かぎしっぽ 英語。 Andromeda(アンドロメダ)を買ったらイヤホン沼から抜け出せた話

猫の鍵しっぽ(英語で Kinked Tail )について

かぎしっぽ 英語

バージンロードは和製英語 「バージンロード」は、英語ではwedding aisle となります。 我々が知る「バージンロード」は、日本のウエディング業界で作られた言葉です。 赤いバージンロードはカトリック教会で使用され、白いバージンロードはプロテスタント教会で使用されます。 また、絨毯は敷かず、通路そのものを指すこともあります。 青いバージンロードがある式場もあり、赤や白とは違った厳粛な雰囲気となります。 (これを見たアメリカの人は驚くのでしょうか?向こうでは青色は日本で言うところのピンクに相当しますから…) 他には緑のバージンロードもあります。 下にある色が違うだけで雰囲気はがらりと変わるので、色の力は絶大。 また、一風変わったものでは、渦を巻くようにゲストが座る椅子を並べ、その間を通るバージンロードがあります。 新郎新婦とゲストがお互いに顔がよく見れるので、緊張しすぎず余分な肩の力を抜いて式に臨めそうです。 バージンロードは新婦の過去と現在、未来を表しているといわれています。 それに倣うように、新婦の幼少期から現在までの写真をバージンロードの脇に飾ることもあります。 バージンロードは新郎新婦、立会人や両親が歩くことを許されています。 参列者は歩いてはいけない通り道なので、注意しなければなりません。 お子さんを連れての参列の場合、特に気を付けて。 当サイトの運営者の紹介をいたします。 kuromia:かぎしっぽでさんぽ領域の主。 花が好きで、どこかから花をむしって来て(購入して来て)花瓶に生ける習性をもつ。 また、知らない漢字を見ると獲物を見つけたかのごとく目が輝くという、奇妙な狩猟本能が働く。 その字を理解しているのかは定かではない。 そして、ダンゴムシとは遊べるくせに蜘蛛とは遊べない。 何年か前、タイピングを尻尾で(指一本で)していたが、今では肉球(指)を駆使し、もぐらたたきをするがのごとくキーボードを叩いている。 kuromiaという名前を気に入っているが、自分と同じ名前のブランドがあることに後から気が付き、凹んでいる。

次の

かぎしっぽの猫の尾が曲がった原因!幸運を呼ぶ秘密とは?!

