オイラー の 法則。 素数に法則はあるのか?

オイラー法

オイラー の 法則

そして、連立常微分方程式の解は、各成分毎の常微分方程式の解として得られます。 つまり、1次元で1階の常微分方程式が解ければ、多くの方程式が解けることになります。 というわけで、1次元で1階の常微分方程式を数値的に解く方法を考えていきましょう。 誤差が大きくなりやすく実用的ではないようですが、単純なため原理を知るには良いので、まずここから始めていきましょう。 微分方程式を解く基本的な方法は、積分です。 左側の点を基準に、長方形で近似してしまおうと。 なんという雑さ。 原理はわかったところで、早速プログラムで見てみましょう。 オイラー法のプログラム例 次のコードが、オイラー法のプログラム例です。 import numpy as np import matplotlib. plot t,np. legend plt. show plt. マルサスの法則では傾きが大きいため、分割の左側の値だけでは誤差が大きくなってしまうのでしょう。 こちらはマルサスの法則と比べ、真の解と数値解の誤差が少ないように見えます。 改良オイラー法 オイラー法を少し改良したものが、 改良オイラー法です。 これは ホイン法、中点法、2次のルンゲ=クッタ法とも呼ばれます。 これを両側の点を使って、台形的に近似してみます。 これが改良オイラー法です。 そのプログラムは、上で紹介したコードの反復計算の部分で、コメントアウトして既に書かれています。 今回は、常微分方程式を数値計算する方法として、オイラー法、修正オイラー法を紹介しました。 微分方程式を解くためには積分の値を求める必要がありますが、それを長方形、もしくは台形で近似して計算する方法です。 積分の近似次第で、この方法には改善の余地があります。 続いて、オイラー法をより改良した、ルンゲ=クッタ法を紹介しようと思います。 続き: 木村すらいむ()でした。 ではでは。 こちらもおすすめ.

