ペット脱臭機。 ペット臭い対策におすすめな脱臭機能の高い空気清浄機4選

ペットのにおい対策に。おすすめの脱臭機と空気清浄機

ペット脱臭機

脱臭機と空気清浄機の違い By: 脱臭機と空気清浄機は、それぞれ特化している機能が異なります。 空気清浄機は室内に舞うホコリやチリ、不快なニオイなどをまとめて吸い込んだうえで、フィルターでろ過し、浄化するのが特徴です。 消臭効果も期待できますが、空気を清浄にすることに重きを置いています。 一方で、脱臭機はニオイの原因を分子レベルで分解すると謳われており、無臭へと近づけられるのがポイント。 脱臭機能に特化し、ニオイの元から抑える効果が期待できます。 空気清浄機と脱臭機、いずれも「空気をキレイにする」という点では似たようなモノに思えますが、それぞれアプローチが異なるので違いを把握しておきましょう。 空気清浄機についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 20畳まで対応するパワフルな脱臭機です。 運転音が20dBと静音設計なので、小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。 空気を4方向から力強く吸いこむので、効率よく脱臭できるのが特徴です。 「金属酸化触媒フィルター」や「低濃度オゾン」によって、ペット臭やソファやカーテンなどに染み付いたニオイを抑える効果も期待できます。 また、「プレフィルター」と「集じんフィルター」でペットの毛や花粉などをキャッチするため、ペットのいる家庭や花粉症の方にもおすすめです。 さらに、加湿運転に切り替えれば空気が乾燥する季節にも安心。 「ヒーター加熱」採用で24時間ごとに触媒をオートクリーニングするので、フィルターの交換が必要ないのも魅力です。 脱臭はもちろん、集塵や加湿などに対応する、機能面に優れたモデルです。 10畳の空間に対応する、コンパクト仕様の脱臭機。 2kgと軽量なので、持ち運びも簡単です。 すっきりと置けるため、玄関やトイレなどにはもちろん、寝室などの脱臭にも便利。 また、比較的リーズナブルなのでコスパ重視の方にもおすすめです。 機能面では、「金属酸化触媒フィルター」や「低濃度オゾン」によってタバコ臭やペット臭にも対応。 カーテンなどの布地に染み付いたニオイにまで効果が期待できます。 脱臭機のフィルターは、24時間ごとに自動で加熱する仕様。 フィルターで取り切れなかったニオイも加熱で分解すると謳われており、フィルターの交換がなくても脱臭効果が長持ちするのがポイントです。 吸引は、前面の3方向から行うタイプなので、寝室などの壁際にも設置可能。 狭い部屋での使用にも活躍します。 さらに、「プレフィルター」の搭載でペットの毛を吸引できるので、ペットのいる家庭にもおすすめです。 20畳まで対応する、ペット用の脱臭機です。 すっきりとスマートなデザインなので省スペースに収まるほか、別売の金具を取り付ければ壁掛けでの設置も可能。 使い勝手の幅が広がります。 また、金属触媒フィルターの性能を長持ちさせる「脱臭フィルターオートクリーン」機能も魅力のひとつ。 「低濃度オゾン」の放出により、カーテンやソファのガンコなニオイの脱臭にも効果が期待できます。 電源コードは丈夫な二重皮膜構造になっているため、万が一ペットが噛んでしまっても安心です。 集じん機能も搭載されているので、ペットの毛や花粉などにも対応。 水洗い可能なので交換の手間がなく、いつでも清潔に保てます。 さらに、弱運転時には19dBと静音性に優れているのも魅力。 清潔な空間でペットと快適に過ごしたい方におすすめのモデルです。 イオンの発生で除菌効果も期待できる、15畳対応の脱臭機です。 イオン発生ユニットの付いた「プラズマクラスター NEXT」の搭載で、運転と同時にイオンを放出。 フィルターには、光触媒の脱臭フィルターが採用されており、ニオイやウイルスを抑える効果も期待できます。 脱臭フィルターは交換する必要がなく、お手入れの手間を減らせるのもポイント。 さらに、熱を使わずにニオイを分解することで部屋の温度の上昇を防げるので、暑い季節にも快適に使えます。 また、ペット臭やタバコ臭のほかに、VOC・NOx・SOxといった有害ガスにも対応するのも魅力のひとつ。 工事現場や車道が近い部屋、排気ガスなどのニオイが気になる場合にもおすすめです。 サイズは径23. 9kgと軽量。 