自作 pc 構成。 自作PC初心者に便利なパーツ構成チェックツールを作りました。

wmf.washingtonmonthly.com:組みたい自作PC構成まるわかり!!

自作 pc 構成

一般的なパソコンの使用方法であれば、10コア以上のハイエンドCPUを活かすことは難しいです。 コスパを考えると選択肢に入れるべきCPUはたったの10個に絞られます。 CPU名 価格 マルチコア性能 シングルスレッド性能 の順番で表記しています。 1〜3万円のローエンド• Core i3 9100F 約9,000円 7,165点 2,515点• Core i5 9400F 約17,000円 9,725点 2,389点• Core i5 9600K 約25,000円 11,235点 2,837点• Ryzen 2600 約16,000円 13,461点 2,279点• Ryzen 3500 約16,000円 12,517点 2,515点• Ryzen 3600 約24,000円 17,843点 2,572点 この中からCPUを選ぶと、マザーボードは自然と絞られます。 マザーボードもハイエンドモデルを選ぶ必要はありません。 ハイエンドモデルは、オーバークロックに強かったり拡張性が高くなっていますが、ローエンドモデルでも普通の使い方では十分です。 マザーボードの大きさは各社バラバラというわけではなく、定められた規格があります。 そのATX, MicroATX, Mini-ITXといった規格によって、使えるケースのサイズが決まります。 大きさにこだわりがない方は一番一般的なサイズであるATXを選ぶのが良いでしょう。 小さめのパソコンにしたい方はMicroATX, さらに小さくしたい方はMini-ITXを選ぶと良いでしょう。 詳細まで解説した記事はにあります。 CPUクーラーの選び方(日常使い用) 次にストレージを選びます。 ストレージはデータの保存する場所で、SSDとHDDの2種類にわかれます。 現在はSSDメインで作ったほうがよいでしょう。 HDDは、動画などの大容量ファイルを大量に保存する必要がある方のみ使うことをおすすめします。 ストレージは1つしか選べないわけではありません。 多くのマザーボードが複数のSSDと複数のHDDを搭載できます。 ストレージの読み書きの速さは、パソコンの日常的な使用における快適性に大きく影響を与えます。 そのためメインのストレージはNVMe接続でM. 2スロットにささるSSDをおすすめします。 詳細まで解説した記事はにあります。 電源の選び方(日常使い用).

