時: 2017-12-06 17:05 0• yahoo. しかし ディーラーはそんな事はわかりませんから 大体2年を越えると バッテリーの交換の時期が近いと言います。 私も昔は金も無かったので、 某ディーラーで整備をしていた友達にバッテリーは いつも 貰っていました、勿論中古ですが、 お客さんが交換して廃棄するものです。 短くて1年長いものは3年ぐらい 使えました。 現在私も整備をやっていますが 上手に使われる方は7年~8年サイクルと言う 方もいらっしゃいます。 勿論バッテリーそのものの 出来不出来も少なからずあります。 回答した人: im44jivyqs1さん 回答日時: 2017-12-06 16:02 0• yahoo. だからディーラーは安全を見てまだ大丈夫なうちに交換を提案する。 提案しなくて万一のことがあったら素人ほどディーラーに 文句を言うので。 交換を断って万一のことが起きれば完全にユーザーの責任でしょ。 セルを回す音をちゃんと聞いていればバッテリーが劣化してきたのは 普通にわかる。 そしてそれから交換の準備をはじめても間に合う。 バッテリーの突然死のことを書く人がいるけど 突然死はホントに突然でバッテリーの劣化とは無関係に起きる ので心配しても無駄。 古くなってから突然死するわけでない。 週に2回くらい乗ってれば、アイドリングストップとかでない限り 7年くらいは普通に持つものだよ。 もっともそれより前にダメになるケースも少なからずあるので 寿命そのものは読めない。 yahoo. 車は常に充電し続け、バッテリー満タン状態を維持していた。 最近は充電制御と言って、走行中に発電を停止し負荷を無くすことで燃費を上げており、バッテリーは常に放電状態。 劣化しやすいため、充電制御対応の高価なバッテリーを使っても5年程度です。 そしてさらに、アイドリングストップ。 上記の制御に加え、エンジンを停止・始動を頻繁に繰り返すためバッテリーの劣化は早く、アイドリングストップ車専用バッテリーが必要になっております。 制御次第にはなりますが、3年程度で寿命を迎えるものがほとんどです。 すでに回答にもありますが、車が制御しているのでバッテリーの劣化を検知すればアイドリングストップ制御を停止します。 バッテリー上がりという最悪の事態だけは回避するようになっています。 なので、そういう症状が出てからでも遅くはありません。 ディーラーは決して金儲けの為だけに言っているわけではありません。 が、ディーラーでバッテリーを買うのは高すぎるので、適合品をネットなどで購入して自分で交換すれば半額近くで済みます。 値段次第ですけどオートバックスなども案外高いので、値段は調べてから行ってください。

次の