悪役令嬢 破滅フラグ wiki。 一迅社文庫アイリス

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…とは

悪役令嬢 破滅フラグ wiki

この世界は赤毛・銀髪・金髪・茶髪・黒髪・水色……とカラフルな髪・瞳の色が当たり前なのだが、 白髪・赤目はこの世界においても気味悪がられて奇異な視線や冷たい視線を向けられており、更には「呪われた子」とも呼ばれていた。 後者については単に若くして宰相に上り詰めたソフィアの父に嫉妬した者達が悪口を広めただけなのだが、 幼い頃からそう言われ続けたソフィアは「呪われた私」「老人のように白い髪に血のように赤い瞳」と自嘲するほど気に病んでいる。 そのため人前に出る事を極端に恐れて部屋に引きこもっており、一人空想して過ごしていた過去がある。 本当は友達を欲しがっていたが、家族以外に手を差し伸べてくれる人はいないだろうと諦めていた。 15歳を過ぎても苦手意識は消えず、人出の多い所も初対面の人も苦手で、舞踏会で声を掛けられても被害妄想に囚われてしまう。 このためカタリナ自身やメアリのような他のライバルキャラと違い、ソフィアがニコルルートのバッドエンド時にどうなるのかはっきりしていないのだが、 アスカルト兄妹と実際に接した本編世界のカタリナは「あの妹大好きなニコルがソフィアに何かするとは考えられない」と思っている。 『TVアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」プレリュードブック』のインタビューで、 アニメ制作との遣り取りについて質問された原作者は「物語の中では描かれていないアランやニコルの攻略についてなどの詳細を確認され、それを伝えました」 と回答しているので、バッドエンドにおけるアスカルト兄妹のシナリオはとして存在しているのかも知れない。 人前に出る為の練習として参加した・アラン両王子主催のお茶会でカタリナと出会う。 カタリナがロマンス小説の話し相手を欲しがっていたところに丁度良く話の通じる相手として出会ってしまったため、小説を通じて生まれて初めての友人となる。 新作の良本を見つけ出す能力に長けており、カタリナは尊敬の念を込めて心の中で師匠と呼んでいる。 10歳の頃はロマンス小説や昔のお伽噺と歴史を基にした物語を嗜む程度だったが、年を重ねるにつれて様々な分野に手を出していて、 ロマンス小説の分野ではマダム向けのドロドロした物やにも及んでいる。 BL物はカタリナにも勧めているらしく、彼女へ貸し出す場合もある。 カタリナとの読書を楽しみにしており、キースのお見舞いでクラエス家へ来た時や近隣会合に備えた勉強合宿でも小説を持ち込んでしまう程である。 真っ直ぐで優しい性格をしていて、かつては自身も嫌っていた見た目を綺麗と褒めてくれたカタリナに好意を抱き、どんな本も敵わない大切な存在だと思っている。 普段はおっとり大人しいが、本やカタリナが絡むと強気になり、時には幻想的美少女振りを損ねるような振る舞いも見せる。 兄がカタリナに惚れたことと、昔から彼女を独り占めしようとしていたジオルドと結婚して王族・王城入りさせてしまうと完全に独占されかねないため、 アスカルト家へ嫁がせて義妹に収まろうと画策し、二人の仲を取り持とうとしたり、両親を例に出してまで略奪婚を勧めている。 カタリナ15歳の誕生日の際は兄にアドバイスして、通常なら彼女が受け取らないネックレスを贈らせることに成功させている。 なおニコルとカタリナが結ばれる可能性が完全に潰えてしまった場合はどうするのか、今のところ何も示していない。 前述の通り的な外見ではあるが、 積極的に外へ出るようになりカタリナの畑作業を手伝う場合もあるので日光に弱い先天性白皮症ではないようだ。 さいわいなことに外見を気味悪く思わない人もおり、魔法学園の卒業パーティーの際は非公認の愛好会の会員だと思われる男女に囲まれていて、 親戚筋の舞踏会に至っては彼女を誘おうとしていた異性もいたのだが、その異性の好意には気付けずじまいだった。 もっともカタリナと義理の姉妹になれたらずっと一緒にいられると考える彼女に嫁ぐ気はおそらく無く、たとえ気付いていたとしても応じる可能性は零に等しい。 好きなタイプや恋人・結婚相手にしたいこととして欲しいことを訊ねられても、空想癖を発揮して読んだロマンス小説の内容を答えてしまう有様なのである。 近隣諸国から伯爵家以上の貴族が集まる交流会では、メアリとともに軽いアプローチを受けていたが断っている。 