かぎしっぽ 英語

紫は高嶺の花だった むらさき。 そう聞いてどんなものを思い浮かべますか? 朝顔、茄子、葡萄、虹、和風、蝶々、それか紫外線? 紫はミステリアスな変わった色で、昔から人々を引きつけました。 なぜ紫というのでしょうか。 それは、染料にしていた植物に関係しています。 ムラサキという草があります。 群生する植物のため、群れて咲く(群+咲き)ということからムラサキという名前になったそうです。 この植物の花は白です。 このムラサキの根を染料としていたために、染色された色も同じ言葉で呼ばれるようになりました。 また、当時は紫草を栽培することが難しく珍重されました。 古代中国や律令時代の日本では高位を表す色であるとされ、主に皇族やそれに連なる人しか使うことができませんでした。 現在でも紫色を身にまとい、その人が高位であることがわかる身近な場所があります。 それは神社です。 華やかな赤を身にまとった巫女さんほど見かけることはないかもしれませんが、筆者は兵庫県の生田神宮で宮司さんをお見かけしたことがあります。 神社に訪れた際に気にかけてみるといいでしょう。 明るいというよりは、暗くどっしりとした紫色の印象を受けました。 今日では紫の衣服やアクセサリーが売られ、誰でも手に入れられます。 もし、今から昔のように紫色の物を持てる人を制限しますと言われたら困る人もいるでしょう。 例えば紫が好きな色トップスリーにランクインしている筆者とか。 …え、あなたも好きですか?気が合いますね TPOは弁えないといけませんが、日常に紫色を取り入れられる自由があるのはいいことです。 貝も色に貢献 紫は海外でも貴重であり、貝紫色は高貴な色とされました。 英語ではロイヤルパープルといわれ、フェニキアのティルスで多く生産されたことから、ティリアンパープル、フェニキアの紫と呼ばれました。 貝紫色は澄んだ赤みの紫です。 また、プリニウス著書の『博物誌』では、赤か紫に青味がかった黒の色合いを持つ、色調の定まらない色、と述べています。 フェニキアは古代の地中海東岸にあった歴史的地域名です。 ティルスはユネスコの世界遺産に登録された史跡で、地中海に面する都市遺跡です。 しかし、貝殻の乱獲のためか貝はその姿を減らしていき、後に王家の色といえば深い青のロイヤルブルーへと変わりました。 さて、そんな貝紫色というものを作ることがどれくらい大変か、一つ例を挙げてみましょう。 布を紫にする為にアクキガイ科の巻貝から染料を採る場合、トーガを染めるのに1万匹の巻貝が必要です。 トーガ(トガ)とは、古代ローマで下着の上に着ていた一枚布のことです。 男性が着用していたそうです。 美術館にあるような、服がだぼっとしていて、布が体に巻き付いているように見える像をイメージして貰えるとわかりやすいかと。 30mlの染料を採るには、25万匹の巻貝が必要だったみたいですよ。 ちょっとした山が作れますね。 ただし、動植物の住む生が宿るような山ではありませんが…。 巻貝一匹を相手にしても、紫色に染めるのに必要な白い液体が一滴しか出ません。 布一枚を染めるのにそれを一万回繰り返します。 10キロ米袋から米粒を一つずつ箸で取り出すような気の遠くなる作業です。 白い分泌液は、布地を黄緑色にし、太陽光にあたると緑から黄色へ、そしてやっと紫へと変わり色を深めていきます。 高貴な色は刺激臭 貝紫は、ニンニクかネギのような刺激臭を放つため、フェニキアの染色職人はそれはそれは大変な思いをしていたのでしょう。 色を作るのに、それ以外にも刺激臭のするものを傍に置いておかなければならなかったのですから…。 ヒントは人によって作り出される黄色、です。 わかりましたか?昔の人は何でも使えるものは使ってたんです。 エコですね。 その貝によって染められた布は、百年経ってこすっても臭いがするそうですよ。 まるで、貝紫の逆襲のようです。 高貴な色を身にまとうのには、当時のその人達にしかわからない苦労があったのかもしれません。 今日服屋さんで手に入る紫色の服が、ニンニクやネギのにおいじゃなくて良かったと思いますね。

