税理士 事務 所 転職。 税理士法人・会計事務所の求人・転職情報|パソナキャリア

税理士が会計事務所から一般企業の「経理」への転職――注意点は?|税理士の転職市場・転職先|税理士・科目合格者の転職・求人なら【マイナビ税理士】

税理士 事務 所 転職

帳簿付けて、申告書を入力するだけ 顧問先に訪問して、お客さんから質問事項を受けて答えたり、会計データを確認、帳簿を付けて、それをもとに決算仕訳、申告書に数値を入力する。 お客さんによっては、領収書を受け取り、事務所に持って帰って会計データを入力する。 というのがメインじゃないでしょうか。 勿論それ以外にもありますが、ざっくりいうとこんな感じかと思います。 税理士事務所に勤務したことがある人なら分かりますが、主な作業は上記がメインではないでしょうか。 現代なら、申告書の作成は会計ソフトをに数値を入力して、紙に出力して10枚くらいの書類で仕事が終わってしまいます。 あとは顧客から来た税務に関する質問に答えたり、消費税・印紙税の質問があったり、配当金を分配した場合とか、事業所を閉鎖、役員登記等、必要な事を指導したりすることが多いのではないでしょうか。 それ以外に芋、帳簿に記入した取引から法人の税務申告書を作成しますよね?それ以外にも3月には法人の社長の確定申告所を行ったり、高齢社長が亡くなったときの準確定申告とか色々とあります。 一般企業の経理とは触れられる業務に幅があります。 給料水準は経理の方が高い これは私の経験なのですが、零細税理士事務所に勤務をするより、一般企業の経理の方が給料は良いです。 会計事務所、税理士事務所の給料体系は顧問先から頂く顧問料が主な売上ですので、顧問先が少ない、あるいは、自分が担当しているお客さんが少ないと、お給料も少ない傾向にあります。 私が調べた限りだと顧問先から受け取っている顧問料の合計金額の30%が自分の給料のようです。 これと比べて一般企業の場合、給料の基となる売上は、外部に何かしらの製品・サービスを売った対価が原資となるため、売上の規模や取引先の数は税理士事務所と比べて多いので、給料も高い傾向にあります。 一般企業が儲かっている企業なら賞与が出ますし、残業代はキッチリ出ます。 私が零細税理士事務所で勤務していた時は、昇給、賞与、残業代無しでした。 昇給、賞与がないのは我慢ができますが、残業代が全くでないことには我慢がなりませんでした。 税理士事務所の都合で残業強いられているのにお金が貰えないのには腹が立ちましたね。 給料も低すぎて貯金もあまりできなった記憶があります。 ちょっと時給が良いアルバイトでもしていた方が給料は遥かにいいです。 零細税理士事務所は実務経験を積むための場所で、長期間働ける場所ではありません。 そもそも妻子、家庭を持ちたいなら、そんなところで働いてはいけません。 税理士という法律家なのに、法律は守らない所長でしたね。 この記事を書いている現在、私は一般企業で働いております。 勤め先の顧問税理士が高齢で、閉所する話が出てきました。 その話を直属の上司に伝えたところ、以前勤めてた税理士事務所にお願いできないか?と聞かれましたが、残業代もまともに払わない税理士事務所に、今の勤め先の顧問なんてお願いしたくないので断りましたね。 お金の支払いにダラシナイ奴に会社の顧問を依頼したくありません。 税理士事務所から経理へ転職する時のアピール点 法人の税務申告書作成を税理士事務所に依頼している会社なら、自分が入社することで税理士事務所とのやり取りはスムーズにできることは、アピールできるとおもいます。 会計事務所、税理士事務所に勤務したことがある人なら、例えば、1月末までに、税理士事務所が欲しい書類が分かりますよね?あとは、決算業務を進めるに当たり、税理士が欲している資料も分かります。 そして、税理士事務所にて税理士試験の勉強をしているので、法律にも多少は詳しいはずです。 給料計算をしているなら、そのノウハウ、消費税法を勉強しているなら、ある取引が消費税が課税、非課税、不課税の判定もできるかと思います。 所得税法を勉強しているなら年末調整も問題ないですよね?住民税の知識があるなら、ふるさと納税の寄付金限度額の計算を精密に計算ができる強みがあります。 