あんはさ。 モダン・ラブとは

Ambasa / Coca

あんはさ

きわどいグラビアから、清楚系までいろいろな写真集が世の中に溢れていますが、一線を越えた写真集と言えば、今も昔もやっぱりヌード。 宮沢りえが18歳のときに出した『Santa Fe』は、当時大きな話題となっていましたが、彼女以外にもヌードを披露している女優は結構いるんです。 gooランキングで発表された「過去にヌードを披露したことがあると知って驚く女性芸能人ランキング」には、今の姿からは予想がつかない人たちが名を連ねていました! ======== 「過去にヌードを披露したことがあると知って驚く女性芸能人ランキング」 1位 菅野美穂 24. 8% 2位 江角マキコ 20. 0% 3位 夏菜 16. 2% 4位 尾野真千子 14. 4% 5位 鈴木杏 11. 8% 6位 鈴木砂羽 11. 6% 7位 吉高由里子 11. 0% 8位 水野美紀 10. 8% 9位 星野真里 9. 2% 9位 池脇千鶴 9. 2% 9位 常盤貴子 9. 2% ======== 1位は菅野美穂。 2007年に公開された映画『さくらん』では騎上位シーンも披露し話題になりました。 そんな彼女が、すでに人気女優の仲間入りをしていた1997年にヌード写真集『NUDITY』を出していることに驚きを隠せない人が多いようです。 20歳の記念出版説、事務所に脱がされた説など諸説ありますが、記者会見で彼女が突然泣き出した姿を覚えている人もいるのでは。 2010年公開『真幸くあらば』 日本初の映画ヘアヌードとなった1994年公開の『愛の新世界』で鈴木砂羽も大胆なヘアヌードを披露しています。 実は、これが彼女のデビュー作とか。 清純派なイメージの水野美紀は2011年、30代にして『恋の罪』という映画でヘアヌードを披露。 同率9位になった星野真里と池脇千鶴といえば、映画で見せた胸がネットで「日本三大ガッカリおっぱい」に選ばれるほど、男性たちを落胆させた女優ですね(ちなみにあと一人は京野ことみ)。 有名な人ほど、ヌードになれる大胆さを持っているのかも知れません。 もしかしたら、あなたの気になる女優やアイドルも、知らないうちに脱いでいるかも……!? <TEXT/ミノシマタカコ> 【調査概要】 「過去にヌードを披露したことがあると知って驚く女性芸能人ランキング」 調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。 調査期間:2015年5月14日~2015年5月18日 有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名) 出典元:gooランキング.

次の

アン・ハサウェイのCM出演情報

あんはさ

instagram. instagram. 小さい頃はニュージーランドに移民していて、英語の勉強のかたわら、ゴルフ場でゴルフの練習をするのが日課になっていたようです。 元々は父についていってゴルフクラブに行っていただけだったのが、そのうちに自分自身がハマっていったみたいです。 当初はLPGA(全米女子プロゴルフ協会)で・・・という想いがあったようですが、母国韓国に帰国し、韓国のKLPGA(韓国女子プロゴルフ協会)で活躍することになりました。 これが2008年の頃になります。 on Oct 22, 2016 at 12:38am PDT そして、日本ツアー初参戦となったワールドレディース・サロンパス杯では通算5オーバー58位でギリギリ予選通過という感じでしたが、本人は優勝したぐらいにうれしい!と喜んだ・・・との事でなんとも可愛らしいですね^^ 韓国と言えば・・・『整形』と言われるように、やはりアン・シネ選手も整形はしていまして、自分でも公言しています。 整形前の写真(画像)・記事がこちらになります。 naver. nhn?

