除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる。 冷房と除湿(ドライ)って、どっちがお得なの?

冷房と暖房はどっちが高い?電気代節約のヒント

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる

エアコン(除湿)の電気代目安/時間• エアコン除湿(弱冷房除湿):約4円• 上記は大まかな1時間あたりの電気代で、当然機種によってもサイズによっても消費電力・電気代は異なりますが、コンプレッサー式の除湿器や弱冷房除湿タイプのエアコンであれば1時間あたり約4円と安め。 反対にハイブリッド式の除湿器や再熱除湿タイプのエアコンだと1時間あたり約15円と3倍以上の電気料金がかかります。 これだけを見ると、コンプレッサー式の除湿機もしくは弱冷房除湿のエアコン除湿の二択になりそうですが……除湿機使用時に室温が上昇してしまう点や乾燥時間などトータルで考えると、 弱冷房除湿のエアコンで除湿するのが一番省エネと言えるのです。 もちろん使用条件や目的によってどの家電がいいか変わってくることはありますが、弱冷房除湿エアコンが最もお得と言われている理由は、このあと詳しく説明しますね! どの機種を選ぶかによって電気代は全然違うんだね。 そうね。 買うときには消費電力もしっかりとチェックしたいわね! 電気代目安(1時間あたり)• 弱冷房除湿:約4円• 再熱除湿:約15円 エアコンの機種によって、どちらの除湿機能が搭載されているかが異なります。 最初に紹介したように、同じくらいのサイズの「弱冷房除湿」のエアコンと「再熱除湿」のエアコンを、同じ設定温度で稼働させた場合、再熱除湿のほうがかなり高額になることがわかっています。 ただ再熱除湿のほうが除湿量が多いので、短時間で除湿したいという場合に向いていると言えるでしょう。 最近は弱冷房除湿と再熱除湿の両方を搭載している機種もあるようですが、 基本的に多くのエアコンが弱冷房除湿を採用していると言われています。 ただしわかりにくいと思うので、購入時に確認する、メーカーに確認するなどしてくださいね。 結局どちらが得?目的に合わせて判断しよう! 除湿機とエアコン、どちらが電気代の節約になるのでしょうか。 室内の除湿が目的なら ジメジメした梅雨の室内除湿が目的であれば、そもそも使用時に室温が上昇してしまう除湿機は向きません。 除湿機は機種にもよりますが、室温を1~8度上げてしまうと言われているのです。 エアコンの消費電力が少ない弱冷房除湿が一番の節電になります。 もちろん や扇風機・ で、もっと節電になりますよ。 一方冬場の除湿であれば、除湿機の室温上昇を利用するのもおすすめ。 「リビングで除湿機をつけている」という人も多いようです。 洗濯物を乾かすなら 東京電力が公開したデータによると、洗濯物が乾くまでの時間が、エアコンだと2時間46分、除湿機だと3時間49分だそうです。 エアコンの方が早く乾くことを考えると、やはりエアコン(弱冷房除湿)の方がお得になる可能性大。 さらに扇風機を活用するのもおすすめ。 エアコンと扇風機の併用で、洗濯物が乾く時間は2時間となっています。 1時間当たりの消費電力は上がるものの、扇風機の電気代は1時間あたり約1円といわれていますから、結果的に節約になるのです。 あわせて読みたい ピンポイントで洗濯物を乾かすなら除湿機が便利 ここまでの説明を読むと除湿機の利点がないように感じられるかもしれませんが、少ない量の 洗濯物をピンポイントで乾かす場合には除湿機がおすすめです。 除湿機の風量や向きを調節すれば、乾かしたい洗濯物をピンポイントに狙って稼働させることができますから、乾きやすい素材であれば1~1. 5時間程度で乾くことでしょう。 もちろん除湿機の性能にもよりますが、例えば前日お子さんが出し忘れた体操着を、朝洗ってその日学校に持たせる、朝汚してしまった制服を洗って乾かす、といった場面であれば、きっと除湿機が便利に使えることでしょう。 節電しても電気料金が気になるなら… エアコンや除湿機、扇風機を使い分けることで、できます。 「それでも電気料金が気になる」、「もっと電気料金を節約したい」という場合は、電気料金のプランを見直すと、大きく節約になることがありますよ。 さまざまな企業が電力販売に参入していますので、ご自分のライフスタイルに合わせた電力プランを選んでくださいね!携帯電話料金やガソリン代とセットでオトクになることもありますよ!.

