大 日 イオン 映画。 イオンシネマ大曲(大仙市)上映スケジュール・上映時間:映画館

祝日はどうだっけ?イオンシネマの安い日(割引日)、安く見る方法まとめ

大 日 イオン 映画

Contents• 「ワンデーフリーパスポート」のここがすごい! まずは、「ワンデーフリーパスポート」のいいところをみていきたいと思います。 好きな映画が見放題 当日に上映されている映画であれば、見放題! ただし、 購入したイオンシネマの劇場でしか使えないチケットになるので、劇場をまたいでの鑑賞はできません。 一つの劇場で1日に上映されているもの限定になるので、 どこで何を観るかはよく考えた方が良さそうです。 また、今なら 過去のジブリ作品も観れちゃいます。 対象ドリンクも飲み放題 このキャンペーン、映画が見放題なだけじゃなく、 ドリンクまで飲み放題なのです! 売店でフリーパスポートを提示するともらえるそう。 映画のお供にドリンク飲み放題はありがたいですね。 「ワンデーフリーパスポート」の注意点 とてもお得な「ワンデーフリーパスポート」ですが、注意点もあります。 身体は一つしかないので、上映時間の重なるものはもちろん観ることができないのですが、その他にも注意すべき条件がありました。 ライブビューイングや舞台挨拶など、一部の特別興行は鑑賞できない。 3D、4DX、IMAXや、プレミアシート・ゴールドクラス等の上映作品、特別席は追加料金がかかる。 上映時間が15分以上重なる作品の入場券は発行できない。 一度に発行できる入場券は2作品まで。 満席による完売の場合は利用できない。 観たい映画の入場券を一度に全て発行できるわけではないので、 売り切れてしまった場合は、計画した映画が全て観られないことも有り得るのです。 1作品目の上映後に3作品目の発行が可能になるらしいのでギリギリというわけではないですが、休日の映画館だと少し心配も残りますね。 「ワンデーフリーパスポート」の口コミは? では、実際に「ワンデーフリーパスポート」を使った人は、どんな感じで鑑賞されたのでしょうか。 口コミを調べてみました。 そこで発見したのは、 オープンから時間をフルに活用して5作品を観た猛者でした! 5作品を観た方の感想 この方、映画を5作品も楽しまれたそうなのですが、問題もあったそう。 それは・・・ 身体が限界を超えたこと! 2本目の途中にお尻の違和感に気づき、3本目もお尻が痛む中での鑑賞。 4本目になるとお尻の痛みには慣れたものの頭痛が始まり、5本目は酷くなる頭痛と戦いながらの鑑賞になったそうです。 お尻の痛みはなんとなく想像の範囲内だったけど、頭痛までしてくるとツラそうだなぁ〜 ケチな私としては、できるだけたくさんの映画をみたいところ。 でも、お尻や頭の痛みと戦いながら観るのは嫌だなぁと思ってしまいました。 また、休憩時間は短い時で15分しかなかったそう。 そんなに続けて集中できるのかも気になるところです。 Twitter上の口コミは? 次にTwitterで見つけたたくさんの口コミからいくつかをご紹介。 色んなもの見れて楽しかったー。 ワンデーフリーパスポートに感謝っ。 たぶんこれが最大本数かな? 元取りすぎてちょっと罪悪感ありつつ帰りまーす。 — 飛翔 ワートリイイゾ! kariguratan Twitter上では圧倒的に満喫されている方の感想が多かったです。 「意外と疲れてない」という感想も多く、みなさん存分に楽しまれたようでした。 Twitterの感想を観てると、また興味がわいてきた! どうしようかな〜 イオンの株主なら2作品まではオーナーズカードの方がお得。 さて、ここに来てまだ決断できない私。 このパスポートを使うかどうかは、1日に続けて複数本観る体力と集中力があるかが鍵になりそうです。 2作品までは多分大丈夫だと思うのですが、家でも3作品以上を1日に観たことがないため、3作品以上となると少し心配もあります。 また、一般料金で考えると2本観ただけで元を取ることができるのですが、私はイオン株主。 株主優待のイオンオーナーズカードを使った場合は1本1,000円(ドリンク付)で観られるため、 3作品以上観ないと元が取れないことになってしまうのです。 ただ、ちょっと無理をしてでも思う存分映画漬けになってみたい欲望も捨てきれません。 これを逃すと1日に何本も映画館で映画を楽しむという機会にはなかなか出会えなさそうだなぁと思うのです。 チャンスは今週末と来週の4連休を残すのみ。 もう少し考えてみたいと思います。