次の

嫌われ者?アン・ハサウェイの本当の姿!!アメリカでの嫌われっぷりがやばい女優

あんはさ

どうやって彼らを説得したのか? 「キャリアの中でこのステージに立てたのは非常にラッキーなことよ。 これほど堅固な反対に合わない限りは、私は普通にオーディションルームに入れるんだけど。 一度そこに行けば、もうそこからすべての賭けは始まってるの。 人々の心を変えることができるの。 私は実際そうしたし、前にもそうやって役を勝ち取ったことがあったわ」 『レ・ミゼラブル』のオーディションの辛さは各キャストが口を揃えて言及しているが、アンの場合はどうだったのだろうか? 「私は『夢やぶれて』と『ファンティーヌの逮捕』を歌う準備をするようにいわれていたの。 両方の曲を何度か歌った後、トム・フーパー監督と私は、ファンテーヌ役について話し合ったの。 どのようにこのシーンを演じるか、こっちのシーンはどうするかってね。 私は映画とミュージカルが大好きなんだけど、このときまで、このことで自分のアイデアを誰かと話す機会がなかったの。 本当はもっと昔そうすべきだったのに。 そうしたら監督が、『ファンテーヌの死の場面をやってみてくれないか?』っていったんだけど、私はしなかったの。 なぜなら、私のママ(アン・ハサウェイの母で女優のケイト・マッコーリー・ハサウェイは『レ・ミゼラブル』のオリジナル・ツアー・キャストを務めた過去がある)がファンテーヌ役をやっていたことがあるから。 私は文字通り、ママがその歌を練習したり歌ったりしているのを聞きながら育ったからこそ、それをやってのけることができたの。 でもオーディションの後、監督はまだハリウッドにいるそのほか全員をオーディションしたそうなの。 完璧なキャストを追い求めたフーパー監督のこの作品への思い入れが伝わる! 「画期的」という呼び声の高いアンが歌う「夢やぶれて」。 心折れ、粉々に砕け散りそうになりながら歌いあげるこのシーン。 どのようにして演じたのだろうか気になる。 「私自身はファンテーヌと共通するものをもっていないけれども、性的搾取状態に置かれている女性たちのエモーショナルな人生についてはたくさんのリサーチをしたわ。 この本が150年前に書かれたことは知っているけれども、彼女たちが置かれている悲劇的な状態は今も何も変わっていないわ。 だからこの歌を歌うということは、この世界でああいった恐怖に襲われたすべての女性へ共感する、感情移入することなの。 ファンテーヌはただ、真実の愛が欲しくて、そしてそれを得られなかっただけなの。 彼女は誤った方向へ導かれ、人生のすべての場面において不当に扱われた。 私はこのことを自分の心に叩き込んで、ファーストテイクで何とかねじり込みたかった。 だけどできなかったの。 そうしたら自分に対して腹が立ってきて、それがファンテーヌの世界に対してもっている怒りと混ざったのね。 ファンテーヌはそんなこと(売春行為)を以前の自分に許したりは決してしなかった。 彼女はいつも希望をもっていた。 だから「夢やぶれて」という曲は、純真無垢な魂が怒りでいっぱいになってしまうところを歌っているの。 彼女の望みは近い将来死ぬことだけ。 映画で見ることのできるのは私の4回目のテイクよ。 監督はこのシーンの後私のところへやってきて、「撮れたよ」っていってくれたわ。 私はヴォーカル部分に関して不安でいっぱいで、もうちょっとやりたかったから、また何度か歌ったんだけど、結局監督が採用したのはその4回目のテイクだったの」 壮絶すぎる……。 実は10年以上もヴォーカル・コーチ、ジョーン・レイダーに指導を受けているアン。 ヴォーカル・レッスンは役に立ったのだろうか? 「彼女とは実際10年以上も一緒に仕事をしてきているわ。 私は歌を歌うのが大好きだし、舞台に出るのも大好き。 彼女と一緒にファンテーヌの声を作り出すためにああいった言語やベースラインを適用するのはすごいことだったわ。 全編歌だからって理由でミュージカルが嫌いな人がいるってことに気づいたの。 だからジョーンと私は私の声を技術的に歌えると同時に、肩の力を抜いて話すように歌えるようになるまで練習したわ。 ロンドンでの撮影中に、ジャベール役のラッセル・クロウに、金曜日の夜に彼のところで『お酒を飲みながらキャストみんなでピアノを囲んで歌うパーティーをするから』っていわれたんだけど、あれがどう影響したかって? あれは本当に重要なパートだったわ。 ラッセルは本当に賢い人よ。 彼が何をしているか彼はきちんと知っていると思ったわ。 私たちキャストはあのパーティでお互いの歌声を知ることができたの。 あれが私たちが萎縮したり脅えたりすることを乗り越えるイニシエーションになったのよ。 月曜日になってセットで顔を合わせたときには、もうすでにみんなの前で半分酔っぱらって歌ってるから、充分負け犬状態になれるってわけ。 そのことでみんながお互いの後ろに回るようになったの。 みんながそうやって働くことで、キャストの誰かが歌でものすごいブレークスルーを見せてくれるのを正面から見られたときは世界で最高の気分だったわよ」 キャストの結束力の高さにラッセルの提案があったとは。 キラ星キャストが集結するなかで「me, me, me, me, me!! 」となりがちな状況が生まれなかったのに納得。 ラッセルすごい。 ゴールデン・グローブ賞も獲得し、オスカーの呼び声も高いアンの心境は? 「もしオスカーを取ったら、私はクルー全員を知っているから、ものすごく優しい気分になれるでしょうね。 でも賞レースより大きなことは、ノミネートされる以前に、この役をやり遂げたことなの。 だからもし賞を取れなかったとしても、それでくよくよ悩み続けることなんてない。 その場にいられたことこそが報酬だと私は本当に思うわ。 アカデミー賞レベルのプレッシャーはもう自分の結婚式で充分味わったし、そこで人生最高の日はもう経験したわ。 だから今は、2月に何が起きてもオッケーよ。 自分がどこにたどりついたかはすでに知っているような気がするから」 賞や結果……そんなものよりもっと大きくて大切なものをすでにオーディションから撮影過程に至るまで十分に獲得してきた様子のアン。 この映画の製作背景を追ったドキュメンタリー映画があったらぜひ観たい。 text : Ryoko Tsukada.

次の