カタリナを慕う女性陣の中では控えめな彼女だが、メアリと一緒に居る時は言動が大胆になる傾向がある。 ジオルドが皆の前でカタリナの唇を再び奪った際には、メアリを制してトップクラスの魔力で治癒魔法の扱えるマリアが慌てる位の魔法攻撃を繰り出そうとしたり、 魔法学園の卒業パーティー中に起きたドレス貸出騒動ではメアリとともにカタリナが気押されるほど詰め寄るなど、相当に入れ込んでいる様子がうかがえる。 マリアやメアリと違って好きな人のタイプにカタリナを示唆する内容は挙げたことが無いので、友愛の範疇に収まるのかなのかは判別しえないが、 『FORTUNE・LOVER』のシナリオにおいてラストを締めくくるヒロインの告白場面で彼女も乱入していたため、友愛以上の感情を抱いてる可能性は否定できない。 TVアニメの第8話『欲望にまみれてしまった…』では原作に無いオリジナル要素として、カタリナにして告白しようとするシチュエーションが描かれている。 ただし同場面は魔法書の影響下にある状態で 、『TVアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」プレリュードブック』のインタビュー において井上圭介監督がコメントした内容「若干キャラが崩壊した子もいます」へ抵触している可能性もあるため、どこまで本気なのかは定かではない。 カタリナのになったことで、ジオルドにはメアリからの影響も加味した上で逞しく積極的になったと評されていて、 ニコルからは行動力が出てきたと思われているので、キースやメアリ程では無くてもパーソナリティの面でゲーム版とは異なる変化が生じている可能性もある。 なお自身に向けられる恋愛感情へ鈍感になったことで『こういうところは、カタリナから影響されてしまったのか』と兄から深いため息も吐かれているが 、 兄妹揃って自分達に惚れて顔の赤くさせた異性へ対して具合を悪くしたのかと誤解する逸話の持ち主であるため、この件は鵜呑みにして良いのか疑問も残る。 ソフィア自身は、現実の恋愛事は余りよく判らず、異性を好きになった経験も無いため、同じ年頃の女の子よりは疎いかも知れないと思っている。 小学生の頃は内向的で誰にも声を掛けられず、いじめにも遭っていて、いつも独りぼっちで俯いていた。 声を掛けられても、本のことで熱くなって相手を引かせてしまい、変な子扱いされて陰口を叩かれるのが常だった。 マンガや小説といった本を読み、物語の主人公になった自分を想像することで、寂しい現実から逃げている。 中学入学後に野猿と同じクラスになり、木から落ちた彼女の下敷きになったことが二人にとっての出会いになった。 本のことで熱く語る自分を真剣に受け入れてくれる彼女とはすぐに打ち解けて、敦子にとって最初の友人となり、 やがて勉強の苦手な彼女のお世話係と化してからは、同級生とも仲良くなって独りぼっちではなくなった。 野猿にマンガやアニメを勧めて一緒にオタクの道へ突き進み、彼女を高校進学に導く牽引役にもなっている。 野猿の事故死から立ち直った後は、もう一度友達になって賑やかで楽しい日々を一緒に過ごしたいという願望を抱き、 転生後はソフィアとしてずっと傍にいることを誓ったり、ソフィアが就寝の際に恐怖へ襲われた時は励ましたりもしている。 闇の魔力で眠りに就いたカタリナの夢に登場して彼女の復活を促し、マリア救出や救済のヒントを授ける重要な役割も果たしている。 野猿ちゃん前世から人たらしだったのね… -- 名無しさん 2019-05-22 09:12:58• 本文で【ネタバレ注意】とあったがタグでバラしちゃ意味ないから当該の物は外させてもらった -- 名無しさん 2019-05-22 15:23:31• 早く、前世の記憶取り戻して、あっちゃんと一体化しないかしら…… -- 名無しさん 2019-05-23 12:43:21• コミカライズ版第18章では小説版と違って、声を掛ける時でなくてもカタリナを様付けにしてるのか -- 名無しさん 2019-06-07 00:55:53• あっちゃんがどのようにして生涯を終えたのか気になる。 カタリナの前世の子が亡くなった後、何年も生きて天寿を全うしたんだろうか? -- 名無しさん 2020-03-21 17:13:37• 老人のように白い髪は天寿を全うした事を示唆……血のように赤い瞳は親友が亡くなった事によるストレスで血の涙を流していた事を表していて……それが転生した際に影響を及したと思う -- 名無しさん 2020-05-24 21:04:49.