あとは、資金繰り表を作成するときにも、会社の定期的な支出が分かれば、それに税金の支払い情報を加えることで資金繰り表を作成することができますよね?消費税の前期の納税額で、中間納付の回数が変わることも分かりますし、固定資産税は6月末に支払う、労働保険料は7月、10月、2月に加える等も分かりますよね?これもアピールできませんでしょうか。 経理との違いですが、経理(小さい会社は総務業務含む)は1つの会社の色々な事にかかわりを持ちますが、税理士は1つの会社の会計・税務の面だけに関わりを持ちますので、経理は1つの会社について狭く深く、税理士は色々な顧問先に広く浅く関わることに気が付きました。 これが一般職の経理と、税理士事務所での勤務の違いかと思いますが、違いますかね?• 最近の投稿• 最近のコメント• に aki より• に どくとるはぁはぁ より• に ゆめきらり より• に リェータ より• に ゆめきらり より• アーカイブ• カテゴリー• 137• 171• 人気記事(過去7日)• 146件のビュー• 141件のビュー• 122件のビュー• 91件のビュー• 67件のビュー• 54件のビュー• 44件のビュー• 40件のビュー• 39件のビュー• 38件のビュー•

次の

税理士補助から企業経理に転職するには?

税理士 事務 所 転職

仕事内容 クライアントのパートナーとして税務会計コンサルティングを行っていただきます。 全くの異業界から転職された方でも先輩社員から学び、成長できる環境のため、専門性高く成長いただけます。 【業務内容】 経営者と面談し、経営アドバイス・コンサルティング等を実施していただきます。 いわゆる税務会計事務所の仕事ではなく、顧客に寄り添って提案型のコンサルティング業務を行っていただきます。 タックスプラン(税金対策、等)においては保険商品の提案も積極的に推進しています。 独り立ちまでは1年~2年を想定しており、その後クライアント様・中小企業経営者へのコンサルティング業務を通じて一人前のコンサルタントとして独り立ちしていただきます。 会計・税務・財務等を切り口に経営アドバイス・コンサルティングを行い経営をサポートする、超提案型のコンサルティングファームです。 最短で入社4年目に海外へ行かれた社員がいらっしゃいます。 そのため幅広げく業務を行うことができます。 また全体MTGも週1回のペースであるので上司への相談もしやすい環境です。 勤務地• 語学力向上の研修環境も整っております。 最短で入社4年目に海外へ行かれた社員がいらっしゃいます。 そのため幅広げく業務を行うことができます。 また全体MTGも週1回のペースであるので上司への相談もしやすい環境です。 勤務地• 語学力向上の研修環境も整っております。 仕事内容 税務コンサルティングとして以下の業務に従事していただきます。 最短で入社4年目に海外へ行かれた社員がいらっしゃいます。 そのため幅広げく業務を行うことができます。 また全体MTGも週1回のペースであるので上司への相談もしやすい環境です。 勤務地• 語学力向上の研修環境も整っております。 国境を跨ぐクロスボーダー案件のコンサルティングにおけるプロジェクトマネジメント業務。 日系企業と現地インド人チームとのコミュニケーション促進、プロジェクトマネジメントなどを含む。 最短で入社4年目に海外へ行かれた社員がいらっしゃいます。 そのため幅広げく業務を行うことができます。 また全体MTGも週1回のペースであるので上司への相談もしやすい環境です。 勤務地• 語学力向上の研修環境も整っております。 ITを駆使した経営分析等を活用し、的確かつ迅速な経営アドバイスを実施しています。 お客様サイドに立ち、お客様の夢をかなえるべく、常に進化し続ける事務所でありたいと考えている会計事務所です。 勤務地• 年間50回以上のセミナー勉強会参加など、研修制度が充実しています。 税務会計にとどまらず、社会保険業務や行政業務など、業種別専門チームで、幅広く対応するのが当事務所の強• 仕事内容 リスクマネジメントチームは、法務、コンプライアンス、ガバナンス、内部統制、危機管理・リスク管理などに関する業務を担当しています。 チームリーダー・メンバーと共に、近年加速している弊所の事業拡大・所員増加・法改正等に、適切・適時に対応し、会計事務所の安定的な運営に努めて頂ける方を求めています。 