アフラック 給付 金。 給付金・保険金のお支払いまでの期間と必要な手続き|保険・生命保険はアフラック

アフラック|よくある質問

アフラック 給付 金

「アフラックの医療保険で帝王切開の備えは十分?」 「帝王切開時に給付金はいくらもらえるの?」 ときになる方向けの記事です。 今や妊婦の4人に1人が帝王切開での出産となる時代なので、帝王切開の保障に関しても詳しく知っておく必要性が高まってきました。 この記事ではアフラックの帝王切開保障に関して以下の内容を説明します。 アフラックの帝王切開の給付金はいくらもらえるの?• 帝王切開の請求時に必要な保険• 出産時(帝王切開含む)に利用できる公的補助制度は? の帝王切開に関する情報を網羅した記事となっているので、ぜひ参考にしてください。 どの保険が自分にとって一番いいのかわからない・・という方もいると思います。 そんな方は 保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。 無料なので、やってみて損はありません。 気になるところから読みましょう!• アフラックで帝王切開の給付金はいくらもらえるのか? アフラックの医療保険に加入していた場合、もしも帝王切開になった時に給付金は果たしていくらくらいもらえるのでしょうか。 ここからは、帝王切開時に受け取ることのできる給付金について、また、2回目の帝王切開になった時にも同じように給付金がもらえるのか、詳しく解説していきます。 帝王切開時に受け取れるのは入院給付金・手術給付金 まず、を見ていくことにしましょう。 アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」での保障内容は、• 入院給付金• 手術給付金• 通院給付金 となっていますが、帝王切開となった場合に、この保障が全て受け取れるのでしょうか。 アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」では、帝王切開などの異常妊娠及び異常分娩は入金保障の対象となっていますから、所定の入院給付金及び手術給付金を受け取ることができます。 金額にすると、5,000円~20,000円まで1,000円単位での設定が可能となっています。 また、では、通常の保障に5,000円が上乗せされての保障となります。 例えば帝王切開で入院すると、帝王切開は女性特有の病気となるため、通常の入院給付金にプラスして1日5,000円が加算されるということになります。 帝王切開が2回目の場合はどうなるのか では、帝王切開が2回目の場合はどうなるのでしょうか。 初めての出産が帝王切開だった場合は、ほとんどの場合が2回目も帝王切開となっています。 アフラックの医療保険に加入していて、1回目が帝王切開だった場合に給付金を受け取っていたら、その後2回目も給付金は支給されるはずですので、そのまま継続されることをおすすめします。 帝王切開後の請求に必要な書類 ここからは、帝王切開後の請求について見ていくことにします。 帝王切開をした後、給付金の請求をする場合、どんな書類が必要になってくるのでしょうか。 診断書 帝王切開の場合には、入院給付金・手術給付金・通院給付金の請求ができますから、アフラックには「入院証明書」を出さなければなりません。 この入院証明書はコピーでもかまわないので、アフラック所定のものでも、アフラック以外の保険会社、簡易保険、共済保険のものでも大丈夫です。 ただし、注意しなければならないのは、病院独自の書式では取り扱えないということですから、医師の証明は保険会社発行の入院証明書に記載してもらわなければなりません。 尚、保障特約などを確認した上で、手術見舞金及び女性特定手術給付金を請求しない場合には、病院発行の領収書のコピーとアフラック指定の入院・手術申告書で代用ができることとなっています。 