次の

エアコンの電気代はドライと冷房どっちが安い?|@DIME アットダイム

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる

結論だけいうと「除湿」のほうが、「冷房」よりエネルギー消費が大きい場合がある・・ということです。 たいした違いじゃありません。 せいぜい1~2割くらいの差で、ゴミみたいなもんです。 まず、廉価版のエアコンの除湿運転すると送風が間欠運転する場合ですが、除湿にすると室内機の熱交換器がキンキンに冷えます。 この状態で送風すると、熱交換器(アルミのフィンの部分)に空気中の水蒸気が結露します。 そのまま送風すると必要以上に室温が下がるので、送風を止めます。 送風が止まると、熱交換器に結露した水滴が下に落ちるんです。 このため送風を間欠にしているんです。 この間欠送風を除湿にしているエアコンの場合、設定温度を最低温度にして送風を入り切りしているのと同じですから、設定温度が高めの冷房より使うエネルギーが大きいので、消費エネルギーが大きくなることもある・・・ということです。 再熱式の除湿はその仕組みがロスのかたまりなので、どうしても電気を大きく使用します。 他の回答で「ヒーターを使って暖める・・・」みたいなこと書いてますが、デタラメです(笑) エアコンで冷房すると、室外機からは排熱する=室外機からは熱風がでるのは知ってるでしょう? 再熱除湿は、この室外機の排熱する熱交換器の一部(ほんの一部分)を室内機側にもってきていると考えるとわかりやすい。 本来、室外機で排熱する熱を室内にも排熱します。 それと同時に冷熱を発生させてもいます。 冷やしながら暖めるんですから、エアコンとしてはロスになります。 暖めるといっても、暑くなるくらいの排熱はでません。 冷熱をちょっとだけ吸収する程度、冷たいのを室温と同じくらいの生暖かい温度にする程度に元にもどすくらいです。 冷房運転するだけでもいっぱいいっぱいなのに、室外に排熱させる熱をわざわざ室内に排熱して、そのうけ冷熱までつくらなきゃならないので、エアコンは大忙しです(笑)・・・だから、単純な冷房よりエネルギーを多く消費するんですよ。 いずれにせよ、ギャーギャー騒ぐようなコスト差にはなりません。 冷房は冷風のとどく範囲で生活してりゃ、電気代は多くかかりません・・・エアコンの風の届く範囲で、ジミに生活するのが節約のキホンです。

次の

エアコンのドライ(除湿)と冷房どっちがおとく?使い分けて節電効果と快適さを!

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる

どうやって除湿するの? 除湿、つまり空気の湿度を下げるためには、空気を冷やす必要があります。 空気には「 飽和水蒸気量」というのがあり、 どれくらい水蒸気を蓄えていられるかという限界値が決まっています。 飽和水蒸気量って? 飽和水蒸気量とは、「ある温度の空気がどれくらい水蒸気を蓄えられるか」という値です。 温度が下がると飽和水蒸気量は減少します。 つまり、「 温度が下がると空気は水蒸気を蓄えていられず、 水蒸気はあふれて水滴になる」というわけです。 飽和水蒸気量と温度の関係をグラフに表すと、このようになります。 冷蔵庫から出したての瓶の周りに水滴がつく原因ですね。 瓶の周りの空気が冷えて水蒸気が水滴に変わり、瓶の表面が濡れる、というわけです。 エアコン内に部屋の空気を取り込む• エアコン内で空気を冷やす• 水蒸気が水滴に変わるので室外に排出する• 湿度を下げた空気を部屋に戻す ざっくりした除湿の流れはこのようになっています。 弱冷房除湿と再熱除湿の違い 除湿の仕組みを理解すると、「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の違いは簡単に理解することができます。 湿度を下げるためにエアコン内で空気を冷やしますが、その冷えた空気をそのまま部屋に送りこむのです。 よって、エアコンからはひんやりした空気が出てきて、 部屋が涼しくなります。 再熱除湿とは 再熱除湿は、「湿度を下げた空気を部屋に戻す」ときに、 空気を温め直すモードです。 湿度を下げるために冷やした空気を、そのまま部屋に戻さずに、エアコン内で温め直してちょうどよい温度にしてから、部屋に送り込みます。 よって、部屋が肌寒くならずに、 湿度は低く温度はちょうどいい状態になるのです。 電気代の違い 弱冷房除湿は冷やした空気をそのまま戻すので、「冷やすだけの電気代」で済みます。 しかし、再熱除湿は「冷やす電気代+温める電気代」がかかるため、 再熱除湿は弱冷房除湿よりも電気代がかかるのです。 さらに、再熱除湿は「冷やす」と「温める」という2種類の動作をするので、単純に冷やすだけの冷房よりも電気代が高くなります。 よって、電気代は「 弱冷房除湿<冷房<再熱除湿」と高くなっていきます。 「除湿の方が冷房よりも電気代が高い」というのは、正しくは「再熱除湿だと冷房よりも電気代が高い」、というわけです。 再熱除湿のメリット・使うタイミングは? 再熱除湿のメリット 同じ「除湿」が目的のモードなのに、弱冷房除湿よりも電気代がかかる「再熱除湿」。 一見必要なさそうなモードですが、エアコンから出てくる風の温度がちょうどよいため、「 部屋が冷えすぎない」というメリットがあります。 使うべき時期は? 梅雨の時期や 秋の雨の日は、気温がそこまで高くなくてもジメジメして気持ちが悪いことがあります。 ここで弱冷房除湿を使うと、部屋が肌寒くなってしまいます。 再熱除湿を使えばそのようなことはありません。 再熱除湿がおすすめな人 まず、 冷え性の方は、再熱除湿がおすすめです。 部屋が肌寒くなるのを防ぐことができます。 また、 冷房の風でお腹を壊しやすい方にもおすすめです。 暑い日の不快感は、湿度が下がるだけでかなりマシになります。 ひんやりした空気は苦手だけどなるべく快適に過ごしたい、という場合は再熱除湿がおすすめです。 弱冷房除湿と再熱除湿の見分け方 リモコンにあるモードの名前から判断するという方法もありますが、かなり高いエアコンでないとただただ「除湿」か「ドライ」という表示になっています。 一番手っ取り早いのは、 説明書を見ることです。 なくした場合でも、 Web上に説明書を掲載しているメーカーさんもいます。 一度検索してみるとよいでしょう。 また、 安いエアコンはだいたい弱冷房除湿一択である傾向が見られます。 いくらくらい、というのは断言が難しいですが、とりあえず我が家の6畳5万円のは弱冷房除湿です。 10畳10万円のも弱冷房除湿でした。 ご参考まで。 まとめ 除湿の方が冷房よりも電気代が高いと一概に言えません。 機能を理解し、うまく使い分けて上手に節約しましょう。

次の