次の

Andromeda(アンドロメダ)を買ったらイヤホン沼から抜け出せた話

かぎしっぽ 英語

She is like a cat on a hot tin roof. 彼女に話しかけないで。 彼女、手が付けられない状態だから 屋根裏部屋にいる猫 like a cat in a strange garret like a cat in a strange garret は、とても 用心深くて臆病な人を表すイディオムです。 garret は屋根裏部屋のこと、だいたい小さくて粗末な造りの屋根裏を指します。 鳩の群れに猫を放り込む put the cat among the pigeons put the cat among the pigeons は 騒動を起こすことを指す慣用表現です。 鳩の群れに猫を放り込んだら、そりゃあ大変な騒ぎになるでしょう。 put の代わりに set を使って set the cat among the pigeons とも表現できます。 猫がどこへ飛ぶか見てみよう see which way the cat jumps see which way the cat jumps は、 日和見するという意味合いの表現です。 気まぐれな猫の動向をひとまず見守りましょうということで。 How to get all that money? カナリアは西欧では古くから飼われていた愛玩鳥です。 身近な小鳥の代名詞という位置づけでしょう。 食事桶の中の猫 cat in the meal-tub cat in the meal-tub は 隠れた危険、あるいは 隠れていることを指す言い方です。 meal-tub は「食事を入れる桶」を表す古い英語です。 I called the police, because two were fighting like Kilkenny cats. 彼らは執拗に争っていたので、警察を呼んだ 猫の居眠り cat nap cat nap は 短い睡眠、ほんのちょっとウトウトしたさまを指します。 catnap と表記する場合もあります。 猫はよく眠る生き物ですが、個々の睡眠は短いものです。 少しつつけばすぐ起きるような眠りを思わせる言い方です。 猫の群れのような like herding cats like herding cats は 困難・不可能な仕事を指す表現です。 たしかに、自由奔放なネコどもを規律ただしく統率するなんてことは、困難でしょう。 これらは全て、 優れた人や物を指す英語表現です。 古めかしい言い方で、主にイギリスとオーストラリアで使われています。 描かれた猫 painted cat painted cat は「 金銭に卑しい人」を表すイディオムです。 「売春婦」を意味する prostitute と同様の意味でも使われます。 かっこいい猫 cool cat cool cat で「 かっこいい人」を意味します。 特に、かっこいい男性に対して使う表現です。 このくらいストレートに猫がポジティブな喩えに用いられる例は、実はそうそうありません。 My mother is having kittens about me. 母は私の事について極端に心配している チェシャ猫のような笑い顔 a grin like a Cheshire cat a grin like a Cheshire cat で、「 にんまりした笑い顔」を表します。 「不思議の国のアリス」に登場するチェシャ猫は、実はこのイディオムを由来として生み出されたキャラクターです。 野良猫 alley cat alley は「裏路地」や「細道」を意味します。 そんな裏路地にいる猫、つまり野良猫のことを alley cat と言います。 alley cat を人に対して使うと、 モラルのない、気まぐれな行動をする人を表します。 特に女性に対しては「売春婦」という軽蔑的な意味で使われることもあるようです。 猫が引っ張ってきた物みたい look like something the cat dragged in look like something the cat dragged in で、「 汚くてだらしがないものや人」を表します。 dragged(引っ張ってきた)の代わりに brought(持ってきた)も使われます。 猫が引っ張ってきたものをごらんよ! look at what the cat dragged in! look at what the cat dragged in! は、誰かが変な格好もしくは汚らしい格好で現れた際に「 なんて格好だ!」「 誰かと思ったよ!」と言いたいときに使います。 口語では、look at の at を省略して look what the cat dragged in! の形で使われることもあります。 Hello, it has been for a while! つまり、暗闇のように ある状況下では、見た目はあまり重要でなくなることを表しているのです。 猫だって王様を見ても良い a cat may look at a king a cat may look at a king で、どんなに身分の低い、重要でない事物であっても、 それなりの権利があることを表します。 I blamed her neighbor for letting the cat out of the bag. 秘密を洩らした隣人を責めた 猫とネズミの遊び play cat and mouse with cat and mouse は猫がねずみを追いかける様子を表します。 play cat and mouse with で、「 ~をもてあそぶ」という意味です。 猫がネズミを追いかけたり、ネズミを殺す前にもてあそんだりする様子から生まれました。 現在では、会社などで上司がいない間に部下が仕事を サボることを表します。 ちなみに、 mice は mouse(ネズミ)の複数形です。 猫と犬のように雨が降っている it is raining cats and dogs it is raining cats and dogs(猫と犬のように雨が降っている)で、「 大雨が降っている」「雨が酷く降っている」ことを表します。 なぜ、猫と犬で大雨を表すのか、そのイディオムの由来ははっきりと分かっていません。 猫と犬のような生活 lead a cat and dog life lead a cat and dog life で、ケンカや小競り合いばかりして暮らすことを表します。 特に、 ケンカの多い夫婦やカップルに対して使われるようです。 日本語では、仲の悪い2人のことを犬と猿を使って「犬猿の仲」と言いますが、英語では仲の悪い2人を cat and dog(犬猫の仲)と表現します。 5年経ったら、彼らは犬猿の仲になった 猫の首に鈴を付ける bell the cat bell the cat は、進んで 危険なことを引き受けるというイディオムです。 このイディオムは、ネズミたちが猫に鈴を付けて猫が来たことを知ろうとするが、その鈴を誰も付けたがらなかったという童話が元になっています。 手袋を付けていたらネズミは捕れない cat in gloves catches no mice 猫は、ネズミを傷つけないよう手袋を付けていたら、ネズミを捕まえられません。 cat in gloves catches no mice は、 慎重すぎたり 礼儀正しすぎることで、 望む結果を得られないことを表します。 たいてい 妻の尻に敷かれている夫を形容する表現です。

次の