給付金請求書 給付金の請求には、アフラック所定の給付金請求書も必要となります。 そして、給付金請求書に記載の振込先は必ず受取人名義の口座を指定しなければなりません。 受傷事情書 受傷事情書は、通常の帝王切開後の請求時には必要ありませんが、交通事故や不慮の事故が原因とされる手術の場合のみに必要となってきます。 こちらもアフラック所定の様式となっています。 公的証明書のコピー 公的証明書のコピーも必要となってきます。 こちらは、現在有効な健康保険証、運転免許証、パスポート等のことですが、2回目以降の請求の場合は省略できることとなっています。 出産時に利用できる公的な補助制度 出産は病気ではないため、基本的には全額自己負担となります。 けれども、帝王切開になってしまうと、健康保険の対象となり、自己負担割合は3割となります。 では、どういった公的な補助制度があるのか見ていきましょう。 出産育児一時金 出産育児一時金は、健康保険に加入(本人及び被扶養者)している人が、妊娠4ヵ月(85日)以上で出産した場合、子供1人につき42万円が支給されます。 出産手当金 出産手当金は、対象者のみとなりますが、勤務先の健康保険に入っていて、産後も働き続ける場合、出産で休んだ期間給料が支払われなかったという時に標準報酬日額の3分の2が支給されます。 傷病手当金 傷病手当金も対象者のみとなりますが、勤務先の健康保険に入っていて妊娠中の切迫流産やつわりなどで休んだ期間給料が支払われなかったという時に標準報酬日額の3分の2が支給されます。 高額療養費制度 高額療養費制度は、健康保険に加入(本人及び被扶養者)している人が、1ヵ月間にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、所得や年齢に応じた自己負担限度額を超えた分が払い戻される制度です。 この制度は自然分娩では利用できませんが、帝王切開や切迫早産などの場合は利用することができます。 医療費控除 医療保控除は、1月1日から12月31日までの1年間に家族全員の医療費が10万円(総所得金額が200万円未満の人は総所得金額の5%)を超えた場合に、確定申告をすれば税金が還付される制度です。 妊娠期の健診の自己負担もすべて対象となりますので、妊娠初期からの医療費は家族全員分の領収書と一緒にとっておくと良いでしょう。 保険料の支払いが苦しい、、と感じている方へ 毎月多額の保険料を支払うことに負担を感じていませんか? 保険の専門家と一緒に保険を見直して、 1万円分の不要な保険を取り除くことができれば、仮にこの先 40年保険料を払い続けたとしたら 40万円の節約になります。 保険を自分で見直すには税金・控除などといった複雑な知識も必要とします。 一度保険の専門家( FP に相談してみることを弊社ではおすすめしています。 ほけんROOMの保険相談は完全無料で行っているため、 一切お金がかかりません。 まとめ:アフラックから帝王切開で給付金はいくらもらえる?必要書類や2回目の場合は? アフラックの医療保険で帝王切開の給付金はいくらもらえるのか、そして給付金請求時の必要書類や帝王切開が2回目の場合などについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。 今回の記事のポイントは、• アフラックで帝王切開の給付金は、入院給付金と手術給付金がもらえる。 帝王切開後の請求に必要な書類は、診断書・給付金請求書・公的証明書のコピーが必要。 出産時に利用できる公的な補助制度は、申請すればほとんど返ってくる。 以上のようになります。 出産はさまざまな費用がかかってきます。 たとえ自然分娩が帝王切開になったとしても、万全の準備ができていれば、どんな状況にも対応できて心強いでしょう。 それぞれのタイミングに合わせて、利用できる保険や制度を把握し、加入している保険も理解しておくことが大切です。 参考:.