次の

自作パソコンの見積もりは、この神サイトだけで充分!自作PC構成見積もりてすとの使い方

自作 pc 構成

CATEGORY• TITLE 15万円という予算は、多くの人にとって簡単に用意できるお金ではないと思います。 予算が15万円もあれば高性能PCを自作することは難しくありませんが、どのパーツを重視すべきなのか、どのパーツにどれくらいの予算をかけられるのかといった工夫や戦略立てが大切です。 こちらでは、15万円ほどの予算で高性能PCを自作したいという方に向けて、パーツ選びのポイントやおすすめの自作PC構成案を紹介します。 SHARE 予算15万円で組む自作PCのおすすめ構成~コスパがいいパーツ選択と性能 15万円という予算は、多くの人にとって簡単に用意できるお金ではないと思います。 予算が15万円もあれば高性能PCを自作することは難しくありませんが、どのパーツを重視すべきなのか、どのパーツにどれくらいの予算をかけられるのかといった工夫や戦略立てが大切です。 こちらでは、15万円ほどの予算で高性能PCを自作したいという方に向けて、パーツ選びのポイントやおすすめの自作PC構成案を紹介します。 自作PC作成に必要なパーツ 予算が15万円と潤沢なぶん、パーツ選びの選択肢は充実します。 まずは、PCの核となるCPU(「中央演算処理装置」と呼ばれる、PCの頭脳にあたるパーツ)を決めて、それに合った周辺パーツを選んでいくと、スムーズに構築できるでしょう。 CPUは、Intel製のCore iシリーズとAMD製のRyzenシリーズが主流です。 前者はゲーミング性能、後者は同時に複数の処理を行うマルチスレッド性能に優れています。 用途やほかのパーツにかける予算に応じて、搭載するCPUを選んでください。 CPU パソコンの頭脳にあたるパーツで、データの処理スピードを決定付けます。 高性能なCPUほどアプリケーションの処理速度が上がり、快適にPCを扱えるようになります。 15万円の自作PCへのおすすめ Core i7-9700K やRyzen 7 3700Xが性能的におすすめです。 さらにスペックにこだわるなら、Core i9-9900KやRyzen 9 3900Xも選択肢に入れて考えてみましょう。 マザーボード 各種パーツを接続するための基盤となるパーツです。 マザーボード側の接続端子によって使用できるパーツが逆算的に決まるので、構成を決める際の基準となります。 15万円の自作PCへのおすすめ マザーボードは拡張性を重視して選ぶといいですが、高いものは発光するなど、人によっては不要な機能がついています。 1万円前後のものでも性能は十分でしょう。 メモリ CPUやGPUが処理を行う際、必要なデータを一時的に保管しておくための作業空間を提供するパーツです。 同時に複数のアプリケーションを起動して処理を行いたい場合には、より多くのメモリが必要になります。 15万円の自作PCへのおすすめ ワードやエクセルなど、一般的なソフトを使う場合であれば8GBで十分ですが、ゲームをプレイするなら16GBは積んでおきたいところです。 映像系、音楽系ソフトをメインに使うなら、32GBあるのが理想です。 GPU 3Dグラフィックスなどの画像処理に特化したパーツで、高性能なものほどグラフィックスの処理性能が高くなります。 一般的にはグラフィックボードに搭載されているものを使用しますが、CPUやマザーボードが内蔵している場合もあります。 15万円の自作PCへのおすすめ PCの用途によって、重要性が大きく変わるパーツです。 ゲーミングPCとして使う場合は高性能なものを選ぶといいですが、それ以外の場合はGPUの性能にこだわらなくても大丈夫です。 SSD データの保管庫にあたるパーツの一種です。 HDDに比べるとデータ転送速度が速い反面、容量が少なめなことが特徴です。 SSDにOSやアプリケーションをインストールすると、PCやアプリケーションの起動を高速化できます。 15万円の自作PCへのおすすめ 高性能PCには、SSDが必須になります。 必要な容量は、PCの用途によって異なりますが、 512GB以上のものを選んでおけば問題ないでしょう。 サブストレージ(HDD) データの保管庫にあたるパーツの一種です。 SSDに比べるとデータ転送速度は劣りますが、容量が多いことが特徴です。 動画や画像など、大容量のデータを保管するのに便利です。 15万円の自作PCへのおすすめ 動画や画像などを大量に保管したい場合は、大容量製品の購入を検討しましょう。 ゲームの動画を録画して残しておきたいときなどは、1TB以上の容量があると安心です。 PCケース PCを構成するパーツを収めるためのケースです。 マザーボードにはいくつかの規格があるので、それに合わせたものを購入しましょう。 基本的に大きな規格(ATX)に合ったものは、より小さな規格(MicroATX)にも対応しています。 15万円の自作PCへのおすすめ マザーボードに対応したケースを選ぶことが重要です。 予算に余裕があれば、デザイン性にもこだわるといいですが、設置場所に合ったサイズのものにすることが大前提となります。 なお、 自作PC初心者の場合は、大きいケースのほうが内部が広いぶん、組み込みもしやすいです。 CPUクーラー 発熱するCPUを冷却するためのパーツです。 