に ちゃんねる 速報。 おうち速報

【速報】北朝鮮、金与正氏が南北連絡事務所の破壊予告

に ちゃんねる 速報

2020年06月13日 06:10• すみません」オロオロ 車両内の男達「... はしゃぎすぎたな」アセアセ 車両内の男達「皆さんすみません、つい」しゅん 車両内の男達「こそこそ作戦でいきましょう」ヨシ! 車両内の男達「せやな... 」ニッ 運転手「それではこそこそ作戦、パンツァーフォー!!!!」 車両内全員「おおおおおー!!!!」 ってことがあったんや• 2020年06月13日 00:10• 2020年06月12日 13:10• 322 ID:C4MgLDsf0 ぼく「えっ!?なにそのテクニック…すごい…!!」 コナンくん「とぼけないでよ…アンタがやったのはわかってるんだ…!」 ぼく「いやいやいやwwww俺にそんなの思いつくワケないじゃんwww何なら今かなり関心してたくらいだしwwww」 コナンくん「…」 ぼく「そういえば……君、そのテクニックで彼を殺せたんじゃないの?」 コナンくん「!!!??」 ぼく「確か君もアリバイ……なかったよねえ?」 ぼく「小学生だから殺しはしない……それも思い込みかもね」 コナンくん「あ…あせrdtc7うヴぃyぶ」• 2020年06月12日 08:40• 45 ID:TFodfIkj0 アイドルマスターミリオンライブのSSです。 可憐とエミリーがバトルしたりしなかったりするお話です。 47 ID:TFodfIkj0 ガラス製のティーポットにお湯を注ぐと、彩り豊かな茶葉とお花と果実が茶こしの中でクルクル。 その様子が可愛くて、思わず笑顔になってしまう。 そのまま徐々に葉が開いていき、周囲のお湯に色が染みだしていく。 茶葉の見た目よりは少し鮮やかな色。 開いた葉はお湯の滞流にのってまたクルクル。 飽きずに眺めていると、徐々に匂いが強くなっていく。 乾燥した茶葉を出した時よりも少しだけ甘い匂い。 酸味と甘味の混ざった優しい匂い。 爽やかさも感じて頭がスッキリする。 でもまだ。 もう少し。 ハーブティーは匂いに味が負けがちなのでちょっと濃いめに淹れるのが私の好み。 給湯室で香りの華が咲くのをジッと待っていると、パタパタパタと軽やかな足音がこちらに近づいてきた。 2020年06月12日 08:10• 87 ID:G9NWf5Fu0 キャラ崩壊 加蓮「猫になっちゃった」ニャーン 加蓮「猫になっちゃったからアイドルやめないとなぁ……学校もやめなきゃいけないしマクドナルドにも行けない」 加蓮「アイドルやめちゃったらプロデューサーに会えない……」 加蓮「っていうかそもそも猫になっちゃったから私だって気付いてもらえないじゃん……やだなぁ……やだぁ……」 P「加蓮が猫になっちゃってる」 加蓮「私だって分かるの?」 P「当たり前だろ?俺は加蓮のプロデューサーだぞ?ほら、俺の家で一緒に暮らそう」 加蓮「にゃーん」ニャーン.

次の

おうち速報

に ちゃんねる 速報

京アニ放火犯・青葉真司容疑者の治療費「血税2億円」の内訳 2020年6月13日 10時0分 FRIDAYデジタル これほどの厳重な対応は、すべて事件の真相を聞き出すためだ。 しかし、一方で青葉容疑者を生かすために、多額の税金が投入されていたことも明らかになった。 やけど治療のエキスパートである、麹町皮ふ科・形成外科クリニックの苅部淳院長は話す。 「青葉容疑者に実施されたのは、自家培養皮膚移植と呼ばれる治療法です。 これは、損傷していない皮膚の細胞を採取して1ヵ月ほど培養し、完成したものを欠損箇所に移植する方法で、ハガキ大の皮膚を一枚つくるのに30万円ほどかかります。 今回の青葉容疑者のやけどの状態から推測するに、使用した培養皮膚は150~250枚ほど。 7500万円近くはかかっているはずです。 ほかに、人工真皮の貼り付けに5000万円、ICUでの10ヵ月の入院費用が5000万円、その他の医療機材や処置代を入れると、合計2億円はくだらないでしょう」 一般人には到底払えない高額医療費。 本来は自己負担だが、彼は違うようだ。 「生活保護受給者である青葉の治療費は全額保護費で賄われる。 基本的に、4分の3は国からの支出、残りの4分の1は青葉が住んでいた埼玉県やさいたま市の支出となります」(前出・社会部記者) 国民の血税で一命を取りとめた青葉容疑者。

次の

【速報】コロナのおかげでこの世にいらない職業が明らかになるwwww

に ちゃんねる 速報

京アニ放火犯・青葉真司容疑者の治療費「血税2億円」の内訳 2020年6月13日 10時0分 FRIDAYデジタル これほどの厳重な対応は、すべて事件の真相を聞き出すためだ。 しかし、一方で青葉容疑者を生かすために、多額の税金が投入されていたことも明らかになった。 やけど治療のエキスパートである、麹町皮ふ科・形成外科クリニックの苅部淳院長は話す。 「青葉容疑者に実施されたのは、自家培養皮膚移植と呼ばれる治療法です。 これは、損傷していない皮膚の細胞を採取して1ヵ月ほど培養し、完成したものを欠損箇所に移植する方法で、ハガキ大の皮膚を一枚つくるのに30万円ほどかかります。 今回の青葉容疑者のやけどの状態から推測するに、使用した培養皮膚は150~250枚ほど。 7500万円近くはかかっているはずです。 ほかに、人工真皮の貼り付けに5000万円、ICUでの10ヵ月の入院費用が5000万円、その他の医療機材や処置代を入れると、合計2億円はくだらないでしょう」 一般人には到底払えない高額医療費。 本来は自己負担だが、彼は違うようだ。 「生活保護受給者である青葉の治療費は全額保護費で賄われる。 基本的に、4分の3は国からの支出、残りの4分の1は青葉が住んでいた埼玉県やさいたま市の支出となります」(前出・社会部記者) 国民の血税で一命を取りとめた青葉容疑者。

次の