次の

オイラーの公式

オイラー の 法則

【問題1】 一度,書き始めたらペン先を紙から離さずに最後まで書く図形を一筆書きといいます。 ただし,一度とおった線とは交わってもよいが,同じ線を二度となぞってはいけません。 次の図形は一筆書きで書けると思いますか。 書けるか書けないか見当をつけてから,一筆書きを書いてみましょう。 (書くときは,書き始めと書き終わりの点に・印をつけて書き方が分かりやすいようにしておきましょう) 【言葉の約束:奇数点と偶数点】 一筆書きの図形の頂点(ちょうてん)や線の交点に目をつけてください。 すると,一つの点から出ている線が奇数個の場合と偶数個の場合があることがわかります。 奇数個の線が出ている点を 奇数点 , 偶数個の線が出ている点を 偶数点 とよぶことにします。 (2の倍数である整数…,0,2,4,6…を偶数,2の倍数でない整数…,1,3,5,7…を奇数という) 【作業】 【問題1】の図形の奇数点と偶数点の数を数えてみましょう。 ア イ ウ エ オ カ 奇数点の数 偶数点の数 一筆書きは 【質問2】 図形には,一筆書きで書けるものと,どんなに工夫しても書けないものがあります。 では,一筆書きで書けるか書けないか,書く前に図形を見分けるうまい方法はないでしょうか。 すこし考えてみてください。 もし,いい考えを思いついた人がいたら,みんなに説明してあげてください。 【 お話:ケーニヒスベルクの七つの橋(前編) 】 ある日,理香さんは図書室で,次のようなお話をみつけてきました。 … 今から270年ほど前のリトアニアにケーニヒスベルクという大きな町がありました。 現在,この町はロシアの領土になっていますが,つぎの話はまだケーニヒスベルクがリトアニアのものだった時代の話である。 この町の真ん中には,今でもプレゴリヤ川という大きな川が流れているが,この川には七つの橋がかけられていた。 が,あるとき,この町の人がこんなことをいいだした。 「この川にかかっている七つの橋をぜんぶわたって,もとのところに帰ってくることができるか。 ただし,どこから出発してもよいが,同じ橋を2度わたってはいけない。 」 というのである。 すると, 「これはおもしろい。 これがわかれば,この町にはじめてきた人を案内するのに,とてもつごうがよいじゃないか。 」 というので,この問題はたちまちひょうばんになって,たくさんの人が考え始めた。 ところが,どうしたことか,これがなかなかむずかしい。 だれがやってもできないのだ。 そうなるとまた,この問題はますます有名になって,しんけんにこの問題を考える人たちが出てきた。 【問題2】 ここで,あなたもこの問題を考えてみてください。 七つの橋を2度とおらずにすべて通ることができると思いますか。 [予想] ア.すべて通ることができる。 イ.そんなことはできない。 【お話:ケーニヒスベルクの七つの橋(後編)】 ところが,そこにたまたま,オイラーという有名な数学者がやってきた。 そこである人がオイラーにこのことを話すと,かれはあっけなく答えを出してしまった。 ところが,その答えがふるっている。 「そんなことは,どんなに頭をしぼってもできっこない。 」 というのだ。 「なーんだ。 オイラー先生もできないのか。 」 と,みんなはほっとしたが,オイラーはいった。 「いや,これはだれがやったってできっこないのですよ。 」 といいくわえた。 つまり,この問題は,もともと答えのない問題だというのだ。 そしてオイラーはそのわけをこう説明した。 「まず,地図をかんたんにして通る道すじだけをかんたんに書いてみましょう。 すると,こんな図が書けます。 印をつけたところが橋です。 問題はこれだけの道を同じところを二度通らずにぜんぶ歩けというわけですね。 ところが,この図は,つづけざまに一本の線でつないで書くことができないのです。 」 オイラーは,一言こういったあと,まだみんながうたがいぶかそうな顔をしているので,もっとくわしく説明をした。 しかし,オイラーがどういう説明をしたか,くわしいことはわからない。 (板倉聖宣「一筆書きの数学」『数と図形の発明発見物語』国土社より) … 「へー,できないってことを証明したのか。 それにしても,いったいどんな説明をしたのだろう。 」 と秀夫君が首をかしげながらいいました。 理香さんは, 「これって,つまり〈一筆書きでは,どんな図形が書けてどんな図形が書けないか〉ということよね。 わたしも考えたのだけど,どうしてもこの図だと一筆書きで書けないわ。 でも,なぜなのかわからないの。 みんなも考えてみてよ。 」 と,確かめるようにみんなにいいました。 工作君は,紙を持ち出していろんな一筆書きの図を書きながらぶつぶついいだしました。 「日の字形はかんたんに一筆書きが書けるのだけどなあ。 」 「でも,線を一つ加えただけの目の字形は,ぜったいに書けないや。 この二つのちがいってなんだろう?」 「どうしてこんなことになるのかな。 」 ほかのみんなも紙に書きながら考え出しました。 【質問3】 ここで,みなさんも,もう一度どんな場合に一筆書きができたりできなかったりするか,考えてみましょう。 【お話:一筆書きの数学】 みんなの話をだまって聞きながら,いろんな一筆書きをためしていた恵美子さんがこんなことを思いつきました。 「ねぇ,なんだか分かったような気がするわ。 奇数点の個数と偶数点の個数を比べてみるのよ。 奇数点の個数が0とか2のときはできるけど,4個になるととたんに書けなくなるでしょ。 でも,偶数点は同じ個数でも奇数点しだいで書けたり書けなかったりするじゃない。 「なるほど,書けるか書けないかは奇数点しだいっていうことか。 」 理恵さんも明るい顔でいいました。 「奇数点が0個か2個だと一筆書きができるけど,それより多いと書けない,というのね。 」 工作君は大きな声でいいました。 「そうだ,そうだ。 ぼくもそう思っていたんだ。 」 そのとき,理恵さんが自分にたずねるようにいいました。 「でも,不思議ね。 なぜ,そんなことになるんでしょう。 本当にどんな図形でも,そんなことがいえるのかしら。 」 これには,秀夫君が答えました。 「それは,まず,一の字形を一筆書きすると考えたらどうだろう。 書き始めと書き終わりは奇数点になって奇数点は2個になるね。 書き始めと書き終わりは奇数点であっても一筆書きできるんだ。 そして,奇数点が2個だとそのどちらかから必ず書き始めなくちゃならないんだ。 つまり,奇数点があったら,それは書き始めか書き終わりでなくてはならないんだよ。 つぎに,Tの字形を一筆書きしようとすると奇数点が4個になって書けなくなるね。 一筆書きの書き始めと書き終わりは合わせて二つしかないから,奇数点が2個より多いと書けっこないんだ。 それに,とちゅうで通る点というのは,入ってくる線と出ていく線がいるから偶数個の線が出ている偶数点でなければならない。 Tの字形は真ん中が奇数点だからよけいに書けないよ。 」 工作君も元気よくいいます。 「そうか,口の字形だと奇数点が0個で偶数点が4個。 それで,偶数点ばかりだったら,どこからでも書けるというわけか。 しかも,書き始めの出発点に必ずもどってくるね。 」 話がどんどん進むので理香さんがあわててまとめました。 「待って待って,話をまとめてみるわね。 ということね。 日の字形は,奇数点が2個だから,奇数点を出発点にすれば書けるわけね。 目の字形は,奇数点が4個あるから書けないのだ。 」 「それじゃ,あのケーニヒスベルクの橋の奇数点を数えてみよう。 えーと,3本の線が出ているところが4ヵ所だから,奇数点が4個もあるじゃないか。 これじゃあ,いくら考えても一筆書きができないはずだね。 」 秀夫君は,なぞがとけたのでとてもうれしそうにいいました。 「オイラーさんも同じ説明をしたのかしら?」 と恵美子さんがいうと,工作君がすぐこたえました。 「きっとそうだよ,ぼくたちも数学者の一員だ。 」 笑 恵美子さんが感心したようにいいました。 「おもしろいわね。 算数や数学の問題ってとける問題ばかりかと思ったら,できないっていうのを証明するのも算数・数学なのね。 」 【問題3】 次の図形は一筆書きで書けるでしょうか。 書けるかどうか予想をしてから,実際にためしてみましょう。 【研究問題】 「できそうでできない」または「できなさそうでできる」というような一筆書きの問題を作って友だちとときあいっこしてみましょう。