部屋に馴染むモダンなデザインの脱臭機なので、リビングや書斎などさまざまな部屋への設置に便利なモデルです。 次亜塩素酸による脱臭方法を採用した脱臭機です。 本体に入れた水と塩タブレットが電気分解することで、内部から次亜塩素酸が放出。 やや消毒の独特なニオイがありますが、脱臭に加えて除菌効果も期待できます。 18畳まで対応できるため、リビングなど広い空間におすすめです。 運転を続けるにつれて塩タブレットは消耗するものの、比較的リーズナブルなのでランニングコストの抑制にも便利。 塩タブレットの自動投入機能も搭載しているので、操作の手間も省けます。 また、「ニオイセンサー」の搭載で自動運転が可能です。 フィルター交換目安も約5年と長く、メンテナンスが簡単なのも魅力。 ニオイだけでなく、ウイルス対策も考えたい方におすすめのモデルです。 「ナノイーX」を採用した、靴専用の脱臭機です。 6つの吹き出し口が搭載されており、汗などの頑固なニオイを効率よく脱臭する効果が期待できます。 爪先やかかとなど、ニオイのこもりやすい部分も対策できるのが魅力です。 6cmとコンパクト。 専用ケースが付属されているので玄関先にもすっきりと置けるほか、使用しないときにはシューズボックスなどの狭いスペースにも収納可能です。 また、通常モードで5時間、ロングモードで7時間の連続運転ができるのもポイント。 モバイルバッテリー対応なので、AC電源がない場合にも活躍します。 25dBと静音性にも優れたモデルで、玄関はもちろんワンルームにもぴったり。 水洗い可能なので、家族で共有したい場合にも清潔感を保てます。 コンパクトで使い勝手のよい脱臭機。 1cmと、省スペースの設置に最適です。 コンセントへ直接挿して使用するほか、単3電池4本を入れて壁掛けでの設置も可能。 ワンルームなどの狭い部屋にもおすすめです。 また、ニオイを分解する方法として「グラフト重合法」を採用。 ゴミの腐敗臭やアンモニア臭、タバコ臭などの脱臭に効果があると謳われています。 悪臭の分子のみを消臭成分が捉えるとされており、本製品を運転させた状態でもアロマなどの香りを楽しめるのがポイントです。 さらに、5秒の運転と20秒の休止を繰り返しながら運転する「間欠運転」機能も搭載。 長く使ううえでコストを抑えたい方におすすめのモデルです。 空間の広さに合わせて、オゾンの発生量を調節できる脱臭機です。 通常モードでは1~2畳の脱臭を約24時間、Highモードでは3~8畳の脱臭を約8. 5時間と2段階で調節可能。 「低濃度オゾン」の放出によって、菌やウイルスの抑制にも効果が期待できます。 また、独自技術の「エアーサクセステクノロジー」によって、ファンがなくても風を生成。 静音性が高く、小さな子供がいる家庭にも安心です。 充電池にも対応しており、AC電源のない車内でも使えます。 デザイン性が高いので、インテリアに馴染むのも嬉しいポイントです。 タイマーは、8時間で設定可能。 フィルターの交換も不要なので、お手入れの手間を省きたい方にもおすすめのモデルです。 スタイリッシュなデザインがおしゃれな脱臭機です。 厚さ約7mmのスリム設計なうえ、スマートに設置できる壁掛け対応。 玄関やトイレ、キッチンなどにもインテリアとして馴染みます。 適用空間は約8畳で、ワンルームや寝室、書斎などにもおすすめです。 また、光触媒のみで作用する「除菌・脱臭デバイス」搭載。 料理やトイレなどのニオイにも対応します。 さらに、ペット臭にも効果が期待できるので、ペットがいる家庭にも便利です。 使用環境に応じてニオイを検知する「センサー感度」は、切り替え可能。 空間に適した使い方ができるのが魅力です。 フィルターは、数ヵ月に一度の浸け置き洗いで完了。 お手入れの手間を抑えたい方にぴったりのモデルです。 コンパクトながらパワフルな機能を併せ持つ脱臭機です。 集じん機能が搭載された「HEPAフィルター」で、空気中の細微なホコリや花粉をキャッチする効果が期待できます。 マイナスイオンを発生させながら、オゾン脱臭を行うのもポイント。 従来フィルターと比べて、脱臭フィルターの活性炭が3倍に増え、ウイルスやVOC、ニオイの原因を分解すると謳われています。 また、18畳の空間に対応するので、リビングにも最適です。 風量は、弱・中・強の3段階で調節可能。 静音設計も施されているので、寝室に置いても睡眠の妨げになりません。 手のひらサイズで省スペースに置けるほか、USBで接続できるので、パソコンを使ったデスクワークにもぴったりのモデルです。

