クルミ 料理。 料理写真 : クルミ (KURUMI)

USクルミ

クルミ 料理

クルミの学名 学名はJuglans regia Linn. で、クルミ科クルミ属に属します。 日本名はカシグルミで、漢字で胡桃と書かれるように日本でも最も馴染みの深い木の実の一つで、約5,500年前のクルミが出土している事からもわかるように、日本でも古くから栗やトチノミなどとともに貴重な食物として扱われていました。 クルミ栽培の起源は古代ペルシャとされ、その当時クルミは王族の食物として蓄えられていた事からクルミはしばしばペルシャ・クルミと呼ばれています。 陸路・海路を通じて英国人によりクルミが各地に広められた事から、このペルシャ・クルミは中世紀にはイングリッシュ・クルミとも呼ばれるようになりました。 古代のクルミ ラスコー洞窟画(紀元前16000年頃)が発掘された事で知られる、フランス西南部ドルドーニュ県ペリゴール地方のペイラからテラッソンの間で発見された、新石器時代にローストされたと見られる石化したナッツの殻は、今から8,000年以上の物と推定されています。 紀元前2000年頃のメソポタミア時代、有名なバビロンの吊り庭の中にクルミの森が存在している事を示した粘土でできた銘板をカルデア人が残しています。 ギリシャ神話には、ディオニサス神が恋に落ちた少女カリア(Carya)の死を悲嘆して、彼女をクルミの木に変えてしまったと記されています。 女神アルテミスがカリアの思い出のために作らせた神殿の柱はクルミの木で作られ、女人像(Caryatides)もしくは美少女の精霊(Nymphs)と呼ばれる若い女性の姿が彫られ、ギリシャ建築の特徴となっていますが、クルミの同義語であるCaryaはこのギリシャ神話に基づいていると思われます。 古代ローマ人はクルミの木の事をJuglans Regia、クルミの実の事をNux Juglandesと呼んでいましたが、これはJovis Glansつまりジュピター(ローマ神話のJupiterもしくはJove)の高貴な堅果という語に由来しています。 カリフォルニアに持ち込まれた初期のクルミは「伝道クルミ(Mission Walnut)」と呼ばれ、現在のクルミとは異なり小粒で堅い殻に覆われ、伝道区で栽培されていました。 カリフォルニアでのクルミ生産 サンタ・バーバラ郡ゴレタ町に住んでいた果樹園主のジョセフ・セクストンが1867年に最初の商業用生産を始めました。 その後クルミはカリフォルニア南部を主として植樹されていき、最初の栽培から70年程経った時クルミの生産の中心がカリフォルニア北部のストックトン地区に変わりました。 8月の終わり頃、クルミの木は濃い緑の外皮に包まれた実をたわわに実らせ、収穫の時を迎えます。 この緑の外皮が割れ、中の殻が見えるようになってきた時が収穫の始まりです。 揺さ振り機を使って落とされたクルミの実は、ハーヴェスターと呼ばれる機械でかき集められます。 SHOEI USA クルミのパッカーに カリフォルニア州オリーブハーストに所在するSHOEI USAの敷地内にある既存の工場内に最新のクルミ加工設備を導入し、2009年の収穫時からクルミの加工を開始いたしました。 バーコードによるトレースバックシステムや、コンタミ防止、異物混入を防止するための工夫や管理体制を整備し、安心・安全なクルミの供給に取り組んでいます。

次の

クルミ

クルミ 料理

発刊によせて クルミの生産量が日本ーといわれてきた東部町、 昔はどこの家にもクルミの木がありました。 緑色の実をもぎ取り石で割って、手を黄緑色に染めながら薄皮をむいて、 白い実をたべた思い出は誰もがもっております。 クルミの原産地はベルシャ 今のイラン で、 東部町でのクルミの作付けは明治の末に始まったと伝えられています。 栄養面では良質の蛋白質や脂肪に富み、 血管をしなやかに保ったり脳の老化を防ぐなど薬効がいわれていますが、 忘れられないのは物の無い頃母親がこしらえてくれた クルミだれの麺類はおかわりをするほどで、食を増してくれたものでした。 いま町では「クルミの里」の復興に向けて動きだしています。 私達女性グループも里づくりの仲間として、 クルミ料理を研究し料理集にまとめることになりました。 「昧のセミナー」「くるみ会議」などの皆様のお力添えもいただき、 長年のグルーフ。 活動での学び合いや、実践の積み重ねから生まれた、 ふる里の味クルミ料理集が完成しました。 この料理集がおおぜいの皆様に活用され、 ふる里の味、おふくろの昧でもあるクルミ料理が、 少しでも多く次ぎの世代に伝えられますように願っております。 農村女性ネットワークとうぶ 小林豊子.

