柔らかい焼き豚の作り方。 美味しい焼き豚の作り方。圧力鍋の簡単レシピ!求めてた味はコレ!

おかずのクッキング|和風焼き豚の作り方レシピ(堀知佐子)

柔らかい焼き豚の作り方

豚肉にタコ糸を巻いていきます。 タコ糸は縦半分に巻き、その後横方向にぐるぐる巻いて行きます。 余ったタコ糸はハサミで切ります。 (タコ糸を巻くことでお肉の厚みを均等にし火の通りにムラをなくします。 煮汁を作る。 鍋に、酒200ml、水300ml 、醤油30ml、砂糖大さじ2を加え火にかけ沸騰させます。 煮汁が沸騰したらタコ糸で縛った豚肉を入れます。 (沸騰した煮汁に入れることで、豚肉の表面が固まり綺麗な形に仕上がります。 またすぐに表面が固まることで中に旨味が閉じ込められます。 キッチンペーパーなどで落し蓋を作りのせ強火で20分煮込みます。 20分後、火を止めポリ袋を2枚用意します。 ポリ袋を二重に重ね豚の肩ロースを入れ煮汁も加えます。 (内側のポリ袋は空気が入らないようにしっかりと口を縛る。 外側のポリ袋は少し空気を含までふんわりとさせ口を縛ります。 ) 袋と袋の間に空気を入れることで余熱でじんわりと火を通すことができ、豚肉が柔らかく仕上がります。 しっかり余熱で火が入ったら、タコ糸切り フライパンに煮汁の半量を沸かし豚肉を入れ強火で表面に焼き色をつけていきます。 (煮汁を煮詰め、醤油の香ばしい香りをつける)• 煮汁の残り半量はソース用に温める。 付け合わせを作る。 付け合わせの材料は 一口大に切り耐熱皿にのせ600wの電子レンジで20秒加熱する。 ボールに出汁、薄口醤油を入れ よく混ぜ合わせます。 加熱した材料にあわせたったっ塩入れ冷めるまで漬け込みます。 焼いた豚肉を薄くスライスし、お皿に盛り付け、付け合わせを飾る。 温めた煮汁を豚肉にかけ完成。 詳しくはこちら まとめ 香ばしい醤油ダレを柔らかい焼き豚の表面に絡めるので、豚肉の旨みが楽しめるレシピです。 予熱で柔らかく火を入れ仕上げに醤油の香ばしさを豚肉にまとわせるのがポイント! 難しそうですがポイントを抑えれば簡単に作ることができます。 是非参考に作ってみてください。

次の

【作りおき】しっとりやわらか! 「ゆで豚」の作り方&簡単アレンジレシピ(1/2)