次の

ソフィア・アスカルト

悪役令嬢 破滅フラグ wiki

このままでは、破滅する未来しかない!と悟った彼女は、なんとか破滅エンドを回避するべくさまざまな努力を始めて……という内容の本作。 悪役令嬢という立ち位置のはずの主人公がさまざまな行動を経て、本来であればカタリナを追放する立場だったり追い詰めたりするキャラクターが、恋愛相手になったり親友になったりしていく様子に思わず笑ったり納得したりしながら楽しむことができます。 またエンドを回避したと思ったら、さらなるエンドが現れたりなど、予想外の展開もアップテンポで描かれるのでサクサクと読み進めることができるでしょう。 ノベルのみならずコミカライズ、さらにアニメ化も決まっており、これからますます目が離せない作品です。 8歳のカタリナは一人娘ということもあり、蝶よ花よと育てられ、結果わがまま放題の典型的なお嬢様に育っていました。 そんな彼女が前世の記憶を取り戻したところから、物語は始まります。 その記憶は、自分がかつて女子高生で事故で死んでしまったこと。 そして今の自分が、前世の自分がプレイしていた乙女ゲームの悪役令嬢であるという事実でした。 彼女は、後にバッドエンドしか存在しない悪役令嬢・カタリナに転生してしまっていたのです。 悪役令嬢である彼女のエンドには、 国外追放か死亡かの二択しかありません。 そのことを確認した彼女は、なんとかそのエンドを避けるため、どうにかしようといろいろなことに取り組み始めます。 それまでわがまま放題のお嬢様でしたが、国外追放されても生き残れるようにと農業を学び、剣や魔法にも真面目に取り組むようになるのです。 しかし、剣や魔法はからきしダメ。 それでもコツコツと努力する姿に、周りもしだいに心惹かれていくように……。 前世の記憶があるといっても特別なことはなく、むしろ努力を積み重ねていくタイプの主人公に、1巻を読み終わる頃には読者もすっかり惹かれてしまうこと間違いなしです。 小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』2巻の見所をネタバレ紹介! 1巻で前世の記憶を取り戻したカタリナでしたが、2巻ではいよいよ乙女ゲームの始まる15歳へとなります。 1巻では8歳で、主人公が前世でプレイしていた乙女ゲームが始まる前のことでした。 ゲームの世界は彼女が15歳になり、魔法学園へ入学したところから始まります。 2巻は、そんな魔法学園へ入学したところから、乙女ゲーム上でのエンディングまで一気に進むのです。 2巻でエンディングまで進むとは、読者にとっては少し予想外かもしれません。 破滅エンドを避けるためにいろいろな努力を重ねているカタリナですが、その努力が実を結んでいるのか、序盤からゲームとは違うことが少しずつ起こっています。 たとえば、本来なら自分のことを嫌っていたはずのライバルキャラの メアリ・ハントや ソフィア・アスカルトなどの美少女が親友になっていたり、いずれ自分を追い詰めることになる義弟の キースと仲良くなったりと、着実にゲームとは事実が異なっていくのです。 そして、それは本巻の見所の1つ、カタリナの断罪イベントでも起こります。 名前のとおり、ゲーム上では彼女が断罪されてしまうイベントですが、これがどのように変わっていくのか……それはぜひ本編を手に取って確認してみてください。 小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』3巻の見所をネタバレ紹介! 国外追放か死亡という破滅エンドを全力で回避するべく、努力していたカタリナ。 前巻ではその努力が実を結び、どうにか破滅エンドを回避することができました。 そして手に入れたのは、ゲームでの主人公である マリア・キャンベルを含め、全員が誰とも結ばれないという友情エンドと、マリアや婚約者の ジオルド・スティアート、義弟のキースなどの多くの友人達でした。 