ラインペイ ポイント 使い方。 LINEポイントの使い道一覧!LINEポイントでできる事をまとめました|StudyAppli

LINE Pay(ラインペイ)でマイナポイントを登録する方法【使い方とキャンペーンを解説】

ラインペイ ポイント 使い方

LINE(ライン)ポイントは、LINEの各種サービスや普段の買い物などで貯まるポイントサービス。 貯まったLINEポイントは、スタンプや着せ替えだけでなく、LINE Pay決済で現金同様に使えるなど、日々の生活シーンで利用できます。 しかしLINEポイントは、まだそれほど馴染みのあるポイントサービスではありません。 どのように貯めると効率的なのか、またどのように利用するとお得なのか、疑問に思っている人も多いでしょう。 そこで本記事では、LINEポイントの付与タイミングや有効期限などの注意点を説明した上で、効果的な貯め方と使い方を紹介します。 もちろん、新設の「LINEポイントクラブ」についても解説しています。 LINEポイントとは? その特徴と注意点 「LINEポイント」とは、LINEの各種サービスなどで貯められるLINEのポイントサービスです。 1ポイントあたり1円相当の価値を有しており、LINEプラットフォームをはじめとするさまざまな場面で利用できます。 なお、 LINEポイントを貯めるには、あらかじめLINEアカウントに電話番号が登録されている必要があります。 そのため、Facebookアカウントのみで登録したLINEアカウントではLINEポイントを貯められません。 「LINEポイントクラブ」でポイントを多く貯めるほど多くの特典がもらえる LINE Payの還元プログラム「マイカラー」が2020年4月30日をもって終了し、それに代わる新プログラムとして5月から「LINEポイントクラブ」がスタートしました。 これは、LINEポイントを主軸としたポイントプログラムで、ざっくり説明すると「LINEポイントを多く貯めれば貯めるほど、多くの特典がもらえる」という仕組みです。 7月のLINEポイント特典は以下のとおり。 過去6カ月に獲得したLINEポイントの実績に応じて「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」にユーザーがランク分けされます。 自分のランクとそれに伴う特典は、「ウォレット」タブから[LINEポイントクラブ]へと進むと確認できます。 appllio. com LINEポイントの有効期限は180日間 LINEポイントには180日の有効期限が設定されています。 最後にポイントを取得してから180日を経過すると、持っているポイントすべてが失効してしまうので注意してください。 保有しているLINEポイントの有効期限は、LINEアプリ「ウォレット」タブから[LINEポイント]ヘ進み、「メニュー」タブの[LINEポイント履歴]から確認できます。 有効期限の180日はあくまでも「最後にポイントを取得してから」起算されるもの。 LINEポイントを「取得」するごとに180日間が延びる仕組みなので、日常的にポイントを貯めている人は有効期限をさほど気にせずに済むでしょう。 ポイント付与まではタイムラグが発生する LINEポイントは、貯める行動をとった時点からLINEポイントが加算される時点まで、ある程度のタイムラグが発生することがあります。 この場合、数日どころか数カ月を経過しないとポイントに反映されないことがあります。 注文後、LINEショッピングチームの公式アカウントから購入確認とポイント付与予定を知らせるメッセージが届いていれば、ポイントは付与されるはずなので気長に待ちましょう。 LINEポイントの貯め方(獲得方法) ここからは、LINEポイントを効率的にゲットする方法を紹介します。 LINEポイントの貯め方• 貯め方1:Visa LINE Payクレジットカードで決済する Visa LINE Payクレジットカードは、文字どおりVisaブランドの物理カード。 最も注目すべきは、なんといっても還元率の高さ。 効率よくLINEポイントを貯めたい人にとって、必携の1枚となるでしょう。 ただ、 LINEポイントを貯めるには、事前にVisa LINE PayクレジットカードをLINE Payアカウントに登録する必要があります。 必ずLINE Payアカウントへ登録後に利用してください。 「Visa LINE Payクレジットカード」がなくても、これまで通りLINE Pay残高によるコード払いや請求書支払いなどはおこなえます。 