柔らかい焼き豚の作り方

【始めに】角煮やラフテーを食べたくても、豚バラ肉の脂肪が気になりますね。 一般的なレシピでは、表面を焼いて(焼かない場合も多い)下ゆでに1時間、煮込みに1時間ぐらいかけます。 ためしてガッテン流で豚バラ肉を焼けば、たった5分間で24%以上の脂肪をカットできます。 その後1時間下ゆでし、1時間煮込めば63%の脂肪がカットできます。 【低脂肪でとろとろラフテーを目指そう】角煮やラフテーは、何といっても箸でくずれるようなとろとろの食感が命。 下ゆでにもう少し時間をかけてみませんか。 煮込むほど脂肪が抜け、とろとろのゼラチンが味わえます。 【業者は下ゆでに4〜5時間かける】角煮の業者は、下ゆでに4〜5時間をかけて脂肪を抜きます。 家庭では時間や光熱費を考えると厳しいかもしれませんが、無理のない範囲で下ゆでに時間をかけてみて下さい。 最低でも2時間、できれば3時間。 実験では、業者と同じ4時間をかけてみました。 それはもう、超ヘルシーで、やわらかいゼラチンが味わえる絶品の角煮やラフテーが出来ました。 もう病みつきです。 まずは、下の「 ためしてガッテンの情報」からご覧下さい。 ためしてガッテン情報:豚バラ肉はコクがありおいしい部位だが、脂肪が気になる人も多いだろう。 このバラ肉を、コクはそのままで脂肪分を落とし、あっさり仕上げる究極の調理法がある。 それは たっぷりの油で焼くことだ。 一見、矛盾しているようだがそれは思い込み。 フライパンに100mlの油を入れ、かたまりのバラ肉を焼くと豚肉の表面に脂肪が浮き出てくる。 油同士は溶け合う性質があるため、温められ浮き出てきた豚肉の脂は、フライパンに満たした油と結びつき、外へ出ていくのだ。 一方、ゆでた場合は、 水と油は反発するので浮き出た豚肉の脂肪分がゆで汁に溶け出しにくい。 たった五分間、たっぷりの油で焼いただけで、豚肉の脂肪分が 24%も減ったのは、焼いた油の方へ溶け出たためなのである。 油で焼いた豚肉を蒸せば、さらに脂肪分を減らすことができる。 脂肪分63%カットというのにひかれ、レシピをメモして時間をかけて作ってみました。 私はサラダ油ではなく、オリーブオイルで焼いたのですが、出来上がったものを冷やしても、ラード状の脂はどこにも見当たりませんでした。 マロン:トマトさん、ありがとうございます!すごい!オリーブオイルを使われたんですね。 おっしゃるとおり、です。 ですので、悪玉(LDL)コレステロールを減らしてくれます。 また、腸で吸収される速度が遅いので脂肪として蓄積されにくく、ダイエットにも効果的です。 最初に入れたサラダ油は100gを計って入れました。 肉を取り出し油を計量したところ、1回目で144g。 2回目の実験では150gとなりました。 水分なども含まれているとは思いますが、単純に100gのサラダ油を引いて1回目に44g、2回目の実験では50gの豚の脂肪が出たと考えてみました。 豚大型種の豚バラ肉500gで脂肪は173gあります。 1回目の44gで脂肪の抜けた割合は25%になります。 2回目の50gで29%もの脂が出たことになります。 かたまり肉を焼くのではなく8等分してから焼いたので、焼く表面積が増えた分脂肪もよく出たのでしょう。 豚の脂をラード状に固めて計量できないかと思い、冷蔵庫に入れて冷やし固めたところ、サラダ油と乳化して全部が固まってしまいました。 今度は分離しやすいようにお湯を足して冷蔵庫に入れてみましたが、やはりサラダ油と一緒に固まってしまいました。 液体状の脂と重さもほとんど変わらないので、やはり上記のように合計から100gのサラダ油を引いた数字を、豚の脂肪と考えることにしました。 ためしてガッテンと一般的なレシピを比較 一般的なレシピでは、フライパンに油をひかないか、ひいても少量の油で豚バラ肉を焼きます。 油をひかないで焼いて出た脂肪を計量してみました。 21gです。 12%の脂肪が出たことになります。 ためしてガッテン流の方法で行った方が、 2倍以上の脂肪をカットできることが分かります。 1時間の下ゆでで抜ける脂 1時間下ゆでした煮汁を、冷やして固めてみました。 22gの脂肪が出ました。 1時間の下茹でで、13%の脂肪が抜けたことになります。 