次の

アフラックの医療保険EVERに入っていますが、以下の内容で給付金を...

アフラック 給付 金

1.入院給付金や診断給付金と相続税の関係 医療保険に加入している場合、手術や治療のために要した入院日数によって「 入院給付金」を受け取ることが可能です。 特約によっては、入院しなくても通いで通院したときに「 通院給付金」を受け取れる場合もあります。 また、がん、心筋梗塞、脳卒中など、特定の疾病を患っていると診断された場合に「 診断給付金」を受け取れる保険もあります。 被相続人の容体等によっては、これらの給付金を請求する前に亡くなることもあります。 この場合は受取人が誰かによって相続税の扱いが異なります。 1-1.相続税がかかる場合 入院給付金の受取人が「被相続人」になっていることは一般的に多いですが、この場合は 入院給付金が「被相続人の本来の相続財産」として扱われますので、相続税の課税対象です。 なお、死亡保険等の生命保険であれば、「みなし相続財産」として扱われますが、 入院給付金は受取人の固有財産であるため「本来の相続財産」です。 つまり、遺産分割をする必要がある財産である点に注意をしましょう。 通院給付金、診断給付金についても同様です。 1-2.相続税がかからない場合 入院給付金の受取人を「配偶者」などの本人以外にしているケースもあります。 本人以外として設定される代表的な受取人には、配偶者、子供や兄弟姉妹などが挙げられます。 この場合、 入院給付金は受取人の財産になるため、相続税の課税対象にはなりません。 なお、入院給付金等の受取りをすると所得税が課税されると心配する人もいるでしょう。 しかし、 入院給付金の受取人が被保険者、配偶者、被保険者と生計を共にするものであれば非課税になります。 病気やケガが理由で「身体の傷害に基因して支払われるもの」は非課税とされています。 つまり、相続税と所得税の心配はいりません。 【関連】 2.リビングニーズ特約と相続税の関係 生命保険(死亡保険)の特約の1つに「 リビングニーズ特約」があります。 この特約は医師により「余命6カ月以内の宣告」がされた場合に、契約している死亡保険金の一部または全部(最大3,000万円)を受け取れるものです。 このリビングニーズ特約の相続税の扱いについて確認します。 2-1.相続税がかかる場合 リビングニーズ特約は、原則として「被保険者(被相続人)」が受け取ります。 したがって、 リビングニーズ特約によって受け取った死亡保険金は、税務上「被相続人の本来の相続財産」として扱われます。 被保険者(被相続人)本人が生前にリビングニーズ特約を受け取る際には所得税などの税金はかかりません。 リビングニーズ特約は本来、死亡保険金を治療費や医療費に充てるために生前受取りできる制度です。 つまり、 医療費のために保険金を使って、使い残した分の保険金が相続税の課税対象になります。 なお、死亡保険金が1,000万円あり、そのうち500万円をリビングニーズとして受取った場合は、残りの500万円は「みなし相続財産」として扱われます。 この保険は一定期間、毎月一定金額の保険金を、収入の代わりとして受け取れるものです。 この所得補償保険と相続税について見ていきます。 3-1.相続税がかかる場合 所得補償保険は、基本的に「被保険者」が受取ることになります。 したがって 、受取った保険金に残額があれば相続税の課税対象になります。 また、被保険者以外の配偶者などが、被保険者の死亡時に保険金を「一括で受取った」場合も課税対象になります。 3-2.相続税がかからない場合 所得補償保険で相続税がかからないケースは、所得補償保険を医療費等に使い切っている場合です。 この場合は相続財産にならないため、相続税はかかりません。 また、配偶者などが毎月、分割で受取っている場合も相続税の課税対象にはなりません。 なお、受取人が保険金を一括で受取ると相続税が課税されますが、生命保険金の基礎控除は適用可能です。 4.収入保障保険と相続税の関係 「 所得補償保険」と似ているが内容が異なる保険として「 収入保障保険」があります。 「所得補償保険」は病気やケガで働けなくなったときに本人の年収を補償することが目的の一種の損害保険ですが、「収入保障保険」は、被保険者が亡くなった際に残された遺族の収入を保障するのが目的の一種の生命保険です。 さて、ここで、 収入保障保険が通常の生命保険と異なる点は、保険金を一括( 一時金形式)で受け取るか、一定期間にわたって一定金額( 年金形式)で受け取るかを選べることです。 一時金形式で受け取るよりも、年金形式で受け取ったほうが、最終的に受け取る金額は多くなりますが、相続税の金額は、一時金形式で受け取る金額で計算します。 そして、 年金形式で受け取る場合は、毎年受け取る金額に対して、雑所得として所得税もかかります。 つまり、本来一括で受け取る金額を元本として保険会社に預けて運用してもらいそこから生じた利益と元本の一部を合わせて毎年受け取るような形になりますので、その利益分に対して所得税がかかるのです。 所得税発生の仕組みについてはやや複雑になりますので、詳細は税理士などにご質問ください。 毎年受け取る金額にもよりますが200万円程度であれば、所得税は最初のうちはほぼゼロで、発生しても年間数千円程度であることが多いです。 5.各種保険と相続税のまとめ 医療保険、がん保険、生命保険、所得補償保険、収入保障保険など、昨今では非常に多くの種類の保険があり複数の保険に加入している人も珍しくありません。 病気やケガをしたり、亡くなったりすると保険金をもらえますが、受取人が誰なのか、また受取方法がどうなっているのかによって、相続税がかかるかどうかが変わってきます。 今加入している保険の受取人が誰でどのように受け取るのか、普段から確認しておくと良いでしょう。 万が一不明な点があれば税理士などに相談することも大事です。