Visa LINE Payクレジットカードを持たないユーザーでも、LINEポイントクラブのマイランクに応じた枚数の「特典クーポン」を獲得できるため、LINE Payを使うメリットが完全に失われたとまでは言い切れません。 とはいえ、LINEポイントを貯めるための手段としては、もはや有効とは言い難いでしょう。 貯め方2:インセンティブ付き広告の条件をこなす 最も手軽かつ完全無料でLINEポイントを獲得できるのが、インセンティブ付き広告の案件を地道にこなしていく方法です。 紹介されているサービスの登録やアプリのインストール、動画視聴、公式アカウントの友だち追加などによって、ユーザーに報酬としてのLINEポイントが与えられます。 各種キャンペーンの一覧は、「LINE ウォレット」タブの[LINE ポイントクラブ]をタップ。 LINEポイントクラブの「貯める」タブで、開催中のキャンペーンが一覧で表示されます。 LINEポイントを貪欲にゲットしていきたいユーザーは、「LINE ポイント」公式アカウントを必ず友だちに追加しておきましょう。 最新情報などを通知してくれるので非常に便利です。 貯め方3:会計時にレジでSHOPPING GOバーコードをかざす LINE SHOPPING GO(ラインショッピングゴー)とは、加盟店での商品購入時に専用のバーコードを提示すると、購入金額に応じたLINEポイントを獲得できるサービスです。 会計時にレジでポイントカードを提示するのと同じ感覚で、スマホのバーコードを提示するだけで手軽にLINEポイントを貯めることができます。 まだ加盟店はそこまで多くありませんが、家電量販店のビックカメラ・コジマ・ヤマダ電機、アパレルショップのearth music&ecology、E hyphen world galleryなどで利用できます。 さらに、ビックカメラではビックポイント、ヤマダ電機ではヤマダポイントといった、ショップ固有のポイントと二重取りが可能なのも魅力です。 LINEアプリのホームタブから「サービス」項目の[すべてを見る]ボタンをタップすると、LINE関連サービスの一覧が表示されます。 [SHOPPING GO]ボタンを押してアクセスしましょう。 なお、以降で紹介するLINEショッピング、LINEデリマ・LINEポケオ、LINEトラベルなども同様の手順でアクセスできます。 SHOPPING GOの詳しい利用方法は以下の記事にまとめています。 利用の際は参考にしてください。 appllio. com 貯め方4:LINEショッピングで買い物をする 日常的にネットで買い物をする人にぜひ使ってほしいのが「LINEショッピング」。 Amazonや楽天、Yahoo! ショッピングなどの有名ネットショップから、ニッセンやベルメゾンなどの大手通販サイト、ユニクロや丸井などのファッションブランド、家具・家電・旅行・ネットスーパーなど、約525店舗のネットショップ・店舗が出店しているショッピングサイトです。 LINEショッピングのサイトを経由して各ショップで買い物をすることで、購入額の0. LINEアカウントを持っていれば、新たに登録する必要はなく、年会費なども発生しません。 ただ、同一ブラウザのショップページで24時間以内に支払いを完了させるなど、条件面には注意が必要です。 下記の記事にサイト経由の手順や最適なブラウザ設定などの詳しい使い方をまとめているので、参照してください。 貯め方5:LINEデリマ・LINEポケオを使う LINEが提供している出前サービス「LINEデリマ」や、テイクアウトサービス「LINEポケオ」を利用すると、注文金額に応じたLINEポイントが獲得できます。 ポイントの還元率は店舗により異なりますが、だいたい購入金額100円につき1ポイントが付与されます。 貯まったLINEポイントを直接支払いに当てることも可能です。 どちらも専用アプリのインストールは不要。 LINEユーザーであれば会員登録なしで気軽に利用できます。 よりお得に注文し、そして効率よくLINEポイントをゲットしたいなら、それぞれの公式アカウントを友だち追加しておくのがおすすめです。 特にLINEデリマは頻繁にキャンペーンや割引クーポンを配布するので、目が離せません。 各サービスの利用の流れや注意点などは、以下の記事をそれぞれ参照ください。 appllio. com 貯め方6:LINEトラベルを使う LINEトラベルは、ホテル・航空券・ツアー賞品をまとめて検索・最安値比較ができるサイトです。 