次の

TOHOシネマズ 秋田:上映スケジュール

大 日 イオン 映画

いつもTOHOシネマズをご利用いただき、誠にありがとうございます。 6月19日(金)の上映回より以下の対応を再開いたします。 ・レイトショー 20時以降の上映を再開いたします。 ・座席指定券の事前販売 上映開始2日前より当日券の事前販売を再開いたします。 いつもTOHOシネマズをご利用いただき、誠にありがとうございます。 TOHOシネマズでは、営業再開に際し、お客様と従業員の安全を確保するため、感染予防の取り組みを行ってまいります。 ご利用のお客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。 万が一、ご来場の際に、体調が悪くなられた場合は、お近くの従業員までお声がけください。 ・ご来館前に、検温など体調管理のご協力をお願いいたします ・発熱、咳などの症状がある場合は、体調を最優先いただき、ご来場を控えていただきますようお願いいたします ・ご来場の際は、マスクの着用をお願いいたします ・手洗いや備え付けの消毒液のご使用、咳エチケットのご協力をお願いいたします ・整列時や入退館時のソーシャルディスタンスの確保など、感染予防および拡散防止に可能な限りご配慮ください ・過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域に訪問歴がある場合は、ご来場を控えていただきますようお願いいたします ・ご入場の際に、サーモグラフィカメラによる検温を実施しております。 検温の結果、37. ・飛沫感染防止のため、原則、前後左右に1席ずつ間隔を空けて座席指定券を販売させていただきます。 スクリーン内でのお客様同士の会話は、最小限にとどめていただきますようお願いいたします ・ロビーソファーは間隔をあけてご利用ください ・自動券売機、売店等にお並びの際の間隔を保つため、足元に目印をつけております ・間隔をあけた入退場を行わせていただく場合がございます• いつもTOHOシネマズをご利用いただき、誠にありがとうございます。 新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、体調不良のお客様、ご来場をお止めになるお客様は、当面の間、座席指定券の払い戻しをさせていただきます。 また、ご利用いただけなかった各種ご鑑賞券につきましては、下記の通り有効期限を延長させていただきますので、あらためてご鑑賞の機会をご検討いただけますと幸いに存じます。 体調を最優先いただき、発熱、咳などの症状があるお客様は、ご来場をお控えくださいますようお願いいたします。 残額分のギフトカードを新たに発行させていただきます。 【対象】 2020年3〜 8月中に有効期限を迎えたTOHOシネマズギフトカード• 新型コロナウイルスの感染拡大および、緊急事態宣言の発出による劇場休館の状況を受けまして、以下の有効期限延長を実施いたします。 いつもTOHOシネマズをご利用いただき、ありがとうございます。 spring song』は、新型コロナウイルス感染予防対策のため、本作品の製作委員会の意向により、公開延期が決定いたしました。 つきましては、公開延期に伴い、以下の対応を行わせていただきます。 お手持ちの座席指定券等が必要となりますので、大切に保管ください。 この度、当劇場にて販売を行った6月5日(金)13:10「(字)アベンジャーズ」のチケット料金が、設定ミスにより大学生・専門学生料金1,000円のご案内ができておりませんでした。 大変お手数ではございますが、6月5日(金)14:30までに大学生・専門学校生にも関わらず、一般料金1,100円でチケットをお買い求めいただいたお客様へ、差額をご返金させていただきたく、下記までご連絡いただきますようお願い申し上げます。 今回の発生事象を重く受け止め、チケット販売の管理体制の強化・再発防止と信頼回復に向け取り組んで参ります。 多大なるご迷惑をおかけし申し訳ございません。 深くお詫び申し上げます。 無くなり次第終了となりますので予めご了承ください。 また、ご入場時以降のお渡しは致しかねます。 (配布に関する特別な指定がある場合を除く) ・チケットを複数枚お持ちいただいても、お一人様1上映回につき特典1個のお渡しとなります。 ・配布に際し入場者プレゼントの種類はお選びいただけません、また、交換は致しかねます。 配布が終了している場合がございますので詳細は下記劇場までお問い合わせ下さい。 座席選択画面にて車椅子席を選択してください。 (お連れ様がいらっしゃる場合は続けて座席を選択してください。 ) チケット券種選択画面では「障がい者割引(鑑賞料金1,000円)」のみ表示されますので、こちらをお選びください。 チケット発券の際は、障がい者手帳もしくは障がい者手帳アプリ「ミライロID」をお持ちいただき、余裕を持ってチケットカウンターへお越しください。 エリア選択画面からはご購入いただけませんのでご注意ください。 上記以外で、障がい者手帳をお持ちのお客様 チケット券種選択画面にて「障がい者割引(鑑賞料金1,000円)」をお選びください。 (付き添いのお客様がいらっしゃる場合は、1名様まで「障がい者割引(鑑賞料金1,000円)」の対象となりますので、ご本人様と同じチケットをご購入ください。 ) ご入場の際に、障がい者手帳もしくは障がい者手帳アプリ「ミライロID」をチケットと一緒にご提示ください。 LINE Payシネマデイ 毎月第3木曜日の上映分のインターネットチケットをLINE Payで購入すると1,200円 (対象期間:2019年9月19日(木)〜2020年8月20日(木)).

