マギア レコード 13 話。 【アニメマギレコ】13話感想② いろはの宣言とマギウスの宣誓

マギアレコード(マギレコ)の13話最終回の無料動画の見逃し視聴はnetflixがお得?pandoraやDailymotionでは見れない?ネタバレ感想考察あり

マギア レコード 13 話

キャスト• 環いろは:麻倉もも• 七海やちよ:雨宮 天• 由比鶴乃:夏川椎菜• 深月フェリシア:佐倉綾音• 二葉さな:小倉唯• 十咎ももこ:小松未可子• 秋野かえで:大橋彩香• 水波レナ:石原夏織• 黒江:花澤香菜• ほか スタッフ• 原作:Magica Quartet• 総監督/シリーズ構成:劇団イヌカレー(泥犬)• メインキャラクター原案:蒼樹うめ• 副監督:宮本幸裕• キャラクターデザイン/総作画監督:谷口淳一郎• 総作画監督:杉山延寛・山村洋貴• アクションディレクター:橋本敬史• メインアニメーター:伊藤良明、高野晃久、宮井加奈• 美術監督:内藤健• 色彩設計:日比野 仁• 編集:松原理恵• CG監督:島 久登• 撮影監督:土屋康次• 脚本協力:エルスウェア• 音楽:尾澤拓実• 音響監督:鶴岡陽太• アニメーションスーパーバイザー:新房昭之•

次の

マギアレコード(アニメ)2期続編や分割2クール放送は?劇場版映画化情報はある?

マギア レコード 13 話

前半も良かったはずなんだけど、後半のホーリーマミ無双しか思い出せない…… アニメマギアレコード13話感想• マギウスの翼 巴マミ あれだけ頼りがいのあるお姉さんなマミさんが敵に回ってるだけでも絶望感が半端じゃない。 アニメマギアレコード13話より 人を担ぎながらとはいえ、魔法少女歴が非常に長いベテランを圧倒するマミさん。 さやかちゃんが来なかったらこのままやられていたでしょうね。 ゲーム通りとはいえこのタイミングで来てくれて本当に良かった。 アニメマギアレコード13話より 後姿が勇ましすぎて、正面から見るまで「叛逆さやかちゃんかな?」とまで思いましたね。 アニメマギアレコード13話より そしてホーリーマミ降臨。 ゲームで初お披露目時はギャグ要素とも言えるくらいだったのにこんなに立派になっちゃって…… とにかくこの「ホーリーマミvsいろは&やちよ&さやか」の戦いに興奮が止まりませんでした。 ゲームではさやかちゃんの手助けによりそのまま逃げるような描写でしたが、真正面から戦うことになるとは。 そして強い、強すぎる。 是非その目で見ていただきたい。 あれで本気じゃないんですよ いくつ出してるんだマスケット銃…… ドッペル二人にどうして優位に立てる…… 腕が文字通り吹っ飛んでも二人を守るさやかちゃんがカッコ良すぎる…… 神浜は魔女化がなくドッペルが発動する=ドッペルのリスクを無視すれば魔法が使い放題なので、高火力かつ遠距離攻撃のマミさんとは相性が良いでしょうね。 敵が近づく前に超火力で攻め、仮に近付いてきても本来の武器であるリボンであしらえばいいのですから。 ……どうやって倒すんだこれ。 無理じゃないか? 離れたところからソウルジェム狙うしかなくない? 本気出してドッペル出したらいよいよもってどうにもなりようがない…… どうやって倒したのかゲームで復習しておきます。 まだ倒せていないはずなので、また出てくるんですよねぇ。 その時が楽しみなような、また絶望を味わうような…… 巴マミの後悔 さて、感想というか情報の整理というような形ですが、マミさんが解放に拘るのには理由があります。 まどかとさやかの存在です。 神浜に来たマミさんはマギウスの手により、魔法少女が魔女化すること、魔法少女の本体がソウルジェムであることを知ります。 そして、マミさんは自身の勧誘によりまどかとさやかが魔法少女になってしまったことを非常に後悔したのでしょう。 さやかちゃんを前にしたマミさんが、まどかがいるのかとは言及するのに、ほむらのことに言及しないのはそういった事情があります。 ほむらはマミさんが勧誘するまでもなく、既に魔法少女になってますからね。 クーほむだったらそもそもマミさんがほむらについて言及しないかもしれませんが、OPにいる通り眼鏡ほむらですし。 つまりあのホーリーなマミさんは力におぼれたマミさんなのではなく、本気で魔法少女の救済を願う、ある種の 女神マミさんなのです。 でもその後悔の片割れであるさやかちゃんが現れたら止まってほしかったです。 魔法少女の救済は願っていますが、暴走もしている状態でしょうね。 二人の魔法少女の願い 今回でやちよさんが魔法少女になる際の願いが明かされました。 「生き残りたい」 そしてマミさんの願いは、 「生きること」 です。 もしかしたら彼女たちがぶつかったのも、何かの運命なのかもしれません。 まとめ マミ無双 なんかもうBAD ENDだとか AbemaTV版は明らかに動きが足りないとかそんなことどうでもよくなるくらいマミさん無双でした。 いや、動きが足りないのはどうでもよくはないけど! マミさんとの戦いをもっと見たいのであとでTV版に差し替えておいてほしい。 シーズン2もキチンとやるみたいなので、今後にさらに期待ですね! またホーリーマミさんは登場するはずなので、そのときはまた是非無双っぷりを見せてほしい。 あとホーリーマミさんの魔法少女ストーリーも回収してほしい。