次の

「アフラック」最新質問一覧

アフラック 給付 金

このページではアフラックのがん保険「21世紀がん保険」の保障内容や具体的な見直し方法について解説していきます。 21世紀がん保険は2000年12月から発売開始され2009年3月まで取り扱われていたアフラックの主力がん保険になります。 それまでの同社のがん保険では 悪性新生物のみを対象として上皮内新生物が保障対象外となっていましたが、 21世紀がん保険からは共に保障対象。 現行で各保険会社より発売されているがん保険により近いがん保険であるとも言えます。 とはいえ、それぞれの保障内容単位では見直しに繋がるポイントなども存在しますので、詳細を解説していきます。 21世紀がん保険に契約中の方で保障内容の確認や見直しを検討している方は是非ご確認ください。 アフラック「21世紀がん保険」契約内容 21世紀がん保険は冒頭でも説明したように2000年12月から2009年3月まで発売されたがん保険になります。 保障期間は終身。 保険料払込期間も終身となる為、掛け金を支払い続ける限り保障が一生涯続く仕組みになります。 保障内容はそれまでのがん保険同様に1口、2口と口数単位で保障内容が予め決まっている仕組みになります。 微妙に保障内容が異なる形で21世紀がん保険 〇〇プラン と言う風に名称が異なるものが複数存在します。 当サイトでは 「21世紀がん保険」の中でも代表的なスペシャルプランを元に解説してきます。 ご本人 ご家族 販売開始 2000年12月 2000年12月 販売停止 2009年3月 2009年3月 保険期間 終身 終身 保険料払込期間 終身 終身 診断給付金 100万円 上皮内新生物10万円 60万円 上皮内新生物6万円 入院給付金 1万円 6千円 通院給付金 1万円 6千円 特定治療通院給付金 5千円 3千円 手術給付金 20万円 12万円 がん高度先進医療給付金 6~140万円 3. 年齢による保障減額無し• 先進医療に保障額の上限有り• 死亡保険金はごく僅か• 解約時の返戻金も少ない と言った点が上げられます。 それまでの新がん保険やスーパーがん保険では65歳以上で保障額が半減するような仕組みがありましたが、21世紀がん保険からは年齢による保障内容の変更がありません。 また現行の先進医療特約では自己負担した技術料と同額が保障される事が一般的ですが21世紀がん保険の場合は最大でも140万円と上限が設けられています。 解約返戻金もそれ以前のタイプがある程度まとまった返戻金を受け取れましたが21世紀がん保険からは死亡保険金も少ない事から解約返戻金があってもごく僅かとなります。 アフラック「21世紀がん保険」の保障内容の詳細 各保障内容に関しては個別に解説していきます。 それまでのアフラックのがん保険やではがん 悪性新生物 のみが対象で上皮内新生物は対象外でしたが21世紀がん保険から上皮内新生物も保障対象となりました。 なお支払回数がそれぞれ1回ずつなので、最初は上皮内新生物が見つかり診断給付金10万円を受け取った後に2、3年後に悪性新生物が見つかった場合は100万円を受け取る事が可能です。 診断給付金額の最大合計は110万円となります。 がん 悪性新生物 のみ対象。 上皮内新生物は対象外。 放射線治療、抗がん剤治療、ホルモン療法が対象。 経口投与による抗がん剤治療の通院は対象外。 手術の為の通院は対象外。 通院給付金と特定治療通院給付金は併用されずどちらかが適応。 手術給付金について 手術給付金はがん、上皮内新生物を対象として約款で定める所定の手術を対象に支払い回数無制限で一連の手術は14日間に一回となります。 また一連の手術とは最初に「A手術」を行い、 その続きとして「B手術」を行う場合は連続する一連の手術とみなし、14日間以内では1回となります。 21世紀がん保険は放射線治療給付金が、手術給付金の中に含まれており悪性新生物根治放射線治療として50グレイ以上の照射を対象に60日に1回の間隔で回数無制限で保障されます。 定期的に放射線治療を実施する場合は約2か月に一回のペースで手術給付金から給付金を受け取れる仕組みになります。 がん、上皮内新生物共に保険適応となる手術が対象。 14日間以内に連続する手術は1回と判断。 