生後 2 ヶ月 体温。 【医師監修】生後2ヶ月、寝ない赤ちゃんって普通!? 改善方法はあるの?

生後2ヵ月の赤ちゃんが発熱!?原因は何?対処法は?

生後 2 ヶ月 体温

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 生後2ヶ月頃の赤ちゃんは、起きている時間が長くなり、笑顔を見せる回数も増えてきます。 昼と夜の区別が徐々についてくるので、天気のいい日はお散歩に出かけるなど、生活リズムを整える工夫をしていくといいですね。 今回は、生後2ヶ月の赤ちゃんの体重や睡眠時間、生活リズム、育児のポイントをご紹介します。 生後2ヶ月の赤ちゃんの身長・体重 身長 体重 男の子 54. 5~63. 2cm 4. 41~7. 18kg 女の子 53. 3~61. 7cm 4. 19~6. 67kg ただし、発育曲線の枠はあくまでも目安なので、出生時の大きさや男女によって個人差があります。 「発育曲線の中に収まっているかどうか」よりは、「身長・体重が発育曲線のカーブに添って増えているかどうか」が大切です。 体重は、1日約30g、1ヶ月で1kg前後のペースで成長していれば問題ないでしょう。 関連記事 生後2ヶ月の赤ちゃんの特徴は? 生後2ヶ月頃になると、骨が目立たないほどぽっちゃりと丸い体型になり、手首や足首のくびれに大きなシワが目立ってきます。 成長するにしたがって少しずつ筋肉がついてくるので、首を左右に動かしたり、手足をあげたりできるようになり、寝かせると手足をバタバタさせる子もいます。 また、1ヶ月の頃と比べると、声を出したり笑ったりすることが増えてきます。 首の筋肉がつき、縦抱っこをすると自力で支えようとしますが、首すわりはまだ少し先なので、手で首まわりを支えてあげましょう。 生後2ヶ月の赤ちゃんの主な特徴• 追視ができるようになる• 表情が豊かになる• 首が少しずつしっかりしてきて、うつぶせにすると頭を持ち上げようとする• 腸内にうんちを溜められるようになり排便回数が減る• 「アー」「ウー」などの喃語(なんご)が出てくる• 欲求によって違う泣き方をするようになる• よだれの量が増えてくる 関連記事 生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は? 生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は、1日14~15時間です。 それまでに比べて、日中に起きている時間が長くなり、昼寝の回数や時間が減る赤ちゃんもいます。 睡眠リズムが整うのは生後4ヶ月頃ですが、昼夜が逆転しているようであれば、生活にメリハリをつけてリズムが整うように促してあげましょう。 朝や日中は日差しを浴びて、夜は部屋を暗くしてあげるだけでも、自然と生活リズムが整っていきますよ。 あまり神経質にならず、赤ちゃんのペースに寄り添いながら行ってくださいね。 生後2ヶ月の睡眠・生活リズムのポイント• 朝はカーテンを開けて日光を浴びさせる• 午前中に、外気浴や家の近くを軽く散歩する• 起きているときは、積極的に話しかけたりあやしたりする• お風呂の時間を決めて、夕方には入るようにする• 夜は部屋を暗くし、遅くても20時までには寝る体制を作る 生後2ヶ月の赤ちゃんとの生活は?外出はどれくらいしてもいいの? 生後2ヶ月の赤ちゃんは、自分のことや周囲に対して興味を示し始めるので、普段の生活の中に遊びやお散歩を積極的に取り入れましょう。 生後2ヶ月の赤ちゃんとの遊び方は? 音や動きに反応しやすくなる時期なので、ベッドメリーのような目の前で動くおもちゃを用意してあげるといいでしょう。 赤・黄・青など、色が鮮やかではっきりした薄手のハンカチやスカーフを、目の前でひらひらと遊ばせるのもおすすめです。 