次の

富士通ゼネラルの口コミ・評判をガチで調査してみた

ペット脱臭機

ペット用脱臭機の失敗しない選び方 おすすめ品を見る前に、まずは買った後に後悔しないためにも、失敗しない選び方についてチェックしていきましょう。 ランキングよりも、このチェックを参考にしながらあなたに合った脱臭機を探してみてくださいね。 脱臭機の対応範囲をチェックしよう ペット用脱臭機といっても、商品によって効果の範囲が異なります。 例えば、一般的なコンパクトサイズの場合だと一畳くらいまで対応しています。 ですから、ペット用のお家やトイレ近くなどで使うのがおすすめです。 1部屋となると、ペット用というよりも家庭用レベルの大き目のサイズがおすすめです。 ただ、最近はどんどん脱臭機も進化してきてるので、商品によってはコンパクトでも強力に脱臭してくれるものも出てきてます。 口コミから「音」もチェック 脱臭機は、電源を入れるとそれなりの音がするものです。 ただ、飼い主はあまり気にならない音でもペットが嫌がるような音も種類を発するものもありますから選ぶときは気をつけたいですよね。 これは、商品ページを見るだけでは分からないので、 口コミなどを参考にして選んであげるのがおすすめです。 一般的なオゾン脱臭と比べて、OHラジカルは約1. 4倍の高いエネルギーを持っていて、オゾンでは分解が難しいとされてるアンモニアなどにも効果が見込めるといった特徴があります。 セラミックフィルターは基本的には交換は不要で使うことができ、コンセントに差し込むだけで使うことができるというのも便利ですよね。 サイズは、約縦12. 適用広さは、最大で約8畳ほどですので、個室やトイレなどにも使いやすいですよね。 風量は2段階切り替えすることができるし、1カ月使っても電気代は約27円ほどと低コストで使えるのも人気の理由かもしれないですね。 ペット臭にも効果大で、24時間つけっぱなしにすることもできるので使い方もシンプルで簡単なのは便利ですよね。 効果も約3年間も持続するので、小まめに消臭スプレーを買うよりも低コストでコスパもよくなりそうですよね。 1カ月24時間連続使用での電気代も約15年保とっても経済的で、小型サイズなので場所をとる心配もないのはうれしいですね。 フィルターの交換などもないので3年間つけっぱなしもできるのは、お手入れもしたくない人にはうれしい仕様ですね。 5㎝です。 オゾンのチカラでペット臭やトイレ臭・カビ臭・加齢臭・その他生活臭を分解して爽やかな空間を作ってくれるっし、車のシガーソケットからも電源がとれるので車の消臭もできるというのは使いやすそうですよね。 さらにオゾン水も作ることができるので、口臭予防をしたり、お掃除などいろいろと使える多機能な性能は便利ですよね。 さらにこのショップさんは、購入後1年間の無償修理保証や、業界唯一の返品返金保証もあるのは安心感もありますよね。 バッテリー内蔵の充電式で、6~15時間以上の作動時間があるので、外出中に召集することもできたりするのは便利ですよね。 さらに、防水仕様&除菌・カビを抑制してくれるので、浴室やトイレなどカビが気になったり除菌をしたいところでも使うことができるのはうれしいですね。 ACコンセントでも使うことができるので、脱臭だけではなくて24時間オゾン空気清浄機として使うことができる多機能もうれしい仕様ですよね。 1カ月の電気代は30~45円ほどで、フィルターの交換は一切なしも助かりますよね。 サイズは、W9. 8㎝で、重さは約400gです、 適用広さは2~18条ですが、業務用モードにすると6~30畳まで対応するのもスゴイですよね。 生活防水機能が付いてるので、浴槽のカビ抑制などにも使えるというのは便利ですよね。 消耗フィルター交換は一切なしで、1カ月の電気代は多機能にもかかわらず30~45円ほどというのも助かりますよね。 オゾンの発生量は2段階切り替えで調節することができます。 充電時間は最大8時間で、作業時間は「HI:6時間以上」「LOW:15時間以上」使うことができるのも助かりますね。 本体サイズは、W9. 8㎝で、重さは約400gと女性でも軽々移動できるのも便利ですよね。 適用広さは、2~15畳です。 部屋の広さやニオイの強さによってオゾン発生量を3段階で切り替えることができ、壁掛けすることもできるので置き場所に困ってる人でも使いやすくなってるのは便利ですよね。 また、こちらは静音設計になってるのでイオン風生成機の採用により微風ながら、ほとんど音を感じることなく使えるということで、寝室でも使いやすそうですよね。 メンテナンスも簡単にできる設計になってるのも助かりますよね。 カラーバリエーションも3色から選べるので、お部屋のデザインに合わせて脱臭機が選べるのもうれしいですよね。 ニオイの種類に応じて3段階でしっかりと脱臭する独自の脱臭方式で、お部屋のペットのニオイを休息脱臭することができるので、急な来客があるときでもすぐに使えるのは便利ですよね。 消臭成分シャワーで、家具や壁にしみついたにおい成分も分解して脱臭してくれるというのはスゴイですよね。 空気清浄フィルター付きなので、ペットの毛や花粉、ホコリも取り除いてくれるので、お部屋の空気も快適になりそうですね。 運転モードは、標準・弱・強・急速の4つから選ぶことができます。 適用面積は最大20畳までということですから、お部屋もしっかりと脱臭できること間違いなしですね。 サイズは、幅27. 3㎝です。 消費電力は1. 2Wと省エネ家電で、月々の電気代はたった10円ほどで使うことができるのは家計にはうれしいですよね。 付属品の壁面取り付け用ビスを使うと、壁掛け状態で使うこともできるのが特徴です。 お手入れ機能も搭載していて、メンテナンス用ブラスまでついてくるのは便利ですよね。 オゾン発生量は2段階調節することができて、弱なら2~6畳、強なら6~12畳のお部屋を脱臭することができるということで、小さいけれどパワフルなのもうれしいですよね。 3㎝、重さは265gです。 2日ほどすると驚くほど軽減されてるし、音も空気清浄機に比べればかなりマシです。 使う場所や、お客さんが来てもすぐに臭いが摂れるものまで、いろいろとあるので、シーンに合わせて使い分けるというものいいと思います。