連続する手術でも14日以上空く場合はそれぞれ1回とカウント。 14日以内で複数回行う手術も内容が異なる場合はそれぞれカウント。 放射線治療は50グレイ以上の照射を対象に60日に1回。 回数無制限で保障。 がん高度先進医療給付金について がん高度先進医療給付金は保険適応外の先進医療を受けた場合に先進医療の技術料に応じて本人 6万円~140万円。 ご家族 3. 6万円~84万円 の範囲で給付金が支払われる仕組みになります。 通算の金額上限はなく、1年に5回までの支払い回数上限となります。 先進医療特約との違い 昨今の一般的な医療保険やがん保険の「先進医療特約」では 自己負担した先進医療の技術料の全額が先進医療特約から支払われるケースがほとんどで通算2000万円まで保障という仕組みになります。 またアフラック内では先進医療特約の重複契約ができませんが、21世紀がん保険の「がん高度先進医療給付金」は新たに医療保険やがん保険に「先進医療特約」を追加しても重複扱いにはなりません。 通院治療を強化• 抗がん剤治療を強化• 先進医療を強化 通院治療を強化 21世紀がん保険は通常の通院給付金に特定治療通院給付金が組み込まれ、それまでのアフラックのがん保険に比べると通院保障が強化されています。 ただし支払の条件や日数に制限があります。 通院給付金 特定治療通院給付金 条件 連続5日以上の入院後の通院 放射線、抗がん剤、ホルモン療法の為の通院 日数 1通院 最大30日間まで 通算700日 通算120日まで 例えば、入院が3日で終了した場合は以後の通院に対して「通院給付金」は対象外となります。 また長期間に渡る通院治療を行う場合は上限日数をオーバーしてしまう可能性も考えられます。 昨今のがん保険では通院保障がより重要視されている傾向があります。 抗がん剤治療を強化 がんの代表的な治療として三大治療 手術、放射線、抗がん剤 が上げられ、がんを経験されている方の多くが三大治療を受けられていると言われています。 その為、昨今のがん保険では抗がん剤治療 ホルモン療法含む のみに特化した保障を用意しているケースがあります。 21世紀がん保険でも特定治療通院給付金では「抗がん剤、ホルモン療法」による通院をサポートしています。 ただし 「経口投与による抗がん剤の為の通院は除く」とあるため、 口から投与する飲み薬は対象外となります。 抗がん剤、ホルモン療法に関しては必ずしも点滴等の「非経口投与」だけとも限りません。 がん保険における抗がん剤に関しては以下でも解説しています。 先進医療を強化 先述しているように21世紀がん保険のがん高度先進医療給付金は技術料に応じて上限 本人~140万円。 ご家族~84万円。 があります。 必ずしもがん治療で全員が先進医療を行うとも限りませんが、がんの先進医療は「重粒子治療」など自己負担が高額 ~300万円など になるものが存在します。 これらの部分の保障を強化するという事に関してアフラックでは過去のがん保険の契約中の方を対象としたオプション的ながん保険を販売しています。 プランも3パターンくらいに分かれ、現在契約中のがん保険やご要望に合わせた保障の強化が可能です。 現在のアフラックのがん保険を契約したまま、保障を強化する場合は是非ご確認ください。 21世紀がん保険から新たながん保険への乗り換えする場合 アフラックのがん保険に契約中の方は必ずしも同社内で見直しをしないといけないわけではありません。 がん保険は現在、各保険会社より多種多様なプランが用意されています。 当サイトでは 独自の評価基準を元におすすめのがん保険をランキング形式にて紹介していますので良ければ是非ご確認ください。 複数契約の口数変更 上記の保障内容の強化や他社のがん保険への乗り換えと併せて考えられるのが21世紀がん保険を複数契約している場合です。 例えば、2口契約している場合などは口数削減で2口から1口へ変更する事で保障内容と保険料を半額にする事が可能です。 これによりアフラックの新たながん保険の追加や他社のがん保険の追加契約など柔軟な見直しも可能です。 家族型から個人型への変更 同様に21世紀がん保険を家族型で契約している場合は本人を残し、ご家族は契約から抜ける事が可能です。 