扶養 控除 申告 書 記入 例。 扶養控除申告書の異動月日及び事由とは?書き方の記入例と訂正方法

「平成31年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の送付について|日本年金機構

扶養 控除 申告 書 記入 例

7追記 この記事で引用している「平成30年分 給与所得者の従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書」のリンクは切れています。 次の2年分の申告書を参考にしてください。 この「従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書」を提出しておくと、その提出した勤務先で給与から控除される源泉徴収税額が、提出前に乙欄で算出した源泉徴収税額よりちょっと少なくなります。 要件があるため、この申告書を提出できるのはレアなケースですが、今日はこの「従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書」について記載してみます。 26追記。 平成30年分の従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書が公開されました。 平成29年分を想定して作成されているため、年が異なる場合は、適用要件等が異なる可能性もあります。 ご注意ください。 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書のみを提出している場合 最初に同時に2つの勤務先から給与を得ている場合で次のようなケースについて確認します。 毎月の源泉徴収税額の算出方法 主たる勤務先に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出し、従たる勤務先には何も提出していない場合の源泉徴収税額の算出方法は、それぞれ次のようになります。 例)月給(社会保険料等控除後)が9万円で扶養親族等の数が2人の場合 上記の画像(源泉徴収税額表)のとおり、90,000円と「甲」の「扶養親族等の数(2人)」の交点である「0円」がこの月の源泉徴収税額となります。 (つまり天引きされる源泉所得税はありません。 ) 従たる勤務先での算出方法 従たる勤務先では次のように算出します。 例)月給(社会保険料等控除後)が10万円の場合 従たる勤務先では源泉徴収税額表の「乙欄」で税額を算出することになります。 上記の画像のとおり、100,000円と乙欄の交点である「3,600円」がこの月の源泉徴収税額となります。 従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書を提出した場合 次に同時に2つの勤務先から給与を得ている場合で、次のようなケースについて確認します。 この申告書を提出すると「乙欄」で算出する源泉徴収税額を次のように調整して算出することになります。 源泉徴収税額表の月額表と日額表を適用する場合で金額がことなります。 月額表での調整額 (国税庁;>7ページより) 「従たる給与についての扶養控除等申告書」の提出があった場合には、その申告書により申告された扶養親族等の数に応じ、 扶養親族等1人ごとに1,610円を控除した金額 日額表での調整額 (国税庁;>14ページより) 「従たる給与についての扶養控除等申告書」の提出があった場合には、その申告書により申告された扶養親族等の数に応じ、 扶養親族等1人ごとに50円を控除した金額 毎月の源泉徴収税額の算出方法 主たる勤務先に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出し、従たる勤務先に「従たる給与に給与についての扶養控除等(異動)申告書」を提出した場合の、主たる勤務先と従たる勤務先での源泉徴収税額の算出方法は次のようになります。 (勤務先に異動を届けます。 (つまり扶養親族等を1人にしても天引きされる源泉所得税はありません。 ) 従たる勤務先での算出方法 従たる勤務先では次のように算出します。 例)月給(社会保険料等控除後)が10万円で、扶養親族1人の場合 最初に乙欄の源泉徴収税額を算出します。 上記の画像のとおり100,000円と乙欄の交点は「3,600円」となります。 その3,600円から(扶養親族等の数1人に対応する)1,610円を控除した 1,990円がこの月の源泉徴収税額となります。 まとめ 主たる勤務先の給与の額が少ないことは稀なケースかと思いますので、この「従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書」を知らない人も多いかと思います。 諸事情により長時間労働が難しく、複数の勤務を掛け持ちしているようなケースでは提出条件等を検討してみると良いでしょう。 (記事内のリンクは自動で新しいページにリダイレクトされるはずですが、リンク切れの場合は新しい検索ページで検索してください。

