生理 痛 の よう な 腹痛。 生理前の腹痛がツライ…!生理前に腹痛や下痢が起こる5つの原因

生理後に下腹部痛が起こる原因と対処法は?お腹の張りは病気?

生理 痛 の よう な 腹痛

生理と腹痛の関係 生理になると、腹痛を感じる女性は多いと思います。 生理中は、子宮を収縮させて経血をスムーズに排出するために、プログラスタンジンという物質が分泌されます。 プログラスタンジンが多く分泌されると子宮の収縮が激しくなり、腹痛を感じてしまうことがあるのです。 また、生理が始まる1週間から2~3日前になると腹痛を感じる人もいると思います。 これは、 月経前症候群(PMS)といって、女性ホルモン分泌量の急激な変化やストレスが原因になっていると考えられています。 PMSによる腹痛の場合、数日後には生理が始まり、腹痛の症状も改善されていきます。 このように、生理前や生理中の腹痛はよくあることで、生活習慣や食生活を改善したりすることで、症状が良くなるケースも多くあります。 ただし、今回のテーマのように、生理が来ないのに生理痛のような腹痛がある場合には、違う原因が潜んでいるのです。 妊娠による腹痛 生理が来ないのに腹痛がある原因として、まず考えられるのは妊娠です。 妊娠すると赤ちゃんが成長しやすいように、子宮が徐々に大きくなっていきます。 するとその影響で、 子宮周辺の臓器や骨が圧迫されるようになり、腹痛を引き起こすことがあります。 この腹痛は 妊娠超初期症状のひとつで、特に心配はありません。 また、それ以前であれば、着床痛といって、受精卵が子宮内膜に着床した(妊娠が成立した)ことで痛みを感じるケースもあります。 足の付け根やお腹全体に、チクチクするような痛みを感じると言われています。 ただし、着床痛を感じない人の方が多いため、着床痛がなくても心配は不要です。 このように、生理が来ないのに腹痛がある場合には、妊娠が考えられます。 妊娠超初期は非常にデリケートな時期で、無茶をすると流産する可能性もあります。 妊娠に気づかないで、普段通りに過ごすのは危険です。 腹痛があり、さらに高温期が続いている場合は、妊娠の疑いが強いため、すぐに妊娠検査薬を使って確認することをおすすめします。 腹痛や高温期が続く以外にも、妊娠超初期の症状には下記のようなものがあるので参考にしてください。 ・おりものがいつもと違う ・頭痛がある ・倦怠感がある ・日中に強い眠気がある ・胸が張る、乳首が敏感になる ・下痢になる ・便秘になる ・トイレが近くなる ・匂いに敏感になる ・ニキビが増える ・食べ物の好みが変化する もちろん、生理が来ないのに腹痛がある原因には、妊娠以外のケースもあります。 続いて、それらを見ていきましょう。 子宮筋腫による腹痛 子宮筋腫とは、子宮の筋肉から発生する良性の腫瘍です。 筋腫の大きさは、顕微鏡でないと確認できないほど小さいものから、10cm以上ある大きなものまでさまざまです。 筋腫は良性の腫瘍のため命に関わる心配はありませんが、 筋腫が大きくなると子宮全体が大きくなり、ほかの臓器を圧迫して腹痛を引き起こすことがあります。 子宮筋腫は、基本的に自覚症状が少ない病気ですが、つらい症状が出たり、不妊や流産の原因になることもあります。 治療で症状を改善することもできるため、気になる場合は婦人科を受診するようにしてください。 検査の結果、筋腫が小さく経過観察になった場合でも、油断せずに定期的に診察を受けることは忘れないでください。 子宮内膜症による腹痛 子宮内膜症とは、本来、子宮内にしか存在しないはずの子宮内膜と似た組織が、ほかの臓器に発生してしまう病気です。 通常、子宮内膜は妊娠が成立しなければ、はがれ落ちて血液とともに体外に排出されます(月経)。 しかし、子宮以外にできた内膜は、同様にはがれ落ちても、体外に排出することができません。 そのため、血液が体内に溜まって炎症を起こしたり、周囲の臓器と癒着したりと、体に悪影響を与えることがあるのです。 腹痛は子宮内膜症の主な症状のひとつで、強い痛みが長く続くことがあります。 それ以外にも、子宮内膜症では、激しい月経痛や腰痛、性交痛などがあらわれることがあります。 子宮頸がんによる腹痛 子宮頸がんとは、子宮の頸部(子宮の下側にあり膣とつながっている部分)にできるがんです。 子宮頸がんの発症には、ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染が深く関わっています。 HPVはごくありふれたウイルスで、性行為で簡単に感染します。 そのため、性経験がある女性なら誰でも、子宮頸がんを発症するリスクがあるのです。 子宮頸がんは初期には無症状ですが、症状が進行すると、腹痛や腰痛などを引き起こすことがあります。 便秘で腹痛になることも 女性に多い便秘も、腹痛の原因としてあげられます。 便秘になると、便が腸内にとどまり続けることになります。 すると、便が腐敗していき、腐敗ガスが出るようになります。 そして、腐敗ガスが腸内に充満すると、周辺の臓器を圧迫し、それが原因で腹痛を引き起こすことがあるのです。 便が出ると痛みがなくなることが多いため、水分や食物繊維を多く取るように意識してください。 まとめ このように、生理がこないのに腹痛がある原因はさまざまですが、何かしらの異常や変化が隠れている場合があります。 そのため、ついつい症状を我慢してしまうことは、とてもリスクが大きいと言えます。 例えば、妊娠していることを知らないでいると、胎児にとってよくないお薬を服用したり、お酒を飲み続けてしまうこともあります。 妊娠超初期は流産しやすい時期でもあるため、妊娠のサインかもしれない腹痛を見逃さないことは大切です。 妊娠が気になる場合は、妊娠検査薬で確認するようにしてください。 また、病気が原因になっているケースもあります。 原因が病気であった場合には、早い段階から治療を始めた方が、治療はスムーズに行えます。 「たかが腹痛」などと思わずに、腹痛が長く続いたり、痛みがひどかったり、腹痛以外にも気になる症状がある場合には、早めに婦人科を受診するようにしてください。