事務所内には司法書士、行政書士、公認会計士、税理士の有資格者がおり、事案によってはこれらのメンバーと、顧問先である外部弁護士事務所とも連携の上で、業務を行う体制をとっており、個として、プロフェッショナルとして、実力を積み上げられる環境をご提供できるかと思います。 幅広い知識を自ら進んで得て、自発的に活動し、個ではなくチームを成長させることへの意識を強く持てる方に参加頂き、ご参加後はご自身の興味・キャリアプランに合わせつつ、常に企業成長に資し、その要求を超えることに意欲的なプロフェッショナルであることを目指して頂きたいと考えております。 ご経験レベルに応じてお任せする業務を決定いたします。 システム開発契約書(弊所が発注者や、その逆)などの請負契約もあります。 その結果、当事務所の活動は、日本だけに限らず、アジアにおける有力な事務所として国際的にも高い評価を頂いております。 もちろん業務面でも、所内での研修制度や外部研修参加費の補助を始めとした制度が充実。 蔵書数約1万冊を誇るライブラリーや、一般的なサイズの2倍以上のデスクで、本物のプロフェッショナルとして、業務に取り組む事ができます。 勤務地• その後、診療報酬債権や知的財産権、また不動産の証券化にもサービス内容を展開しました。 近時では、事業の証券化にも注力。 勤務地• 高い専門性を備えたメンバーと共に切磋琢磨できる環境が魅力です。 仕事内容 外資金融大手取引や海外クライアントにも強みのある金融特化型の会計ファームにて海外から日本国内へのインバウンド投資案件(主に不動産)におけるSPCの税務会計及び関連業務をご担当いただきます。 ・ 既存顧客からのインバウンド投資案件において、アウトソース先、外部専門家等と協業しながら、SPCの会計・税務・印章管理・資金管理などの管理業務全般を事務受託しつつ、新たな海外投資家からの投資案件開拓・受注を目指して設立された部署になります。 その後、診療報酬債権や知的財産権、また不動産の証券化にもサービス内容を展開しました。 近時では、事業の証券化にも注力。 勤務地• 仕事内容 外資金融大手取引や海外クライアントにも強みのある金融特化型の会計ファームにて、会社の設立から清算まで、一貫して携わっていただきます。 スタッフの指示を受け、実務作業を的確にスピーディーに進めていただきます。 OJTはもちろん、教育・研修制度も充実しており、入社後約10回にわたる研修を受講いただきます。 金融・不動産・ファンドに関わる専門知識がみにつきます。 その後、診療報酬債権や知的財産権、また不動産の証券化にもサービス内容を展開しました。 近時では、事業の証券化にも注力。 勤務地• 東京都港区虎ノ門二丁目10番4号オークラプレステージタワー10階 担当者のコメント 大手金融機関をクライアントに会社の設立から清算まで、SPC会計・税務業務を一貫して携わっていただきます。 そんな方々に元気を与えるのも、私たちの役割の一つだと考えています。 新しく入ってくる方も、仲間として一緒に刺激しあいながら成長していただきたいと思っています。 1を目指します」をモットーに、皆様とのコミュニケーションを最も大切にしています。 スタッフは、経営者の目線や立場に立って悩み、考えています。 相談しやすいことはもちろんですが、こちらからお声掛けもしますので、経営者様からは、社内のCFOとして距離感の近さを感じていただいています。 親しみやすさを感じていただいており、会計や税務以外の相談もお受けすることも多いですが、他士業との提携や、経営者様同士のつながりなど、自慢のフットワークを使って解決に向けたご提案が好評です。 会計、税務の業務効率化を図り、作業時間を短縮することで、皆様が本業に集中できる環境作りをお手伝いしています。 勤務地• 仕事内容 移転価格プロジェクト(海外展開戦略支援)の中核メンバーとしてご活躍頂きます。 私共の移転価格ビジネスは、これまでこの分野を中心とすることをコミットするメンバーが不在であったため、現状、十分なビジネスボリュームがありません。 そのため、プロジェクトリーダーについては、スクラッチから事業を立ち上げる気概と粘りを有して頂きたいと考えております。 