ショタ bl 同人 誌。 エロ同人サークル「おどうぐばこ」のCG作品まとめ

ショタ小説一覧

ショタ bl 同人 誌

公開・乳首・尿道・スカ・食物等。 基本は愛有り。 絵も少々。 完全18禁。 己の欲望に忠実です。 ショタ、兄弟、扱き合い、痴漢、悪戯などなど。 基本的に愛がだだ漏れ。 完結済み作品多数。 短編多め。 エロいの注意。 ちょっとだけ鬼畜も有。 全小説R18指定です。 R-20指定過激なモロ語露骨表現の短編エロ小説サイト。 番外で俺様受けも元気です。 危険というよりはとろける感じで。 【旧・快楽ラヂオ】.

次の

ショタ小説一覧

ショタ bl 同人 誌

2020. 25 2020年8月16日 日 開催「ショタフェス6」参加サークルリスト 先着100サークル を先行公開しました! テキストのみ 2020. 22 2020年8月16日 日 開催「ショタフェス6」のサークル参加申込受付を開始しました! 皆様のご参加を心よりお待ちしております! 2020. 11 2020年8月16日 日 横浜産貿ホール マリネリアにて開催の「ショタフェス6」の概要ページを公開しました! 今週末開催のフェス5本部にてチラシを配布致しますのでぜひゲットして下さい! 2020. 21 2月16日 日 開催のショタフェス5の配置図とサークルカットリストを公開しました! wi-fi環境推奨 テキストのみ 2020. 1 2月16日 日 開催「ショタフェス5」の全参加サークルリストを公開しました! 2019. 24 2月16日 日 開催のショタフェス5のサークル参加申込を締め切らせて頂きました。 おかげさまでスペース拡大となりました!厚く御礼申し上げます。 順次受領確認メールをお送り致しますので、参加サークル様は今しばらくお待ち下さい。 2019. 7 2020年2月16日 日 開催「ショタフェス5」参加サークルリスト 先着100サークル を先行公開しました! テキストのみ 2019. 1 2020年2月16日 日 開催「ショタフェス5」のサークル参加申込受付を開始しました! 皆様のご参加を心よりお待ちしております! 2019. 30 2020年2月16日 日 開催「ショタフェス5」のサークル参加申込書をコンビニコピー機から出力頂けます。 郵送申込予定のサークルで申込書が必要な方はぜひご利用下さい! 2019. 22 5月5日 日 開催のショタフェス4のサークル案内書類が未着の方はお問い合わせをお願い致します。 2019. 31 5月5日 日 開催のショタフェス4の配置図とサークルカットリストを公開しました! wi-fi環境推奨 テキストのみ.