いずれにしても、これで破滅エンドはもうないはずと、すっかり気も緩みはしゃいでいたカタリナですが、本巻ではなんと誘拐事件に巻き込まれてしまいます。 しかし、記憶を取り戻してからはすっかり誰からも愛されるキャラクターになっている彼女は、誘拐犯の心もきっちりと掴んでしまいました。 ジオルドやマリアをはじめとした友人達が必死で誘拐されたカタリナを探している一方、彼女は学園以上の快適な生活を保障されて、悠々と暮らしているあたりは思わず笑ってしまうでしょう。 3巻は、誘拐事件がメインで、他のエピソードはありません。 この事件がこれからの物語にどう関わってくるのかも気になるところです。 破滅エンドを回避し、代わりに友情エンドを手に入れたカタリナは、ゲームであればマリアと結ばれるはずのジオルドとはまだ婚約者のままの関係です。 そのジオルドも、彼女への恋心をいよいよ強めてきて、けっこうなアタックを仕掛けていきます。 しかし、そんな時に、義弟キースが行方不明になってしまうという事態が発生。 ジオルドのアタックもさらりとスルーしてしまうカタリナに、思わずツッコミを入れてしまう読者も多いのではないでしょうか。 そして4巻は、キース攻略の巻です。 最初は、カタリナが彼に迷惑ばかりかけているから家出してしまったのだと思っていたのですが、実は攫われてしまっていたのです。 それを救うというのが、メインイベント。 カタリナを巡る恋愛イベントがいろいろと盛り上がってきている雰囲気も高まってきて、彼女もすっかり悪役令嬢というよりも、乙女ゲームの主人公になりつつあります。 また、4巻には書き下ろし短編も収録されているので、そちらも忘れずにチェックしてみてください。 小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』5巻の見所をネタバレ紹介! 破滅エンドどころか、さまざまなキャラクターと恋愛イベントが起こっているカタリナ。 ジオルドとの婚約も継続されていることを気にしている彼女ですが、今回はそんな彼女の前に、ジオルドの婚約者ポジションを狙う令嬢が現れます。 5巻は、そんな彼を巡るドタバタを始め、キースやカタリナの母親などをメインキャラにした話を複数収録した短編集になります。 時系列も主人公もバラバラで、子供の頃の話だったり魔法学園1年生の時の話だったり、卒業間近の頃だったり、キャラクターも、これまでモブキャラだったカタリナの母親などにもスポットが当てられ、物語の奥行をさらに感じることができるでしょう。 なかには同じシーンを違うキャラの視点から描くというものもあり、さまざまな角度から物語を楽しむことができます。 これまでとはまた少し違う楽しみ方のできる、第5巻です。 小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』6巻の見所をネタバレ紹介! いろいろあった学園生活が終わりを告げる6巻。 シリーズ当初の目的である破滅エンドの回避も、卒業と同時に完璧になるはずでした。 が、ひょんなことから、乙女ゲームには続編が存在しており、そこでのカタリナは国外追放や死亡の破滅エンドよりも、さらにひどいエンドがあるらしいとわかるのです。 それが発覚するのは、謎のメモをカタリナが見つけたからでした。 乙女ゲームの続編の存在、さらにその設定としてカタリナに用意されたエンドなどが書かれたメモ。 しかも、それはなぜか日本語で書かれており、彼女以外にも前世の記憶を持ち、さらに日本人であった者がいることを示唆していました。 誰がそんなメモを残したのかが気になるところですが、一方でカタリナは魔法省に就職することになります。 新しい物語の舞台となる魔法省では、同僚の デューイ・パーシーという存在がキーパーソンとなるのです。 