別なお肉で実験したところ、同じく22gの脂肪が出ました。 37gです。 21%の脂肪が抜けたことになります。 ここまでで脂肪が抜けた割合は、ガッテン流の焼きで29%、1時間の下茹でで13%、1時間の煮込みで21%ですから、合計63%の脂肪が抜けたことになります。 2時間の下ゆで 1時間下ゆでしたものを、水をかえてさらに1時間煮こんだ後に出た脂肪を計ると9gでした。 5%の脂肪が抜けました。 3時間の下ゆで 水をかえてさらに1時間煮こんだ後に出た脂肪は5g。 3%の脂肪が抜けました。 4時間の下ゆで 水をかえてさらに1時間煮こんだ後に出た脂肪は3g。 2%の脂肪が抜けました。 8%の脂肪です。 それで、脂肪が抜けた割合は、ガッテン流の焼きで29%、4時間の下茹でで13%、1時間の煮込みで8%ですから、合計60%の脂肪が抜けたことになります。 数字的には1時間の下ゆでより4時間の下ゆでの方が、脂肪の抜け具合が低い結果になりました。 考えられることとして、水と油は反発するので、水を変えないで水を足しながら4時間煮た方が、もっと脂が出たかもしれません。 また、脂肪分が溶けだした後、残ったコラーゲンが煮汁の水分を吸ってふくらむことがあるそうです。 いずれにしても、口にする脂はもうギトギトとしていません。 ジューシーなゼラチンという感じです。 数値には表せませんでしたが、こちらの方が間違いなく脂が抜けていると思います。 脂肪が抜ける経過を写真で見る これが、ためしてガッテン流のたっぷりの油で焼いて、約24%の脂肪が出た豚肉です。 これから下ゆでに時間をかけてさらなる脂肪を抜いていきます。 下ゆでを3時間した脂肪と煮た脂身です。 十分やわらかくておいしいです。 4時間下ゆでをした豚バラ肉です。 見た目にも脂肪がかなり減ったのが分かります。 手に脂がついても、さほどギトギトしません。 煮るとコラーゲンの透明感があります。 ここまでくるとヘルシーでとろとろ、ダイエッターが安心して食べられる角煮です。 よくある質問 レシピに関連したよくある質問の答えです 角煮1個のカロリーは? このレシピの豚の角煮1個のカロリーは、154kcalです。 豚バラ肉とは? 豚のアバラ肉(肋肉)のことです。 別名、三枚肉ともいいます。 赤身と脂肪が交互に三層になっているからです。 蒸した方が脂がよく抜ける? 蒸した方がゆでた場合より脂肪がよく落ちるというので、1時間蒸して出た脂肪を冷やして固めてみました。 19gの脂肪が出ました。 1時間の下茹でで出た脂肪は22gですから、予想に反して少し劣りました。 もっと長い時間蒸すと違うのかもしれません。 でも肉に付着した脂肪はかなり落とせるので、蒸し豚料理をいただく場合は、ゆでるより蒸した方がさっぱりといただけると思います。 もっと角煮をさっぱり食べるには? おからを入れて下茹でしましょう。 おからが余分な脂肪を吸い取ってくれます。 口の中がさっぱりして、脂肪がよく抜けたのを感じます。 このレシピなら、200gくらいのおからで煮てみましょう。 米ぬかでも同様の効果があります。 なければ米のとぎ汁でもいいです。 ウーロン茶やプーアール茶で下茹でしても脂肪抜きの効果があり、さっぱりします。 コラーゲンの利用方法は? ゆで汁や煮汁にもが出ます。 冷やすととろんとするのは、コラーゲンがゼラチンになったからです。 捨てないで利用しましょう。 とんこつ醤油ラーメン ゆで汁は冷やし固めて脂肪を取り除いた後は、ラーメンを作りましょう。 の、水炊きの残り汁400ccを下ゆでの汁におきかえると、とんこつ醤油ラーメンが味わえます。 ぶり大根 残った煮汁で大根を煮ましょう。 を参考に炊いてみて下さい。 ユーザーのIrisさんからの情報:角煮の煮汁って何にでも使えて便利ですよね。 我が家では煮汁の残りの中に鶏ももとか豚の薄切り肉を入れて煮るのが定番です。 めちゃめちゃ簡単でお手軽なんですけど、これがご飯のおかずになるんですよね〜(^^) しかも煮汁に溶け出たコラーゲンの効果でいつもよりお肉が柔らかく仕上がるんです。 お弁当にもぴったり。 生姜を入れて生姜焼き風にしたりもしますよ。 煮汁が濃いときはだし汁で薄めてます。 あと、煮汁の中にタマネギや椎茸を入れればあっという間に肉丼の具が完成。