当然、すぐに結果を求めることはせず、事務所としても長期的視点を持ちながら取り組みます。 なお、希望すれば、移転価格関連業務だけにとどまらず、グローバル関税関連業務や知的財産関連業務などの経験もでき、また、外国人メンバーと海外税務事案の解決にも携われます。 このように、「国際税務人材」としての価値が上がる経験ができるポジションです。 その結果、当事務所の活動は、日本だけに限らず、アジアにおける有力な事務所として国際的にも高い評価を頂いております。 もちろん業務面でも、所内での研修制度や外部研修参加費の補助を始めとした制度が充実。 蔵書数約1万冊を誇るライブラリーや、一般的なサイズの2倍以上のデスクで、本物のプロフェッショナルとして、業務に取り組む事ができます。 勤務地• 仕事内容 移転価格プロジェクト(海外展開戦略支援)の中核メンバーとしてご活躍頂きます。 海外進出企業の必須アイテムであるローカルファイルを簡単に作成できるよう企業をサポートするプロジェクトです。 国税局OBが同プロジェクトに入りますので自己の知識も磨けます。 希望すれば、移転価格関連業務だけにとどまらず、グローバル関税関連業務や知的財産関連業務などの経験もでき、また、外国人メンバーと海外税務事案の解決にも携われます。 このように、「国際税務人材」としての価値が上がる経験ができるポジションです。 その結果、当事務所の活動は、日本だけに限らず、アジアにおける有力な事務所として国際的にも高い評価を頂いております。 もちろん業務面でも、所内での研修制度や外部研修参加費の補助を始めとした制度が充実。 蔵書数約1万冊を誇るライブラリーや、一般的なサイズの2倍以上のデスクで、本物のプロフェッショナルとして、業務に取り組む事ができます。 勤務地• 仕事内容 証券化(SPC)に係る会計・税務のアドバイザリー業務全般を行います。 会計税務に専門性を高めることができ、業務知見を広げることができます。 《SPCの動向について》 同社はもともとSPCを活用した資産証券化ビジネスの文やで大きなマーケットシェアを獲得しており、直近もSPC案件は年々増加しており、売上高としても3年連続で10%強の成長を続けています。 そのため、現在市場でSPC案件は縮小しつつあると言われておりますが、同社での案件受注の動向を踏まえると、まだまだ証券化のニーズは発生していると考えられます。 その結果、当事務所の活動は、日本だけに限らず、アジアにおける有力な事務所として国際的にも高い評価を頂いております。 もちろん業務面でも、所内での研修制度や外部研修参加費の補助を始めとした制度が充実。 蔵書数約1万冊を誇るライブラリーや、一般的なサイズの2倍以上のデスクで、本物のプロフェッショナルとして、業務に取り組む事ができます。 勤務地• 仕事内容 世界的に低金利な状況が続く中、富裕層(HNW)が一般的なグローバル分散投資で安定的な運用をするのには限界が来ています。 今後、バンカーが富裕層相手にどういったソリューションを提供できるか、それを考えていくと、これからのバンカーは「 Tax 」を理解し、Taxを絡めたグローバルなソリューション(例として、高い税引後のCFの提供)を提供する道しか顧客を満足させることはできないのかもしれません。 規制の多い日本だけにしばられる事なく、海外の運用戦略に、財団・保険・信託等、典型的なウェルス・プランニングのツールをからめて資産運用・資産承継をするビジネスの本格的な立ち上げを考えています。 社長直下のチームとして、富裕層向け金融ビジネスの経験を活かし、税務の知識も身に着けてキャリアアップできる、あるいはビジネス設計の経験を積める貴重なポジションです。 【具体的な業務内容】 ・資産管理会社の窓口業務・資金管理業務・会計/税務業務(会計・税務知識を実戦の中で少しずつ勉強していきます)・時価/ポートフォリオ分散状況/相続評価等の計算及び報告業務 ・資産管理会社の海外運用のオペレーションの設計及び海外トラスティや海外会計事務所とインテグレイトされたオペレーションの執行(海外出張あり) ・運用商品(税金を考えたSpecial Products。 