エアトリ、エクスペディア、Airbnb、Booking. comなどの各サイトへLINEトラベルを経由して予約するだけで、1%〜最大10%ものLINEポイントを獲得できます。 航空チケットや宿泊料金の支払いは数万円と高額になるケースが多いため、上手く利用すれば一度に数千ものLINEポイントを貯めることができそうです。 緑の文字で「P〇%」と書いてあるサイトが、LINEポイントの還元対象サイト。 ポイント還元対象外のサイトで予約すると、LINEポイントは付与されないので注意しましょう。 各予約サイトへは登録手続きなどが必要ですが、LINEトラベルの利用自体には会員登録など面倒な手続きは必要ありません。 また、dトラベルならdポイントというように、各サイト独自のポイントとダブルで獲得できるのも嬉しいポイントです。 LINEポイントへの交換が可能なポイントサイト ポイントサービス名 最小交換量 交換後LINEポイント 手数料 100G 100ポイント 5%(実質無料) 120ポイント 100ポイント 無料 2000ポイント 100ポイント 無料 330ポイント 300ポイント 30P~ 110ポイント 100ポイント 無料 注意点は、各種ポイントサイトのポイントとLINEポイント間で交換レートが設定されていること。 交換後のポイント数を見比べると減っているように見えても、実質価格としては等価交換となっていたり、その逆の場合もあります。 現在の交換比率がどのくらいなのかを都度サイトでチェックしてから交換することをおすすめします。 貯め方8:そのほか、LINE LIVEやLINEモバイルの回線契約など LINEモバイルを利用したり、LINE LIVEの配信者になったりすることでもLINEポイントは獲得できます。 LINEポイントの使い方(使い道・交換)• ただ、Visa LINE Payクレジットカードを持っていたとしても、LINEポイントによる決済分はポイント付与の対象外なので注意しましょう。 残高の下に「LINEポイント」の項目があるのでここにチェックを入れてください。 あとはレジでQRコードを読み込んでもらうか、[スキャン]ボタンをタップしてコードを読み込めば、優先的にLINEポイントが消費されます。 使用するポイント数の指定はできません。 LINE PayカードやQUICPay+支払いでLINEポイントを使う LINEの「ウォレット」タブからLINE Payのメイン画面に移動し、[LINE Payカード]ボタンをタップします。 「LINEポイントを使用」の項目をオンに切り替えると確認画面が表示されるので、[確認]をタップ。 これで設定完了です。 次回以降、LINE PayカードやQUICPay+支払いをする際にLINEポイントが優先的に消費されます。 なお、コード支払いと同様、使用するポイント数の指定はできません。 ほか、請求書支払いやオンライン支払いでLINEポイントを使う方法は以下の記事を参照ください。 appllio. com 使い方4:LINEギフトでスタバチケットやAmazonギフト券に交換する LINEギフトは、LINEアプリを通して友だちにさまざまなプレゼントを贈ることができるサービスで、支払いの際に直接LINEポイントを利用できます。 また、ギフトは人に贈る物というイメージが強いですが、LINEギフトは自分用の購入も可能です。 手軽にポイントを使いたいなら、実店舗で商品と引き換えできる「eギフト」がおすすめ。 スターバックス、サーティーワンアイスクリーム、ミスタードーナツ、モスバーガー、ゴディバなど豊富な種類が用意されています。 食べ物以外では、Amazonギフト券への交換にも対応。 具体的な使い方については、以下の記事に詳しくまとめています。 appllio. com 使い方5:LINE MUSICクーポンに交換する LINEが提供する定額聴き放題の音楽配信サービス「LINE MUSIC(ラインミュージック)」のクーポンチケットへの交換ができます。 「ウォレット」タブから[LINEポイント]へ進み、「使う」タブを選択するとLINE MUSICクーポンへ交換できる 500ポイントあれば、30日間20時間分LINE MUSICが聴き放題のベーシックチケット、960ポイントだと30日間、時間無制限で聴き放題になるプレミアムチケットと交換できます。 なお、交換したいチケット分のLINEポイント数が貯まっていない場合、LINE MUSICクーポンへの交換はできません。 LINE Payやキャリア決済などと併用しての支払いはできないので注意しましょう(LINEストアでもMUSICチケットの購入ではポイントを利用できない)。