次の

豚の角煮のレシピ(作り方)

柔らかい焼き豚の作り方

やわらかくてジューシーな焼き豚づくりには、コツが必要です。 こちらでは、簡単に焼き豚を作るためのレシピや、硬くならないコツなどを見ていきます。 これさえ覚えてしまえば、自宅で簡単に美味しいチャーシューが食べられます。 豪華!簡単焼き豚 家にお客さんが来る時には用意しておきたいおもてなし料理。 少しずつたくさんの種類を作るのは大変ですが、メイン料理をたっぷり用意してあとは少しずつならボリューム感もあって豪華なメニューになります。 そんな時には豪華さが出せて簡単に一度にたくさん作ることのできる焼き豚がぴったり。 しっかりした味付けでお肉がたっぷり食べられるため男性にも喜ばれます。 そんな簡単に作れる焼き豚レシピのご紹介です。 用意する道具は、フライパン・鍋・フォーク・たこ糸・竹串。 必要な食材は豚かたまり肉を1かたまりで、種類をこだわらず特売になっている物でOKです。 タレ用の調味料は砂糖100cc・しょうゆ100cc・酒100cc。 甘めの味付けが好きな場合は酒100ccの代わりに酒とみりんを50ccずつにしても構いません。 また、野菜を一緒に煮るとさらにおかずが増やせて便利なので、じゃがいもやにんじん、玉ねぎなどを入れても。 ニンニクやしょうがも適量入れると臭み消しになります。 では作り方ですが、初めに豚かたまり肉をたこ糸でぐるぐる巻き、ギュッと縛っておきますがこの工程を飛ばしてもOK。 次に豚肉にフォークで全体をまんべんなく刺し穴をあけます。 こうすることで火が通りやすくなり味がよくしみるだけでなく、お肉がより柔らかくなるので念入りに行いましょう。 終わったら熱したフライパンでお肉の表面を強火で焼き、焦げ目をつけます。 フライパンを使わず煮込む用の鍋で焼いても。 この時芯まで火を通しておく必要はないので焦げ目をつけることに集中しましょう。 全体に焦げ目がついたら鍋にお肉と野菜、タレ用調味料を全て入れて混ぜ、蓋をして30分間中火で煮込み続けます。 野菜は特に入れなくても良いですが、いれるとタレがさらにおいしくなりお肉もおいしさアップするため、あれば入れた方が良いです。 もし煮込んでいて火の通りが悪い時や野菜を入れない時は、水70ccを足して煮込みましょう。 煮込み時間が過ぎてお肉を竹串でさしても赤い肉汁が出てこなければできあがりです。 あとはお肉をお好みの厚さにスライスして盛り付けるだけ。 一緒に煮込んだ野菜も盛り付けに使いましょう。 タレも大変おいしいので、丼にごはんをよそい千切りキャベツをのせてその上にできあがった焼き豚をのせてからタレをぐるっとかけてチャーシュー丼に。 マヨネーズや七味もプラスするとさらにごはんが進みます。 むしろこのタレだけでもご飯が食べられるというほどのうまみがつまったタレもできあがります。 レンジでかんたん焼き豚 ラーメンやチャーハンに使われている焼豚はとても手間と時間のかかる料理のひとつ。 でも前日に準備さえしておけば、焼き豚が欲しい時には10分程度でササッと作れてしまううれしいレシピがあります。 電子レンジを使って手軽に手早く作る簡単焼き豚レシピを紹介します。 調理時間の短縮ができるので、忙しい朝のお弁当作りにもお客さんが来る時のあわただしい準備にも慌てることなく焼き豚を作れるのが大きな魅力です。 このレシピで必要な道具は、電子レンジ・食品保存用ポリ袋またはしっかりしたビニール袋・クッキングシート・電子レンジ対応のお皿。 必要な食材は、豚肩ロース肉200gほどとタレ用調味料として味噌大さじ1・しょうゆ大さじ2・酒大さじ1・砂糖小さじ1・みりん大さじ1・ごま油小さじ0. 調理時間は10分程度ととても短いですが、その前に下ごしらえに少し時間を使います。 ここでしっかり漬け込んでおくと簡単な調理でもとてもおいしい焼き豚に仕上がるので重要です。 