次の

脱臭器のおすすめ10選!ペットやタバコの臭いに【2020年版】

ペット脱臭機

脱臭機とは? ペットやタバコの臭いなどを取り除いてくれるのが脱臭機です。 匂いがこもりがちなトイレに設置するのもおすすめです。 脱臭機は様々なメーカーから販売されており、その製品ごとに脱臭方法が異なってきます。 オゾンの働きなどで臭いの元となる成分を分解して、脱臭をする方法を利用しており、空気清浄機とは脱臭方法が大きく異なっていて強力です。 強い匂いを消したいという方には、脱臭機の購入をおすすめします。 脱臭機の選び方 使用するもので選ぶ 脱臭機には様々な性能を持った製品が多くあり、また1つのものに特化した性能を持った脱臭機もあります。 たとえばペットを飼っている方には、ペット専用の脱臭機というものも登場しているので、おすすめです。 室内飼いのペットの場合、アンモニア臭なども気になるので、そのようなペットにつながるような臭いの成分を分解するのに特化した製品が多いです。 また、ペットがびっくりしないように、静音タイプのものが良いでしょう。 それとは別に、タバコなどの臭いにはタバコの臭いなどを強力に分解してくれる機能がついた製品を選ぶなど、状況に合わせて製品を購入するのをおすすめします。 脱臭方法で選ぶ 脱臭機の脱臭方法には大きく分けて、2つの機能を持った製品があります。 ひとつは、放出方式というもので、こちらの脱臭方法の製品は、広いリビングと言ったお部屋で使用することに適した製品と言えるでしょう。 脱臭機の放出した成分がお部屋に行き渡り、臭いのもとを分解してくれます。 また車の中やトイレと言った狭い空間で使用するのには放出式でも良いですが、吸引式がおすすめです。 臭いのもとを吸引するタイプの製品なので、狭い場所で力を発揮してくれます。 サイズで選ぶ 脱臭機と言っても、そのサイズは製品によって様々です。 リビングなどの広いお部屋に置くなら大きい製品でも良いですが、トイレや社内に設置したい場合は、コンパクトなサイズの脱臭機を選ぶとじゃまにならないでしょう。 リビングに置くにしても、製品によっては省スペースをポイントとしている製品もsるので、実際に購入する際には設置する場所のサイズを図るなどして、可能な大きさをおおよそ把握しておけば、購入の際に迷うこともないでしょう。 脱臭機のおすすめ人気ランキング10選 ここからは脱臭機のおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。 選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りの脱臭機を見つけてみてくださいね! 第10位:LANJU 小型脱臭機• 16条という広範囲にまで対応した非常にパワフルな脱臭機です。 手動で3段階のモードに切り替えが可能で、もしも使用しているモードよりも強い臭いを検知すると、脱臭機が自動的にモードを切り替え、脱臭を行うという機能があります。 アンモニア臭からタバコの臭いまで、様々なタイプの匂いだけをを徹底的に分解してくれますし、芳香剤などの良い匂いはそのまま保つことができます。 脱臭機の売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、脱臭機のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 脱臭機で綺麗な空気を 脱臭機があれば、日常的な不快な匂いをしっかりと分解してくれますし、冷蔵庫に設置できるものならば殺菌と鮮度を保つという効果もあるので、とても快適になります。 使用したい場所を想定して購入すれば、自然とどれが自分に合った商品かがわかるでしょう。 みなさんも自分にピッタリの脱臭機を購入して、スッキリとした空間で快適に過ごしてみませんか。

次の