家族型から個人型に変更する事で保険料の減額に繋がります。 家族型で契約中、ご主人が先立たれ奥様一人になった場合でも家族型の保険料に変更はありません。 という事からもこの見直しを前もって行う事も有効です。 特約MAX21の解約 状況にもよりますが、主契約であるがん保障部分は残して医療保障である特約MAX21のみを特約解約する事も可能です。 例えば、医療保険は別に準備出来ている場合や、三大疾病保障を強化する為に最新の医療保険への加入を希望する場合などは有効です。 21世紀がん保険の解約について 最終的に21世紀がん保険を解約する事になった場合にいくつか抑えておくべきポイントがあります。 21世紀がん保険の解約返戻金について 21世紀がん保険は似たような名称のプランが複数存在する為、一律で案内する事が難しいのですが大きく「解約返戻金ありタイプ」と「解約返戻金なしタイプ」が存在します。 解約返戻金ありタイプの場合は解約時に解約返戻金が戻ってくるケースがありますが、これは「死亡保険金」部分の積立がそれに当たります。 死亡保険金は本人10万円。 ご家族6万円と少額なので解約返戻金もそこまで大きな金額にはなり得ません。 同社の「新がん保険」や「スーパーがん保険」は死亡保険金の額が本人100万円や150万円 65歳まで と高額な為、ある程度解約返戻金の貯まりが考えられます。 同じアフラックの昔のがん保険でも21世紀がん保険はそこまで解約返戻金がない事が一般的。 21世紀保険を解約する時の注意点 21世紀がん保険を解約する場合もいくつか注意点があります。 21世紀がん保険に特約MAXを契約している場合 まず先述しているように医療保障として「特約MAX」が付加された契約をしてる場合、主契約である21世紀がん保険を解約すれば当然医療保障も無くなります。 医療保障のみを残しておきたいという事はできませんので、再度医療保険が必要という場合は新たな医療保険をご検討ください。 がん保険の保証開始日 責任開始日 について 解約して新たながん保険 がん保障 に乗り換える場合ですが解約は解約請求書類を保険会社が受取った時点で保障が無くなります。 ただ新たながん保険は加入手続きから保障が開始されるまでの待ち期間が約3カ月 90日 あります。 医療保険などのがん保障特約や三大疾病保険も同様です。 解約と契約手続きを同時に行うとがん保障の空白期間が3カ月ほど発生する事になります。 空白期間が出来る事をご自身が了承した上で手続きをする事は問題ありませんが、空白期間を作らずに乗り換えを希望する場合は2カ月ほど21世紀がん保険を継続するようにしてください。 保険料を半年払い、年払いしている場合 保険料を毎月払いではなく「半年払い」or「年払い」している場合は支払い期間の途中で解約したとしても未経過分の返金はありません。 具体的には年払い契約で年間保険料の支払が5月だった場合。 6月に解約すると向こう10カ月分の保険料の返金はされないという事です。 年払い、半年払いの途中解約による未経過分の返金は 「平成22年 2010年 4月以降の契約の場合」 になるので21世紀がん保険で半年払いか年払い契約の方は全員途中解約での返金が無い点にご注意ください。 解約時の注意点に関しては以下での解説していますので良ければ是非ご確認ください。 このページのまとめ 21世紀がん保険の保障内容は、現行で発売されているがん保険と一見すると同じような保障が用意されていますが、細かく確認していくと支払条件や日数上限など注意する点が多数あります。 また具体的な見直し方法に関しても検討される方の契約状況やご要望によって大分見直しの方法が変わってくるかと考えます。 過去に販売されていたがん保険から最適な見直しをご自身のみで行うのは難しい可能性が高いのです。 事前の知識として当サイトを参考にしていただきつつ、実際の見直しはファイナンシャルプランナーや保険ショップの無料相談を是非有効にご活用ください。 ページの下の方で 厳選した保険の無料相談サービスを紹介しています。 良ければご確認ください! また確認したいがん保険が「21世紀がん保険」ではなく別のタイプという事であれば以下で 過去に発売されていたアフラックのがん保険を全て紹介していますのでこちらも併せてご確認ください。

次の