次の

ひどい生理痛を和らげる9つの方法

生理 痛 の よう な 腹痛

生理前に、 腹痛で悩まされた経験を持つ人は多いのではないでしょうか? また、生理に伴い 下痢が起こるという方がたくさんいますが、腹痛とはどういった関係があるのか疑問に感じるところです。 どうして生理前になると、腹痛や下痢をしてしまうのでしょうか? 生理前に腹痛や下痢が起こる5つの原因 生理前に発生する腹痛の主な原因は、以下に挙げるようなものです。 生理痛• 黄体ホルモンの増加• 妊娠超初期症状• プロスタグランジンの増加• 身体の冷え どれも深い関係があると言われていますので、次から詳しく見ていきます。 1:生理痛 生理中に起こるお腹の痛みを「 生理痛」と呼びますが、月経が原因で見られる頭痛や腹痛、乳房痛などを総合的に「生理痛」というようです。 ほかにもめまいや吐き気などの症状がありますが、生理の痛みには個人差があります。 全く生理痛がないという方もいれば、寝込んでしまうほどの痛みを伴う人も。 いずれにしても、生理前に起こる腹痛は主に「 黄体ホルモン」が原因です。 黄体ホルモンが急激に増えるその過程で、腹痛が起こってしまいます。 スポンサーリンク 2:黄体ホルモンの増加 黄体ホルモンとは 子宮内膜を変化させ、受精卵の着床をスムーズにするなど、妊娠の 準備をするよう女性の体を変化させる働きを持ったホルモンです。 妊娠を維持させる働きもあり、黄体ホルモンが原因で様々な症状が起こります。 主に黄体ホルモンの急増が原因で 自律神経のバランスが崩れ、頭痛や腹痛、イライラやだるさなどが引き起こされるのです。 黄体ホルモンは生理が始まると急激に減っていくので、生理開始とともに症状が消えていくのはこれが原因! 3:妊娠超初期症状 生理前に起こる腹痛、その原因は「 妊娠超初期症状」かもしれません。 妊娠6週未満の人に起こる、身体的な様々な症状を総合的に「妊娠超初期症状」と呼んでいます。 生理前の月経前症候群と、妊娠超初期症状は区別するのが非常に難しく、厄介なことに発症しないケースも多いため、個人差が大きいんですね。 妊娠に成功( 着床)すると、胎芽を育てるべく子宮が収縮を繰り返します。 この 収縮運動が「腹痛」として出ているのではないかと、現在のところ考えられているのです。 妊娠から出産に向けて、体は大きく変化していきます。 その流れで、様々な物質が分泌されるため腸の働きが鈍くなることも。 すると便秘や腹痛を引き起こすのです。 痛みだす時期が少し違うので、そこでの把握であれば可能だという見方もありますが、痛み方ともなれば難しいのが現状。 それでも違いを挙げるとしたら、以下のようなものでしょう。 子宮のあたりが、 チクチクと痛む(鈍痛がある)• 子宮のあたりが、ムズムズといった 違和感を感じる• 恥骨周辺が痛い• 下腹部を 引っ張られるような痛みがある 痛み始めたら、1日中痛くてたまらない場合もあれば、数時間でケロっと治る人もいます。 月経前症候群とは、痛みを感じる「場所」が若干違うので、そういった違和感を便りにして見極めることも可能かもしれません。 4:プロスタグランジンの増加 生理前の腹痛に伴い、 下痢や 便秘などの症状が起こる方も多いようです。 黄体ホルモンは子宮だけでなく、神経や内臓の機能にまで影響を与えます。 特に生理が始まる直前は体内で合成される「 プロスタグランジン」という物質が増え、血圧や血流などへも作用し全身の 炎症や痛みが起こる可能性があります。 