また、顔の前に手を持ってきてじっと見つめる「ハンドリガード」という動作や、指しゃぶりをよく行うようになります。 自分の体の一部ということを実感する大事な動作であり、赤ちゃんにとっては絶好のおもちゃです。 無理にやめさせず、見守ってあげましょう。 関連記事 生後2ヶ月の赤ちゃんの授乳の回数や量は? 生後2ヶ月の赤ちゃんは、口の周りの筋肉が発達することで、母乳やミルクを上手に飲めるようになり、授乳時間がだんだん短くなります。 体の大きさによって飲む量は異なりますが、体重が1日25g以上増加していれば、栄養は足りていると考えて大丈夫です。 母乳の場合 1日の授乳回数は7〜8回ほどが目安ですが、個人差があります。 昼間の授乳間隔は2~3時間おき、夜は4〜5時間おきで、生後1ヶ月のときより間隔が開きはじめます。 1回の授乳時間は左右10分ずつが目安です。 母乳をまとめて飲めるようになることで長時間眠るようになってくるので、赤ちゃんを無理に起こして授乳する必要はありません。 関連記事 完全ミルクの場合 成長するにつれてミルクをたくさん欲しがるようになる赤ちゃんもいます。 しかし、ミルクをたくさん与えすぎると栄養過多になり、不必要な脂肪が体について肝臓や腎臓に負担がかかってしまいます。 ミルクの量は、1日1000ml以下にとどめましょう。 1日の授乳回数にあわせて、以下のようにミルクの量を調整しましょう。 生後2ヶ月のミルクの量(完全ミルクの場合) 1日にミルクを与える回数 1回あたりのミルクの量 6回 160ml 7回 140ml 8回 120ml 9回 100~110ml 混合育児から完全母乳に移行したい場合は、母乳の分泌量が増えてきたら、徐々に母乳の後に与えるミルク量を減らしていきます。 体重が増えなかったり、夜中に何度も起きてしまったりするときは、母乳が足りていない可能性があるので、母乳外来や小児科で相談するようにしてください。 関連記事 生後2ヶ月の赤ちゃんのお世話のポイントは? 生後2ヶ月になると少しずつ外出も増え、それまでより活動的になるので、赤ちゃんのお世話をするときは健康により一層気をつけるようにしましょう。 生後6ヶ月頃までは病気になりにくいといわれていますが、ちょっとした環境の変化や外出をきっかけに風邪にかかってしまい、熱や鼻水、鼻づまりを起こすこともあります。 特に鼻づまりで息が苦しくなると、機嫌が悪くなったり、うまく哺乳できなくなったりすることもあるので注意しましょう。 赤ちゃんの鼻がつまったときは、部屋を加湿し、鼻水吸引器を活用しながら赤ちゃんの鼻づまりをケアしてあげましょう。 母乳を与えるときは、こまめに息つぎをさせるとうまくいきますよ。 母乳を飲む量が減り、高熱や嘔吐、寝ないなどの症状がある場合は、自己判断で市販の薬を与えず、小児科を受診しましょう。 生後2ヶ月から予防接種がスタート 生後2ヶ月目から予防接種が始まります。 予防接種の内容やスケジュール、順番などをしっかり把握しておきましょう。 生後2ヶ月で受けられるのは、定期接種ではHib(インフルエンザ菌b型)、小児肺炎球菌、B型肝炎。 任意接種ではロタウィルスです。 一度に何種類か同時接種することもできます。 小児科の医師に相談すると、スケジュールを立ててくれることもあります。 スケジュール管理用のアプリもあるので活用しましょう。 生後2ヶ月の赤ちゃんとコミュニケーションを楽しもう 生後2ヶ月は、赤ちゃんの表情や反応がどんどん豊かになるので楽しい時期です。 親子のコミュニケーションを大切にしながら、たくさん遊んであげましょう。 生後2ヶ月頃になると、ママはこれまでに蓄積された産後や育児の疲れが出て、体調を崩しやすくなります。 くれぐれも無理をしないようにしましょう。 周囲に協力してもらって適度に体を休めながら、育児を楽しんでいけるといいですね。