まず、食品保存用ポリ袋かしっかりしたビニール袋にタレ用調味料をすべて入れてよく混ぜ、そこへ豚肉をいれて1時間ほど漬け込みます。 寝る前に作って翌朝まで冷蔵庫で寝かせておいてもしっかりした味付けに。 ただし何日も漬け込んでしまうと味付けが濃くなりすぎるので注意しましょう。 もし漬け込み時間が1時間もとることができなければ、タレをよくお肉にすりこみます。 袋の外側からよくもみこむなどして味をお肉になじませていきましょう。 漬け込みが終わったお肉を袋から取り出し、クッキングシートを敷いたお皿の上においてラップはかけずに電子レンジで9~10分ほど加熱します。 芯まで火が通ったらできあがりです。 あとはお好みの厚さにスライスしたり細かく刻んでチャーハンに混ぜたり。 そぎ切りにしてラーメンにのせてもステキです。 残ったタレもおいしいので焼き豚にかけて食べてもOK。 このレシピはタレに味噌を使ってあるので、他の焼き豚レシピとはちょっと違った味わいが楽しめるのも魅力のひとつ。 ちなみに電子レンジで作る簡単焼き豚を使った時おいしいメニューは「チャーハン」。 用意する食材は作った焼き豚2切れほど・卵1個・ネギ1本・ごはん丼1杯・塩と醤油はお好みで。 作り方は先にフライパンで焼き豚と刻んだネギをいため、そこへとき卵をおとします。 すぐにご飯をたしてとき卵とからめ、まんべんなく具材が混ざるように木べらでまぜましょう。 チャーシューが硬くならないコツ ふわふわやわらかくて、お箸でつまむとほろっと崩れてしまうようなおいしいチャーシューには憧れるもの。 でも家で作るとなかなかお肉がうまく柔らかくならず、硬くなってしまったりボソボソした状態になったりということがあります。 しかし、チャーシューをつくる上でのコツをマスターしていれば、失敗なく脂身がとろとろにとろけるやわらかい焼き豚を自宅でも作ることが可能です。 たとえ圧力鍋がなくても成功するポイントをマスターして、次の焼き豚作りに生かしましょう。 まず使うお肉は豚バラかたまり肉を選びましょう。 脂身の部分がとろける柔らかさになりとてもおいしい仕上がりを狙うのなら、豚バラかたまり肉です。 また、豚肩ロースを使う場合でもコツを知っていれば硬くならないで柔らかい焼き豚に仕上がります。 使うお肉を選ぶとき、脂身が少なすぎないものを選ぶこともコツのひとつです。 豚肩ロースを使う時の下ごしらえとして、初めにフォークでお肉の表面にたくさん穴をあけておきましょう。 火をよく通したり味をしみこませたりする役割もありますが、多くの穴をあけることでお肉を柔らかくする役目もあります。 そして、煮込む前にはお肉の表面をしっかりと強火で焼いて肉汁を中に閉じ込めるようにします。 この時、芯まで火が通らないように気を付けて、あくまで表面だけに焦げ目をつけてましょう。 それからタレに使う調味料にも気配りをしましょう。 焼き豚作りに欠かせない工程が煮込みですが、煮込み始めは水と砂糖・酒・ネギなど香味野菜だけでお肉を煮ます。 最初からしょうゆをいれてしまうと、含まれている塩分がお肉を硬くしてしまい砂糖などの甘味が入らなくなるためです。 しょうゆをいれるタイミングは煮込み始めてから30~40分たったときにします。 ちなみに火加減は弱火~中火にして落し蓋をするのがポイント。 落し蓋は木蓋でなくてもアルミホイルやクッキングペーパーなどで代用すれば十分です。 煮込みが終わってからはお肉を煮汁と分けてしまわず、冷ましながら煮汁をしみこませていきます。 温度が下がっていく時にお肉へ味がしみ込んでいくので、その時に煮汁の水分も一緒にしみこむためです。 粗熱を取るために1時間30分~2時間はそのままさましておきましょう。 煮込んだ後そのまま放置することでゆっくりと冷めていきますが、冷蔵庫などへすぐに入れて急に冷やすと煮汁があまりしみこまず味も柔らかさも出しづらくなってしまうので注意しましょう。

次の