高性能CPUほど発熱量も多い傾向にあり、しっかりと放熱が行われないとパーツの耐用年数が短くなってしまいます。 15万円の自作PCへのおすすめ 高価なCPUは発熱しやすいので、CPUクーラーにも十分な予算を充てましょう。 種類としては 空冷と簡易空冷がありますが、コスパがよくて使いやすい前者がおすすめです。 電源ユニット CPUやSSDなどのパーツに電力を供給するパーツです。 各パーツには必要な電圧が決まっており、パーツに合わせて電圧を調整することも電源の役割になります。 15万円の自作PCへのおすすめ 電源ユニットには、品質を決める6つのグレードが存在します。 予算15万円で自作するときは、 価格と性能のバランスがいい、GOLDランクのものがおすすめです。 OS PCを動かすためのアプリケーションです。 現状では、もっとも安価で入手できるWindows 10 Home 64bitほぼ一択でしょう。 DSP版(パーツとセットで購入し、セットにしたパーツが組み込まれている構成でのみ機能する)を使用すれば3000円ほど価格を抑えられますが、その場合はバンドルするパーツを中長期的に変更しない前提で設定しましょう。 15万円の自作PCへのおすすめ Windows 10 Home 64bitは 1万6000円から2万円ほどで購入できます。 価格が大きく変わるのは、CPUとGPUになります。 これらのパーツにどれくらいの予算を充てるかによって、残りのパーツで使える予算が決まってきます。 先述した通り、CPUとGPUはPCの用途に応じて必要な性能や重要性が変わってくるので、よく考えてコアとなるパーツを選びましょう。 高コスパで組む文句無しの自作PC 使用用途や性能、デザイン性など、PCを自作するうえで重視しているポイントが異なるので、自身の希望と近いタイプから、パーツを探してみてください。 また、予算15万円に合わせるために、モニタやOSなどを省いている構成例もあります。 流用が効く手持ちのパーツと相談しながら、構成を考えるようにしましょう。 「Ryzen 7 3700X」には、CPUクーラーが付属しているのも魅力です。 Ryzenシリーズは、ゲームをプレイするうえでCore iシリーズと比較して多少劣るともいわれていますが、GPUも性能重視で選んでいるので、ストレスなくプレイを楽しめるでしょう。 なお、モニタやキーボード、マウスなどは省いていた構成となっています。 500GBのSSDを搭載しつつ、サブストレージに3TBのHDDも積んでいるので、作業スピードを確保しつつ、容量の問題もクリアーできています。 3TBのサブストレージがあれば、容量不足に悩むことはないでしょう。 自作PCの性能 この構成例では性能を重視しているぶん、PCケースは安価なものを選んでいます。 また、モニタやキーボード、マウスなどその他の機器も省いています。 機能はもちろん、見た目にもこだわりたい方や、PC本体と合わせてモニタやキーボード、マウスの購入を検討している方は、そのぶんの予算を確保してください。 先ほど紹介した構成例をベースに、 CPUをAMD製の 「Ryzen 9 3900X」に変更してみました。 マルチタスクもラクラクとこなせる性能となりますが、予算の半分近くがCPUに取られてしまいます。 モニタなどはもちろん、OSを購入するのも難しくなるので、すでにPCを持っている人に向いた構成となっています。 高価ですが、そのぶん性能は折り紙付きなので、お金をかけてこだわるなら「Ryzen 9 3900X」を選びましょう。 自作PCの性能 性能は申し分ないので、ゲームやクリエイター作業など、あらゆる面で活躍してくれるでしょう。 問題は、予算15万円を少しだけオーバーしてしまう点と、サブストレージやOS、その他の機器に予算を回す余裕がない点です。 500GBのSSDを搭載しているので、すぐに容量不足に陥ることはありませんが、ゆくゆくはHDDの購入が必要になるでしょう。 Intel製のCPUは軽い処理の高速度が見込めるシングルスレッド性能に優れており、ゲームをプレイするのに向いています。 また、ゲーミングPCの自作では、CPUだけではなく、GPUもポイント。 4Kの高画質な作品を遊びたいときは、特に重視したいところです。 ただし、搭載したIntel製のCPUは、AMD製のCPUとは異なりクーラーがついていません。 Intel製のCPUに合ったクーラーを忘れずに購入しておきましょう。 自作PCの性能 ハイスペックのゲームを4Kの高画質でプレイしたい場合は、CPUやGPUをワンランク上のパーツに変更するのもおすすめです。 予算15万円をオーバーしてしまいますが、 CPUは「Core i9-9900K」、GPUは「GeForce RTX 2080 SUPER VENTUS OC」などを検討するといいでしょう。 また、4K対応のモニタを用意する必要がある点にも注意してください。 まとめ 予算が15万円もあれば、高性能PCを自作することは十分に可能です。 15万円の上限に合わせてバランスよく組むこともできるほか、CPUやGPUを重視したリッチな構成にすることも。 ぜひ構成例を参考にして、こだわりのPCを自作してみてください。 SHARE• DATE 2020. WRITTEN BY 真田 マイク• TAG•