例:日本を含む世界各国の保険・年金・現物投資・その他)の組成・分譲活動、必要に応じてライセンス業者とのアライアンス ・税理士とペアを組んでHNWを訪問し、資産承継の提案活動を行う(潜在顧客の株価簡易評価・提案書ドラフト作成等、税理士のサポートをしながら典型的な国内事業承継対策の手法を理解していきます。 その結果、当事務所の活動は、日本だけに限らず、アジアにおける有力な事務所として国際的にも高い評価を頂いております。 もちろん業務面でも、所内での研修制度や外部研修参加費の補助を始めとした制度が充実。 蔵書数約1万冊を誇るライブラリーや、一般的なサイズの2倍以上のデスクで、本物のプロフェッショナルとして、業務に取り組む事ができます。 勤務地• 既に、複数の大手企業へ支援実施済。 さらに、日本を代表する輸出メーカー(自動車業界)を中心とした大型プロジェクトが進行、ビジネスが拡大しクライアントが増えていくことが決まったため、大量募集しております。 新規ビジネスの急成長するフェーズで、関税という新しい領域の専門分野を身に付けながら、一緒にビジネスを作っていきたい方の応募をお待ちしております。 その他、セミナー運営のサポート全般や上記コンサルテーション業務に付随する一般的事務サポート全般を行っていただきます。 その結果、当事務所の活動は、日本だけに限らず、アジアにおける有力な事務所として国際的にも高い評価を頂いております。 もちろん業務面でも、所内での研修制度や外部研修参加費の補助を始めとした制度が充実。 蔵書数約1万冊を誇るライブラリーや、一般的なサイズの2倍以上のデスクで、本物のプロフェッショナルとして、業務に取り組む事ができます。 勤務地• 仕事内容 所内のコンサルティング部など他部門と連携してグローバルタックスアドバイザリー業務を行います。 その結果、当事務所の活動は、日本だけに限らず、アジアにおける有力な事務所として国際的にも高い評価を頂いております。 もちろん業務面でも、所内での研修制度や外部研修参加費の補助を始めとした制度が充実。 蔵書数約1万冊を誇るライブラリーや、一般的なサイズの2倍以上のデスクで、本物のプロフェッショナルとして、業務に取り組む事ができます。 勤務地• 仕事内容 GPアドミニストレーションチームではプライベートエクイティ・ベンチャーキャピタルを顧客とし,案件ソーシングや投資の意思決定に関わるコア業務以外のファンドの運営に関わる業務を受託しております。 その結果、当事務所の活動は、日本だけに限らず、アジアにおける有力な事務所として国際的にも高い評価を頂いております。 もちろん業務面でも、所内での研修制度や外部研修参加費の補助を始めとした制度が充実。 蔵書数約1万冊を誇るライブラリーや、一般的なサイズの2倍以上のデスクで、本物のプロフェッショナルとして、業務に取り組む事ができます。 勤務地• 仕事内容 ・資産管理会社の窓口業務・資金管理業務・会計/税務業務(会計・税務知識を実戦の中で少しずつ勉強していきます)・時価/ポートフォリオ分散状況/相続評価等の計算及び報告業務 ・資産管理会社の海外運用のオペレーションの設計及び海外トラスティや海外会計事務所とインテグレイトされたオペレーションの執行(海外出張あり) ・運用商品(税金を考えたSpecial Products。 例:日本を含む世界各国の保険・年金・現物投資・その他)の組成・分譲活動、必要に応じてライセンス業者とのアライアンス ・税理士とペアを組んで投資家を訪問し、資産承継の提案活動を行う(潜在顧客の株価簡易評価・提案書ドラフト作成等、税理士のサポートをしながら典型的な国内事業承継対策の手法を理解していきます。 その結果、当事務所の活動は、日本だけに限らず、アジアにおける有力な事務所として国際的にも高い評価を頂いております。 もちろん業務面でも、所内での研修制度や外部研修参加費の補助を始めとした制度が充実。 蔵書数約1万冊を誇るライブラリーや、一般的なサイズの2倍以上のデスクで、本物のプロフェッショナルとして、業務に取り組む事ができます。 勤務地• 仕事内容 ・SPC管理ビジネスの税務会計関連の品質を更にいっそう引き上げるための各種施策の企画・実行 例)税務会計関連情報の収集・発信・分析、弁護士等と行う判例研究、社内向けおよびクライアント向け勉強会の実施、質疑応答 特に税制改正等がスキームに影響を与える場合はスキーム変更を含め事務所としてどう対処するのかの方針を決定します ・SPC管理ビジネスの会計税務業務を知っていただくために、具体的なSPC案件における税務会計業務も数件持って頂きます。 