次の

ショタゲー

ショタ bl 同人 誌

概説 [ ] 必ずしもであることを問わないが、一般に女性向けのと、男性向けのにまたがったジャンルであり、特に男性ユーザーは両者に手を出すことも珍しくない。 「ショタ」に関する事柄については以下の項目を並べて参照。 女性向け作品の場合は、いわゆるボーイズラブゲームに属するため少年同士、または青年男性と少年というが一般的である。 一方、男性向け作品では、必ずしも同性同士とは限らない。 あくまでも男性向けアダルトゲームというの一つであり、大別してショタ主人公が女性を相手にするゲームと、男性主人公がショタキャラを相手にするものの2種類に分かれる。 男性向けゲームでは、特に後者の作品において的にも一見して女の子のような風体をした少年が多く見られる。 なお、男性から見たショタゲーという観点からは、男性向けアダルトゲーム側からすれば特殊なカテゴリであり、女性向けボーイズラブゲームから見れば男性ユーザーそのものが少数派となる。 それぞれのユーザーらは前述の理由から交流は少なく、においても層はであるやに、アダルトゲーム派はに属するなどにそれぞれスレッドを構えており、その立場の違いを浮かび上がらせている。 ショタゲーの歴史 [ ] 「ショタ」という名を明確に冠して発表した先駆は折原うさぎの運営する「」であるといわれる。 これは同人ソフトやフリーソフトといった形態ではあったが、のCGフォーラムで活動していた折原うさぎ(仮名:ハンドルネーム)のに立ち上げたサイトで、同人ゲーム・CGなどを発表していた(現在閉鎖中だが検索によって各ページにいける)。 折原のサイトで制作されていたゲームはショタジャンルオンリーである事を明確にしており、これらのショタゲーは当初はウェブサイトによる通信販売によって行われていたが、その後、ソフトアイランド(現在:DLサイトコム)への委託販売へと移行した。 市販ソフトがショタを扱ったゲームであると自ら明言した作品はにより発売された「(オリジナル版)」である。 の「(オリジナル版)」は後に声優によるボイスを収録しシナリオを一新したバージョンが改めてリリースされたが、オリジナル版はのショタジャンルオンリーの、で開発中であることが発表され、ショタというジャンルに感心を持つ者たちの関心を強く引き付けた。 これは翌に発売されたが、発売にいたるまでの期間が長くかかったことや、それまでにSingingCanaryをとりまいた様々なトラブルから一時はファンの記憶から消えかかるようなこともあった。 これに先んじることにから「」シリーズが発売されている。 、今度はショタジャンルオンリーの同人誌即売会、においてが「」を発表。 これはもともと同人ソフトとして開発されたものであったが、市販ソフトの流通に転換。 この際に公開されたポスターでは主人公達がであることが明記されていた。 以上はいずれもボーイズラブゲームの枠に含まれるもので、どちらかと言えば女性向けとされる。 一方、男性向けではにが「」を発売。 以後シリーズ化をしていくこととなる。 本作は「ショタ主人公の」というコンセプトで構成され、この構図は概ね男性向けソフトの雛型となった。 また、は発売の「」に先んじて登場キャラクターの人気投票を募集した。 本作もショタゲーではなく であったが、ヒロインキャラクターよりも主人公を含む少年キャラに人気が殺到し、シナリオのは急遽、誰とも結ばれないルートの結末としてライバルの少年カーツとの的な展開を挿入するに到った。 なお、この発売後に改めてキャラクターの人気投票を募集した結果、またしても上位3人が少年キャラとなった。 こうした一種のとも受け取れる状況を経て、ショタゲーという呼称はともかく、ゲームの中にショタという要素を盛り込むという考えは、特に男性向けソフトにおいて急速に広まり、前述の「たんぽぽ」のように本来ショタゲーでは無くとも隠しキャラや隠しイベントとしてショタとの絡みや、それを思わせる展開を盛り込むものが増えていくこととなった。 「ひみつたいけん」シリーズを開発販売したコンプリーツは、このシリーズとは別に、「野外学習」を発売している。 これもショタをメインとした構成では無いが、シナリオや画風などの側面で「ひみつたいけん」シリーズの流れを汲んでおり、主人公の少年はここでも「」という性格的位置付けがなされている。 本作も同様にシリーズ化され、には「もうすぐ夏休み! 」がリリースされた。 なお、いわゆるユーザーの中にはショタゲーにはまるきっかけとなったソフトに「」をあげる者も多い。 これはにから販売されたシリーズであるが、「」の発表よりもさらに1年半ほど早い。 全般をテーマとしたゲームであり、あくまでもその一環としてショタ要素を含んでいるに留まりはするが、ショタゲーやボーイズラブゲームという概念の乏しい黎明以前の時期にあって、その衝撃的な内容はユーザーやを揺るがす問題作となり、その結果、製品回収や倫理機構脱退にまで到った。 日本国外のショタゲー [ ] ショタゲーの多くの作品は日本国内で作られているが日本国外で存在しないというわけでもない。 例えばの後半にそのころ有名であった携帯ゲーム「」をもとにした「Boygotchy(ボーイごっち)」というゲームがドイツ語で作られた。 またの初めになると、これとは別のドイツ人の手により上で遊べる英文ホームページ「Play with Boys」が開催された。 これらのショタゲーは商業化には到ったものの日本国外では全般的にショタゲーを支持する会社や消費者文化が無いため、結局は日本国内で生産されたショタゲーのように発展していくものはほとんど見られなかった。 しかしながら、同人ソフトとして流通する形態のショタゲーは散発的に誕生し、下記のような「Escaper」といったゲームも存在している。 女性向ソフト [ ]• 男性向ソフト [ ]• ヒミツたいけんシリーズ• (英語だが無料で遊べる)• このほか、ショタに対する特別な描写がないにしても、多少なりともショタゲーのような内容を盛り込んだ男性向ソフトは非常に多い。 同人ソフト [ ]• 関連項目 [ ]•

次の