次の

LINE(ライン)ポイントの賢い貯め方 使い方と注意点も

ラインペイ ポイント 使い方

LINEポイントの有効期限の確認方法 LINEポイントは、永年不滅ではありません。 基本的に有効期限は180日間となっており、新しくLINEポイントを獲得した時点で有効期限が180日間に延長されていく仕組みとなっています。 例えば、• 有効期限が180日に延長 となります。 LINE Payを使い続ける限りは、LINEポイントが消滅することはありませんが、有効期限自体は存在するので注意しましょう。 上部の「LINEポイント(履歴)」の部分をタップします。 こちらで「有効期限」「獲得履歴」「使用履歴」を確認できます。 LINEポイントの使い方 先に言っておくとLINEポイントは、• 実店舗• LINE Pay残高に交換• LINEサービスでの利用• ギフト券・ポイントに交換• 商品チケットに交換 に1ポイント=1円として使うことができます。 実店舗でLINE Payのポイント利用にチェックを入れてから支払いをすれば、ポイントが消費されていく仕組みになっています。 実店舗 LINEポイントは実店舗で商品を購入するときに使うことができます。 使い方は簡単でLINE Payアプリで支払う際、ポイントの横にある「チェックマーク」をタップして、緑色にすれば良いだけです。 この状態でLINE Pay支払いをすれば、ポイントが消費されていきます。 次は、主なLINE Payが使える店です。 LINE Payが使えるお店 コンビニ ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、セイコーマート、ポプラなど 飲食店・カフェ アカマル屋、上島珈琲店、魚鮮水産、壁の穴、吉今、金の蔵、さかなや道場、薩摩魚鮮、白木屋、じゃんぼ總本店、スターバックスコーヒー、千年の宴、丹波黒どり農場、月の雫、東方見聞録、 どんどん亭、豊丸水産、ナポリの窯、パスタママ、はなの舞、バリバリ鷄、松屋、万里、ミライザカ、目利きの銀次、山内農場、横濱魚萬、龍馬 軍鶏農場、和民、笑笑など ドラッグストア ウエルシア、ウォンツ、くすりの福太郎、くすりのレデイ、ココカラファイン、サンドラッグ、ツルハ、トモズ、ドラッグ・イン キムラヤ、ドラッグストアウェルネスなど 家電量販店 エディオン、ケーズデンキ、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ビックカメラ、ベスト電器、マツヤデンキ、ヤマダ電機など カラオケ カラオケの鉄人、コロッケ倶楽部、ビッグエコー、ジャンボカラオケ広場など その他 LOFT、つるやゴルフ、釣具のポイント、ゲオ、 セカンドストリート、Right-on、ホテルモントレグループなど LINE Pay残高に交換 LINEポイントは、LINE Pay残高に 手数料なしで交換することが可能です。 「交換ポイント数」を入力してから「交換」をタップすれば、数分で交換が完了します。 なお、LINE Pay残高から現金化することも可能です。 LINEサービスでの利用 LINEポイントをLINEサービスで利用することが可能です。 交換レートは1ポイント=1円となります。 LINEモバイル 1LINEポイント=1円 LINEデリマ 100LINEポイント=100円 ギフト券・ポイントに交換 LINEポイントをギフト券・ポイントに交換することが可能です。 ただし、LINE MUSICクーポンを除いて、交換レートは若干下がってしまいます。 LINE MUSICクーポン 500LINEポイント=500円 Amazonギフト券 550LINEポイント=500円 nanacoポイント 300LINEポイント=270ポイント メトロポイント 300LINEポイント=270メトロポイント Pontaポイント 500LINEポイント=450Pontaポイント 選べるe-GIFT 550LINEポイント=500円 ベルメゾン・ポイント 300LINEポイント=270ベルメゾン・ポイント JALマイレージバンク - 商品チケットに交換 LINEポイントを商品チケットに交換することが可能です。 5月2日時点では、次の商品チケットに交換できます。 スターバックス ドリンクチケット 500LINEポイント=500円相当 スターバックス フードチケット 300LINEポイント=300円相当 Coka ONドリンクチケット 150LINEポイント=150円相当 ローソン からあげクン 216LINEポイント=216円相当 ファミリーマート ファミマカフェ 100LINEポイント=100円相当 ローソン MACHI cafeドリンク 100LINEポイント=100円相当 ハーゲンダッツ 294LINEポイント=294円相当 サーティワンアイスクリーム レギュラーギフト券 390LINEポイント=390円相当 サーティワンアイスクリーム 500円ギフト券 500LINEポイント=500円相当 ローソン ウチカフェプレミアムロールケーキ 150LINEポイント=150円相当 ミニストップ ソフトクリーム 220LINEポイント=220円相当 ミスタードーナツ ギフトチケット200円 200LINEポイント=200円相当 ミスタードーナツ ギフトチケット500円 500LINEポイント=500円相当 ミスタードーナツ ギフトチケット1000円 1,000LINEポイント=1,000円相当 サンマルクカフェ チョコクロチケット200円 183LINEポイント=183円相当 サンマルクカフェ カフェチケット500円 500LINEポイント=500円相当.