次の

扶養控除申告書の異動月日及び事由とは?書き方の記入例と訂正方法

扶養 控除 申告 書 記入 例

7追記 この記事で引用している「平成30年分 給与所得者の従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書」のリンクは切れています。 次の2年分の申告書を参考にしてください。 この「従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書」を提出しておくと、その提出した勤務先で給与から控除される源泉徴収税額が、提出前に乙欄で算出した源泉徴収税額よりちょっと少なくなります。 要件があるため、この申告書を提出できるのはレアなケースですが、今日はこの「従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書」について記載してみます。 26追記。 平成30年分の従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書が公開されました。 平成29年分を想定して作成されているため、年が異なる場合は、適用要件等が異なる可能性もあります。 ご注意ください。 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書のみを提出している場合 最初に同時に2つの勤務先から給与を得ている場合で次のようなケースについて確認します。 毎月の源泉徴収税額の算出方法 主たる勤務先に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出し、従たる勤務先には何も提出していない場合の源泉徴収税額の算出方法は、それぞれ次のようになります。 例)月給(社会保険料等控除後)が9万円で扶養親族等の数が2人の場合 上記の画像(源泉徴収税額表)のとおり、90,000円と「甲」の「扶養親族等の数(2人)」の交点である「0円」がこの月の源泉徴収税額となります。 (つまり天引きされる源泉所得税はありません。 ) 従たる勤務先での算出方法 従たる勤務先では次のように算出します。 例)月給(社会保険料等控除後)が10万円の場合 従たる勤務先では源泉徴収税額表の「乙欄」で税額を算出することになります。 上記の画像のとおり、100,000円と乙欄の交点である「3,600円」がこの月の源泉徴収税額となります。 従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書を提出した場合 次に同時に2つの勤務先から給与を得ている場合で、次のようなケースについて確認します。 この申告書を提出すると「乙欄」で算出する源泉徴収税額を次のように調整して算出することになります。 源泉徴収税額表の月額表と日額表を適用する場合で金額がことなります。 月額表での調整額 (国税庁;>7ページより) 「従たる給与についての扶養控除等申告書」の提出があった場合には、その申告書により申告された扶養親族等の数に応じ、 扶養親族等1人ごとに1,610円を控除した金額 日額表での調整額 (国税庁;>14ページより) 「従たる給与についての扶養控除等申告書」の提出があった場合には、その申告書により申告された扶養親族等の数に応じ、 扶養親族等1人ごとに50円を控除した金額 毎月の源泉徴収税額の算出方法 主たる勤務先に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出し、従たる勤務先に「従たる給与に給与についての扶養控除等(異動)申告書」を提出した場合の、主たる勤務先と従たる勤務先での源泉徴収税額の算出方法は次のようになります。 (勤務先に異動を届けます。 (つまり扶養親族等を1人にしても天引きされる源泉所得税はありません。 ) 従たる勤務先での算出方法 従たる勤務先では次のように算出します。 例)月給(社会保険料等控除後)が10万円で、扶養親族1人の場合 最初に乙欄の源泉徴収税額を算出します。 上記の画像のとおり100,000円と乙欄の交点は「3,600円」となります。 その3,600円から(扶養親族等の数1人に対応する)1,610円を控除した 1,990円がこの月の源泉徴収税額となります。 まとめ 主たる勤務先の給与の額が少ないことは稀なケースかと思いますので、この「従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書」を知らない人も多いかと思います。 諸事情により長時間労働が難しく、複数の勤務を掛け持ちしているようなケースでは提出条件等を検討してみると良いでしょう。 (記事内のリンクは自動で新しいページにリダイレクトされるはずですが、リンク切れの場合は新しい検索ページで検索してください。

次の

【扶養控除申告書記入例】超カンタン!誰でも分かる年末調整

扶養 控除 申告 書 記入 例

こんにちは。 まずいつ時点の住所かは常に1月1日現在の住所になります。 平成20年の扶養控除申告書には、その年の1月1日現在の住所を記入して下さい。 ほとんどの方は問題ありませんが、年末に引越しを予定されている方がいらっしゃいましたら、実務の関係で新しい住所を記入してもらっております。 生活の本拠となっている場所を「住所」、それ以外の場所のことを「居所」といいます。 住所を記入することが基本になると思います。 住所と住民票登録が同じで本来あるべきですが、いろいろな事情で、別々の方がいらっしゃいますよね。 平成20年の扶養控除申告書には、その年の1月1日現在の住所を記入して下さい。 ほとんどの方は問題ありませんが、年末に引越しを予定されている方がいらっしゃいましたら、実務の関係で新しい住所を記入してもらっております。 ご親切な回答ありがとうございます。 扶養控除申告書というのは、税務署に提出する書類ではなく 会社で管理をして保管しておくべき書類です。 その書類と税務署に提出した書類の整合性が取れないと、 税務調査などで、なぜなのか突っ込まれる場合があります。 別々の人ではないのか、給与を払ったような形にして、 ごまかしているのではないか?など、突っ込まれる原因にな ります。 結果として生年月日などでわかりますが、やはり住 民票の住所を記入すべきかと存じます。 なお、先のスレッドで、年末に引っ越す予定が決まっている ひとは、云々ということがありましたが、基本的には、 当年の1月1日現在の住所を記入し、その申告書を総務で保管 、変更があった場合には総務にて変更届を受理し、総務で変 更履歴を申告書に記入するはずです。 ご丁寧な内容で、よく理解できました。 ありがとうございました。 助かります。

次の