次の

新生児・赤ちゃんの平熱は月齢で変わる?体温が高いと言えるのは何度から?

生後 2 ヶ月 体温

もうひとつの特徴に、乳幼児は体温調節機能が発達しておらず、体温が環境温度に左右されやすいということがあります。 特に、赤ちゃんは体の小ささに比べて体表面積は大きく、皮下脂肪が少ないので、皮膚から熱が逃げやすいという特徴があります。 そのため、大人よりも寒さを感じやすい傾向にあります。 かと言って、寒さにだけ注意すればいいかと言えば、そうではありません。 赤ちゃんは熱が体にこもりやすいという性質もあります。 つまり、寒い・暑いに関係なく、とにかく環境温度に体温が左右されやすいということなのです。 温めすぎはSIDSのリスクを高めるとも言われているので、寒さとともに暑さにも注意する必要があります。 温めすぎがなぜSIDSのリスクを高めるのか、その理由はわかっていませんが、SIDSが起こったときの状況にはいくつかの共通点があり、そのひとつに「厚着」「温めすぎ」もあることがわかっています。 原因はわからなくても、発症のリスクになると考えられる因子はすべて排除するよう努めることが大切と言えるでしょう。 このように、体温調節機能が未発達である赤ちゃんは、常に大人が環境温を適正に保ってあげることが大切なのです。 日本の感染症法では、37. ただ、平熱には個人差があるため、すべての人をこれに当てはめることができないのも事実です。 比較的体温が高くなる傾向にある乳幼児期では、なおさらですね。 乳幼児の中には、一般的に熱が出たと判断されやすい37. では、何かしらの体調不良が疑われる熱が出たかどうかを確かめるには、どうすればいいのでしょうか? 発熱の程度を判断するには、普段の平熱をきちんと把握しておくことが大切です。 平熱を把握しておけば普段よりどれぐらい熱が高いのかがわかるので、対応の判断がつきやすいでしょう。 乳児ではもう少し変化の幅が小さくなります。 なお、一般的には午前4時頃がもっとも低く、午後から夕方にかけて高い状態になるとされます。 そのため、平熱は体調がいいときの熱を一度測るだけでわかるような単純なものではないのです。 1日に何回か測り、時間帯ごとの体温として把握しておくことで、そのときの体調をより確かに判断することができるのです。 具体的な測り方と注意点は、以下を参考にしてください。 <平熱の測り方> ・起床時、午前、午後、夜の計4回測り、その時間帯ごとの平熱として覚えておきましょう。 ・食後すぐは体温が上がるので、食前や食間に測るのが適切です。 ・泣いている時や後、入浴後、たくさん動いた後は体温が上がっているので避けます。 ・測定は1日だけでなく、何日かおきながら2~3日測ってみましょう。 より確かな情報を得ることができます。 前述のように、赤ちゃんの体温は環境温度に左右されやすいという特徴があります。 平熱よりちょっと熱いかな? と思うくらいであれば、や服装、布団の厚さなどを確認し、適度に調整してみましょう。 身体を涼めることで体温が落ち着くこともあります。 ただし、急な高熱には要注意です。 感染症や熱中症の可能性もあるので、発熱以外の症状が見られる、ぐったりしている、食欲がない、機嫌が悪いなどの症状を伴う場合は、すぐに病院を受診しましょう。 熱が高くても機嫌がよく、食欲もあって元気なときは、生後3ヶ月以降であれば慌てて受診することはないでしょう。 診療時間外なら、次の日を待って受診しても大丈夫です。 もうひとつ重要なのが、熱の高さだけで受診の必要性を判断しないということ。 体温の高さは体調不良のひとつの目安ではありますが、体温が高いほど重症かと言えば、そうとも言いきれません。 むしろ全身状態の状況の方が受診の必要性の判断には大切です。 熱がそれほど高くなくてもぐったりしている、機嫌が悪い、水分摂取もできないほど食欲が低下している、発熱以外の症状がある(軽度の咳、鼻汁程度の症状のみなら緊急ではありません)ときは注意が必要です。 おしっこの回数が減っていれば脱水の可能性もあるので、少しでも気になる点が見られるときは、小児科を受診しましょう。 急いで受診すべきか判断がつかないときは、小児救急電話で相談してみることをおすすめします。 小児救急電話相談とは、小児科医師・看護師から赤ちゃんや子どもの症状に応じた適切な対処の仕方、受診する病院などのアドバイスを受けられるサービスです。 全国同一の短縮番号 8000をプッシュすることで、お住まいの都道府県の窓口に自動転送されるようになっているので、ぜひ積極的に利用してくださいね。 実施時間帯は自治体によって異なるので、あらかじめ確かめておきましょう。