次の

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

マギア レコード 13 話

ついに最終話…! 自分の「生き残りたい」という願いのせいで仲間を失ってきたと考えるやちよさんは、チームの解散を宣言してしまいます。 が、現れた魔女を1人で倒したいろはは「やちよさんがいたから強くなれた」「簡単に死んだりしない」と自分の意志を話し和解。 うーん… 和解があっさりしすぎてる… ゲームのほうは、アリナが差し向けた魔女をやちよさんが倒し、消耗してなお1人で記憶キュレーターのウワサを倒そうとするやちよさんを見かねて、解散の理由を問いただし、いろはが倒すという流れ。 アニメでは戦闘1回分削られたことで仲違い時間が短く、あっさり解決した印象です。 やちよさんはゲームでは「拒絶」、アニメではどちらかというと「相手にしない」という感じでした。 せめていろはがやちよさんに怒る場面はカットしないでほしかった… Bパートにいろいろ詰め込んでるとはいえ…もうちょいじっくり描いてほしかったですね。 尺って難しい… 脱出しようとする2人の前に立ちはだかるのはマミさん。 そしてピンチに駆け付けたのは… 美樹さやか!!! さやかが現れたことでマミさんの瞳に光が戻りました。 こういう細かい演出がいいですね。 しかしますます魔法少女救済の使命に駆られたマミさんは ホーリーマミさんとなってしまいます。 通称ホミさん。 めちゃくちゃ頑張ってるさやかが超かっこいい! 惚れ直した方も多いのでは? いろはとやちよさんを守り、左腕が消し飛んでも即座に回復させて砲撃を逸らす姿は今回のベストシーン。 どんなときでも人を想って戦うさやかは本当に立派な魔法少女です。 いろは、やちよは満を持してドッペル発動。 ドッペルを使ってここまで動いて喋るのは新鮮で良かったです。 でもホミさん強すぎません? せっかくドッペル使ったのに… 一方マギウスの本拠地。 ものすごい数の黒羽根が集まってます… ももことレナもいます。 黒羽根のローブも着てませんし、レナも帰ろうとしてましたし、とりあえず話だけ聞きに来た感じでしょうか。 かえでとともにマギウスの翼入りか、一度決別し後々かえでを連れ戻すのか…注目です。 激闘によって崩壊する記憶ミュージアム。 落下するホミさんですが、リボンに絡めとられたいろはも一緒に落ちていくのでした。 「約束したじゃない…『死なない』って約束したじゃない…」 というやちよさんの台詞、さっきの和解シーンがもう少し丁寧に描かれていたらより悲壮感が出たと思います。 本当にもったいない… ゲームでは、さやかがほむらから借りた爆弾を使ってその隙にいろは、やちよとともに脱出しますが、今回救出できたのはやちよさんのみ。 いろははどうなってしまうのか… マギウスの集会の中には一瞬だけ黒江の姿が! やはり黒羽根になってました… 2期ではもう少し出番も増えるでしょうか? 鶴乃、フェリシア、さなもいます… なんてこった… 1人外に出たアリナは呟きます。 「早く来ないかなぁ… ワルプルギスの夜」 最後にワルプルギスの夜の名を出すなんて、ここまで見た方は2期も見るしかないですよね? この終わり方はずるい! というわけでアニメ1期はこれにて終了。 なんという絶望エンド…! 今回だけのEDテーマも相まって、ゾクッとするというか鳥肌の立つような幕引きでした。 ゲームとはかなり違った展開になってきました。 やはり和解シーンだけは残念… まどかとほむらの出番も2期に持ち越し。 とはいえ、全体的にはメインストーリーをうまくアニメ向きに構築されていたと思います。 毎週本当に楽しく視聴していました。 リアルタイムでアニメ見たのは久しぶりでした。 2年ぶりぐらい? そして無事に2期制作進行中! よかったよかった….

次の