次の

パソコン組立 CPU、メモリー、マザーボードの最小構成を作ってみる

自作 pc 構成

予算5万円で自作PCを作るコツ 予算5万の場合、とにかく安くするコツはGPUを無しにする事と小型サイズで構成する事です。 AMD製のCPUはGが付 いている、 、 はAMDがグラボを開発している事もあって、Intelの同価格帯の物よりも性能がかなり高いです。 CPUクーラーも付属なのも安価で構成するのにかなり嬉しい特典。 2020年の後期では 制作向け 11000円 、 ゲーム向け 13000円 、 15000円 、 16000円 が最新コスパ最高で オススメです。 いずれもCPUファン付き。 この構成がコスパ的に一番高いのでオススメです。 クリエイティブ系のレンダリングやマルチコアのゲームなど、不自由なくできます。 なので、ミニマシーンや数が欲しい時用です。 Intelの場合は安い物で価格が2万円くらいになってきます。 Intelの安価帯で組むなら今はこれ一択です。 6コア6スレッドでベースクロックが2. ターボブーストでクロックを4Ghzまで上げるので、ゲーム用にはいいです。 クリエイト用にも悪くないです。 これより上になると 、 が最強なので10万円くらいの構成で組んだ方が良いです。 をつかわないとすると一気に下げるとして で9000円くらいですが、この価格帯だと断然 の方が強いです。 サイズは通常サイズと小型サイズがありますが、 この価格帯で構成する場合は小型サイズで組む人も結構多いです。 ここでは通常サイズと小型サイズの予算5万円で設定した構成プランを、Intel,AMD別にまとめています。 小型は通常サイズに比べてCPUファンとグラボを小型の物にしないといけないので、気を遣う部分もありますが、ここではパーツを厳選しているので参考にして下さい。 予算5万円で考える自作PCのおすすめパーツ IntelとAMD Ryzenの比較 予算5万円の構成なら、AMD Ryzenが圧倒的に強いです。 かなりのシェアをIntelから奪っており、最近はノートパソコンにも続々と採用されてきているので、安さに対する性能のコスパにおいて、現時点でのベストチョイスと言えます。 、辺りはグラフィック機能も付いており、グラボを省けるので、とにかく安くて、そこそこ良い自作PCを作りたい人向け。 2万くらいになってくると、ゲームなら で、動画やマルチCPUを多用する人は です。 制作向け 11000円 、 ゲーム向け 13000円 、 15000円 、 16000円 が狙い目です。。 この場合選ぶCPUは 、 辺りになります。 グラボを必要とせず、ライトゲームやフォトショなどのそこまで重くないクリエイトソフトならサクサク動くのでオススメ。 おまけでCPUクーラーまで付いてくるので、とにかく安くそこそこの性能の物を作りたい場合はこれら一択です。 ゲーム用なら が良いです。 少々性能を上げたい場合は 辺りがオススメ• グラボを省いてとにかく安くてそこそこ性能が良いPCを作るなら 、がオススメ!• 少々性能を上げたい場合は 、 辺りがコスパが高くオススメ• ゲームをするなら を選びましょう。 かなり人気• Intelのグラボ無しなら で決まり。 安価で構成でき、そこそこのimac程度の性能の構成が作れます。 GPU:予算1万円 グラボは予算が5万なので 、が一番いいです。 特に は9000円程で買えるのでオススメです 売れると値上げしてくるので注意が必要 予算があれば を入れたい所ですが2. 8万円くらいはかかかるので、10万クラスの構成になってきます。 基本的にはGTX1080の70%程度の性能なのでゲームをやるにしてもクリエイトの現場で使うにしても不便はないです。 少々重たいゲームをする場合は が欲しいですが、クリエイティブ目的やゲームをやらないなら 、でも十分です。 RX580クラスを入れるのはコスパが悪いのでそれくらいになってくると の方に切り替えていくと良いです。 予算5万円の場合は• 大型のマザーボードはコスパが高い物でも1万を超えてきますが小型の物だと6000円台で作れます。 マザーボードは週単位で価格が変動するので、かなり移り変わりが激しいパーツです。 またサイズが主にATX、M-ATX、ITXに分かれており、メーカーの生産も売れないシリーズは極端に少ないので在庫変動も激しいです。 最近の日本市場では や が人気で、コスパが最も高いマザーボードを作っているのもこの2メーカーです。 アメリカなど世界的な市場では と が強いです。 Intelの場合小型だと 、 がオススメ。 割と最近発売されたものですが、小型で拡張性が高く、汎用性も高いです。 今後カスタマイズでしたい時にも便利。 通常サイズの物はこの価格帯で推したいマザーボードが 、、辺りです。 最高品質のマザーボードZシリーズであるにも関わらず、12000円程度のコストで買えるという優れものです。 ただ設定予算が5万なので、少々予算オーバーになるかもしれませんが。 性能もかなりよくM. 2SSDへの拡張も簡単にでき、しかも他のスロットの拡張性や伝達回路の性能も素晴らしいです。 とりあえずこれを買っておけば良いというマザーボードです。 AMD Ryzenの場合は特にマザーボードに種類は無いのですが、コスパが良いのは小型の場合は 、 がオススメです。 通常サイズなら 、、、辺りです。 この辺りはM. 2への拡張もできますし、必要な機能が揃っているので汎用性が高いです。 SSDストレージ500G:予算3000円 予算5万円でSSDの自作PCができる時代がやっときたかという感じです。 