このプロスタグランジンが分泌される量は個人差があるので、この物質の量に伴い 生理痛が起こります。 少ない人は当然、生理痛も少ないですし分泌量が少ないからと言って特に問題はありません。 スポンサーリンク 5:身体の冷え 生理前は 体の冷えが起こります。 その冷えのせいで、自律神経が乱れて 下痢が起こっているかもしれません。 生理前は体を冷やさないよう、暖かい格好をした方が良いですね。 また、お腹を下すような食べ物は避けるようにしましょう。 例えば水分を腸内に溜めて働きの悪い腸を更に刺激してしまうような、 果物や お菓子は避けるべき。 冷たい飲み物やコーヒーなども、控えたほうがベストです。 生理前の腹痛や下痢を悪化させる習慣 腹痛や下痢が起こっているときに下記のことをすると症状が悪化してしまう可能性があります。 疲れやストレスを 溜める• 過度な食事制限や運動を踏まえた ダイエット• 睡眠不足や夜更かし、間食や偏食などの 不規則な生活• 飲酒や喫煙(多すぎると NG)• 体調を崩すような 生活習慣• 入浴後や 睡眠中に体が冷えるような格好をしている こうした習慣は、生理前にはなるべくしないように心がけてください。 腹痛が起こる時期 生理前に腹痛が起こる時期が分かれば、それに向けた心の準備などもできますよね? 腹痛の種類によっても変わりますが、おおよそは以下のような時期になります。 月経前症候群:生理5日前• 妊娠超初期症状:生理1週間前 これはおおよその目安であり、個人差が大きいので多少のズレはありますので、参考値として考えてくださいね。 1:月経前症候群 生理前になると、様々な症状が体にあちこちに出てきくるので、気持ちも落ち込んでしまいます。 月経前症候群と呼ばれるこの状態は、 プロスタグランジンという物質が体内で多く分泌tされるために、引き起こされるのだと言われているのです。 プロスタグランジンは、生理が始まる直前に一番分泌量が多くなるのですが、だいたい 生理5日前になると分泌量が増えていきます。 基礎体温を付けている人は、高温期のピークを越えた辺りが月経前症候群の出始めだと認識してください。 だいたい生理の5日前ぐらいから、 下腹部が重くなって子宮が痛む(腹痛と感じる)ように。 生理が始まると、何事もなかったかのように腹痛は治まりますので、その間までの我慢です! 2:妊娠超初期症状 妊娠超初期症状として腹痛を感じる場合、その時期はおおよそ生理予定日の 1週間前です。 これは高温期に入ってから1週間後とも言い換えることができ、基礎体温の記録を録っている人であれば、その時期はある程度 特定ができるでしょう。 受精卵が着床に成功した後、胎芽と呼ばれる状態になりますが、ちょうど腹痛を感じるのはその時期です。 この腹痛に前後して、 着床出血(少量のおりものがまざった血)があったとしたら、妊娠超初期症状による腹痛の可能性が高いでしょう。 PMSサプリおすすめランキング!優秀なサプリメント3選 女性のミカタは、2種類のサプリがあります。 飲み続けていくことで効果を実感できると、 リピーター率も抜群に高いです。 4ヶ月試して効果がなかった人のために、全額返金保証もついていますので安心して試すことができますよ! 価格 容量 評価 通常価格4,400円 トクトクコース初回500円 2ヶ月目以降3,960円 30粒(1ヶ月分) めぐルナは生理前の不快な症状の中で、不眠や便秘気味の方にもっともオススメしたいサプリメントです。 チェストベリーやクワンソウ、高麗人参、生姜などこだわり抜いた原料は、体質改善にも効果があります。