次の

USクルミ

クルミ 料理

実 [ ]• 生産は・とが多い。 日本では長野県がクルミの生産量日本一である。 5月から6月にかけて開花し、その後に直径3cm程度の 仮果と呼ばれる実を付ける。 仮果の中にがあり、その内側の(仁)を食用とする。 また、を始め様々なやが豊富に含まれている。 食用としての利用は古く、日本ではから種実の出土事例があり、オニグルミを中心に食料として利用されていたと考えられている。 文献資料においては『』に貢納物のひとつとして記されているほか、『』ではや、においてクルミの貢納が規定されており、平城宮跡出土のにもクルミの貢進が記されている。 実から採れる油は食用にされる他、であるため木工製品の仕上げ用やの成分として使われる。 アメリカでは子孫繁栄の意味を込め、結婚式の際にクルミを撒く習慣がある。 非常に硬く簡単には割れないため、専用の(クラッカー)もある。 なお、は、これを人形の頭にして顎にクルミを挟ませ、噛み割るように見せるものである。 他に、手のひらにクルミを握り込んで転がすのが握力の鍛錬になるほか、老化の防止になるなどの効用もある。 オニグルミはハンマーを使わないと割れないが、(菓子クルミ)やヒメグルミは核果同士を縦筋に合わせて手の腹で押したり握り潰せば、容易に割れる。 木材およびその利用 [ ] 木材としては、日本国内でも「」という名称で扱われる。 北アメリカやカナダで産出されており、やと共にの一つに数えられる。 からにかけ、ヨーロッパ市場ではイギリスデザインやウォールナット種の製品が大きな人気を博し、ヨーロッパ家具の歴史では「ウォールナットの時代」と呼ばれるほど持て囃された。 木質は重硬で衝撃に強く、強度と粘りがあり、狂いが少なく加工性や着色性も良いという特性を持つ。 落ち着いた色合いと重厚な木目から、高級家具材や工芸材に用いられてきた。 の指揮台やのベンチに使用されるほか、耐衝撃性の強さを生かしてのにも使用される。 また、チップはづくりの際のとしても用いられる。 以上のような需要の高さから持続的な伐採が行われた結果、資源が枯渇ぎみであり、現代ではクルミ材は高級木材となっている。 含まれる種 [ ] 食用とされるもの• カシグルミ(菓子胡桃) Juglans regia L. var. orientis Dode Kitam. synonym• (鬼胡桃) Juglans mandshurica var. sachalinensis, Syn. Juglans ailantifolia• (姫胡桃) Juglans mandshurica var. cordiformis, Syn. Juglans ailantifolia var. cordiformis• (菓子胡桃、テウチグルミ) Juglans regia, Syn. Juglans regia var. orientis その他 クルミ科の(:、:美国山核桃、学名: Carya spp. )の材は、の材料に多く使われる。 また、板やなど運動器具のほか、食品のにも用いられる。 「くるみ餅」の地域性 [ ] などで「くるみ餅」と言えばくるみで和えたを指す。 などで「くるみ餅」と言えば餡、または、餡で包んだ餅やを指し、植物のクルミではなく、餡で包む(くるむ)ことが語源である。 その他 [ ]• には、女神がクルミの実へ変えられる話がある。 には、サナダ虫の嫌いなものにクルミを挙げている。 クルミはやなどとともに植物の病害である(人畜に感染すると全く無関係)の伝染源になりやすく 、リンゴなど果樹栽培のさいには伐採するなど植生に注意が必要である。 クルミの摂取は認知機能を向上させる可能性が示唆されている。

次の