次の

Line Payカード(ラインペイカード)の使い方、チャージ・支払い方法

ラインペイ ポイント 使い方

2018年6月1日以降は新しいプログラムが適用となります。 LINE Pay カードは、コンビニや銀行口座から気軽にチャージができ、コンビニやスーパー、ネットショッピングまで、毎日のお買い物に利用できるチャージ式のプリペイドカードです。 お買い物のたびに、ご利用金額100円ごとに2ポイントが貯まり、貯まったポイントはLINEスタンプや着せ替えの購入はもちろん、LINE Payの残高に交換すると次回以降のお買い物にも使えます。 ご利用いただくことで所定のLINEポイントが還元されます。 今回は皆さんに、LINE Pay カードの使い方を詳しくご説明します。 それぞれのステップを詳しく見ていきましょう。 ステップ1:LINE Payカードを手に入れるLINE Payカードは コンビニなどの店頭とLINEアプリ内でのお申し込みで手に入れることができます。 以降はLINEアプリ内[LINE Pay]から申込み手続きをしていただき、郵送でのお届けのみとなります。 【1】店頭で手に入れる方法 LINE Payカードをレジへ持って行き、1,000~10,000円の範囲で店員さんにチャージ金額を伝えてください。 LINEプリペイドカードと間違えないよう、お気をつけください。 また、コンビニでLINE Payカードを手配した場合、利用開始手続きを行わないと使うことはできないので、ご注意ください。 【2】LINEアプリ内で申し込んで手に入れる方法 LINEアプリの一番右にある その他[・・・]タブを開いて、 LINE Payをタップします。 画面に表示されるカードデザインの中から希望のデザインを選び、名前や住所、郵便番号を入力します。 お申し込みから1~2週間でカードが届きます。 ステップ2:利用開始手続きをする お手元にカードが届いたら、利用開始手続きを行います。 利用開始手続きをするには、LINEアプリの その他[・・・]タブから、 LINE Payをタップし、利用開始手続き画面を表示してください。 () カード裏面の3桁の番号を入力します。 (裏面に7桁記載されている場合は、最後の3桁です。 ) これで利用開始手続きは完了です。 ステップ3:チャージする LINE Pay カードをお店で使うにはチャージ残高が必要です。 様々な方法でチャージが可能です。 LAWSON レジチャージ 店員さんにカードを渡して「 チャージしてください」と伝えます。 ローソンレジチャージは今後もご利用いただけます。 手軽にコンビニでチャージができます。 銀行口座でチャージ(インターネットバンキング不要)LINEアプリから銀行口座を登録すると、いつでも、どこでもチャージが可能になります。 最終的には各銀行のWebサイトに飛びますので、そこで必要事項を入力して登録を完了させます。 お店での利用• 店員さんにカードを渡し、「JCBカードで」と伝えて支払います。 お店によってはサインを求められることがあります。 分割払いはできないので、支払回数を聞かれたら、「1回で」と伝えてください。 LINE Payカードは、全国のコンビニやスーパー、ドラッグストアなどで使えることはもちろん、スマホのゲームやアプリの課金、ネットショッピング、カラオケなど、JCBのマークがある国内外3,000万店舗のお店やWebサイトで使えます。 アイテムとの交換LINEポイントをスタンプショップや着せかえショップでお好きなアイテムと交換できます。 LINE Pay残高への交換LINEポイントをLINE Pay残高のチャージに使うと、次回のお買い物に使うことができます。 LINEポイントの利用方法.

次の