最近は半導体の暴落で、かなりSSDが安くなってきており自作PCを作るには最高の環境が揃ってきました。 安さで選ぶなら が一番です。 性能的には がおすすめですが5000円くらいなので、容量を上げていくと少々予算オーバーになるかもしれません。 後から買い足していくとコスパがいいです。 最近のSSDはどれも保証が厚く、安定した性能なのでコスパが良い物を選んでいきましょう。 メモリ8G:予算5000円 こちらも半導体の暴落で、かなり安く買えます。 ddr4-2666が が4700円まで値下がりしているのでかなりのコスパです。 メモリは容量以外は特にコスパの良い物を買えば間違いないので、値上がりしないうちに買っておきましょう。 小型のケースの場合は が高性能でおすすめ!特にこだわるべきパーツではないですが、コスパの良い2メーカーの物を選ぶのが良いです。 最近は の評判が良いのでオススメ!性能で選ぶなら やのゴールドですが1万円くらいになります。 CPU 12000円 性能up 17000円• 0 24000円• ストレージ どちらでも 2980円 2800円 容量up 3800円• メモリ 安い方選択 5100円 5900円 4000円 性能up 8200円 9500円 11000円• 電源 どちらでも安い物 6200円 5500円 6000円 6500円 5500円• ケース 3600円 3100円• 0 24000円• ストレージ どちらでも 2980円 2800円• メモリ 安い方選択 5100円 5900円 4000円 性能up 8200円 9500円 11000円• 電源 どちらでも安い物 6200円 5500円 6000円 6500円 5500円• ケース 3200円 3200円 性能up 8200円• 0 24000円• ストレージ どちらでも 3800円前後 3900円前後• メモリ 安い方選択 6200円 7600円 8900円 性能up 8200円 9500円 11000円• 電源 どちらでも安い物 6200円 5500円 6000円 6500円 5500円• ケース 3200円 3200円 性能up 8200円• CPU 9500円• GPU どちらでも 15000円 15000円 性能up 25000円• ストレージ どちらでも 2980円 2800円 容量up 3800円• 電源 どちらでも安い物 6200円 5500円 6000円 6500円 5500円• ケース 3600円 3100円• CPU 21000円• GPU どちらでも 15000円 15000円 性能up 25000円• ストレージ どちらでも 2980円 2800円 容量up 3800円• 電源 どちらでも安い物 6200円 5500円 6000円 6500円 5500円• ケース 3600円 3100円• CPU 19000円• GPU どちらでも 15000円 15000円 性能up 25000円• ストレージ どちらでも 2980円 2800円 容量up 3800円• 電源 どちらでも安い物 6200円 5500円 6000円 6500円 5500円• ケース 3600円 3100円• CPU 12000円 性能up 17000円• ストレージ どちらでも 3800円前後 3900円前後• メモリ 安い方選択 6200円 7600円 8900円 性能up 8200円 9500円 11000円• 電源 どちらでも安い物 6200円 5500円 6000円 6500円 5500円• ストレージ どちらでも 3800円前後 3900円前後• メモリ 安い方選択 6200円 7600円 8900円 性能up 8200円 9500円 11000円• 電源 どちらでも安い物 6200円 5500円 6000円 6500円 5500円• ストレージ どちらでも 3800円前後 3900円前後• メモリ 安い方選択 6200円 7600円 8900円 性能up 8200円 9500円 11000円• 電源 どちらでも安い物 6200円 5500円 6000円 6500円 5500円• 10万以下ではコスパ最高峰! は2万台のCPUでは最強で、この辺りのコスパはIntelのCPUでは超えられない価格帯です。 マルチコア処理を要求される場面ではめっぽう強く、CGや動画のクリエイターにはコスパ最強。 グラボは予算設定が10万以下なので為替変動を考慮して2種類選んでいますが、安いもので良いならが一番安くてコスパがいいと思います。 は断然でオススメです。 少々値段をかけていいなら辺りを入れましょう。 SSDはが一番安いですが、負荷状態でのエラーも報告されているので、おすすめは。 あとは互換性や配置にだけ気を付けて適当に選んでいいです。 ストレージ どちらでも 3800円前後 3900円前後• メモリ 安い方選択 6200円 7600円 8900円• 電源 どちらでも安い物 6200円 5500円 6000円 6500円 5500円• ストレージ どちらでも 3800円前後 3900円前後• メモリ 安い方選択 6200円 7600円 8900円• 電源 どちらでも安い物 6200円 5500円 6000円 6500円 5500円• ストレージ どちらでも 3800円前後 3900円前後• メモリ 安い方選択 6200円 7600円 8900円• 電源 どちらでも安い物 6200円 5500円 6000円 6500円 5500円• ストレージ どちらでも 3800円前後 3900円前後• メモリ 安い方選択 6200円 7600円 8900円• 電源 どちらでも安い物 6200円 5500円 6000円 6500円 5500円•

次の