次の

女医に聞く「腹痛だけあって生理がこないのはどんな時?」

生理 痛 の よう な 腹痛

2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。 沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。 産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 生理中に腹痛を感じるという女性は、とても多くいます。 生理は毎月あるものなので、生理のたびに腹痛に悩まされるのはつらいですよね。 そこで今回は、生理中に腹痛が起こる原因や解消法をご説明します。 つらい症状が、少しでも和らげられるといいですね。 生理中の腹痛の原因とは? 生理中の腹痛は、「生理痛」と呼ばれ、多くの女性が悩まされています。 特に、10~20代の女性に多くみられ、強い痛みは1日前後で治まることがほとんどです。 生理中の腹痛の原因には、下記のようなものがあります。 プロスタグランジンの影響 「プロスタグランジン」とは、生理中に多く分泌される物質です。 生理の経血の排出をスムーズにするために、子宮の収縮を促す作用があります。 プロスタグランジンの分泌量には個人差がありますが、分泌量が多ければ多いほど子宮の収縮が強くなり、腹痛を感じやすくなります。 これは特に、初潮が来たばかりの人にみられる原因です。 生理に対していいイメージを持てず、不安に感じている人にみられます。 生理で腹痛がつらいときの解消法は? 生理中に腹痛がつらいときは、下記のような方法で痛みが和らぐこともあります。 お腹をあたためる 生理中の腹痛の主な原因であるプロスタグランジンは、体が冷えて経血の排出がスムーズに進まないと、過剰に分泌されるといわれています。 そのため、生理中の腹痛がつらいときは、お腹の周りを適度にあたためましょう。 腹巻をする、カイロをあてる、温かい飲み物を飲むなどの対策を行うのがおすすめです。 冬だけでなく夏も、冷房などで体は意外と冷えています。 ひざ掛けをかけたり、冷房が直接当たらないようにしたりと、工夫をしてみてください。 関連記事 鎮痛剤を服用する 生理中の腹痛には、プロスタグランジンの分泌を抑える鎮痛剤を服用するのもいいでしょう。 鎮痛剤は、服用してから効き目があらわれるまでに時間がかかるので、できる限り早く飲むのがポイントです。 毎月の生理のたびに腹痛があるような人は、痛みが現れていなくても、生理がきた段階で服用してもいいでしょう。 ゆっくり休む 生理中の腹痛は、横になるなどして休むだけでも症状が軽減されることがあります。 痛みを感じたら、無理をせずに休むのもひとつの手です。 生理中はいつもよりゆっくりとすごし、自分をいたわってあげてくださいね。 関連記事 生理中の腹痛は病気の可能性もある? 生理中の腹痛は、プロスタグランジンなどが原因であれば心配する必要はありません。 しかし、あまりにも痛みがひどいときや、痛みがどんどんひどくなるようなときは、裏に病気が隠れている可能性もあります。 子宮筋腫 子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍のことです。 発症しても自覚症状がないことも多いですが、生理中に強い下腹部痛や腰痛が起こることがあります。 その他にも、不正出血や膀胱の圧迫感、便秘、月経血やおりもの量の増加などが、症状としてあらわれることもあります。 症状がない場合は経過を観察していきますが、腫瘍が大きく、症状がひどいときは、薬の服用や手術などで治療を行うこともあります。

次の