品質向上を目指して一緒に様々な取り組みを検討・実行してくれる方が望ましいです。 その結果、当事務所の活動は、日本だけに限らず、アジアにおける有力な事務所として国際的にも高い評価を頂いております。 もちろん業務面でも、所内での研修制度や外部研修参加費の補助を始めとした制度が充実。 蔵書数約1万冊を誇るライブラリーや、一般的なサイズの2倍以上のデスクで、本物のプロフェッショナルとして、業務に取り組む事ができます。 勤務地•

次の

【税理士の転職体験談】会計事務所からコンサルティングファームへ

税理士 事務 所 転職

(税理士事務所の離職率が高いのはなぜ?) 税理士事務所の離職率が高い理由としては、 「 今の事務所を辞めても、別の事務所で普通に即戦力として働けてしまう」ということがあると思います。 税理士事務所は基本的にどこも同じ仕事をしていますから、 1つの事務所で一人前に仕事ができるようになれば、別の事務所でもすぐに働けるようになれるわけですね。 また、 税理士事務所という組織そのものが、非常に不安定で小さな組織であることも理由の1つといえます。 一つの職場にこだわっていては、自分の身が危うくなる可能性があるのです。 極端な話、所長税理士が事故や病気になれば、その瞬間に事務所は解散…ということもありえますから、 良くも悪くも「どこで働いても食っていけるだけの実力をつける」という意識を持っている人が多いですね。 一つの職場にこだわり続ける必要はない 税理士業界に入ってまもない新人層の方々の中には、 「 一つの職場で3年間は働かないといけない」とか、 「 人間関係が合わないだけで仕事を辞めたりしたら、どこも雇ってくれなくなる」 というような不安を持っている人もいらっしゃると思います。 しかし、どうしても今の職場に苦痛を感じているのであれば、別の事務所に転職してみるのも選択肢の一つとしてあってよいと思いますよ。 これは実体験から言えることですが、ひと口に「税理士事務所」といっても、 事務所によって働く環境や人間関係の雰囲気はがらっと違います。 どこも基本的に同じ仕事をしているのですから、どうせなら楽しく働ける人たちと働いた方が得です。 (まわりに質問もしやすいので、仕事を覚えるのも早いです) 今の事務所にい続けるのがどうしても苦痛…と感じている方は、 「別の事務所に転職する」という選択肢も検討してみる価値はあると思いますよ。 事務所に将来性を感じられない• 残業の多さが不満• 年収の低さが不満• 所長の人間性に問題がある• 税理士試験との両立ができない• 閉鎖的な人間関係に嫌気がさす あなたには当てはまる不満はないでしょうか? 順番に見ていきましょう。 事務所に将来性を感じられない 私自身、1社目の税理士事務所を辞めたときの退職理由がこの点でした。 当時所属していた税理士事務所は、ちょうど創業税理士から二代目税理士に代替わりをするタイミングで、 どうしても二代目の方に将来性を感じることができませんでした。 早い話が、人の上に立つ器の人だとはどうしても思えず、ついていく気になれなかったのです。 税理士事務所においては「所長税理士の将来性=事務所の将来性」と考えて間違いありません。 小さな組織である税理士事務所では、所長税理士に自分のキャリアと生活を預けている部分があることを理解しておく必要があります。 残業の多さが不満 繁忙期の残業の多さに苦痛を感じている人は多いと思います。 税理士事務所の繁忙期(特に確定申告)の残業量というのは、 業界内部にいると「別に普通かな…」なんて風に考えてしまいますが、客観的に考えて異常です。 もちろん、残業代がきっちり支給されるならそれはそれでいいですが、 みなし残業時間になっているケースも少なくないでしょう。 (サービス残業は法律上は論外のはずですが、結構そういう事務所は多い) 一方で、繁忙期であっても残業そのものを禁止しているホワイト事務所も最近では増えています。 そもそも、個人事業主の顧客の割合が少ない事務所などでは、確定申告時期が繁忙期でないケースもありますね。 