地道な努力を積み重ねてきたデューイと、公爵家の一人娘として恵まれた環境に生まれたカタリナとが衝突し合いながらも、ともに仕事をしていくエピソードは、お仕事成長ものとしても面白く読むことができるでしょう。 そして、これらの仕事をとおし、カタリナは自分のなかでジオルドについても考えるようになるのです。 新たな舞台に身を置くようになった彼女が、これからどのような道を選ぶのかがとても気になる第6巻です。 小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』7巻の見所をネタバレ紹介! 魔法省に入省し、魔法道具研究室へと配属になったカタリナでしたが、一方で破滅エンドへ続く道をどうにか回避するようにと再び動き出しました。 しかし、これまでは彼女が前世でプレイしたことのあるゲームだったために、キャラクターがこれからどう動くのかがわかり、だったらそれを避けるために自分はこうしよう、という流れである程度対抗策を練りながら動くことができましたが、今回からは、違います。 プレイしたことのないゲームであるために、それができません。 ますます難易度の上がる回避作戦に、ハラハラ度も増してきていくでしょう。 一方、7巻からは マリア・キャンベルがストーリーのメインとして、大きく関わってくることになります。 彼女はもともとゲームでの主人公なので、彼女とのストーリーがカタリナにどういう影響を与えていくのかも気になるところです。 新しくなった舞台はもちろんのこと、前世の記憶すらもあまり破滅エンド回避のためには頼りにならなくなってきて、まさに新しい章の始まりといった物語にワクワク感も高まります。 小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』8巻の見所をネタバレ紹介! 8巻でも存分にカタリナの人たらしっぷりが発揮されます。 ここ数巻で出番の少なかったメアリやソフィアなどが登場し、平和で可愛らしい時間が流れます。 特にメアリがついにカタリナと一緒のお風呂に入れるかも!? ともくろむ展開は面白いもの。 メアリは嬉しいと思いつつ刺激が強すぎたようで、鼻血を出してしまい、結局その姿を拝むことはできず……。 さて、そんな楽しいお泊まり会が前半で描かれた後、後半ではセザールという新しい王子キャラが登場します。 ここでもカタリナが人たらしっぷりを発揮。 もちろん彼もカタリナに惚れこんでしまうのです。 しかし彼はここで終わりのキャラではなく、今後も登場してきそうな伏線が張られているところが気になります。 その詳しい内容はぜひ作品でご覧ください! 『はめふら』TVアニメ化決定!2020年4月からスタート! 本作はアニメ化が決定しています。 2020年4月よりMBS、TOKYO MX、BS11などで放送開始予定となっています。 カタリナに声を吹き込むのは人気声優の内田真礼。 『ご注文はうさぎですか?』のシャロ役や『約束のネバーランド』のノーマン役でおなじみです。 本人によると、カタリナのコロコロ変わる表情に注目してほしいとのこと。 幼少期のジオルドを演じるのは瀬戸麻沙美。 成長後を演じる蒼井翔太は、エンディング主題歌も担当しています。 では、原作者・原口悟とキャラクター原案とコミック担当・ひだかなみによるTVアニメ化記念イラスト&コメントも公開されています。 登場人物たちの微妙な関係性もわかるPVも見ることができるので、いち早くアニメの世界観をチェックしてみてください。 いかがでしたか?行く先は破滅エンドしかない悪役キャラが、なんとかしようと頑張って、それによって周りのキャラクターが変化していく本作。 もとは悪役であることをつい忘れてしまうくらい主人公の可愛さが際立っているので、楽しくて笑えて可愛い話を読みたい方は、ぜひ手に取ってみてください。

