バッド ホップ 喧嘩。 RYKEY(リッキー)インスタライブでBADHOPとBeef間近!?騒動の経緯とは?

「ここは、地獄か?」川崎の不良社会と社会問題の中で生きる人々(現代ビジネス編集部)

バッド ホップ 喧嘩

スポンサーリンク 石戸谷蓮のwiki風プロフィール• 名前: 石戸谷蓮 いしどやれん• 生年月日: 1991年10月11日• 出身地: 神奈川県厚木市• オフロードバイクには 3歳から乗り始めたそうです。 石戸谷さんは2013年にご結婚され、お子さんもいらっしゃいます。 周囲の人たちから石戸谷さんは良い意味で「 頭のネジが抜け落ちている」と言われているそうですよ。 その理由は、「一般的な人の常識を超える思考」と「命の危険がある競技に挑もうとすること」です。 普通に考えたら、道の整備がされていない場所でバイクレースをしようとは思わないですよね。。。 大きな石ころや土もグチャグチャでまともに走ることができない所を走るわけですから、常識離れした考え方をしてると思うのもわかります。 石戸谷さんにとっては、オフロードバイクの魅力は「 簡単にクリアできない難所だからこそワクワクする」だそうです! 道路が整備されていないコースや難所などを走ることで非日常を体験することができて、 自分の限界のギリギリを味わうことが好きとのことです。 命の危険を伴う競技をしている人はみんな揃って変わった人が多いですよね。 スポンサーリンク 石戸谷蓮の大学がどこか気になる! 石戸谷さんの出身高校は 厚木商業高等学校で、高校卒業後は 鍼灸 しんきゅう マッサージ師を目指していたそうです。 鍼灸マッサージと同じ時期に、17歳からやってたモトクロスをクロスカントリーの方へ競技を変更しました。 オフロードバイクレースには4つのカテゴリーがあり、• モトクロス• クロスカントリー• オンタイムエンデューロ• ハードエンデューロ モトクロスとは、 モトクロス専用の「モトクロッサー」というバイクを使って斜面や土を盛られた場所で行う競技です。 クロスカントリーとは、 原野や丘陵、森林などを横切って走る競技のことです。 自然なコースのためその分予期せぬトラブルや危険の恐れも高くなります。 世界一過酷なバイクレース「エルズベルグロデオ」とは  2019年の「エルズベルグロデオ」大会は5月30日〜6月2日の期間に開催されました。 この「エルズベルグロデオ」は レッドブルがスポンサーとして行われている競技です。 この大会に参加すること次第が難しく、 まず初めに1500名の参加枠を決めるための書類選考が行われ、それに通過した人が「アイアンロード」と呼ばれる傾斜がキツすぎる坂を登りきった500名だけが決勝まで進むことができます。 参加するのも難しく、クリア率が低いこともバイクレーサーにとって心を熱くさせるんだと思います。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回はクレイジージャーニーにバイクレーサーとして登場する石戸谷蓮さんについて紹介しました。 「エルズベルグロデオ」の競技の様子やバイクレースについて紹介されるということで放送が楽しみですね!.