次の

【生後2ヶ月の赤ちゃん】体重・睡眠時間など、成長とお世話のポイント

生後 2 ヶ月 体温

赤ちゃんの体調は、お母さんが毎日健康状態をチェックし、きめ細やかにケアすることで保たれています。 まだ言葉を発することができない赤ちゃんから、健康状態を読み取るのは至難の業ですよね。 赤ちゃんはさまざまな機能が未発達の状態ですので、ちょっとしたことでも大きな影響を受けてしまいます。 例えば、室温が少し高すぎたり低すぎたりするだけでも、すぐに体調を崩してしまうのです。 夏場の暑い季節や、冬場の寒い季節になると、どれくらいの室温に保てば赤ちゃんは快適になるのか、頭を悩ませるお母さんも多いのではないでしょうか。 そこで、赤ちゃんが快適に健康で過ごせる室温について、知っておきたいさまざまな情報を幅広くご紹介していきましょう。 体温調整の機能 産まれたばかりの赤ちゃんは、まだ自分で体温調整をすることができません。 新生児の頃から1歳になるくらいまでの間に、少しずつ体温調整機能が育っていきます。 特に新生児からハイハイできるようになるまでは、寝たままの状態でお部屋の中で過ごすことが多いため、室温が赤ちゃんにとって非常に重要になります。 赤ちゃんは熱いからと服を脱いだり、寒いからと毛布を掛けたりすることができませんので、できるだけ室温を快適な状態に保つようにするようにしましょう。 では、赤ちゃんに適した室温とはどれくらいなのでしょうか。 赤ちゃんが過ごす部屋には、必ず室温系を設置し、今何度の状態になっているかを必ず確認するようにしましょう。 明らかに暑すぎる場合や寒すぎる場合は、エアコンを使用して快適な温度に室温を調整するようにしてください。 ただ、室温だけに注目していると室内が乾燥してしまうことがあります。 エアコンを使用すると室内の空気が乾燥してしまうため、適度な湿度も保てるようにしましょう。 赤ちゃんが快適に過ごせる湿度は、40%~60%と言われています。 乾燥するとウィルスや細菌に感染しやすくなったり、鼻やのどの粘膜を傷めてしまうこともあるので、洗濯物を干したり、加湿器をつけたりして、湿度を調整するようにしましょう。 服を着させ過ぎていたり、薄着だったりすると、必要以上に体温が変動してしまうため、赤ちゃんの体温もしっかりチェックしておくことが大切です。 まず室温と湿度をチェックしたら、赤ちゃんの手足をチェックするようにしましょう。 手足が熱く汗をかいているようなら、体温が上がり、暑い状態だと読み取ることができます。 逆に手足が冷たくひんやりしているようなら、体温が下がり、寒い状態だと読み取ることができるでしょう。 衣服を調整したり、布団の量を調整したりしてしばらくしたら再びチェックしてください。 汗をかいておらず適度に手足が温かい状態なら、室温も体温もちょうど良いと言えます。 胴体もチェック 赤ちゃんが快適な状態かどうかチェックするためには、手足の温度を触って確かめてみるのがオススメです。 しかし、お布団から出ている状態であったり風の影響を受けたりしていると、手足だけでは快適さがわからないこともあるので注意が必要です。 手足の次には胴体もチェックするようにしましょう。 手足が適度に温かくても、お腹を触るとひんやりしていることがありますので、布団や衣服をプラスするようにしましょう。 また、逆に背中がびっしょりと汗で濡れていることもあります。 寝返りを打つことができない状態の時は、お布団と接している頭や背中に熱が集中してしまうため、汗をたくさんかいてしまうのです。 汗を放置していると身体が冷えてくることもあるので、乾いた服とシーツに取り換えてあげるようにしましょう。 エアコンの温度と床の温度 室温が高すぎたり低すぎたりする場合、エアコンを使用して調整する方も多いと思います。 エアコンの温度を適温に設定したから大丈夫、と思いがちですがエアコンが示している設定温度と実際の温度は異なることがあるので注意が必要です。 室温は必ず温度計で測るようにし、赤ちゃんの寝ているそばで計測するようにしましょう。 基本的に冷たい空気は下の方にたまり、温かい空気は上の方に上がる傾向があります。 赤ちゃんは床に近い低いエリアで寝ることが多いため、天井に近いエアコンの温度とはかなり違うことがあるのです。 そのため、冷房をかけると赤ちゃんが寝ているエリアの温度がかなり下がっていたり、暖房をかけても実際に赤ちゃんが寝ているエリアの寒さは変わっていなかったりすることがあるのです。 このことから赤ちゃんにとって快適な室温は、赤ちゃんの寝ているすぐそばで計測するようにしましょう。 室温で変わる体調 室温を調整することは、赤ちゃんの体調を守ることと等しいと言えます。 体温調整がまだうまくできない赤ちゃんにとって、室温の影響は思った以上に強いからです。 例えば、室温が高い状態になると、赤ちゃんの体温も上昇して熱中症になってしまうことがあります。 熱中症は昼間に屋外でなるというイメージが強いかもしれませんが、室内でも充分引き起こされる可能性があるものです。 