次の

大宮の上映スケジュール:イオンシネマ

大 日 イオン 映画

「イオンシネマ幕張新都心」のエントランス 劇場としての規模は、全10スクリーンで総座席数1,549席。 この中で羽藤氏がおすすめイチオシと紹介するのが「8番スクリーン Screen 08 」だ。 イオンシネマが独自に展開している大型スクリーン規格「ULTIRA ウルティラ 」と、立体音響の「Dolby Atmos」を同時にサポートしている。 ULTIRAとDolby Atmosをダブル導入しているスクリーンはイオンシネマチェーンでも、名古屋茶屋 名古屋市港区 などごくわずか。 今のところ、関東では幕張新都心だけだ。 ULTIRAとは、壁一面に広がるような超大型スクリーンと、クリアなサウンドで「映画の中にいるような感覚を味わえる」というもので、幕張新都心の8番スクリーンの場合は縦10m、横18. 5mという大きさ。 シルバースクリーンを採用し、3D上映もできる。 羽藤: はい。 私が入社したのは、合併以前のワーナー・マイカルの時代です。 羽藤: そうですね。 最近はULTIRAを特に活用しています。 ULTIRAのある他の劇場でも、例えば春日部や名古屋茶屋ですと「ULTIRAナイト」と銘打って、夜間特別上映を行なったりしていますね。 羽藤: とはいえ、その良さを伝えるにはなかなか苦心していて……。 映画館の高画質規格だとIMAXが有名ですが、ULTIRAにそこまでのネームバリューがあるとは言えない中でどうしていけばいいか、常日ごろから考えています。 幕張新都心の全スクリーンの中でも、8番スクリーンは343席で一番席数が多いですから、人気作は自然とそこでかけることになります。 大スクリーンと音響の良さをアピールするポスターを作ったりしています。 これはイオンシネマの海老名における事例なんですが、その上映に合わせてドルビーの担当者の方が音響調整を実施しまして。 その反響は凄く、テレビ番組でもとりあげられました。 私が小樽にいたとき、その海老名と同じTHX対応のスクリーンがあったんですけれど、自分自身その魅力をまだ信じ切れてなかったというか。 海老名の件を経て 一つの劇場の総支配人を務める以上、そこにある最も高スペックな設備を有効活用しないともったいない。 自分たちが胸をはってアピールしなければ、誰が褒めてくれるのか。 奮い立つものがありました。 2015年11月封切りの作品ですが、うちでは翌年の1月になってから上映が始まり、3月4日まで公開することになりました。 そこで入場者プレゼント企画が一段落したところに、たまたま上映枠が空いたこともあって、3月5日からは8番スクリーンで上映することにしたんです。 告知も大してしておらず、それこそホームページに上映時間と「ULTIRAスクリーン」と書いておいたくらいで。 オンラインでのチケット販売は2日前から始まるのですが……ガルパンだけ明らかに席の埋まりが速い。 入場者プレゼントの配布は終わっているのに。 実は、ガルパンがそこまで特別な作品だとは当時認識していなくて、そこで初めて調べたくらいでした。 結果、3月5日土曜日の18時台の上映では130~140人の方にご来場いただきました。 事前準備の段階で、これは「生半可ではマズイ」と思いまして。 そこで、上映機材であるシネマプロセッサの「CP850」を調整して、音量をギリギリまで上げたんです。 具体的には通常が「6~6. 8」あたりなのを「7」にしました。 羽藤: 劇場のエンジニアに相談して、確か当日の朝に決断しました。 かなりドキドキでしたね。 流石に気になって、上映後にTwitterで検索 エゴサーチ してみたんですが、好評だったようで。 「とにかく画面がデカイ」、「ここの音響は他のものより好き」など、色々な反応をいただきました。 これが凄く嬉しかった。 ULTIRAをオススメできるんだと確信した瞬間でした。 その頃はもうTwitterでお客さまのツイートをリツイートしまくっていました 笑。 3月末には春休みの映画ラッシュも控えていましたが、結局、本社の番組編成部 映画の上映回数やスケジュールを決める部門 とも協力して、1日1回の上映を続けました。 決して見やすい時間帯ではなかったですが、それでもお客さまの足は途切れず、翌月のゴールデンウイークになってもまだ上映ができました。 この人気ぶりは社内でも共有されまして、幕張新都心以外のULTIRA対応スクリーンでもガルパンを上映するに至りました。 これこそ、チェーン展開するシネコンの強みですね。 そうやって続いていくうちに、お客さまからは「過去のTV版やOVA版をULTIRAで見られないか」というご要望をいただきました。 最終的には、弊社の番組編成部を通じて、配給会社にも要望を送りました。 羽藤: はい。 ただ、音響はOVA版が4. 1ch、テレビ版は2. 1chです。 