次の

BADHOP(バッド・ホップ)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

バッド ホップ 喧嘩

ヒップホップには、ストリートでの犯罪を題材にした「ギャングスタラップ」というジャンルがある。 そんななか、神奈川県川崎市に、自分たちの体験談だけを元にしてリアルなギャングスタラップを生み出している若者たちがいる。 今回は、元不良たちのみで構成されたヒップホップクルー「BAD HOP」を紹介しよう。 貧困と犯罪がすぐそこにある地元 BAD HOPは、T-Pablow、YZERR、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、AKDOW、Bark、G-K. D、Vingoの9人組のヒップホップクルーだ。 彼らの地元は、神奈川県内でも治安が良くないと語る人の多い川崎市池上町。 隣接する工場地帯から出るトラックの排気ガスと工場から出る煙にまみれ、町内にはバラックやブルーシートハウスが乱立した場所も存在する。 そんな池上町で育ったメンバーたちにとって危険は隣り合わせ。 地元では、学校内で警察による集団検挙が行われるほど、若者による犯罪が頻発していた。 BAD HOPのメンバーも、全員が地元で名の知れた元不良。 学生時代にはたくさんの事件を起こしてきたという。 店員不在のレジを狙った強盗を繰り返し、ある時に店主にバットで返り討ちにあって顔面が血だらけになった経験を持つメンバーもいる。 同世代のかつての仲間は薬物中毒者や服役囚になってしまったが、BAD HOPのメンバーたちは音楽との出会いによって更生を果たした。 そして犯罪や暴力が頻発する地元から抜け出すため、現在は音楽での成功を目指し、活動している。 クルーを引っ張るのは高校生ラップ選手権の王者 BADHOPの名は、メンバーのT-Pablowの活躍によって全国的に知られるようになった。 中学生時代に川崎の不良グループ200人のリーダーであったT-Pablowは、2012年にK-九の名義で「第1回 BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」に出場し、優勝。 優勝後は地元の不良たちと縁を切るために1年半の間、全国を放浪した。 そしてT-Pablowと名前を改め、2013年の「第4回 BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」で再び優勝し、全国にその名を轟かせた。 現在は、Zeebraの運営するレーベル「GRAND MASTER」に所属。 双子の弟のYZERRとユニット「2WIN」の活動を通して、BAD HOPの名を全国に広めている。 2015年、ついに1stアルバムをリリース BADHOPは、2015年7月に満を持して1stアルバム『BAD HOP』をリリースした。 アルバムの中には、他にも地元や過去の自分と向き合った内容の楽曲が数多く収録されており、BAD HOPのメンバーの半生が詰まった一枚に仕上がっている。 BAD HOPは日本語ラップシーンを担っていくことを期待されている若手クルー。 これからの彼らの活動から目が離せない。

次の

犯罪、ヤクザ、暴力……川崎の工場地帯の町、そのリアルをラップする「BAD HOP」

バッド ホップ 喧嘩

スポンサーリンク 石戸谷蓮のwiki風プロフィール• 名前: 石戸谷蓮 いしどやれん• 生年月日: 1991年10月11日• 出身地: 神奈川県厚木市• オフロードバイクには 3歳から乗り始めたそうです。 石戸谷さんは2013年にご結婚され、お子さんもいらっしゃいます。 周囲の人たちから石戸谷さんは良い意味で「 頭のネジが抜け落ちている」と言われているそうですよ。 その理由は、「一般的な人の常識を超える思考」と「命の危険がある競技に挑もうとすること」です。 普通に考えたら、道の整備がされていない場所でバイクレースをしようとは思わないですよね。。。 大きな石ころや土もグチャグチャでまともに走ることができない所を走るわけですから、常識離れした考え方をしてると思うのもわかります。 石戸谷さんにとっては、オフロードバイクの魅力は「 簡単にクリアできない難所だからこそワクワクする」だそうです! 道路が整備されていないコースや難所などを走ることで非日常を体験することができて、 自分の限界のギリギリを味わうことが好きとのことです。 命の危険を伴う競技をしている人はみんな揃って変わった人が多いですよね。 スポンサーリンク 石戸谷蓮の大学がどこか気になる! 石戸谷さんの出身高校は 厚木商業高等学校で、高校卒業後は 鍼灸 しんきゅう マッサージ師を目指していたそうです。 鍼灸マッサージと同じ時期に、17歳からやってたモトクロスをクロスカントリーの方へ競技を変更しました。 オフロードバイクレースには4つのカテゴリーがあり、• モトクロス• クロスカントリー• オンタイムエンデューロ• ハードエンデューロ モトクロスとは、 モトクロス専用の「モトクロッサー」というバイクを使って斜面や土を盛られた場所で行う競技です。 クロスカントリーとは、 原野や丘陵、森林などを横切って走る競技のことです。 自然なコースのためその分予期せぬトラブルや危険の恐れも高くなります。 世界一過酷なバイクレース「エルズベルグロデオ」とは  2019年の「エルズベルグロデオ」大会は5月30日〜6月2日の期間に開催されました。 この「エルズベルグロデオ」は レッドブルがスポンサーとして行われている競技です。 この大会に参加すること次第が難しく、 まず初めに1500名の参加枠を決めるための書類選考が行われ、それに通過した人が「アイアンロード」と呼ばれる傾斜がキツすぎる坂を登りきった500名だけが決勝まで進むことができます。 参加するのも難しく、クリア率が低いこともバイクレーサーにとって心を熱くさせるんだと思います。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回はクレイジージャーニーにバイクレーサーとして登場する石戸谷蓮さんについて紹介しました。 「エルズベルグロデオ」の競技の様子やバイクレースについて紹介されるということで放送が楽しみですね!.

次の