次の

「悪役令嬢 破滅フラグ」ネタバレ・wiki風登場人物紹介

悪役令嬢 破滅フラグ wiki

8巻目になるこのシリーズ。 周囲キャラ視点からの描写が入るのは、お約束な展開なんですが。 同じ状況を2度読みすることにはどうしてもなるので、今まではちょっとくどいなという巻も確かにありました。 が、今回はその移り変わりがスムーズで、まったく同じセリフがずーっと出てくる、、という点がかなり減ってます。 このあたりは読みやすくよかったです。 新キャラだけにスポットを当てるのではなく、既存キャラについてもそれぞれ関わりが描かれていて面白かったし。 物語としては、あからさまに「続く」なので、事件がどういう方向性に行くのか?といったあたりは次巻を待ちたいと思います。 ただ、ちょっと気になる描写が。 20代なはずのキャラが、「何十年も前に母が俺を見ていた」とは回想しないのでは? ここで一気に、あれ?この人おじいさんキャラだったっけ?とか、思ってしまいました。 ささいな点かもしれませんが、物語世界に浸っていたのに、いきなりの興ざめです。 漫画から読み始めて、面白かったので原作7巻まで一気に読み進めて8巻も読破 序盤は王宮で開催される他国との交流会に向けて、貴族のマナーや勉強が苦手なカタリナの為に ジオルドがお城で泊まり込みで勉強会をするという提案をして、泊まり込みで勉強会をする事になりますが カタリナに惚れ込んでるキースやメアリなども一緒に勉強会に参加する事になり まぁカタリナと二人っきりにはさせないぞという、いつも通りの腹の探り合い牽制ですねwww 魔法省編に入ってから、メアリやソフィアなどの出番が減ってしまっていたので カタリナとの絡みなどが見れたのは嬉しかったです。 中盤以降は他国との交流会となり、今回表紙イラストの褐色キャラのセザールさんが登場します。 そしてここまでこの作品を読んでいる人はお察しの事でしょうが、無自覚タラシのカタリナがまた ry 終盤はマリアやソラを含めた魔法省のメンバーが、魔力を持つ令嬢が攫われた件で闇の魔法が使われた形跡がある為、交流会に潜入捜査をしているのですがマリアがピンチに陥り、又してもカタリナが ry そんなこんなで交流会は終了し、セザールさんともお別れになりますが、今後もどこかで出番がありそうです。 今回は、前巻で手に入れた闇の契約の書についてあまり進展がありませんでしたが 次巻から本格的に、4巻から登場していて未だに謎の多い闇の魔法を使う人物サラなどの 根本的な謎の部分に入って行きそうです。 アニメ化も決定していますし、9巻も楽しみです。 そろそろ魔法省編も動きが出てくるところかと思いきや、今度は近隣外交の場が舞台となります。 あまりのお転婆ぶりでほぼほぼ公爵令嬢だということを見失いがちの主人公、カタリナですが今回は淑女としてジオルドの傍らで華麗に外交デビューかと思いきや、やはり暴走します。 最近、めっきり出番のなかった悪役のサラもちらっと登場してちょっとだけ陰謀とかも垣間見えます。 マリアの危急を救うために今回もカタリナの猪突猛進が見せ場ですが、いよいよジオルドが気の毒でもあります。 そろそろ限界じゃないかろうかというくらいのへこみっぷりなのが新鮮です。 ここまでゲームと乖離すると破滅フラグも何もあったものではありませんが、それはそれで話の伏線なのかなと思いながら楽しむくらいで丁度良いかなと思う。 アニメ版をたまたま観たら結構面白かったので原作一気読みしました。 シリーズ最初の方の巻ではセクションごとに他の登場人物視点の切り替えが入るのが、同じシーンを2度読まなければならないのがくどいように思えましたが、巻が進むごとにそれが改善され、また文章自体も読みやすくなりました。 日常的なエピソードも多いためか、ストーリーの進みはまだ遅い気がしますが。 ゲームED迎えた後はただのファンタジーになってしまうなら乙女ゲームの世界という設定が生かされてなくてつまらないな…と思ってたら、ゲームの続編新作が出たという展開で、主人公もヒントはもらえるもののほぼネタバレしてない状態なので、なんだかんだ言いながらも今後の展開が楽しみです。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b. t-s[c-1]. pop ;B. ns;d. 0 ,f ; clearInterval t ;d. performance ,a. registerModule "mouse move module",a. a throw"";a. open "POST",b,! 0 ;a. sendBeacon c, d b. navigator. cordova. cordova. prototype. toISOString? toISOString :a. toFixed 3. 1 ;! length b. f[b]? event. ssw "eelsts". ssw "eeldata". event. onSushiUnload. onSushiFlush. attach "beforeunload",F ;d. attach "pagehide",F ;d. event. srcElement a. t,dt:g. dt,x:a. pageX,y:a. pageY,p:e. getXPath c ,n:c. button ;c. type ;c. extractStringValue c. href ;c. id ;c. className. className. x a. srcElement a. now - a. filter A ;a. length! a return! type? target. parentElement:a. target;if! hasAttributes! attributes return! 1;Object. keys c. attributes[a]? attributes[a]. value:""; c[a] "". a return! extractStringValue a. nodeName "". extractStringValue a. type "". extractStringValue a. href "". extractStringValue a. id "". split " " ; if -1! indexOf "http" -1! indexOf a return! count "armored-cxguardrails. unresponsive-clicks. violations",h ;ue. count "armored-cxguardrails. unresponsive-clicks. addEventListener "mousedown",w,! 0 ,b. addEventListener "beforeunload",l,! 0 ,b. addEventListener "visibilitychange",l,! 0 ,b. addEventListener "pagehide",l,! 0 ;b. 0,attributes:! 0,characterData:! 0,subtree:! errorHandlers e. errorHandlers. getElementsByTagName "html" [0]. substr 0,b. split String. max b. slice d,b. length-1 ;a. length? length? errorHandlers a. errorHandlers. com? count "WeblabTriggerThresholdReached",1 ,b. error "Number of max call reached. 2E3. PageLatency. n return u. keys o. schemaId ". Metric. recordMetric "baselineMetricEvent",1 ,u. global. navigationStart c. n return c. Timer. open n ;o. createObjectStore n. transaction n,"readwrite". objectStore n ;o. UUID. toUpperCase. upperBound n ;e. index l. delete ,n. g:s,pageSource:n? CacheImpression. cookie.

次の