「税理士事務所=繁忙期の残業は避けられない」というのは実は思い込みに過ぎなかったりします。 年収の低さが不満 税理士事務所の年収は、年齢平均で考えると低いと言わざるを得ません。 その一方で、税理士事務所の職員の仕事は高度な専門知識がないとできない仕事です。 常に最新知識(税法改正など)を仕入れる努力が必要ですし、仕事の責任も大きいといえます。 なので、単純に別の業界の文型事務職の仕事を比較するのではなく、 例えば理系の専門職などと比較するのが適切だと思います(業務の負担感や専門性から考えて) そう考えると、30代前半までに少なくとも年収600万円ぐらいまでは達成したいところですが、 従業員数人程度の規模の税理士事務所ではこれを達成するのは非常に難しいでしょう。 解決策としては別業界(特に一般企業経理幹部)への転職か、 より専門性を生かせる税理士事務所(資産税に力を入れているところなど)への転職が考えられます。 所長の人間性に問題がある これはもう本当に多い退職理由ですね(みんなおおっぴらには言えないのですが…) 税理士事務所は小さな組織ですから、所長税理士の影響力というのは、 従業員として働いている人間にとっては絶大なものがあります。 運よく人格的に尊敬できる所長税理士にあたればラッキーですが、 中には従業員にパワハラ的な扱いをしている人も少なくありません。 みんな税理士試験に受かるぐらいの人間ですから頭が良いのは当然ですが、 まわりがすべてバカに見えているタイプの人には注意が必要ですね。 所長税理士が性格的に合わない人だと、税理士事務所の仕事は本当に辛くなります。 税理士試験の勉強との両立ができない 税理士事務所に勤めている人の多くが、税理士試験の勉強を同時進行でされていると思います。 税理士試験というのは働きながら挑戦するのにとても適した試験(科目合格制度があるので)ではあります。 しかし、仕事が激務すぎるとやはり「合格は実質不可能」という状態になっていることもあります。 まじめな人は「いやいや、それでも合格している人はいるのだから、自分の努力不足だ…」と思われるかもしれませんね。 判断の目安としては、「あなたが担当している顧客の件数」で判断すると良いかもしれません。 この仕事を始めて3年目以内の方の場合、担当10件~20件ぐらいまででないと勉強との両立は厳しいかもしれません。 もちろん、顧客企業の規模にもよるのですが、30件以上になると相当忙しくなるのが実情でしょう。 閉鎖的な人間関係に嫌気がさす 繰り返しになりますが、税理士事務所というのは小さな組織である場合がほとんどです(従業員数人~10人程度) 良くも悪くも家族経営、アットホームな雰囲気の事務所が多いと思いますが、 中にはビジネスライクな雰囲気の職場の方が働きやすい、あるいは家族的な雰囲気が苦痛…。 という人も多いでしょう。 私もどちらかというとそういう傾向(あまりに濃すぎる職場の人間関係は苦手)があるのですが、 そういう方は都市部の税理士事務所も視野に入れてみるとよいかもしれません。 私の場合は大阪市内のビジネス街にある税理士事務所に転職したときに実感したことですが、 都市部と田舎の税理士事務所では人間関係のあり方がまったく違います。 事務所の雰囲気というのは、性格的に合う・合わないは確実にありますね。 税理士事務所を辞めるのに適した時期は? 税理士事務所の退職を決意したのなら、 いつ上司や所長税理に退職の意向を伝えるべきか?について考える必要があります。 基本的には繁忙期(年末~翌年3月、5月など)は避けるのが常識というものだと思いますが、 すでに転職活動を始めていて良い求人オファーが来ているのであれば、 そのチャンスを逃すようなことはすべきではないでしょう。 あなたの人生に責任を持ってくれるのはあなた自身だけです。 退職する事務所への義理立てを過度に考える必要はありません。 ただ、税理士事務所業界というのは意外に狭い世界です。 いまいる税理士事務所を辞めて別の税理士事務所に移るという場合には、 ある程度配慮して繁忙期の退職だけは避けておくのが無難かもしれませんね。 (税理士界の研修などで別の事務所の職員や、所長税理士と顔を合わせることは意外に多い).

次の