エアコンを使用していれば大丈夫だと思いがちですが、意外な落とし穴としてタイマー機能があります。 エアコンのタイマーをかけて終わったことに気づかず、窓を閉め切った状態でいたら、短時間で急速に室温が上昇してしまうことがあります。 様子を見に行くと部屋の中は蒸し風呂状態で、赤ちゃんの顔も真っ赤になっていたという事もあるので、注意が必要です。 エアコンのタイマーをかけて部屋を離れるときは必ず終了時間を確認し、こまめに様子を見るようにしましょう。 熱が出たときの室温は? 赤ちゃんは免疫力が弱いため、発熱する事が多いです。 夏や冬に発熱すると、部屋の温度はどうしたらよいか迷ってしまいますね。 夏は通常と同じ室温だと熱のある赤ちゃんにとっては更に暑く感じられるので、もう少しエアコンの温度を下げてもよいでしょう。 ただし、赤ちゃんの手足が冷たい時は更に熱が上がる前兆なので体を温め、赤ちゃんの手足が暖かくなって体温が上がりきった時に室温を少し下げるようにしましょう。 冬は通常の室温で問題ありませんが、湿度に注意が必要です。 赤ちゃんに最適な湿度は40~60%ですが、熱がある時は70%程度まで湿度を上げましょう。 ウイルスは湿度に弱いので、赤ちゃんの体調悪化を防いでくれます。 梅雨の室温、湿度管理は? 夏・冬の室温対策は十分勉強していても、梅雨の時期はすっかり対策を怠ってしまう事があります。 梅雨の時期は室温がちょうどよくても、湿度が高いためムシムシするのが特徴です。 大人はそのままでも問題なく過ごせますが、体温調節がしにくい赤ちゃんは夏でなくとも熱中症になってしまうことがあります。 梅雨の時期、冷房では寒いという時にはエアコンのドライや除湿器などを試してみてください。 室温は変わらなくても湿度が下がるため、赤ちゃんも体の中に熱がこもることもなくなるでしょう。 ただし、長時間そのままにしておくと反対に寒くなってしまうので、こまめにつけたり消したりを繰り返すようにしましょう。 夏のエアコン以外の暑さ対策 一晩中エアコンの付けっぱなしはお母さんにも赤ちゃんにも良くありませんが、だからと言って夏は付けないと暑くて寝られません。 そんな時は、エアコン以外の方法も試してみましょう。 例えば、赤ちゃん布団の下に「すのこ」などで隙間を作ると通気するため、布団や枕に熱がこもるのを防いでくれます。 扇風機で風を赤ちゃんに直接当たらない様に回して使う。 冷却マットなどひんやりグッツを赤ちゃんに使っても良いでしょう。 エアコンを消すと暑さで起きてしまうという赤ちゃんには、スリーパーを着せると体の冷やしすぎを防いでくれます。 暑くて可哀相だから、と冷やしすぎるのも逆効果ですから、対策を色々工夫してみてください。 冬の室内での熱中症対策 赤ちゃんの体温は、思わぬことで急上昇してしまうことがあります。 冬でも熱中症のような症状になることがあります。 赤ちゃんにとって快適な温度に室温を調整したにもかかわらず、さらに分厚い布団と厚手の服を着させた結果、必要以上に身体が温められて体温が上昇し、のぼせてしまうのです。 赤ちゃんの様子を見に行くと顔が真っ赤になっていて、体温を測ると高熱で汗もびっしょりかいていた。 慌てて病院に行くと、温めすぎが原因と判明したという事が良くあるのです。 基本的に赤ちゃんの体温は高いので、冬でも大人より少し薄着でちょうど良い状態になります。 室温を調整しても、赤ちゃんの衣服や布団で逆効果になることもありますので、注意しましょう。 換気は忘れずに行う 1回冷えたり温まった室温はそのままにしておきたいですが、やはり換気をするようにしましょう。 掃除をしてもエアコンからはホコリや見えない雑菌・カビなどが飛んでいて、それを放置すればハウスダストアレルギーやシックハウス症候群などを発症しかねません。 特に冬は室内が乾燥してウイルスが繁殖しやすい環境になっていますから、窓を開けて新鮮な空気と入れ替える必要があります。 ただ、室内の空気を完全に入れ替えるにはある程度時間がかかりますが、実際は平均的な大きさの部屋ならば5分程度である程度の空気の入れ替えが出来ます。 また、窓を全開にする必要もなく部屋の対極にある2箇所の窓を少々開ける程度でも十分なので、換気の際に暑さや寒さで大変な思いをする事もありません。 空気がこもってきたら換気がおススメですので試してみて下さい。 まとめ 赤ちゃんの室温について知っておきたい情報を幅広くご紹介しました。 赤ちゃんは室温の影響をダイレクトに受けやすいので、暑すぎず寒すぎない状態にしてあげることが大切です。 夏の時期と冬の時期では快適な温度設定も異なるので、注意しましょう。 また、湿度を適度に保つことも重要です。 そして冷たい空気は下に、温かい空気は上に行くので、室温は赤ちゃんが寝ているそばで計測するようにしましょう。 衣服の着せすぎや布団の厚みにも気をつけ、赤ちゃんにとって快適な状態を保つことを大切にしてあげてください。

次の