次の

オイラーの等式

オイラー の 法則

はじめに この数学者の評価をできる人なんているのか? 数学者、レオンハルト・オイラーは年間平均800枚の論文を発表していたと言われています。 これは普通の数学者が一生かかる量です。 彼はそれを毎年、50年以上も続けていました。 まさに呼吸をするかように数学を吐き出してきた伝説の数学者レオンハルト・オイラー。 またオイラーは59歳で全盲になります。 しかし、そのほうが数学に集中できたといいます。 そして76歳で没するまでの17年間も変わらない量の論文を生み出しました。 全盲の間は計算は全て頭の中だけで行っていたわけですから、その暗算能力は計り知れません。 さらには1907年から刊行が始まったオイラー全集。 これがまたとんでもないもので、既に70巻を越えるものの、100年以上かかっても未だに完結していません。 論文は、刊行部分だけで5万枚を越えています。 その膨大な業績ゆえに、新たに発見された公式が実はオイラーの発見の再発見に過ぎないということがしばしば起きています。 表題の答えは「誰も評価できない」し「誰も全てを理解できない」です。 生涯の5万枚以上におよぶ論文を読んで理解するだけでも、それは常人も数学者にも不可能といえるでしょう。 ただし「利用」は可能です。 また現代数学でも利用しています。 高校生が普通に習う内容に、彼の業績はたっぷり利用されています。 数学に苦手意識のある人は、彼のせいで苦しんだのかと恨んでもいいと思います。 わたしたちにもできそうなのは、彼を「天才」という称号で祭り上げて、利用するところは利用して、全体像は自分とは関わりのない部屋に隔離してしまうことだけでしょう。 オイラーの名を冠した数学用語、物理用語の数々 すなわち彼の論文は、量だけではなく、質も高いものでした。 その証拠に、数々の数学用語や物理用語に今もオイラーの名前が数多く残っています。 オイラーは。 音楽で言えば、バッハの緻密さとモーツァルトの多産性とベートーベンの破壊力わ合わせたような存在と言えるでしょうか。 伝説の数学者 評価も完全な理解もできないなら、生涯を記してみましょう それではと思って、生涯を調べてみました。 結果はざっくり言えば大学で数学や物理の研究をしていました、で終わってしまいます。 まとめとして 物理学・力学を、数式化したことが、オイラーの最大の業績ではないでしょうか。 いや、まだまだ未発表、未発見の論文があるかもしれない現時点で、早計に業績を語るのはおかしいかも知れませんが。 まず、ニュートン力学の基本公式を初めて数式として書き下したのはオイラーでした。 生前のニュートンはその発見・業績の全てを幾何の言葉で述べていたのでした。 ニュートンの死後、オイラーはニュートンの物理学を幾何から数学的解析に翻訳し、その道具を手に、次々と物理の問題を解決していきました。 これが大きなきっかけとなり、変分法、剛体力学、流体力学、音響学、航海術、船舶の設計。 さらに大変な、とても難解な式変形を必要とする月の運動の理論、今で言う三体問題(太陽と地球と月)、に史上初めて計算可能な近似解を与えたのは、視力を失った後のオイラーだったのです。 おそろしく複雑な計算を全て暗算で行ったのでした。 このような数理物理学のほか、解析学、数論、幾何学、関数概念の導入などなど、大半の数学的分野に大きな足跡を残しています。 稚拙なたとえ話で締めくくりましょう。 アルプスでは明治期にいろいろな人が初登頂して、いろいろなコースを切り開きました。 わたしたちは現代、そのルートを利用して、比較的安全にそして楽に登山することができます。 これは何百人もの人が長い年月をかけて、様々なルートを拓き地図を作り上げたおかげです。 数学において、その何百人に相当する大偉業を、たったひとりでできた人、それが大天才レオンハルト・オイラーだったと言えるでしょう。

次の