そのまま流してご満足いただけるか一抹の不安がありました。 そんな時に、配給会社を通じて「ガルパンの音響監督である岩浪 美和 さんがULTIRAで試写をできるか」という要望をいただきまして。 もちろん大歓迎です。 さらにその後に岩浪さんからいただいたメールには「音響調整の件、よろしくお願いします」と書いてあって。 あれ、試写じゃなかったっけ? という 笑。 ちなみに、音響調整とは具体的にどういったことを? 羽藤: 専門家ではないので詳細は説明できないんですが、CP850という機材の「アップミックス」機能を使うんだそうです。 これに専用の変換器をかませたりするので、ある程度は機材を新規に調達しています。 このテレビ版・OVA版の9. 1ch上映は社内的には6月11日から実施予定としていたんですが、事前告知しませんでした。 なにせ初の試みですし、音響調整作業自体も直前の6月8日に行なう予定だったので、上手くいかない時のことも考慮していました。 実際、夜遅くになって作業し始めてから3時間くらいは上手く音が出ていなかったですが、なんとか成功しまして。 1ch」という名前も頂戴しました。 その後は「ガルパン以外の作品もULTIRAで見たい」という声もいただくようになりました。 作品はもちろんですが、ULTIRAのファンにもなっていただけたのかな、と感じています。 羽藤: まずは岩浪さんが音響監督として参加し、国産アニメ初のDolby Atmos採用作品である「BLAME! ブラム 」の上映ですね 5月20日~。 1日の中でも、色んな作品が代わる代わる8番スクリーンで楽しめるイメージです。 ゴールデンウイークですと、実写版「美女と野獣」のULTIRA上映も決まりました。 こちらについても、同時期の「ワイルド・スピード ICE BREAK」とスケジュールを上手くやりくりしながら、お届けする予定です。 羽藤: そうですね。 その一方で、ULTIRAのネームバリューが去年上がったことで、今までに比べて企画しやすくなったのも事実です。 Dolby Atmos上映となる5月の 「BLAME! 」も、これまでだったら幕張新都心では上映されなかったかもしれませんが、ガルパンの実績があり、アニメファンの方々が付いて下さったおかげで『幕張だったら』といっていただけるようになりました。 羽藤: すべての作品がファーストラン 封切り上映 できればいいですが、スクリーン数の都合などもあり、そういう訳にもいきません 編注:一般的に、映画がどの劇場で公開されるかは、配給会社の戦略によるところが大きく、劇場側が希望すれば必ず上映できるものではない。 幕張新都心でのガルパン上映はまさにセカンドラン ファーストランの次のタイミングでの上映 でした。 それでも9. 1ch上映直後の6月は、幕張新都心の単月の動員ランキングではガルパンが1位でした。 2016年全体でも、一般的なシネコンであれば「君の名は。 ファンの方の映画の楽しみ方が変わってきているのかもしれません。 羽藤: 2016年は、「君の名は。 」に代表されるように、テレビで取り上げられたから大ヒットする、のではなく、口コミ、特にSNSの効果がもの凄く大きかった印象です。 「シン・ゴジラ」も同じですよね。 プラスして「体感する」も1つのキーワードになっていると思います。 劇場によっては「応援上映」 上映中に観客が自由に声を出して登場人物の応援やセリフを言ったりする企画 や、「大音量上映」など様々な企画がある中で、我々にとっての武器となるのがULTIRAの大スクリーンなのかな、と。 しかも、それを認識させていただいたのは、ガルパンであり、お客さまの声でした。 結局、ガルパンを足かけ1年近く上映しましたが、かなり異例の事態です。 ある意味「ぶっ飛んで」ますけど、お客さまのリクエストにこたえる形で実現できました。 8番スクリーンの入り口には「この世界の片隅に」の複製原画や監督サイン入りポスターが展示されていた。 提供してくれたのはTwitterのフォロワーとのこと。 劇場と来場客の近さを示す例と言える 羽藤: 我々も、多くの作品をファーストランから上映できれば良いのですが、そこから遅れたとしても、ここ幕張新都心で上映することを喜んでくださる方がいらっしゃいます。 必ず実現できるかはわかりませんが、そういうリクエストはちゃんと見ています。 それを払拭するためにも、枠の空きを上手く活用して少しでも多くの作品を上映できるようにしています。 最近は、劇場の設備にあまり関心がないお客さまに対しても、8番スクリーンの凄さを伝えようという試みもしています。 例えば、上映の前後に私がスクリーンの前に立ってご挨拶したり、「この世界の片隅に」の上映前には「監督さんが直接いらしてですね……」といった話をしたり。 お客さまにちょっとでも「得したな」と思っていただければ嬉しいですね。

次の