木走正水。 木走日記

木走とかいう者の虫並みの無知

木走正水

初めまして、木走正水(きばしりまさみず)と申します。 本名ではありません。 あしからず。 東京都在住の男性です。 いろいろな人に刺激を受けて私・木走もマイブログなるものを立ち上げてみました。 いくつかのサイトでいろいろな意見の書き込みをしてきたのですが、自分の考えを自由に表現してみたくなり開設しました。 本業の傍らで更新していきますので、不規則・期となりましょうがきままに構えてまいります。 右の写真はマイナーな野鳥「キバシリ」です。 名前の由来は文字通り、木の幹の表面を螺旋を描きながら忙しく走り回るところから付けられたそうです。 重力を無視するがごとく木を走り回る地味な野鳥です。 このプログで私・木走も、思いつくままジャンルをまたいで、せっそうもなく書き込んで参りたいと思うのでした。 以後、よろしくお願いいたします。 まずはごあいさつまで。 kibashiri.

次の

東京都の公開したデータを検証・分析〜重症患者数の推移を、特に注視して行くことが重要

木走正水

2017. 26(金) 木走とかいう者の虫並みの無知 木走正水とかいう知らん奴が、わしのブログに文句を言ってるのだが、ネトウヨだろうか、あまりにオツムが弱い。 そもそも、木走は「共謀罪」が「テロ等準備罪」 であり、テロ防止効果があるものだと信じ切って いるらしい。 凄いな。 全く脳を使っていない。 まるで金田法務大臣以下の脳みそだ。 他ならぬ政府が 5月 19日、衆院法務委員会の強行採決を前に「共謀罪」の立法事実(なぜこの法律を作るのか)についての答弁を転換してしまい、 「TOC条約締結だけがこの法律の必要性だ」 と言ってしまったことなど、こいつは当然知らないのだろう。 TOC条約は、テロ防止とは何の関係もない。 シチリア州のパレルモ市で調印されたマフィア対策 のための条約だ。 こんな基本的なことも木走とかいう虫は知らんのだろう。 政府は、既に「共謀罪」はテロ防止のために制定するのではないと答弁しているのだ! しかも木走は、 「まず法律で明示したからといって 犯罪をゼロにすることはそもそも不可能でしょ」 と、わけのわからないことを言う。 そんな当たり前のことを、何を居丈高に言ってるんだ? 「共謀罪でテロをゼロにすることはできないから反対」なんて、誰も言っていない。 共謀罪とテロ防止は関係ないと言っているのだ! こんなこともわからないとは、アニサキスもびっくりの虫だな。 木走虫は、さらに馬鹿げた反論を繰り出している。 共謀罪がない日本は報道の自由度 72位で、共謀罪があるイギリスは 40位だから、(木走は 38位と書いているが、正しくは 40位) 「少なくとも共謀罪のあるイギリスのほうが 共謀罪のない日本より報道の自由度ランクが上位 なんですけど、これは論理破綻していませんか」 というのだ。 この馬鹿は、「報道の自由度ランキング」が「共謀罪の有無」だけで決まると思っているようだ。 日本は、記者クラブ制度によって、フリーや外国記者が冷遇される構造や、調査報道の不足、メディアの自主規制があり、特に第二次安倍政権以降はメディアのトップが安倍首相と会食して取り込まれてしまい、高市早苗の「電波停止」発言などの圧力が繰り返されて報道が委縮してしまったために、共謀罪がない現在でさえ 72位という有様なのだ。 これで共謀罪が導入されたら、もっともっとランクを下げるだろう。 それに引き換え、イギリスはまだ報道機関が機能しているから、「共謀罪」があっても 40位なのだ。 こんなアニサキス以下の馬鹿に応援されて、監視社会を作り出す以外には何の効果もない「共謀罪」が成立させられようとしているのだ。 酷い国だね。

次の

木走正水の作業領域

木走正水

VANKは韓国ボランティアネットワークを自称し、インターネットを通じて韓国を愛する韓国人や外国人と有意義な友情を共有することを目的としているとしていますが、その実態は韓国政府から公金が支出されている反日情報宣伝工作活動の拠点であります。 VANKと言えば、ディスカウントジャパン運動 が有名です。 国際社会における日本の価値や評判を下げて、日本の地位失墜をめざす運動のことで、2005年にVANKKが宣言して以降、様々な運動が実施されています。 VANKが推進するディスカウントジャパン運動が、ただの反日運動よりもたちが悪いのは、この運動は「日本を貶める、卑しめる」ことそのものを目的とし、日本が誠実な対応をしてもしなくても日本そのものが攻撃対象のために終わりがないことです。 (参考サイト) ディスカウントジャパン運動 過去のVANKのディスカウントジャパン運動では、日本でのオリンピック招致妨害工作(「放射能がいっぱいで、危ない国・日本」のキャンペーン)、慰安婦の碑、慰安婦像の世界各地での建立運動、アングレーム国際漫画祭での慰安婦関連作品の展示、ユネスコ世界遺産への登録妨害、を「戦犯旗」と呼称して非難、とあらゆる機会を利用して日本を世界から孤立させる「過去の歴史包囲網(과거사 포위망)」を構築する」作戦を展開中であります。 ディスカウントジャパン運動を展開しているこのようなVANKに、なんと韓国政府が予算配分して支援しているのでありますからあきれてしまいます。 ・・・ ・・・ さて VANKのパク・ギテ団長は13日、戦犯国日本が防弾少年団を利用してイメージロンダリングしているとお怒りです。 14日付け韓国記事より。 韓国市民団体VANK団長、「日本は防弾少年団通じ戦争被害者イメージをロンダリング」 2018年11月14日12時37分 記事よりパク・ギテ団長の発言を抜粋。 「日本の右翼勢力と日本メディアがSWCの声明内容を悪意的に広報に利用し、ナチスと同じ日本の第二次世界大戦の戦争加害国ではなくユダヤ人団体のような被害者としてイメージをロンダリングしている。 実際の戦争被害者であるユダヤ人人権団体と戦争加害者である日本は全く性格が異なるにもかかわらず、SWCの防弾少年団非難声明内容が全世界に知られるほど、第二次世界大戦で加害者であり戦犯国だった日本のイメージよりむしろ被害者としてのイメージが全世界に広報されるという事実」 「これに対しVANKは帝国主義という大きな脈絡の中でとナチズム、そして日本の戦争犯罪をひとつにまとめ、全人類にさらに積極的に知らせる活動を進めたいと思う」 しかし頓珍漢なことをいいますね。 なんでしょう? イメージロンダリングって・・・ 日本は戦争加害国のくせに「ユダヤ人団体のような被害者としてイメージをロンダリングしている」って、考えすぎもいいところでしょう。 そもそもユダヤ人団体の抗議がなければ事務所の謝罪もなかったのは明白であり、日本の原爆だけだったら無視を続けていたことでしょう。 つまりユダヤ人団体に謝罪するのにしかたなく日本の原爆被害者にも謝罪しただけで、それは韓国側の情けない事情がそうさせただけなのであって、つまり日本のイメージをロンダリングしているとすれば、それは日本じゃなくて韓国自身の情けない対応が招いたことでしょう。 話がおかしいですって。 ・・・ それにしてもディスカウントジャパン運動のVANKであります。 もし日本でこのように政治的に偏向する団体を政府の公金が支えていたとしたら大問題でありましょう。 読者の皆さん、どう思われますか。

次の